2017年8月

沖縄より戻りました。

念入りに日焼け止めを塗ってから海水浴を楽しみましたが、それでも沖縄の陽射しは

僕の肌に照り付けて、少しだけ肌を小麦色に近く染めてくれました。

 

この年でも夏を満喫した気分一杯で沖縄から帰ってくると

休みの日にきちゃったよと、笑顔で仰りながらも眼鏡を作りに来てくれる方、

調整の為にご来店いただいた方、数多くご来店頂き結局blogを気合入れて書く時間が

無くなってしまいました。明日こそはと思っておりますので、

 

毎日の更新を楽しみにして下さる方は明日も是非本blogに遊びにいらして下さいね。

 

ではまた明日

 

$RW3SYVS

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
opteria Glassias

フロントページ(トップページ)


住所:〒180-0004 東京都武蔵野市
吉祥寺本町1-11-21せのおビル1F
TEL:0422-21-6755
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

諦めないで。

先日はお客様とのやり取りでチェーン店だと転勤で引っ越してもアフターの心配しなくて

良いから、うちみたいな一つのお店しかないところで購入するとアフターが心配だ。

 

というお客様の声をお届けしましたが、全くもってその通りなのですが、

一方僕の方としては、チェーン店の限界を僕は身をもって体験したので、

僕は自分のパフォーマンスを限界まで引き上げ、顧客にサービスしたいと願っています。

 

そしてそのビジネスモデルは多店舗展開は不可能とは言いませんが、非常にコストと時間の

掛かるビジネスだと僕は思っています。僕もそう若くありませんので、残りの人生で

何が出来るかと言えば、僕は自らを高みに導く程度のことが限界で、なかなか今から

店舗数を増やして先ほどのチェーン展開でかつ、自分の分身を育てる

ビジネスモデルの構築は難しいと思っています。

 

実際にうちでしか味わえないサービスが確立出来れば

僕は世界中からグラシアスに眼鏡を作り来てくれる状況を想定しています。

たかが眼鏡一本、と思うかもしれませんが、僕に言わせれば、されど眼鏡なのです。

 

ではチェーン店が日本のでは7~8割シェアを保持していますし、

今僕らの様な中小零細企業は、シェアだけから見れば存在しないに等しいと思います。

ですからチェーン店のサービスが業界のスタンダードでありベンチマークにもなっているのです。

 

チェーン店だから=サービスの質が低いとはまるで言い切れず、僕の知っているチェーン店勤務者の

中には専門店の人から見ても先生と敬われる立派な眼鏡士も沢山います。むしろ社内競争があるし

競合他社との競争もあるのでチェーン店の経営者や従業員は非常によく勉強しているとも言えます。

 

ただしチェーン店には業態としての限界があるのも事実なのです。一日何本売らなきゃいけない。

日次の売り上げ目標などをクリアーする為に、必要な検査や作業に眼をつむって一本の眼鏡に

仕立てているのも事実だと思います。

 

一方、僕らの様な業態は、細々と商売をしているのですが、その分、お客様に手間暇を掛けて

みっちりサービスできます。

 

そしてうちのお店には今、新規のお客様が数多くいらっしゃいますが、そのうちの半数以上は、

そういったチェーン店で買っていたけど、もっと良い眼鏡が欲しいとグラシアスにいらしています。

するとそういった方々には一つの傾向があります。その多くの方は、主張をしないのです。

 

例えば、

 

「痛いから直して。」

 

「ずれるから直して。」

 

「見え心地が悪いから直して。」

 

こんな事をなかなか言って頂けません。それが僕の技術レベルが高いから

不満が無いのなら良いのですが、100%の方に満足を与えているとは到底思えません。

でもある意味、慣らされているのかもしれません。

 

「最初は痛いのが当たり前、そのうち馴染んでなれてくる。」

 

「眼鏡はずれるのが当たり前、落ちたら手で持ち上げればいいや。」

 

「見え心地は悪いけど、慣れちゃえば大丈夫。」

 

こんな風に思いがちなのではないのでしょうか?

