2017年2月

ピントの合うスピードが改善。

今日は、久々に自転車通勤、ほど良く汗ばむ朝の始まりでした。

 

今日ご紹介するケースは、遠視と外斜位、そして上下斜位を矯正したら

ピントが合うスピードが改善したというお話しです。

 

この方は以前は地元の量販店で買った遠近両用レンズを使っていらしたのですが、度を見ると遠視もしっかり入り、乱視も無理やり削らず問題なさそう。

 

でもこの方のお言葉を借りると

 

「デスクワークの最中に、1m先の視界がぼやけ、しっかり見ようとすると

しばらくすると見えてくる。」

 

そんな状態だったのです。

 

では遠視も乱視も老眼も全て、ケアされていたのに何故この方は、上記の様な

主訴があったのでしょうか?

 

それが先ほど述べた外斜位と上下斜位をプリズムという度数で矯正したら

劇的に改善したというお話しになるのです。

 

間違えやすいのは、この状態をピントフリーズと勘違いしてしまうケースが

あるのですが、この方のピントの調節機能は年相応の老眼というだけで、

その老眼の対策を施せば問題無い状態でした。

 

また実際に量販店で作られた眼鏡にもその老眼用の度数は

組み込まれていたのです。

 

では何故、この上下や水平の斜位は、ピントを合わせるのに邪魔をするの

でしょう?ここでもう少し正確に物を言ってみます。

 

遠くと近くに目線を移動した時に人は簡単に言うと二つの運動をしています。

 

①見たい対象物にピントを合わせる調節運動。

 

②左右の眼を対象物に向ける輻輳/開散運動。

 

この運動をやっています。この方は、遠視や乱視と老眼を矯正する事で

①については改善しています。でも②については未対応だった為に

今回のような訴えになったのです。

 

②についてもう少し詳しく書きますね。輻輳/開散のうち

 

輻輳とは黒目を内側に向ける運動の事、

 

開散とは黒目を外側に向ける。運動をそれぞれ指します。

 

輻輳とは遠くから近くに目線を移動させる時に発生させる運動。

 

開散とは近くから遠くに目線を移動させる時に発生さえる運動の事を

 

言います。

 

実際にはこれに加え人は斜めにも目線を移動させますが、そこまで含めると

話がややこしくなるので、今回はこの輻輳と開散の運動についてご説明しますね。

 

もしももう少し掘り下げたい方は、僕が6年前に次論公論というblogで

詳しく解説しているのでご覧になってみてください。このblogと違い

業界の方向けにも書いているのでキャラが違いますよ~。

 

「次論公論より 不自然なずれ 」

 

http://opteriaglassias.blog92.fc2.com/blog-entry-1201.html

 

 

この様に人は両の眼を制御し、左右の眼を連動させて動かせる必用があり、

その運動が上手く出来ない方や、上手く出来てもその運動が過度になってしまい、ストレスとして感じてしまう方がいるのです。

 

皆さんも仲間と集まったら寄り眼をして互いの眼を見比べてみてください。

例えば、先に片方の眼が寄り眼を止めてしまったり、片方の眼が先にスッと

外側に逃げる方。ある方は鼻先まで黒目を内側に寄せられるのに、ある方は

眼から15センチも離れたところで寄り眼を止めたり、本当に千差万別で

ある事に気づかされるはずです。

 

そして、その個体差は、度数のさじ加減に影響を与えられるのです。

今回のケースではプリズムという度数の強弱にこの寄り眼の検査は

反映されました。

 

今日は、このblogの読者様のお宅では寄り眼大会がきっと

開催されますね(^^♪

 

ではまた明日。

 

$RW3SYVS

 

 

 

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
opteria Glassias

フロントページ(トップページ)


住所:〒180-0004 東京都武蔵野市
吉祥寺本町1-11-21せのおビル1F
TEL:0422-21-6755
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

人混みが怖くなくなった。

皆さん、少しだけご無沙汰してしまいました。僕は4日間の

イベントに追われ、blogを書く時間は寝る時間を削らない限り出来ない。

そんな状況で、迷わず僕は睡眠をチョイスしてしまいました。

 

