スマホ老眼の原因にもなる合わない眼鏡の見直しは【opteria Glassias】へ~遠視と老眼の違い~

スマホ老眼の原因にもなる合わない眼鏡の見直しは【opteria Glassias】へ~遠視と老眼の違い~

合わない眼鏡はスマホ老眼や視力低下の原因に
~本当に良い眼鏡を提供する【opteria Glassias】~

合わない眼鏡はスマホ老眼や視力低下の原因に~本当に良い眼鏡を提供する【opteria Glassias】~

合わない眼鏡を使い続けたり、慢性的な目の疲れを放置したりしていると、視力低下やスマホ老眼などを引き起こす原因になります。現在使っている眼鏡の見直しをお考えでしたら、吉祥寺にある【opteria Glassias】へご来店下さい。

確かな専門知識と技術で、お客様にとって本当に快適な眼鏡を提供する事にこだわっています。単にデザイン性が高いだけでなく、長く使い続けても快適でいられる眼鏡こそ、本当に良い眼鏡と言えます。

お客様の使用目的やライフスタイルに合ったレンズ・フレーム選定、目の機能を重視した視力測定など、一つひとつの仕事に一切手を抜かず対応致します。乱視やスマホ老眼などでお困りの方は、お気軽にお問い合わせ下さい。

遠視と老眼の違いとは?

遠視と老眼の違いとは?

遠視と老眼(正式には「老視」と言います)は、どちらも凸レンズを使って補正するため混同しがちです。一般的に両方とも、遠くがよく見えて近くが見えにくいと考えられている事から、同じものだと認識している方も多いですが、そのメカニズムは異なります。

遠視は、眼軸の長さと角膜・水晶体の屈折力の関係により、網膜の後方でピントが合ってしまう「屈折異常」です。遠くを見るときは少しのピント調整で見えるようになりますが、近くを見るときはピント調整の力が不足してはっきりと見えません。

遠くでも近くでもピント合わせの力を働かせ続ける必要があるため、目が非常に疲れやすくなります。そのため、凸レンズで補って正常な見え方に近づけるのです。遠視と同じく、近視や乱視も屈折異常の一種です。

一方、老視は近くを見ようとするときのピント合わせの力が弱くなる「調節異常」です。加齢によって水晶体が硬くなり、ピントの調整力が低下した結果、近くを見る事が困難になります。老視は、近視や遠視、乱視かどうかにかかわらず、年齢を重ねる中で誰にでも起こり得る目の老化です。

凸レンズで補正し、近くのものを見えやすい状態にする必要があります。遠視・老視のいずれも、目の疲れ、かすみなどの眼精疲労症状が出る点は共通しています。また、近年は若い世代でも、スマホ老眼などの老視に似た症状に悩まされる方も増えています。自分に合う眼鏡を作り、目の負担を少しでも軽減する事が大切です。

お役立ち情報

スマホ老眼についてご相談なら【opteria Glassias】まで

店舗名 opteria Glassias
住所 〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町1-11-21せのおビル1F
TEL 0422-21-6755
URL http://opteria-glassias.jp/

WEBショップカード

オプテリアグラシアスオリジナルブランド PRIORITY SEETS

ウルトラセブン×BLACK ICE

contact_banner