 

ですが僕のお店はこういったお客様のご不満を一発で合わせるのは至難の業だとしても

何度も調整して快適に使って頂いていると思っていますし、こういったお客様のご要望が

僕を鍛えてくれたとも言えます。ですから、僕からのお願いはどうか諦めないで欲しいのです。

 

そしてそれは勿論お客様の為にも言って頂きたいのですが、

僕の技術を高める為にも実は必要不可欠なのです。

 

どうか遠慮なく僕の為にもなるとご理解頂き、御客様にご指導頂きたいと

願いますし、そんな状況を僕は心強く思います。ではまた明日。

 

$RW3SYVS

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
opteria Glassias

フロントページ(トップページ)


住所:〒180-0004 東京都武蔵野市
吉祥寺本町1-11-21せのおビル1F
TEL:0422-21-6755
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

沖縄にも僕の仕立てる眼鏡を。

僕は年に二回沖縄に行きますが、今年も明日から八日間沖縄に

行って参ります。吉祥寺のお客様には急な調整などで

ご迷惑をお掛けするかと思われますが、沖縄のお客様の

アフタフォローをする事もこの旅の目的にもなっておりますので

 

何卒ご理解くださいますよう

お願い申し上げます。

 

沖縄にもきっと斜視で困っている方もいるだろうし、

 

沖縄にもきっと左右の像の大きさが違って見えている方もいるだろうし、

 

沖縄にもきっと近視の進行が止まらなくて困っている方もいるだろう。

 

沖縄にもきっと、眼鏡が合わなくてお困りの方もいらっしゃる。

 

その方々全てを救うなんて僕の妄想に過ぎないけど、

でも、もしかしたら僕の今まで培っていたノウハウが誰かのお役にたてるのなら、

僕は微力ながらも困っている方の力になりたいと願います。

 

僕の半生はチンピラみたいな人生でした。

でもそんな僕でも誰かのお役にたてる喜びを知ってしまったら、

もう僕は眼鏡屋という職業にとりこなのです。

 

僕の残りの人生は、こんな僕を拾ってくれたこの業界と支えてくれた

国民への恩返し、それが僕のモチベーションに他ならないのです。

 

では行って参ります。blogはあちらから更新出来ればしますし、

予約投稿でボチボチUPもしますので、毎回このblogに来て下さる方は

この八日間もよろしくお願いします。

 

$RW3SYVS

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

opteria Glassias

フロントページ(トップページ)


住所:〒180-0004 東京都武蔵野市
吉祥寺本町1-11-21せのおビル1F
TEL:0422-21-6755
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

顧客を自慢出来る幸せ。

今日は、ご新規さん、そして常連さんと幅広くご来店頂き、

一部対応できずに失礼も致しました。

 

でも本日最後にいらした常連さん同士は初対面にも拘わらず、

何か知らんけど意気投合、話に華が咲きました。

 

そこで僕が常連のMさんにお伝えした言葉は、

 

「Tさんって良い人でしょ?Mさんもそうだけど、何かおいらは

ああいう良い方に恵まれてるんすよ。本当に幸せだと思います。」

 

とMさんにも感謝の意をつたえました。

本当に僕は幸せ者だと思います。

 

明日が今月の吉祥寺店営業最終日、

気合入れていきます。8日程お店を留守にしますので、

調整などは遠慮なくお申し付けくださいませ。

 

ではまた明日。

 

$RW3SYVS

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
opteria Glassias

フロントページ(トップページ)


住所:〒180-0004 東京都武蔵野市
吉祥寺本町1-11-21せのおビル1F
TEL:0422-21-6755
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

チェーン店の味、三ツ星レストランの味。

昨日はヘルシーな夕食だったのに、太ってたから、おかしいな?と思ってました。

昨晩は、僕のラーメン師匠と共に野方ホープへ、安定の味です。

 

いつもなら大盛にする僕が、全部乗せ、油普通の麺固めの注文。面は並でした。

これは今日は痩せないなと思っていたら、今日は100g減って87.8キロ。

 

誤差っすね~。

 

この野方ホープは複数の店舗はあるようですが、どこにでもあるチェーン店という

訳でも無いようです。昔外食業にいた時、その会社の社長さんが

 

「いつか僕はラーメンの全国チェーンを作りたい。でも味の均一化というハードルが

高くて、なかなか実現は難しい。」と頭を抱えていました。

 

勿論僕は、自分のお店の多店舗化やチェーン展開は考えていませんが、

昨日いらしたお客様とこんなやり取りがありました。

 

お客様「もしも、今回作る眼鏡(まだ検査を終えたばかりでまだ受け取られていません。)が

気に入ってしまって、それで私が夫の転勤で遠くに行ってしまったら、そんな時はどうしたら

良いのでしょうか?」と消費者としては当然疑問を感じるご質問でした。

 

僕にしてみるとまだ気に入ってもらえるかどうかも分からないので、少しだけ気が早いかな?

