2018年5月

ごみ処理マナーの改善と眼鏡の貢献度。

福井県は鯖江市、そして静岡県、伊東から熱海へ。三日間の旅の道中は

様々な景色と出会い、感動を数多く頂きましたが一番感動を頂いた

旅の風景、その一幕は、熱海第二小学校の生徒さんの書いた川柳でした。

 

何年生が書いたのかはバスの中での一瞬の出来事だったので不明ですが、

何しろバスに乗ってぼんやりと遠くを見ていると、

その立て看板の様に掲示されている川柳が目に留まったのです。

 

早速ご紹介しましょう。

 

「ポイ捨ては

みんなの心も

汚れるよ。」

 

お見事!!僕は長文を書くのは苦にならないのですが、こうして一文で

言い表すことが苦手な僕の脳みその構造であり、思考回路なのです。

そんな小学生の慧眼に恐れ入った次郎さんですが、

 

皆さんいかがお過ごしでしょうか?

 

今日は東北から斜視でお悩みのお客様、地元の眼科でも眼鏡店でも

斜視に関しては対策を提案して貰えなかったとお嘆きでした。

見てみると25△(25プリズムディオプター)のずれ、かつ先天的な

斜視ではなく、後天的に斜視になってしまったパターンでしたが、

 

その斜視の期間が長かった為か、網膜の異常対応という状態、

いわば眼が開いた状態で環境に適応してしまったパターンでした。

原則論としてこの網膜の異常対応のケースではプリズムを入れると

猛烈な違和感を伴い、

 

プリズム処方は受け付けない=慣れないケースが圧倒的に多いのですが、

 

このお方(49才)は意欲的で、検査の仮枠にその度数を入れて掛けてみた状態では

問題なく使用されていました。検査の過程では、

僕が必要と思ったプリズム量を眼に入れても

 

すいすいと店内を歩いています。

 

使用したフレームは既存のフレームで、それのレンズ交換だけを承りました。

僕の基本的な考えとしては、今使える物は最後まで使う。

ですから、使える物はなるべく使って下さいと促すスタイルです。

 

その場合には持ち込み加工料として一本あたり1.080円頂いています。

 

今回は普段の運転等の室外用で一組のレンズ、

 

もう一つはデスクワーク用に度数調整されたレンズ。

 

そのどちらも東海光学のレゾナスRという遠近両用に設計されたレンズを

使用しました。強度のプリズム+遠近両用という組み合わせでは

この東海光学さんというレンズメーカーは積極的にその製作範囲を超えた

レンズでも作ってくださいます。

 

昔は作れない度数でも今では遠近両用のレンズで作成できるのですから、

隔世の感を否めませんね。願わくば他のレンズメーカーもこの様に積極的に

製作範囲を超えたレンズでも作れる体制を整えてくださいと僕は

開業してから大手レンズメーカーさんにはお願いしています。

 

あるレンズメーカーさんの話によるとC-2.00という度数を超えたレンズで

受注する比率は全体の2%程度と言っていました。更に言えばC-4.00を超える何て

確率は間違いなく1%を大きく割り込むでしょう。

 

ですが、それに対応したレンズは何種類かは各メーカーからは発売されています。

 

一方斜視の方の眼に対応しようとすると、そもそも斜視の方の全人口比での比率は

3%(眼科学会HPより)と言われています。およそ400万人弱の方が斜視でお悩みだと

推察できます。ところがほとんどのメーカーはこのニーズに対応していないのです。

 

何か商売上の問題があるのでしょうか?

