吉祥寺でメガネを機能性で選ぶなら視力の検査を徹底する【opteria Glassias】~遠近両用メガネとは~

吉祥寺でメガネを機能性で選ぶなら視力の検査を徹底する【opteria Glassias】~遠近両用メガネとは~

吉祥寺でメガネを機能性で選ぶなら【opteria Glassias】
~きちんと矯正するため視力の検査を徹底~

吉祥寺でメガネを機能性で選ぶなら【opteria Glassias】~きちんと矯正するため視力の検査を徹底~

吉祥寺でメガネを機能性で選ぶなら、視力の検査に力を入れる【opteria Glassias】を是非ご利用下さい。【opteria Glassias】ではきちんと視力を矯正するため、両眼視機能検査という検査を全てのお客様に徹底して実施しています。

両目でしっかりものを見ることが出来るより良い「視生活」を提供するため、検査には一切手を抜かず、時間をかけて集中して行います。ご希望のフレームなどもご相談頂ければ、製作可能かどうかその都度ご案内致します。

今あるメガネでの矯正がうまくいっていない、なんとなく合わない気がするという方も、まずは吉祥寺の【opteria Glassias】へお気軽にご相談下さい。

遠近両用メガネの仕組みとは?

遠近両用メガネの仕組みとは?

遠近両用メガネとは、メガネレンズの上の部分に遠方を見るためのレンズを入れ、下の部分に近くを見るためのレンズを入れることで、一本のメガネで遠くも近くも見えるようにした便利なメガネです。

かけたままで生活することを想定した商品で、黒目の中心部分にあたる位置から上の部分が、ほぼ遠方度数となっています。中でも、徐々に度数が変化する累進多焦点レンズというタイプは、上下のレンズの境目がなく普通のメガネと外観が変わらないため、老眼鏡をかけていることに気づかれないというメリットがあります。

人間は年齢を重ねるごとに視力の調節機能が衰え、手元の細かいものが徐々に見えづらくなります。そのため、普段は近視を矯正するメガネをかけていても、近くを見るときはメガネを外し、老眼鏡にかけ直すといった手間が出てきます。

しかし遠近両用タイプのメガネを使えば、これ一つで遠くも近くも見えるので、いちいちメガネをかけ直す必要がありません。このように遠近両用メガネは大変便利ですが、個人差はあるものの慣れるまでに時間がかかるケースがあります。

老視がかなり進んでから遠近両用メガネを作るよりも、加入度数が小さくて済む早期の段階から慣れておくことで、スムーズに着用することが出来ます。吉祥寺でメガネ(遠近両用)をご希望の方は、【opteria Glassias】へお問い合わせ下さい。

お役立ち情報

吉祥寺でメガネをお探しの方は【opteria Glassias】へお越しを

店舗名 opteria Glassias
住所 〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町1-11-21せのおビル1F
TEL 0422-21-6755
URL http://opteria-glassias.jp/

WEBショップカード

オプテリアグラシアスオリジナルブランド PRIORITY SEETS

ウルトラセブン×BLACK ICE

contact_banner