と感じましたが、それでも疑問は解消するべきだと思い説明を始めました。

 

僕「そうですね。以前の僕なら、全国に散らばっている仲間のお店を気安くお勧めできましたが、

最近、それも怖くなってきています。それは僕がやっている事が明らかに他のお店と違う事を

やっているという事を知ってしまったからなんですね。例えば、今回はプリズムという度数を

入れるという選択を僕はしました。でも全国の殆どのお店はこのプリズムという度数に

否定的なんです。ですから、紹介した先であなたの眼にプリズムは不要ですよと言われてしますと

お客様が混乱すると思うんですね。それで困っています。」

 

お客様「そうですか~、例えばチェーン店なら、全国にお店があるので均一なサービスを受けられる

じゃないですか~。ですからこういった個店で買うとそのアフターが心配で…。」

 

とまったくもってごもっともな見解。でも僕はこんな言葉を返します。

 

僕「(僕は以前にチェーン店の会社にいたのですが、)チェーン店は、誰でも出来る均一なサービスを

マニュアルによって確定し、マニュアルに沿った知識と技術を習得します。

ですから、他の大勢の方よりも仕事が出来る人は

原則、出来ない人のレベルにまで仕事の質を落とす必要が僕のいた会社にはありました。

 

でもお客様は、その会社としての基準を満たしているという

一律レベルのサービスを受けてご不満を抱えてうちのお店にいらしたのですよね?

それならば僕は僕にしか出来ないサービスを全身全霊で行いたいんです。

 

そしてそれを気に入ってくれたら、そのお店のファンになるのでしょう?

例えば、ミシュランの三ツ星レストランに行って、スープを飲みました。

それでお客様はその味にご不満を感じたとして、〇〇のレストランのスープが美味しかったから、

あのスープの味に変えて、って言います?

 

きっと言わないと思いますし、それってプライド持っている料理人にしてみると失礼にあたりませんか?

もしもその味が気に入らないのなら、そのお店に行かなければよいのです。明らかにスープに虫が

入っていたというケースやスープが冷めていたというのなら立派なクレーム要因ですが、

そのお店が100%のパフォーマンスで作った料理を

気に入るかどうかはお客様の好みの問題だと思うのです。

 

お店を選ぶ権利がお客様にはあるのだから権利は行使すれば良いのです。

 

僕は僕のサービスが気に入って貰えなかったとしたら、もっと喜んでもらえるよう

努力はしますし、現状もbestを尽くそうとしていますが、

だからと言って、チェーン店の様に誰でも出せる味と均一化を目標としている訳では決してないんです。

 

僕が拘って眼鏡を作っているからうちのお客様は、全国からいらしてますし、海外からもいらっしゃっています。

それはうちでしかして貰えないサービスを気に入ってくれたからだと思うんです。

 

だから心苦しいのですが、もしも気に入って下さったら、多少の時間や費用を掛けてでも

気に入ったお店には行くべきだと僕は思います。例えば転勤先で5万円の眼鏡を作って、

でも気に入らずに、他のお店に行くを繰り返す。

この方が余程非効率で時間もお金も勿体ないと僕は思いますけどね~。

 

それ程に良い眼鏡屋さんに当たるって少ない確率で、たとえそのお店が良いお店だと

世間で評判でも、ご自分と気が合わないお店だってきっとあると思うのです。(それがうちかもしれません。)

ですからもしもうちを気に入ってくれたとしたらそれは幸せな事だと思いませんか?」

 

とお答えしました。お客さまは納得したようなしていない様な、そんな感じだったのですが、

うちをまだ利用していない方、それでお問合せ頂いた方は、

僕はそのお客様の近隣のお店を紹介する事はあります。

 

