2017年11月

blogの名前。

今日は明日の勉強会の為に資料作りをしている次郎さんですが

皆さんはいかがお過ごしですか?

 

明日は月に一回の勉強会、明日は少人数なので、いつもの検査の勉強だけでは時間があまると

考え、少しだけ毛色を変えてみたいと思い、明日はWEB集客に関して、皆で情報共有する事に

しました。そして今僕はその資料作りに懸命なのでございます。

 

その為、今日は短いご挨拶でblogは終わってしまいます。

楽しみにしてくださる方には申し訳ないと思いますが、

今後もこのblogを、…、え~っとこのblogを書き始めて一年は経過していると

思うのですが、このblogに名前が無い事に今気づきました。

 

何か良いネーミング無いかな?と皆さんに振ってみます。

何かあったら教えて下さいね。

 

ではまた明日。

 

$RW3SYVS

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
opteria Glassias

フロントページ(トップページ)


住所:〒180-0004 東京都武蔵野市
吉祥寺本町1-11-21せのおビル1F
TEL:0422-21-6755
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

嬉しいレビュー、反省すべきレビュー。

先日のblogで僕の言葉使いを不快に思うお客様からの貴重な(皮肉じゃありません。心から思っております。)
レビューを頂いた話をしましたが、昨晩は今度は有難くて有難くてウレションしたくなるような

レビューをFacebookの友達でありグラシアスの顧客から頂きました。

 

何でも、その方は先日近視の過矯正の状態から、グラシアスで検査して適正な度数に直し、
そして毎度のことですが、プリズムという度数を入れた遠近両用でお作りしました。

そのお方の言葉を借りれば、

①長年悩まされていた背中の張りが緩み改善した。

②鼻のつまりが改善し、通りが良くなった。

 

こんな二つの興味深いレビューを頂きました。

 

①については筋肉の話ですが、僕の作っている眼鏡、特にプリズムを入れた眼鏡は

筋肉を「緩ませる」効果を狙って度数を入れます。この①はどうつながっているのか

メカニズムは不明ですが、人の体って繋がってるんだな~、と感じるエピソードです。

 

②に関しては、これは僕は自律神経のお話しだと勝手に思っています。

まず、鼻の通りが悪くなる一因に腸のストレスがあると整体師さんが言っているのを

聞いた事があります。その方いわく、咀嚼不足で食べすぎると鼻がつまったり、

鼻水が出てくるのは腸の汗のようなもんだ。酷く大雑把に言えば、こんな事を

仰っていました。つまり自律神経の乱れが整えば、腸のストレス軽減になり、

 

結果として鼻の通りがよくなるのです。

 

実際に僕もその先生に咀嚼不足を指摘され、いつもよりも噛む回数を増やすと

鼻の通りはかなり良くなりました。

 

グラシアスではこんな面白い事例がわんさかありますが、

僕はそのメカニズムを説明出来ないことに僕の弱みがあります。

僕の言っている事は結果論に過ぎないという事を誰より僕自身が痛感しています。

 

いつか僕よりもっと頭の良い人が、この真相を解明してくれないか?と夢想します。

ただ一つ言える事は、僕ら眼鏡屋は眼を見る仕事だと思われていますが、こういった事例を

例に挙げるまでもなく、人の体はパーツ毎に診ちゃいけない。全て繋がっているという事です。

 

つまり僕らは眼だけのエキスパートでは、本当に良い眼鏡作りのノウハウに行きつけない

事を僕は示唆しています。僕らは眼を見ながら、その方の体全体のコンディションも

見る、更に言えば、その方の暮らしぶりも覗き見る必要があります。

 

勿論覗いてしまっては即逮捕ですから、皆さんとのお話しの中で垣間見る事を

目的にしています。ですから何気ない話の中にも僕らはお客様の体からの悲鳴が無いか

どうかを常に気をくばってみていると理解してくださいね。

 