 

違うのです。メーカーさんだって、そのニーズがあって注文を請けられるなら

それに対応するに決まっているのです。ところがそれが出来ていないのは、

「ニーズが無いから」です。あれ?僕は先ほどニーズはあるって言ったのに、

今度は無いって言いきっています。

 

簡易に解説しますね。

 

先ず斜視の方々400万人弱いらっしゃる、これは事実でしょう。

ところが、その斜視の対策としては多くのケースでは今までは

手術で対応していました。でも僕はメーカーとコラボして

 

眼鏡で殆ど(先天的な斜視は対応は難しいケースが多い、ただし、可能性ゼロではありません。)

の斜視が対応できる(外斜視で今のところ実績ベースで9割

内斜視では8割)ようになったと考えています。

 

その新しい考え方なり、検査の方法を多くの方がまだご存知ないのです。

ですから、知られていないのですから当然ニーズは現状はなく、僕が

先ほど申し上げたニーズは、「潜在的な」ニーズがあるという方がより的確だと言えるでしょう。

 

まだまだこれからだというお話なのですが、今日いらしたお方は途方に暮れて

いらしたので、僕と出会えて良かったと言って頂けましたが、

まだまだそういった眼でお困りの方は沢山いらっしゃると思いますので、

僕も更にこの方法を広く普及させなくてはとふんどしを締めなおした次第なのであります。

 

ポイ捨て禁止のスローガンも立派な社会貢献ですが、

斜視でお困りの方の為に眼鏡一本でダブりが消えて場合によっては

物が立体的に見える状態まで回復する可能性があるこの方法は

立派な社会貢献だと僕は思います。

 

皆さんはきっとこう思うでしょう。

 

「たかが眼鏡でしょ?」

 

いえいえ

 

「されど眼鏡なのです。」

 

ではまたこのブログでお会いしましょう。

 

$RW3SYVS

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

opteria Glassias

フロントページ(トップページ)


住所:〒180-0004 東京都武蔵野市
吉祥寺本町1-11-21せのおビル1F
TEL:0422-21-6755
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ルフィーの苦悩。

僕はよく、冗談半分で眼鏡王に俺はな~る!!って公言しています。

そもそも、眼鏡王とは?というその定義すら曖昧なのですが、そこは

ルフィーが回答してくれています。

 

「ねぇ、ルフィーは海賊王になったら何人の部下を従えるの?」

 

するとルフィーは

 

「誰も従えやしねぇよ、この海で一番自由な奴が海賊王だ。」

 

と回答するのです。

 

尾田先生は天才なのでは?と思う程に

明確にルフィーのビジョンをたった一文で描写しています。

 

と朝から漫画の世界から抜け出せずにいる次郎さんですが、

皆さんいかがお過ごしでしょうか?

 

僕はルフィー程に自由にこだわっていませんし、むしろ今は不自由を

楽しんでいるむきもあります。今まで僕は、奥さんと二人で

お店をきりもりするパパママストアーの店主でした。

 

中小零細企業の創業社長というのは、自由しかないんですね。

 

僕なんかやりたい事が沢山あります。またお金さえあれば、

僕のやりたい事はすぐに出来ます。(残念ながらお金持ちではありません 涙)

ですからお金は僕の選択肢を広げてくれるアイテムと言えます。

 

こう書くと金の亡者だっていう方もいらっしゃるかもしれませんが、

僕の中での矜持はお金は使うものであって、お金に使われたくない。

 

このたった一つの自分ルールを守ればよいのです。

 

創業社長である僕はニーズの無いところにニーズを

作るところから始めました。若しくは、ニーズはあっても、

その眼鏡で困った問題を抱えている方々との接点を

作るところから始めたののが13年前です。

 

誰も僕の存在を知らないからです。

 

何かの販促や新しいブランドとの取引、外注先の選別。

毎日の様に選択を迫られ、そして日々その会社としての方策を

チョイスしてきました。失敗すれば自分の責任、成功すれば

その取引先の功績。こんなことを13年繰り返してきました。

 

つまり僕は選択の自由を13年間常に行使してきたともいえるのです。

 

その僕が今組合に入り、皆との合議や根回しを楽しんでいます。

僕一人では何もできない事を僕は、組合員の方々に懸命にその施策の

必要性を説きます、反対意見も出ます。

 

以前の僕なら馬鹿らしいと思って投げだしていたことも、

不思議と今はその反対意見さえも嬉しく思う自分が確かにいます。

そのリアクションそのものが僕にとってのご褒美と

言えるようです。それくらい中小零細企業の経営者って孤独なんですよね。

 