でも、うちの味を知ってしまった方に、全く同じ味を期待されて

同じサービスしてくれるお店を近隣でも紹介してくれませんか?と聞かれればそれはNOと

言わざるを得ないのです。そして行った先でグラシアスではプリズムを入れていたから、

このお店もその度数にしてくれというお言葉は、先ほどのスープの話を例に出すまでもなく、

そのお店の方に不快な思いをさせてしまう恐れもあるのです。

 

眼鏡屋難民とか眼鏡屋ジプシーとか、そんな言葉もあるくらいに、本当に自分に合っていて、

良い眼鏡を作ってくれる眼鏡屋さん探しに皆さん躍起になっていますし、それ程お困りの様です。

僕にしたって自分が完成したとはこれっぽっちも思っていませんし昨日の自分を

否定出来るよう、常に前進したいと日々勉強しています。

 

それはつまり一年前のお客様が一年後に再来店された時に

スープの味変わったね、と言われるリスクもあるという事ですが、

お客様に更に美味しいと感じてもらえるように

僕は日々業務を改善しているとどうかご理解下さいませ。

 

また僕は月に一回勉強会を主催していますが、それは今の自分に足りないスパイスがあるという事を

理解し、更に他のお店の方との交流で足りないピースを埋めようという企業努力でもあり、

そして多くの方に理解されていない、プリズムを入れて眼鏡を作る事の大切さの広報活動でもあります。

 

僕と同様、他のお店も自分のお店に足りない調味料があるのだと

知って欲しいと願っているのです。今日も長くなってしまいました。

この取り組みの行く末には僕と味の似通ったお店が

出来るかもしれませんが、現状は時期尚早の様です。

 

今日は、眼鏡業界にミシュランガイドが有ったら良いなと願う零細企業の経営者が、

そんなの有ったら☆一つでも良いので欲しいなと日々研鑽しているよという呟きでした。

 

ではまた明日。

 

$RW3SYVS

 

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
opteria Glassias

フロントページ(トップページ)


住所:〒180-0004 東京都武蔵野市
吉祥寺本町1-11-21せのおビル1F
TEL:0422-21-6755
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

眼鏡屋の店員をこき使う方法。

今吉祥寺はがらがらどっしゃーんっと雷様が大活躍。僕は今は昼ご飯を食べ終え

PCに向かってblogを書いています。今朝の体重は87.9キロ、少し後退しましたが、

昨日もいつも行く定食屋さんで定食にせず、肉と茄子の炒め物と大根サラダという

非常にヘルシーな組み合わせにしたのに…。

きっと今朝の体重は夢だったと明日の朝思う事でしょう。

 

突然本編が始まりますが、眼鏡屋さんの店員さん(僕も店員さん。)の

仕事って何でしょう?

 

朝は掃除に始まり、お客様がいらっしゃれば、接客、そして眼鏡が決まれば検査、

その後フィッティング、更にレンズを発注して届けば加工。

 

こんな一日の流れになっています。

 

このうち接客、僕は接客が下手くそですが、下手くそな僕でもなんとかお客様と

コミュニケーションを成立させる為に、僕は地をだしていこうと思っています。

下手な笑顔を作ってもすぐにそれは作り笑いとばれてしまいます。

 

だから、似合わない眼鏡は似合わないと言うし、敬語も使いますが、

仲良くなった常連さんとの会話を傍から見れば、きっと同級生や親せきとしゃべっているのかな?

と思われると思います。そう、僕は普段の自分をさらけ出す事をしているのに過ぎないのです。

 

それでも下手な付け焼刃の接客よりましだと思うからです。

 

では、僕は似合う似合わないを言うのも仕事だと承知していますが、

一方、眼鏡屋の店員にそれを求めない方もいらっしゃいます。

むしろ、僕らがお声がけすると、無視される事もあるくらいです。

 

それは、よくある眼鏡屋さんの店員の接客が、そのお客様には心地よくなかったからで、

その体験が、僕に対しても大した接客出来ないんだったら、好きに見させてくれよという

思いが発露したとも言えます。僕はそれを悲しいとは思いますが、それを否定するのも

おかしな話で、業界全体で接客の達人を育てる事に注力も投資もしてこなかった結果なのですから、

それは僕ら業界全体の過去の負の遺産とも言えます。

 

では、何で眼鏡選びにお客様は一人で来ないで、ご夫婦や交際相手、

更に言えば、同僚など、複数でお店にご来店されるのでしょう?