言いたくないことは勿論言わなくてよいのです。でも皆さまの普段が見えれば見える

程に僕の感覚としては良い眼鏡作りに繋がっているという手ごたえを感じていることは

報告させて頂きますね。

 

ではまた明日。

 

$RW3SYVS

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
opteria Glassias

フロントページ(トップページ)


住所:〒180-0004 東京都武蔵野市
吉祥寺本町1-11-21せのおビル1F
TEL:0422-21-6755
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

思いもよらぬ展開。

昨日はすんごい嬉しい事がありました。お店で事務作業をしていると扉がバタンと開く音が

しました。するとスーツ姿の男性が入ってきましたが、その方は以前にうちのお店の担当だった

レンズメーカーの営業さんでした。その方は地方に行っていたので、

 

「あれ?出張で帰ってきたの?」

 

と聞いたら、

 

「実は会社を退職しました。」

 

と思いもよらぬ答えが返ってきました。この営業さんは僕に会う度に硬いな、口調が、

といつも僕にからかわれていた方で、それ程に真面目な良すぎる程に良い人でした。

ですから、その方が会社を辞めるなんて余程の事が無い限りあり得ないと思っていました。

 

僕は、つい

 

「どうして?」

 

と聞いてしまいました。本来ならプライベートな事なので、言いたくなかったのかもしれないのに

こうして僕は人のプライベートゾーンにズケズケと踏み込むのです。しばし反省。

 

ところがそこで思いもよらぬ言葉が返ってきました。

 

「実は、眼鏡屋さんになりたいと思いまして、次郎さんのblogの影響を受けて、特に先日のblogの記事で

南沢先生ですか?あの方のお話を聞いたら、眼鏡屋さんにどうしてもなりたいと思っちゃいました。」

 

と僕の目ん玉が飛び出るような回答が返ってきました。

 

まさか僕の書いているblogで人の人生をガラッと変えてしますなんて、少しだけビビります。

でも、そんな事を狙って書いてはいませんが、志の高い方が僕達の仲間に入ってくれるのは

有難いとしか言いようがなく、僕は同士を得た喜びに満たされたのです。

 

帰り際に僕は、

 

「一緒に勉強しような。」

 

と毎月やっている勉強会にもお誘いしました。

 

南沢先生、また先生のお弟子さんが一人出来ました。先生の取り組みは

決して無駄ではありませんでした。と喜びながら僕は報告するのです。

 

ではまた明日。

 

$RW3SYVS

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

opteria Glassias

フロントページ(トップページ)


住所:〒180-0004 東京都武蔵野市
吉祥寺本町1-11-21せのおビル1F
TEL:0422-21-6755
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

明るい未来。

最近公私ともに忙しいな~、まだ師走にもなっていないのに、

いつも駆けずり回っている次郎さんですが、皆さんいかがお過ごしですか?

 

僕は以前から思っているのですが、これからの日本の未来は明るいなといつも思います。

先日のタイ視察旅行の時にもバンコクのサイアム地区をおよそ3時間半、11月とはいえ、

32度を超える炎天下の中、常に汗をフキフキしながら練り歩きましたが、一年中常夏で

過酷な環境からか、タイでのショッピングスタイルは広大なショッピングモールの中で

完結するように街が設計されているようです。

 

ショッピングモール

(タイのショッピングモール)

そしてそこで見た光景は日本となんら変わらぬ、どちらかと言えばアメリカナイズされた

ような、見た事のあるブランド達とそのお店でモールの中は満たされていました。

だからと言ってタイ国民全てがその高級感溢れるモールで買い物出来るわけでは

決して無いのでしょうけれども、それで物凄い勢いで経済成長を

遂げている国の勢いをタイでも感じたのです。

 

タイの夜景と船上パーティー

(タイの夜景と船上パーティー)

 

タイの裏路地

(繁華街の一歩裏に入ると)

 

タイの寺院

(タイのお寺さんを遠景で)

 

トムヤムクン

(こんなんばっかり食っていました。)

 