本当に申し訳ない。m(__)m

 

お蔭様でイベントは大成功で沢山のご縁に恵まれましたし、

そんな素敵なご縁に恵まれている僕ら夫婦は本当に幸せだな~。

と噛み締め味わいました。

 

今日から、また訳の分からないblogがいつもの日常と共に始まります。

 

今日は、今までは人混みが苦手で人とすれ違うことが苦手だった人から

こんな嬉しい言葉を頂いたお話しです。

 

「プリズムを入れた眼鏡と出会うまでは人混みが苦手で外を歩きたく

なかったけど、プリズムを入れたお蔭で気楽に外を歩けるようになったわ。」

 

とこんなことを言われたお話しです。

 

このお方とは、2009年からお付き合いさせて頂いているので、もう8年程

グラシアスのお得意様です。その間に、ご年齢は40代中盤から50代前半へ。

そして4年程前から遠近両用にして頂きました。

 

特に変わった眼ではないのですよ、弱度の近視と弱い乱視。そして多少の

外斜位と上下斜位。これらのずれを当たり前の様に、眼鏡に落とし込んだら、

先ほどご紹介したような有難いお言葉につながったのです。多少のずれなのに何故、

この方は人混みを歩くのが苦手だったのでしょう?それは両眼視機能が機能

していましたが、低いレベルだったのです。

 

一例を挙げれば、向こうから歩いてくる方がいるとしますよね。その方の

歩くスピード、そしてその方までの距離、そしてその方の具体的な体形も

含めて、サイズ感等を得る為の情報が不確かだったと言えるでしょう。

 

もう少し具体的に言えば、

 

立体視とか深視力、そして空間把握能力とも言えるでしょう。

 

この能力が欠けてしまったり、機能が低下してしまうとこの様に

相手との間合いがつかめず怖い思いをしてしまうというお話しなのです。

斜位だってずれは少ないのですよ。

 

だから外観からみて眼を見ても明らかにどちらかにずれて見ているようには

見えていません。それでもこの様な事が起こってしまう事を

是非消費者の方々も知って頂きたいと願います。

 

この様に多少のずれでもプリズムで

矯正すると劇的に改善することがあるのです。

 

でも、この業界はプリズム処方に対して根強い反発というか、僕に言わせれば

間違った知識が常識化しているのです。僕は12年前から、両眼視機能検査という

検査法の普及を目指して頑張っていましたが、お蔭様で今では両眼視と検索を

掛ければ数件ヒットするまでになりましたが、一方、なかなかこのプリズム処方は

普及していないな~と感じています。

 

それは僕が先ほど間違ったと言いましたが、あくまでも僕に言わせればという

事で、それは解釈の違いとも言えます。ですからプリズムを入れないから

技術レベルが低いなんて事はまるでないのです。

 

ただ、プリズムに否定的な流派であったりお師匠さんに教わると

僕が思ったよりもプリズムは極力避けなさいときつく言われるようで

なかなか眼鏡屋さんの上級者の方でもプリズムを入れるというノウハウと、

実際に入れたらどうなるかについてはご存じない方も多いという事は

この場を借りてご報告させて頂きます。

 

ですから僕はこのblogで宣伝します。眼鏡作りとしては決して

技術レベルの高くない僕でもプリズムを入れると喜んで貰っていますよ。

 

と言いふらしているのです。

 

どうかこのblogをご覧になっている皆様の周りにも、人混みが苦手だ

なんて言っている方がいらしたら、お近くの方はグラシアスをご紹介

頂ければ一生懸命みさせて頂きますが、遠方の方であれば、

 

両眼視機能検査やプリズム メガネ

 

なんて検索ワードで調べてみてください。近くなくとも隣の県には

あるかもしれませんね。

DSC07198

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
opteria Glassias

フロントページ(トップページ)


住所:〒180-0004 東京都武蔵野市
吉祥寺本町1-11-21せのおビル1F
TEL:0422-21-6755
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

イベント二日目。

今日もic!berlinが全開でご覧になれちゃいます。

 

ご興味ある方も是非遊びにいらしてくださいね。

 

ではまた明日

 

$RW3SYVS

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
opteria Glassias

フロントページ(トップページ)


住所:〒180-0004 東京都武蔵野市
吉祥寺本町1-11-21せのおビル1F
TEL:0422-21-6755
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

名古屋から戻りました。

三日間のスクーリングも無事終了、そして次は進級できるかどうかの

試験の段階になります。果たして、数字アレルギーの僕が進級できるのか!?