 

それは自分では似合う眼鏡が探せない、

 

言い換えれば、自分では似合う眼鏡が分からない。

 

これが真相だからだと僕は思っています。

 

では何故、自分の身につけて顔の中心に位置するファッションアイテムでもある

眼鏡の良し悪しを自分は分からずに、他人はそれを似合うとかおかしいとか言えるのでしょう?

皆さんも不思議に思いません?

 

僕はグラシアスにいらしたお客様を見ていて思った事があります。

 

それは人は人を第一印象で判断するという厳然たる事実です。

そして人は、生きている時間が長ければ長い程に、自分の第一印象という過去の記憶は

どんどん遠ざかり、終いには忘却の彼方へ忘れてしまうのです。

 

ですから、自分の第一印象を知っている他人を連れてくるのです。

では長年連れ添ったご夫婦の場合はどうでしょう?

ご主人の眼鏡を探しにいらした奥様だって、大昔のご主人の印象何て

忘れていて、どちらかというと家で疲労困憊で疲れきって気の緩んだ

ご主人のイメージの方が強くなってしまっていると思います。

 

ですから、長年連れ添った連れ合いの方は、何しろイメージを変える事に

対してアレルギーに近い拒絶感が強くでます。ですから僕はそういったご夫婦の場合は、

ご一緒に来て頂いても、結局似合う眼鏡選びから遠ざかってしまうのではないのかな

と思う事もしばしばあります。かといって、一番ご主人のお顔を見るのですから、

それが違和感ありまくりなら堪らんと思うのも無理はないと思います。

 

こういったご夫婦の件はおいといて、僕は何しろ一見さんのお客様が店員さん(僕を)

頼らずに自分が連れてきた方が言う事をそのまま鵜呑みにしている場面を見ると

少しだけ悲しくなります。眼鏡選びで一番大切なのは、その第一印象、それが

今のこの瞬間なのに、印象の鮮度が高い、その今においらが提案しないで

どうするの?と思います。

 

一方、何を掛けてもお似合いですよという決まりきった言葉でしか

接客してこなかったこの業界にたいする不信感は先ほど述べたように

相当で嫌な思いを眼鏡屋さんでしてきたのでしょう。

 

ですから、僕は基本、

 

「ね~、お兄ちゃん、あたしに似合う眼鏡ってどんなのかしら?」

 

なんて頼りにされるとウレションしそうな程に嬉しくせっせと働きます。

吉祥寺には数多くの眼鏡屋さんがありますが、他のお店ではなく、

うちのお店にいらしたのなら、是非、遠慮なくご相談して頂きたいことと、

場合によってはお客様の言う事を否定する事もあるので、その覚悟ももって

いらして頂けたらな~と思います。

 

お客様の言う事を否定するってこちらとしても

勇気は要るけど、それも全てお客様に喜んでもらうため、そんな思いで

日々接客している事を知って頂きたいなと願い、今日の記事を書きました。

 

ではまた明日。

 

$RW3SYVS

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
opteria Glassias

フロントページ(トップページ)


住所:〒180-0004 東京都武蔵野市
吉祥寺本町1-11-21せのおビル1F
TEL:0422-21-6755
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

メガネに関するお役立ちコラムや吉祥寺にあるお店の営業のご案内、最新情報をご案内しております

吉祥寺のオプテリアグラシアスのNEWSでは、最新の営業スケジュールや最新のサービスのご案内、オススメのブランドやフレームの情報をご紹介しております。定休日や臨時休業のご案内もしておりますので、ご予約前にご確認ください。
コラムではメガネデザイナーによるフレーム選びやレンズ選び、機能性と美容性を同時に追求するためのアドバイスをご提供しております。選び方にお悩みの方も失敗したご経験がある方も、視力矯正が初めての方もぜひご参考になさってください。
吉祥寺のオプテリアグラシアスではご予約制にて、じっくりとお時間をかけてフレームやレンズ選び、視力矯正のための充実の検査と快適に使うためのフィッティングをご提供しておりますので、ぜひ一度ご来店ください。

WEBショップカード

オプテリアグラシアスオリジナルブランド PRIORITY SEETS

ウルトラセブン×BLACK ICE

contact_banner