スマホ老眼の対策についてのご相談なら【opteria Glassias】へ~スマホ老眼を放置するリスクとは~

スマホ老眼の対策についてのご相談なら【opteria Glassias】へ~スマホ老眼を放置するリスクとは~

スマホ老眼の対策について相談するならメガネの専門店【opteria Glassias】へ

スマホ老眼の対策について相談するならメガネの専門店【opteria Glassias】へ

スマホ老眼の対策や目の健康について相談したい方は、【opteria Glassias】へお問い合わせ下さい。目を酷使する事が多い現代の生活では、眼精疲労やスマホ老眼に悩む方が増えています。

【opteria Glassias】では、お客様の目を何よりも大切に考え、目の健康を損なわない快適な視力補正を提供するとともに、ファッションやライフスタイルに合わせてメガネを選ぶ楽しさを知って頂く事を使命としています。

店舗ではご予約優先で対応しており、来店予約はいつでも承りますので、お気軽にご連絡下さい。

スマホ老眼を放置する事で起こるリスクとは

スマホ老眼を放置する事で起こるリスクとは

スマホ老眼は、スマートフォンを長時間使うなど目を酷使する事で、一時的に目のピントを調節する機能が衰える状態です。

手元が見づらい、遠くがぼやけるといった老眼のような症状が現れるのが特徴で、10代~30代の若い世代で症状を訴える方が増えています。スマホ老眼は、医学的には「調節緊張」と呼ばれており、パソコンよりも画面が小さいスマートフォンを長時間凝視する事で、目に負担をかける事が大きな原因となっています。

スマホ老眼は単なる目の疲れだからと放置しがちですが、症状が進行すると目の老化や視力低下だけでなく、体全体に様々な不調を引き起こすおそれがあります。

初期段階では、目の充血、目の乾き(ドライアイ)、光の眩しさ、目の奥の痛みなどの症状が見られます。症状が進行して、頭痛や肩こり、首の痛み、めまい、吐き気などを訴える方も少なくありません。

目や脳が強い刺激を受ける事により、自律神経の乱れや睡眠障害、うつ症状などを引き起こす可能性もあります。

すぐに出来るスマホ老眼の対策は、定期的に目を休めて遠くを見る事です。近年ではスマホだけでなく、パソコンやタブレット、テレビ、ゲーム機などを長時間使う事により、目の負担が大きくなっています。

スマホ老眼を防ぐには、普段から使用時間を決めておく、時々目を休めるなど、目の負担を少しでも軽減するように心がける事が大切です。

お役立ち情報

スマホ老眼についてご相談なら【opteria Glassias】まで

店舗名 opteria Glassias
住所 〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町1-11-21せのおビル1F
TEL 0422-21-6755
URL http://opteria-glassias.jp/

WEBショップカード

オプテリアグラシアスオリジナルブランド PRIORITY SEETS

ウルトラセブン×BLACK ICE

contact_banner