さて僕は先日のblog記事で公約を二つ掲げましたが、

 

それは以下の通りです。

 

「眼鏡屋版の食べログ(のような)サイトを作ります。」

 

更にそのサイトを、

 

「数億のお金を集めてテレビコマーシャルでキャンペーンをうちます。」

 

と公約を掲げました。

 

この業界は小さな業界で、過去は知りませんが少なくとも僕がこの業界に

入ってからは業界が力を合わせて数億円のTVコマーシャルの

キャンペーンをうつなんて記憶にありません。

 

伝聞も含めた僕の記憶では、そもそもこの業界は力を結集したことすら

ないのではないのでしょうか?もしもこの業界でそんな大きな取り組みは

無理と思う方には僕はこう言いたいです。

 

「力を合わせたことが過去にもしもないなら、力を合わせたら何が出来るか

なんてきっと誰も分からないのではないのでしょうか?」

 

と僕は言いたくなります。

 

今回の取り組みは業態が、とか地域的なバッティングとか、

ましてやあの人(会社)が好きとか嫌いとか、

それを言った瞬間にこの企画は崩壊するでしょう。

大切な事は、自らと理念が一緒だという事ではないのです。

 

この業界にいるのかいないのか、論点はそこだけです。

そしてこの業界の将来を成長発展させることが業界人だけでなく、

消費者にとっても利益になるだろうか?

そこを諦めていない方々の力を僕は結集させようと思うのです。

 

誰だって今日より明日と発展することに恐怖はなく、

むしろ昨日より今日の方が衰えている。

そちらに恐怖を感じるはずなのです。

 

実際にこの業界に所属する多くの方は

この業界は斜陽産業だと認識しています。

 

本当にそうでしょうか?僕には全然そう思えないのです。

 

ただし、過去がダメだから、未来もダメだろうと

諦めてしまったら本当にこの業界は終わりだと僕は思います。

明るい未来を作るのは今の頑張りだと僕は思うからです。

 

僕はルフィーの様に腕っぷしが強い訳でも無いですし、

特に眼鏡つくりが人より秀でている訳ではありません。

それでもそんなちっぽけな僕が、何かしら業界に恩返ししたい

そんな思いがここ数年沸々とわいてきます。

 

ルフィーは以前にウソップと大喧嘩したときに、

辛いとポツリともらして泣きました。

 

そんなときにゾロは

 

「お前がぶれちゃダメだ。」と背中を押しました。

 

僕にはそんな苦悩はまだ見当たりません。

でも少なくとも僕は消費者の満足と業界の振興の為だけに

動いています。「そこはぶれちゃダメですね。」

 

ではまたこのブログでお会いしましょう。

 

$RW3SYVS

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

opteria Glassias

フロントページ(トップページ)


住所:〒180-0004 東京都武蔵野市
吉祥寺本町1-11-21せのおビル1F
TEL:0422-21-6755
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

PCとストレス。

昨日はお休みでしたが、朝から商工会議所のセミナーに参加、みっちり二時間

濃厚なお話を聞いてきましたし、僕自身の思いも伝えさせて頂きました。

 

その後はコピスというショッピングモールの地下で「牛骨ラーメンいとう」さんという

僕と苗字がかぶったお店で僕に似つかわしくない、ヘルシーなラーメンを、

せめて一矢報いてやろうと大盛りにしてメタボリックな「にほい」がするようオーダーし、

一気に平らげました。でもヘルシーという触れ込みのわりに

意外と言ったら失礼ですが、美味しく頂きました。

 

その後夏服をこそっとお買い物して、いつも行くマッサージ屋さんで150分コースの

至福の時、それを終えると雑誌の取材で中野に行っていたうちの奥様と合流、

近くに出来たラウンドワンにておよそ7時間程カラオケで歌いまくりました。

 

昨日の僕に課したミッションはつまり、ストレスの発散だったのです。

 

そして見事にそのミッションを完遂し、今日の僕は、ウキウキ気分な

一日の始まりでした。そんな僕ですが皆さんいかがお過ごしでしょうか?

