2018年9月

上下斜位の怖さ。

今日半年ぶりにいらしたお客様は前回上下斜位をしっかり矯正した

遠近両用レンズで作成しました。

 

仮にA様(仮称 女性 50代前半)としますが、

 

実際にどんな状態かと言えば、

 

5.5△(△=プリズム)

 

のずれでした。近視は強度、乱視を少々。(←なんか料理のレシピの

説明みたい 例~砂糖を大さじ一杯、みりんを少々。)

 

な目のお方でした。

 

これが水平のずれでしたら5でも6でもずれるなんて

どこにでもいらっしゃいますし、絶対的安静位(死亡時、気絶時の眼の位置)

では、99%以上の方の眼は外にずれています。

 

それを多くの方は無意識に寄り眼をして物がだぶって見えないように

コントロールしています。これが意識しているうちは、一つに重なり、

疲れたりすると物がダブってみえる間歇性斜視(僕なんかこれです。)になり、

意識して頑張っても物がダブったり、物を一つに重ね合わせられなくなる状態を

恒常性斜視といいます。

 

そして斜視ではないのですが、特殊な器具でその重ね合わせて見る刺激を

取り除いた状態でずれる状態を斜位といいます。水平方向のずれで言えば、

多くの方が5△ぐらいのずれは当たり前のように存在し、それを異常とは

僕らは捉えませんし、本人もそれが原因で斜位即体調不良という訳ではありません。

 

ところが、上下斜位は多少のずれでも多くのダメージを視機能に与える

ケースが多く、それを矯正するのにプリズムという度数で調整する効果も

高いと言えるケースと言えます。

 

今回もまさにそうで、今まで真正面を見ていれば何とか、ダブらずに

一つに見えていたけど、目線を斜め横に振るとすぐに物がダブっていた。

それが今回は、メガネでその不具合は全て解消したと言って頂けました。

 

有難いことです。

 

物がダブって見える状態を複視と言いますが、

 

特に上下にダブった場合にはプリズムが有効で、

 

水平の場合には、プリズムに加えてビジョントレーニングも

有効になってくるという知識をどうか皆様も持って頂きたいと思います。

 

ともかく、物がダブって見えた場合には、先ずは病院に行って

調べてもらうのが最優先、その後特に異常が見つからなかったら

眼鏡屋さんにいらしてください。その際には

 

物が縦に(横に)ダブって見えるとそのぶれる方向まで

しっかりお伝えして頂けると助かります。

 

使用したレンズはNIKONセブンという遠近両用レンズでした。

ご参考までに作成した度数も挙げておきますね。

 

RS-10.75 C-1.50 AX9  ADD+1.25 2△ダウン

LS-10.75 C-0.75 AX30  ADD+1.25 3△アップ

 

それではまたこのblogでお会いしましょう。

 

 

g-09-01

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
opteria Glassias

フロントページ(トップページ)


住所:〒180-0004 東京都武蔵野市
吉祥寺本町1-11-21せのおビル1F
TEL:0422-21-6755
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

一点に留まらないのは、人の世も、そして眼も。

僕の嫌いな物を羅列すると

 

第一位 蚊

 

第二位 裏道の運転

 

第三位 残業。

 

では僕の好きなテレビ番組は、

 

第一位 金八先生

 

第二位 あいのり。

 

第三位 初めてのおつかい。

 

第四位 ライオンのグータッチ

 

そんな僕ですが、そんな僕も昔の嫌いな物と今の趣味嗜好はまるで違います。

子供の頃はカブトムシを取りに夜中の3時頃、近くの林に取りにいき、

蚊に百何十箇所さされたよ。と笑っていられましたが、今では一個刺される

度に僕にとっては痛恨の一撃。大きな精神的なダメージを僕に与えます。

 

時の移ろいと、人の思いや体調の変化なんて、本当に枚挙に暇がなく。

一点にとどまっている事の方が難しい。それが人であり、人の世だと思います。

 

実は人の眼も一点にとどまらずに常に変動していると思っています。

それを表す簡易な図表を作成しましたのでご紹介しますね。

これは眼鏡屋さんでは常識、でも消費者には殆ど知られていない

統計学的なアプローチによる知見ですね。

 

屈折異常の変動傾向

この図の横軸は人の一生、いわば年齢を表しています。

 

縦軸は遠視や近視の強弱を示しています。

上に行けば遠視にしても近視にしても強度を意味し、

下に向けば弱度化を意味しています。

 

赤線は富士山の形、青線はそれをひっくり返した逆さ富士。

 

これを先ず覚えてくださいね。自分が遠視か近視か不明だという方は、

即近くの眼科か眼鏡店へ駈け込んでくださいね。

自分を知らないのが一番怖い。(←これ本当。)

 

では近視系の方の一生をざっと書きなぐってみると

 

生まれた時には弱い遠視か近視気味、それが20歳くらいまでの成長期に

近視化します。この最初の変動期を第一次変動期と本blogでは定義します。

 

その出来上がった近視は40~46歳まで安定期。

 

この安定期から第二次変動期に入る時期は諸説ありますが、

大雑把に言えば、40代前半から第二次変動期になると言って

差支えないでしょう。

 

皆さんは何となく、第一次変動期に近視が進行し、その後安定する。

までは何となく経験則としての知識を有しているようですが、

その後の第二次変動期に入るという知識がまるごと欠落しています。

 

