緑内障(原因がはっきりしない)のご相談・様々な情報を得る目の機能の検査なら【opteria Glassias】~緑内障の原因とその対処とは?~

緑内障(原因がはっきりしない)のご相談・様々な情報を得る目の機能の検査なら【opteria Glassias】~緑内障の原因とその対処とは?~

緑内障の原因とその対処について

緑内障の原因とその対処について

緑内障原因は、主に眼圧の上昇です。眼圧が上昇する事で、視神経に障害が起こり、緑内障を引き起こします。視神経は目から入った情報を脳に伝える役割を果たしています。この視神経の障害が進むと失明の恐れもあるため、注意が必要です。眼圧の上昇に関わっているのが房水です。房水は毛様体で作られ、水晶体に栄養を与えた後、水晶体と虹彩の間を通り抜けて最終的には血管に排出されます。この一連の流れで房水を一定量に保つ事で適度な眼圧(目の硬さ)を保っているのです。

しかし、何らかの原因で房水の量が多くなると眼圧が高くなります。緑内障の原因となる眼圧の上昇を抑えるために、眼科では点眼薬による治療や房水を排出するためのレーザー療法、手術などで対処するのが一般的です。

緑内障の原因となりうる目への負担を軽減したい方へ

緑内障の原因として有名なのが眼圧の上昇ですが、眼圧が正常値であっても緑内障になるケースがあります。それは、正常眼圧緑内障です。緑内障全体の半分以上にも及ぶほど、比較的多い病気です。また、緑内障はかつては高齢者の病気と考えられていましたが、近年では40代前後で発症するケースも珍しくありません。

緑内障は視神経の異常により起こるため、目への負担を減らすというのも1つの対処と言えます。吉祥寺に店舗を構える【opteria Glassias】では、様々なレンズをご用意し、セル枠のフルオーダーにも対応致します。自身に合ったメガネで目への負担を軽減したい方は、お気軽にご相談下さい。

様々な情報を得る目の機能をしっかりと検査!

様々な情報を得る目の機能をしっかりと検査!

人は様々な情報を目から得ています。だからこそ、目の機能をしっかりと検査する事は大切です。【opteria Glassias】では、メガネをお作りする前に必ず両眼視機能検査を実施しています。両眼視機能検査は、対象物の大きさ、色、形に加え、距離や立体感、スピード感といった情報を得る、目本来の機能についてお調べする検査です。

その人の目の状態に合った眼鏡を作る事は、肩こりや目の疲れなどの軽減にもつながります。目の検査をしっかりと行い、お客様に合ったメガネをお作りしますので、メガネでお困りの方も安心してご利用下さい。

お役立ち情報

緑内障の原因がわからずにお困りなら【opteria Glassias】

店舗名 opteria Glassias
住所 〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町1-11-21せのおビル1F
TEL 0422-21-6755
URL http://opteria-glassias.jp/

WEBショップカード

オプテリアグラシアスオリジナルブランド PRIORITY SEETS

ウルトラセブン×BLACK ICE

contact_banner