 

ストレスと言えば、近年劇的に増えたPC作業、あれも過度になってしまえば、

それはストレス要因であり、場合によっては体ばかりか心までストレスに蝕まれて

しまいます。適度なストレスこそ、モチベーションなのですから、ノーストレスな状況が

ベストとも言えないところに難しさがありますが、

ともかく過度になってしまっては色々弊害があるようです。

 

そのストレスは一部のIT企業だけでなく、多くの会社がPCの依存度を高め、

今となってはITに関係あろうと無かろうとOfficeでwordやexellは当たり前のように

こなさなくては戦力にならない状況になっています。

 

以前の日本は一億総中流社会なんて言われていましたが、

 

今では一億総PC社会であり、その近未来の行く末がIOT社会なんて言われています。

更にAI、ロボティクスの平成の産業革命の様な時代が目前の世の中で、

先ずは光るモニターを極力ストレスを下げて快適にPC作業の環境を構築することが

今の日本に限らず世界中の国々の急務と言えるでしょう。

 

何年か前に、それを警鐘を鳴らしたいと僕は下記のリンクの様に業界の改革提言書という

文書を書いています。そこでは眼科と眼鏡店はタッグを組み国民の暮らしを支えるべきだと

次論を展開しています。長文ですが、ご興味ある方は是非ご一読下さいませ。

 

僕の業界改革提言書

 

そのストレスを軽減させることが、日本での緑内障の有病者数を軽減させる方向に

コントロールできる可能性があることや、緑内障の有病者数のみ、PCの普及率と

折れ線グラフを重ねればほぼリンクしている事実から、PC作業が大きな負荷を

眼に掛けている事が推測されます。いつかこの事案を眼科医様がしっかり

研究してくださる事を願うばかりですが、以前に大学病院の眼科の先生に

その上記の事実を伝え、その可能性は無いですか?

 

と訊いてみると、そんなのあり得ないと一蹴された経緯があります。

 

是非そんな新しい分野にチャレンジしてくれる眼科医さんとの出会いが

あればよいなと待ちわびている状態な僕なのです。

 

ともかく今の段階で言えることはPCの環境の見直しと

PC用眼鏡を作成することを僕はお勧めします。

 

それは

 

①ブルーライトカットのレンズを使うか、何かしらの可視光線の透過率を

下げるレンズを使用すること。

 

②目の表面から、目的とするモニターまでの距離を測定し、それに合わせた

眼鏡の度数を調整し、使用する事。

 

③長時間の寄り眼が大きな負荷になる可能性があるので、

プリズムという度数で寄り眼の負担を軽減させる眼鏡を作る事。

 

この三本の矢をあわせて対策をうつことで相乗効果が見込めるのです。

 

更にPC環境の見直しとしては、まずは見下ろしてみられるように

モニター位置を下げる、若しくは椅子を上げる。

これはピントの調節筋に対して有効に働きます。

 

若しくは反射がない事が前提でモニターを寝かすなんてことも

対策としては有効ですが、今の多くのPCモニターは当然反射してしまうので、

照明の反射光がちらつきや見難さの原因となりますから、

反射光のコントロールという観点が必要になります。

 

皆さんもどうか快適なPCライフを過ごして頂きたいですし、

作業効率を上げて、残業時間を減らす、それでプライベートも充実できる。

そんな社会環境にならないかな?と願うばかりです。

 

因みに僕のHPでPC用眼鏡に関して能書きを書いていますので、

そちらも併せてご覧になってみてくださいね。

 

眼が良い人程PC用メガネが必要なのです。

 

ではまたこのブログでお会いしましょう。

 

$RW3SYVS

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
opteria Glassias

フロントページ(トップページ)


住所:〒180-0004 東京都武蔵野市
吉祥寺本町1-11-21せのおビル1F
TEL:0422-21-6755
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

