プリズムのメガネで矯正をご希望なら【opteria Glassias】へ~斜視への対処を子供のうちから行うメリット~

プリズムのメガネで矯正をご希望なら【opteria Glassias】へ~斜視への対処を子供のうちから行うメリット~

プリズムのメガネで矯正をご希望なら【opteria Glassias】
~デザインや価格、度数などのご相談はお気軽に~

プリズムのメガネで矯正をご希望なら【opteria Glassias】~デザインや価格、度数などのご相談はお気軽に~

プリズムのメガネで矯正を希望される方は、【opteria Glassias】へご相談下さい。トラブルのない快適なメガネを作るためには、丁寧な視力測定、利用目的に合ったレンズの選定など、専門知識と高度な技術が求められます。

【opteria Glassias】では、お客様がメガネを使用される環境や使用目的、目に関する悩みなど、カウンセリングで対話をしっかりと行った上で、快適なメガネの度数を提案します。

店舗では偏光レンズ、ブルーライトカットレンズ、プリズムのレンズなど種類豊富に取り揃えています。フレームもデザインや価格に応じてお選び頂けますので、是非ご来店下さい。新調予約・再検査・調整・修理などのご予約はホームページでも承ります。

子供の斜視への対処は早めに

子供の斜視への対処は早めに

子供の斜視は、幼児期のうちに発見し、早めに対処する事が大切です。子供のうちに早めに対処する事で、目の機能の正常な発達を促す事が出来ます。

人間の目は両眼視と言って、二つの目で見る事によって物を立体的に捉えています。こうした物を見るための視機能は、乳幼児期や学童期に著しく発達します。

遠くを見るための視力や、距離や奥行きを両目で測定する機能は、まさにこの時期に育つのです。しかし斜視になると、両目の視線がずれたまま物を見る事になり、脳が混乱を防ごうとして片目だけで物を見るクセがつきます。

その結果、立体的に物を見る事が出来なくなり、距離感や奥行きも把握しづらくなるのです。また、使われていない目の視力が正常に発達しなくなり、弱視などの症状が現れやすくなります。

子供の目の発達には、両目できちんと物を見る訓練が必要です。幼児期のうちに斜視を発見し、対処する時期が早ければ早いほど、回復する可能性が高くなります。

子供の斜視は、一度見ただけではわかりづらい場合があり、慎重に確認する事が大切です。少しでもおかしいと感じたら、眼科で相談し、検査を受けるなど早めに対処しましょう。【opteria Glassias】では、斜視に対応したプリズムレンズのメガネも取り扱っていますので、お気軽にご相談下さい。

お役立ち情報

プリズムレンズのメガネで矯正をお考えなら【opteria Glassias】

店舗名 opteria Glassias
住所 〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町1-11-21せのおビル1F
TEL 0422-21-6755
URL http://opteria-glassias.jp/

WEBショップカード

オプテリアグラシアスオリジナルブランド PRIORITY SEETS

ウルトラセブン×BLACK ICE

contact_banner