メガネで斜視を矯正するなら視力の検査も徹底して行う【opteria Glassias】へ~斜視の種類~

メガネで斜視を矯正するなら視力の検査も徹底して行う【opteria Glassias】へ~斜視の種類~

メガネで斜視を矯正するなら【opteria Glassias】へ~確かな専門知識で視力の検査も徹底~

メガネで斜視を矯正するなら【opteria Glassias】へ~確かな専門知識で視力の検査も徹底~

メガネで斜視を矯正したいとお考えの方は、吉祥寺にある【opteria Glassias】へお越し下さい。

メガネは今や大手チェーン店などで手軽に作れるようになりましたが、レンズの構造は複雑で、取り扱いには専門的な知識が欠かせません。寸法を測ってオーダーメイドのスーツを作るように、メガネもしっかりとした視力の検査、製作技術、専門知識を持ったプロによるフィッティングが必要です。

【opteria Glassias】では、まずお客様が普段の生活で困っている部分を細かくヒアリング致します。そして視力の検査を入念に行い、お客様に本当に合うメガネを提案致します。

店舗はスロープや手すりなどを設置し、車椅子でのご来店にも配慮したデザインです。メガネついて疑問に思う点があれば、お気軽にお問い合わせ下さい。

斜視の種類

斜視の種類

斜視とは、片方の目が正しい方向を向いているのに、もう片方の目が内側や外側、もしくは上や下に向いている状態の事です。視線のずれの方向によって、いくつかの種類に分類されています。

間欠性外斜視

片方の目だけが外側にずれている状態で、斜視が出現するときと出現しないときがあります。遠くを見ているときに出現しやすく、屋外などの明るい場所でまぶしがる、片目をつぶるなどの症状が特徴です。

恒常性外斜視

常に片方の目が外側にずれている状態で、生後早期に出現する場合や、間欠性外斜視から移行する場合もあります。

調節性内斜視

片方の目が内側に向いている状態で、原因にピント調節の力が関わっているものです。遠視の矯正メガネをかけると、目の向きのずれが抑えられます。

乳児(先天)内斜視

生後6か月以内に発症する内斜視の事で、片方の目が内側に大きくずれています。多くは生後1か月以降に発症し、原因ははっきりとはわかっていません。

その他、片目の視線だけが上方または下方へずれている上下斜視、神経支配異常などにより起こる特殊な斜視もあります。斜視の原因によってはメガネで矯正出来る場合もありますので、気になる方は【opteria Glassias】へご相談下さい。

お役立ち情報

メガネで斜視を矯正希望なら【opteria Glassias】

店舗名 opteria Glassias
住所 〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町1-11-21せのおビル1F
TEL 0422-21-6755
URL http://opteria-glassias.jp/

WEBショップカード

オプテリアグラシアスオリジナルブランド PRIORITY SEETS

ウルトラセブン×BLACK ICE

contact_banner