タイとのご縁。

昨年タイに初めて訪問しました。主に、バンコク、更にアユタヤの工場見学

がメインの視察旅行だったのですが、一日フリーの時間を作り、バンコク市内を

歩き回ってきました。タイの今の勢いを物凄く感じた一日でしたが、

 

来月も、再度タイに訪問します。タイの方々からエネルギーチャージを

してくるつもりで今からワクワクしている次郎さんですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

 

そんな最近妙にタイとのご縁を頂き、すっかりにわかタイ国ファンの次郎さんなのですが、

今日も朝一番のご予約のお客様はタイ在住の日本人の方でした。

 

このお方はテレフォンオペレーターで、一日8h、ずっとモニターを注視しながら

電話を出るお仕事をされているそうですが、何しろ目が疲れると仰っています。

今使っている眼鏡を見ると度は弱く設定されています。

 

ところが、乱視が入っていないのです。では目線のずれ、いわゆる斜位と

いいますが、それはどうだったのでしょう?それはほとんどずれの無い状態でした。

ただし、寄り目の検査をすると15センチまでも入ってきません。

 

つまり寄り目下手といえる眼でした。皆さんのなんとなくの知識では

斜位が少なければ寄り目は当たり前のように出来ると思っていらっしゃると

思いますが、斜位が少ない方が寄り目に掛ける運動量は減るかもしれませんが、

 

一方、斜視が少ない=寄り目が上手いとは言いきれないことが

現場では多々あるのです。ですから斜位の量だけ計って判断するのでは

片手間だと僕は言いたいのです。この寄り目のテストではご自宅でも

出来ますので、是非皆さんのご家族同士でもやってみてください。

意外と若いのに寄り目下手なんてことがご家族内でもあるかもしれませんよ~♪

 

この検査はボールペンでも良いので何かを注視させながら目的とする視物を

近づけます。ある時点で寄り目を止めたて寄らなくなったらその距離を測定します。

鼻先まで寄り目が出来れば5センチと計算してください。

 

基準は

 

5.5㎝~8.5㎝

 

まで寄れればOKです。また途中だけ片方の眼だけ開いてしまったり

片方だけ寄ってこないなんて状態もよろしくない眼の動きですね。

 

もしも寄り目が上手くいかない、左右差がある。

かつ眼がやたら疲れるなんて場合には

是非お近くの眼科や眼鏡屋さんに相談に行ってみてくださいね。

 

傾向としては壮年期を過ぎたご年齢からは

この寄り目で近寄れる距離は次第に遠ざかります。

 

因みに今日検査した方は15センチで寄り眼を止めてしまいました。

結局乱視を矯正し、更に手元の目的距離(今回は35㎝のPCモニター)

まで楽にピントを合わせられるように近視を弱めて作成しました。

 

これでこのお方の眼が少しでも楽になって

快適にお仕事をこなせるよ良いな~、

微力ながらもお力になりたいと

切に願うばかりなのです。

 

最後にタイのプルンチットのお薦めのレストランまで教わる

ちゃっかり次郎兵衛なのでした。

 

$RW3SYVS

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
opteria Glassias

フロントページ(トップページ)


住所:〒180-0004 東京都武蔵野市
吉祥寺本町1-11-21せのおビル1F
TEL:0422-21-6755
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

回り道と順番。

GW最終日、昨日までお蔭様で忙しくさせて頂きました。

未だにイチローショックを引きずっている次郎さん、

イチローさんの今回の騒動は本来引退して、その後コーチ就任という流れから

くるべきところを引退をしない、でもアドヴァイザーの様な職に就任、しかも終身契約

という異例中の異例なケース、こんな順番ってあるの?と驚いた僕なのです。

 

今日も朝から仕事に追われる幸せを感じていますが、

皆さんいかがお過ごしでしょうか?

