吉祥寺でメガネを作るなら遠近両用・偏光レンズを扱う【opteria Glassias】~近視・遠視・乱視の違い~

吉祥寺でメガネを作るなら遠近両用・偏光レンズを扱う【opteria Glassias】~近視・遠視・乱視の違い~

吉祥寺でメガネを作るなら【opteria Glassias】へ
~遠近両用・偏光レンズから店主おすすめの国内外ブランドまで~

吉祥寺でメガネを作るなら【opteria Glassias】へ~遠近両用・偏光レンズから店主おすすめの国内外ブランドまで~

吉祥寺でメガネを作るなら、ストレスのない居心地の良い空間を提供する【opteria Glassias】へお越し下さい。遠近両用・偏光レンズから店主おすすめの国内外ブランドの商品まで、種類豊富に取り揃えています。

安らげる雰囲気の中、人の目や動きを気にせず、ごゆっくりとメガネをお選び頂けます。お客様に最適な一本を見つけて頂くため、しっかりと検査を行い、どのようなご要望にも親身に対応致します。吉祥寺でメガネを作る専門店をお探しの方は、お気軽にお問い合わせ下さい。

近視・遠視・乱視の違いとは

近視・遠視・乱視の違いとは

目の状態を判断する際に「近視・遠視・乱視」という表現がありますが、具体的に何が違うのかご存知でしょうか。その違いについてわかりやすく説明します。

近視

近視は遠くを見たときに、本来なら網膜でピント(焦点)が合うはずのものが、網膜より手前でピントが合ってしまう状態です。遠くのものはぼやけて見え、近くにあるものはメガネなしでもはっきりと見る事が出来ます。ごく一般に「目が悪い」と言われているのは近視の状態です。

メガネやコンタクトレンズを使う事で、正しい位置でピントが合うように矯正出来ます。

遠視

遠視は網膜の後方でピントが合ってしまう状態です。比較的遠くは少しの調整で見えますが、近くのものに対してピントが上手く合わず、はっきりと見る事は出来ません。遠くでも近くでも常に調節しようと目が働くため疲れやすく、眼精疲労や肩こり、頭痛などの症状を伴う場合もあります。メガネやコンタクトレンズで矯正したほうが楽になるケースが多いです。

乱視

乱視は角膜や水晶体に歪みがあり、ピントを合わせる位置がずれてしまう状態です。見るものまでの距離にかかわらず、どこにもピントが合わずにぼやけて見えます。常にピントを合わせようと目が必死に働くため、目が疲れやすくなってしまう弊害があります。乱視用のメガネやコンタクトレンズを使った矯正が必要です。

このようにそれぞれ症状が異なりますので、ご自分がどれに該当するかわからない場合は、お気軽に吉祥寺の【opteria Glassias】へご相談下さい。

お役立ち情報

吉祥寺でメガネをお探しの方は【opteria Glassias】へお越しを

店舗名 opteria Glassias
住所 〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町1-11-21せのおビル1F
TEL 0422-21-6755
URL http://opteria-glassias.jp/

WEBショップカード

オプテリアグラシアスオリジナルブランド PRIORITY SEETS

ウルトラセブン×BLACK ICE

contact_banner