 

と自分でも興味津々ですが、とりあえず出来る事をやるしかありません。

 

お蔭様でグラシアスは2/8をもちまして12周年を迎える事が出来ました。

っとすると12年前は…35歳、かな?多分そうだと思う。

 

今では立派なアラフィフ、老眼世代になっていますが、僕と一緒にお客様も

お年を召されているのですから、小さな子供が生意気盛りに育っていくのも

お店の12年と同様、あっという間に時間は流れます。

 

僕は人生という限られた時間の中で、それでも最後の日まで一歩でも

前進しようと日々修行しているのです。

 

どうか皆さま、昨日より今日、今日より明日が、僕の基本ポリシーですので、

お願いですから、この間言ってたことと違うよ。なんて突っ込みはご勘弁を。

 

今日からic!berlinのコレクションが集うショーになりますので、

是非、遊びにいらしてくださいね。

 

ではお店でお待ちしております。

また明日。

 

$RW3SYVS

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
opteria Glassias

フロントページ(トップページ)


住所:〒180-0004 東京都武蔵野市
吉祥寺本町1-11-21せのおビル1F
TEL:0422-21-6755
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

両眼視機能検査Ⅱ

昨日と今日は両眼視機能検査Ⅱと言う科目で、ピントの調節に関して

学びました。ピントの調節を無意識にして人は、遠くも近くも便利に見える

構造なのですが、実はピントを調節している水晶体は引っ張ってピントを

調節しているのか、そのメカニズムさえ分かっていないそうです。

 

そう考えると人の眼はまだまだ分かっていない事が多いのだなと改めて思います。

 

僕らはもっともっと勉強しなくてはいけませんね。

 

ではまた明日。

 

$RW3SYVS

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
opteria Glassias

フロントページ(トップページ)


住所:〒180-0004 東京都武蔵野市
吉祥寺本町1-11-21せのおビル1F
TEL:0422-21-6755
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

コンタクトレンズの話。

今日はキクチ眼鏡専門学校、初日のスクーリング。

午前はコンタクトレンズについてでした。

 

今日の講義はでは、最新のコンタクトレンズについて

情報を頂いています。

 

例えばコンタクトレンズの遠近両用レンズの

メリットとデメリット。

 

最新のソフトコンタクトレンズ事情等。

 

因みに綿糸法という検査法で僕の涙液の量を測定すると

基準は10mm、僕は21mm。ウルウルでした。

 

そんな話を戻り次第、皆様にお届け出来るよう猛勉強

して参ります。

 

ではまた明日。

 

$RW3SYVS

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
opteria Glassias

フロントページ(トップページ)


住所:〒180-0004 東京都武蔵野市
吉祥寺本町1-11-21せのおビル1F
TEL:0422-21-6755
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

メガネに関するお役立ちコラムや吉祥寺にあるお店の営業のご案内、最新情報をご案内しております

吉祥寺のオプテリアグラシアスのNEWSでは、最新の営業スケジュールや最新のサービスのご案内、オススメのブランドやフレームの情報をご紹介しております。定休日や臨時休業のご案内もしておりますので、ご予約前にご確認ください。
コラムではメガネデザイナーによるフレーム選びやレンズ選び、機能性と美容性を同時に追求するためのアドバイスをご提供しております。選び方にお悩みの方も失敗したご経験がある方も、視力矯正が初めての方もぜひご参考になさってください。
吉祥寺のオプテリアグラシアスではご予約制にて、じっくりとお時間をかけてフレームやレンズ選び、視力矯正のための充実の検査と快適に使うためのフィッティングをご提供しておりますので、ぜひ一度ご来店ください。

WEBショップカード

オプテリアグラシアスオリジナルブランド PRIORITY SEETS

ウルトラセブン×BLACK ICE

contact_banner