 

 

順番といえば、今日は朝から順番について考えさせる

象徴的な事例のお方が二人続けてご来店頂きました。

 

朝から二件続けて内斜視でお困りのお客様、当初は眼科の処方箋で快適だったそうですが、

夜間の長距離ドライブでは疲れるとダブりそうになるのが不快だと仰っていました。

この方は、眼科医を数件回ってから僕のお店に来ているので、それ程心配せず度数決定しましたが、

 

お二人目の方は、真っ先に眼鏡屋直行でグラシアスにご来店頂いたので、

心配しました。このお方は、4~5年前から、ダブりを自覚していたそうです。

目を見ると遠くも近くも内斜視で、大きく内側にずれていました。

 

こういったケースで僕は、万が一を考えてお医者様に行ってくださいと促します。

MRIを撮ったり、お医者様の見地からのご意見をうかがってから、検査をするのが

順番として大切、回り道が凄い重要だと思うからこうしてご紹介するのです。

 

皆さんも、視力低下を自覚したら真っ先に眼鏡屋さんという考えは

多少改めた方が良いですよ~、視力低下の要因は度が変化したり進んだりだけでなく、

万が一を考慮して病気の可能性も疑う必要があることを僕はお伝えしたいと思います。

 

どんな病気も早期発見が大切ですものね。僕らは治療は勿論、診断すら法律で禁じられています。

ですから、僕らがやれるのはあくまでも、度数調整だけなんですね。

 

一方、その度数調整が下手な薬よりも良く効くのもこれまた事実で、

うちのお店は、プリズムという度を入れて眼鏡を作ることが多いのですが、

これを入れて眼鏡を作ると当初は気持ち悪いと違和感を訴える方が多いのですが、

その僕の設定したハードルともいうべき違和感を乗り越えてくれると

本当にこちらの想像を超えるご褒美が待っていたりします。

 

ですから、是非その世界にご案内したいなと思います。

眼が疲れた、原因不明の頭痛でお悩み、肩こりが酷い。

こんな体調不良でお困りの方は是非ご相談ください。

 

でも順番としてはまずはお医者様ですよ~。

 

うちのお店に来て、

 

「こんなに体調がつらいんですけど、僕は病気ですか?」

 

と訊かれても僕には答えようがないとしか言いようがないのです。

 

一見、回り道に見えるかもしれませんが、

一つ一つ可能性をつぶしていく作業が大切なんですね。

 

ではまたこのブログでお会いしましょう。

 

$RW3SYVS

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
opteria Glassias

フロントページ(トップページ)


住所:〒180-0004 東京都武蔵野市
吉祥寺本町1-11-21せのおビル1F
TEL:0422-21-6755
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

自らの夢をあきらめない、笑わない。

子供の頃の夢は天文学者と動物園の飼育係、大人になってからは、

小説家デビューを夢見て処女作「奇跡の星」はSF小説。

Facebookで業界の先輩が星の写真を掲載されているのを見て

 

ついそんな幼少期の自分を思い出し、僕の人生に星に恋し、恋焦がれて

生きた人生だったな~と改めて感傷的になってしまった

次郎さんですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

 

僕は子供の頃の自分の夢を信じることが出来ずに自分で自らの夢をあざ笑い、

僕は内面の自分に負けて自らの夢を投げ捨てた経緯があります。

今となっては、僕の天職は眼鏡屋で、メガネというツールを用い

世間に奉仕することが僕の天命だった気がします。

 

そんな過去の経緯を振り返ると、今度こそ、僕は夢を叶えなくちゃいけないと

僕自身の尻を叩きます。では僕の今の夢は?

 

……実は僕は今夢がいっぱいいっぱ~いあるんです。

 

ただ一つ言えることは、僕は以前の天文学者を僕なんかじゃ無理だって

諦めた過去を後悔しています。だから僕は今度むくむくと生まれてきた僕の夢は

決して否定しないように、それだけは自らを戒めています。

 

では僕の夢は?