そしてタイと日本は競争相手であると同時に日本製の製品に憧れ、買ってくれる新しい

マーケットがアジア圏に雨後の筍の様にわいてくる未来が待っています。

そこでは、低価格化競争だけでなく、韓国のカルチャーに魅かれる若者がアジアで

増えているように、それぞれの国の個性を明確に打ち出し日本ファンを獲得する

必要があります。今の日本では、日本人の人件費が高いから競争力が無くなったという

言い訳に多くの日本人が浸っています。

 

そうではないと僕は思います。日本人でしか作れない物であり、カルチャーを

発信しなくては、これからの世界で日本は生き抜く事すら難しいでしょう。

もうこれから人件費だけを武器に出来る時代では少なくともアジアでは早晩なくなります。

逆に言えば、日本ならではのモノづくりを忘れずに常に新しい付加価値を創造すれば

明るい未来が待っていると僕は言いたいのです。

 

どうか皆さんの暮らしが少しでも豊かになりますようにと、

海外に出る度に思って帰ってきます。少なくとも僕は今回のタイ視察旅行では、

明るい気分で帰ってこれた事をご報告させていただきます。

 

ではまた明日。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

opteria Glassias

フロントページ(トップページ)


住所:〒180-0004 東京都武蔵野市
吉祥寺本町1-11-21せのおビル1F
TEL:0422-21-6755
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ため口御免。

昨日は久々にハラミをしこたま食べて、元気一杯な次郎さんですが、

皆さんいかがお過ごしですか?

 

今日のblogは愚痴です。え!?誰が見るか分からないblogで愚痴を言うな?

そんな事いわんでください。僕だって愚痴の一つも言いたくなりますよ。

 

実は、うちのお店のGoogleのページにレビューが書いてあったんですね。

多くの方は好意的なレビューを書いてくださっていましたが、一つ気になったレビューが

ありまして、そこでは

 

「店長がため口で…。」

 

と僕の言葉使いがなっておらんとご指摘頂いていたのです。

このお方は、度数も僕の出した答えがお好みでは無かったようで、

他の方に検査してもらって快適にご使用頂いているというので

少しだけホッとしましたし、度が合わないとか、僕と気が合わないなんて事は、

商売やっていれば多かれ少なかれ有り得る話で、僕はそれは申し訳ないと思う気持ちは

あれども、そういった方々にはどうか他店では良いご縁がありますように、とお祈りします。

 

そして自分自身、ご満足頂けなかった方には何がいけなかったのかを反省するのです。

 

もしかしたら、僕のお勧めする度数をごり押ししてしまったかな?とか、もっと話を聞いて

あげればよかったのかな?とか、そういった僕の失敗事例は僕を成長させるのに非常に

役に立つし、クレームというお言葉は有難いとしかいいようが無いことだと承知しています。

 

でもね、ため口が気にいらんと言われたら?僕は「敢えて」その言葉をチョイスして

12年間やってきたんですと言わざるを得ないのです。

その「ため口」が良い眼鏡作りに辿り着く為に必要だと思って

僕は多少のボキャブラリーの中から、その言葉たちを選んでお話しています。

 

本来なら、

 

「はい。」

 

と答えるべきところを

 

「うん。」

 

と答える事も数多くあります。

 

では何故、僕はよそ行きの言葉を使わず、あえてカジュアルでかつ人によっては

無礼と捉えられるリスクのある言葉を自ら選ぶのでしょう?

 

それは僕の個性だと言われればそれまでですが、実はそれ以上に僕は目的をもって

言葉を発しています。それは顧客を良く知る為に、更に言えば、顧客の内面に踏み込み

日常をあぶりだす為に、この言葉を使っています。

 

例えば、

 

「お客様、いかがなさいましたか?」

 

と聞かれるのと、

 

「〇〇様、今日はどうしました?」

 

と聞かれるのでは、どちらかより普段の日常に近い感覚になりますか?