 

実はシンプルです。「僕らの業界が国民に支持されて、

たかが眼鏡かもしれないけど、されど眼鏡一本で国民の暮らしが豊かになる。

眼鏡を売る人も、そして買う人も笑顔で楽しい風景。」

 

そんな風景がどこでも見られることが僕の夢です。

それを硬い言葉で言えば、業界の改革とか言えるのかもしれませんが、

今述べたように僕の夢はそんな硬い言葉では語りつくせないのです。

 

僕は眼鏡屋で笑顔が見たい。ただそれだけだったりします。

では何故そんな夢を僕は見るのでしょう?

 

それは業界に噓があるからです。僕は思います。忌むべきはそんな噓をついて

日々の業務をこなしている方、そんな方々を僕は悲しく思うのです。

どうしてもそうしなくちゃ、会社が維持できない。お給料がもらえない。

出世できない。その嘘の多くは、業態や会社の評価、いわばシステムに

組み込まれてうそをついてまで売り上げを作らなくてはいけない構造が

生み出されています。それを僕は資本主義の弊害だと以前のblogでお話していました。

 

貨幣経済や上場企業の成長義務、こんな社会の仕組みが

実は眼鏡屋が嘘をつかざるを得ない状況を生み出しているのです。

当たり前ですが僕一個人には、その社会の仕組みを変える力はありません。

 

でも活き活きと働ける環境の整備や、真面目にやっている眼鏡屋さんに

もっとスポットライトがあたる環境を構築する。このくらいの事は自分でも

出来そうですね。更に僕はパパママストアーの経営者の端くれですから、

 

では僕の会社の規模が大きくなり、当たり前の評価規定を作れば、

それは顧客本位の会社を作れる可能性があるという事です。

更に、その会社が評判になるほどに繁盛店になれば、いつかそれを

真似て、例えば弊社の評価システムを採用する企業が出てくるかもしれません。

 

その地道な積み重ねこそ、僕の夢に近づく一歩一歩の施策と言えるのです。

今僕はそれこそ、顧客に噓をつかずに経営出来ています。それは僕のお店は

組織ではないからです。それを僕は組織にしても貫けるかがこれから試されるのです。

 

今日は星の話から始まり僕の時間軸は40年前から一気に現在に引き戻されます。

ただ思うのは、僕の人生、特に華の無い負け犬人生だったな~と思います。

でも今の僕は負けることが必然だっただけでなく、負ける事で今の僕が出来上がったと

思います。ですから負けてよかったな~としみじみ思うのです。

 

では僕は皆さんに公約しましょう。

 

もしも僕に力があれば、僕は

 

「眼鏡屋版の食べログ(のような)サイトを作ります。」

 

更にそのサイトを、

 

「数億のお金を集めてテレビコマーシャルでキャンペーンをうちます。」

 

この二つを実現させる為に僕は邁進したいと思いますので、

是非皆さん乞うご期待でござる。m(__)m

 

ではまたこのブログでお会いしましょう。

 

$RW3SYVS

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

opteria Glassias

フロントページ(トップページ)


住所:〒180-0004 東京都武蔵野市
吉祥寺本町1-11-21せのおビル1F
TEL:0422-21-6755
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

メガネに関するお役立ちコラムや吉祥寺にあるお店の営業のご案内、最新情報をご案内しております

吉祥寺のオプテリアグラシアスのNEWSでは、最新の営業スケジュールや最新のサービスのご案内、オススメのブランドやフレームの情報をご紹介しております。定休日や臨時休業のご案内もしておりますので、ご予約前にご確認ください。
コラムではメガネデザイナーによるフレーム選びやレンズ選び、機能性と美容性を同時に追求するためのアドバイスをご提供しております。選び方にお悩みの方も失敗したご経験がある方も、視力矯正が初めての方もぜひご参考になさってください。
吉祥寺のオプテリアグラシアスではご予約制にて、じっくりとお時間をかけてフレームやレンズ選び、視力矯正のための充実の検査と快適に使うためのフィッティングをご提供しておりますので、ぜひ一度ご来店ください。

WEBショップカード

オプテリアグラシアスオリジナルブランド PRIORITY SEETS

ウルトラセブン×BLACK ICE

contact_banner