 

更に仲良くなると

 

「〇〇ちゃん、今日はどうした?」

 

に変換されます。

 

僕は常々こだわっているのは、お客様の生活様式、または生活習慣に合わせて

眼鏡を仕立てたいと願っています。その為にはお客様の言いたくないプライベートな事も

聞き出せるのであれば、極力引き出したいと思っています。

 

例えば職種、ご年齢、趣味、

 

こんな情報も出来上がる眼鏡作りの精度に一役買えるのですが、たかが眼鏡と思っている方にとっては、

何故、こんな個人のプライベートな事まで答えなきゃいけないんだろう?ときっと不思議に思います。

そんな時にこちらがかしこまり過ぎると、お客様の多くは僕の過去の経験で言えば、訝しがります。

 

(何だろう?何でこんな事聞くのかな?何か下心でもあるのかな?)

 

と感じる方も中にはいらっしゃるのです。それを自身の経験則として体験済みな僕は、

まずは自分から心を開こう、出来れば僕は全ての顧客の個人的な事まで聞くのであれば、

僕自身オープンマインドなキャラクターが必要なのかな?なんて考えるようになったのです。

 

お客様嫌がるかもしれませんが、もしも望まれるのであれば僕は全てのお客様と友達に

なりたいと思っています。そして親身になってお客様のご不満やご要望を聞く為には、

失礼なのはいけませんが、かしこまり過ぎても慇懃無礼になってしまう事もあります。

 

ただし、難しいのは、失礼や無礼と感じる感性は人によって違うという事実です。

ですから今回のクレームのコメントをして下さった方も、さぞやお怒りだったのだと思いますが、

正直、僕はこの方のクレームに関しては、根本的な解決の術を見つけておりません。

 

僕らグラシアスはカジュアルにお買物出来るお店を目指しています。そしてその中の一つのサービスとして

かしこまらないという選択をしました。それはお客様方が、緊張せず、リラックスしながら

眼鏡選びを楽しんで頂きたいという思いでもありますし、

お客様とお友達にたりたいという僕の思いでもあります。

 

ただし、正直行き過ぎる点もあると思いますので、

パーソナルゾーンに入り過ぎた時には

遠慮なくご指導ください。出来ればその場で(”◇”)ゞ

 

ではまた明日。

 

$RW3SYVS

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
opteria Glassias

フロントページ(トップページ)


住所:〒180-0004 東京都武蔵野市
吉祥寺本町1-11-21せのおビル1F
TEL:0422-21-6755
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

タイから帰って参りました。

お蔭様でタイでは実のある視察になりました。

 

HOYAさんのタイ工場は、言葉では上手く言えないけど、

想像を絶する規模で、そして真面目に働くタイの方の勤勉な姿勢と

朗らかな笑顔はとても印象的でした。

 

ではまた今日も沢山のご予約を頂いています。

今日も元気に頑張るべ~。

 

ではまた明日。

 

$RW3SYVS

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
opteria Glassias

フロントページ(トップページ)


住所:〒180-0004 東京都武蔵野市
吉祥寺本町1-11-21せのおビル1F
TEL:0422-21-6755
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

メガネに関するお役立ちコラムや吉祥寺にあるお店の営業のご案内、最新情報をご案内しております

吉祥寺のオプテリアグラシアスのNEWSでは、最新の営業スケジュールや最新のサービスのご案内、オススメのブランドやフレームの情報をご紹介しております。定休日や臨時休業のご案内もしておりますので、ご予約前にご確認ください。
コラムではメガネデザイナーによるフレーム選びやレンズ選び、機能性と美容性を同時に追求するためのアドバイスをご提供しております。選び方にお悩みの方も失敗したご経験がある方も、視力矯正が初めての方もぜひご参考になさってください。
吉祥寺のオプテリアグラシアスではご予約制にて、じっくりとお時間をかけてフレームやレンズ選び、視力矯正のための充実の検査と快適に使うためのフィッティングをご提供しておりますので、ぜひ一度ご来店ください。

WEBショップカード

オプテリアグラシアスオリジナルブランド PRIORITY SEETS

ウルトラセブン×BLACK ICE

contact_banner