多くの方が近視になれば、

それは一生続くと明らかな勘違いを

しているのです。

 

ですから40代前半でグラシアスにいらしたお客様で

 

「ここ10年間は度が安定しているので、今回も同じ度数で良いです。」

 

こういうオーダーを頂く事がありますが、僕が言っていることが

正しければ、その第二次変動期に入る時期には、再検査が必要で、

多くのケースでは度を変える必要があるという事です。

 

つまり20代は大事に使えば10年同じレンズ、同じ度数で過ごすという

ことがあり得るのですが、40代ではもって4年、大概二年もすると

度が変わってしまい、多少度がずれた状態で残りの1~2年を過ごす

というケースが多いように思えます。

 

多少のずれなら、それ程視力や眼の疲労に悪影響を与えないから、

我慢できるのが近視系の特徴ともいえます。

 

一方遠視系の人も

 

第一次変動期→安定期→第二次変動期

 

という流れはまるで一緒ですが、

 

グラフにすると逆に動きます。

 

産まれた時は強い遠視、でも20歳くらいまでに正視方向に度が変化し、

遠視は減っていきますし、遠視の程度によっては正視を

通り越して近視化します。

 

ともかく、このケースでは強度近視化するケースは稀と言えますね。

そして老眼でもないお若い世代は、多少の遠視が残っていても

視力としては問題ありません。この若くても多少の遠視が残り、

かつ外斜位が強い状態は人の心や体にダメージを与えやすいという

話は先日のblogでお話した通りです。

 

そして安定期に入り、

 

遠視の度数によっては、

 

30代後半から40代前半で近業作業に難を訴え、

場合によっては手元用メガネが必要になります。

 

そして遠視系の方はこれからが大変です。

 

これから第二次変動期に入りますが、その場合には

同時に老眼も進行するのです。

 

ですから、当初作った手元用メガネはすぐにまた見え心地が落ちてしまい、

もっと強い矯正のされた眼鏡を欲しがります。

 

近視系の人に比べるとダイナミックに変化するという事です。

 

それを踏まえて対策を練る必要がありますし、

その為には自分が近視系なのか、遠視系なのかを把握していないと

正確な対策を施せないのですから、自分が遠視か近視かということを

 

知っているという事がとても大切だと僕は思います。

 

もしもグラシアスで検査をしてください。

何て方は必ずご予約くださいね。

 

弊店ご予約ページ

 

それではまたこのblogでお会いしましょう。

 

g-02-02

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

opteria Glassias

フロントページ(トップページ)


住所:〒180-0004 東京都武蔵野市
吉祥寺本町1-11-21せのおビル1F
TEL:0422-21-6755
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

眼鏡一式単価って使わないかな?

昨日のblog 

で僕は眼鏡一式単価は〇〇円と弊店のお買い上げ実績を元に、

購入単価を公開しました。

別に量販店やプライスショップなら、当たり前の様に

価格はいくらと店頭にもネットページにも掲載されているから、

それは別に消費者からすれば別に目新しいことではありませんよね?

 

でも僕らは中小零細企業の眼鏡屋さんは、ずっとこの価格を公開するという

ことに僕も含めて臆病でした。いや怯えていたとさえ言えると思います。

 

それは僕らは、

 

大手にあるスケールメリットを活かした仕入れ価格のコントロールが

出来ないという厳然たる事実がそこにあるからです。

 

僕らは大手に価格ではかなわない。それが僕らのある意味負い目に

なっているとも言い換えられます。

 

でも僕は、大手には大手に出来ることをして頂き、

僕ら中小零細企業の眼鏡屋さんは、大手に出来ない事をして

お互い共存共栄し、住み分け出来ると思っています。

 

僕らは一本の眼鏡を仕立てる為に多くの手間を掛けます。

また、一本の眼鏡を仕立てられるようになるために、

膨大な時間を掛けて、一人前の眼鏡士になれると僕は思います。

 

僕はこの業界に入って16年、まだ道半ばで、もっともっと

勉強し、勉強するだけでなく、もっともっと腕を磨かなくては

と思っています。自分に足りない物(技術/知識)を知り、

 

不足した知識は詰め込みます。

 

そして足りない技量は日々研鑽するしかありません。

このようにこの眼鏡屋という仕事は何十年やったから完成するとか、

一人前だとは言い切れない仕事なんですね。

 

ではつまり言い換えれば、一年前のグラシアスの眼鏡よりも

今の僕の眼鏡の方が、もしも僕が成長しているのなら、それは割安になります。

道具としての精度が一年前より上がっているからです。

 

僕は13年前から原則レンズの価格は大幅にはいじっていませんし、

中にはレンズメーカーの価格戦略で価格が安くなるものもありますが、

例えば、1.60という屈折率のレンズで球面設計、かつ撥水コートで

UV400という仕様のレンズは

 

10.800円(1組)

 

これは昔から一切変わっていません。

とすれば13年前より僕は腕が上がっている筈なので、

13年前より今の方がお買い得だとも言えます。

 

この技量の進化が中小零細企業の全てのお店で起こっているとイメージしてください。

 

一方、大手になると定着率の問題と非正規雇用のパートタイマーに

検査から何から全て任せているとしましょう。

 

すると、多くのパートタイマーは原則その会社に一生骨をうずめようとは

思っていませんから、早期戦力化して、早く教育費を回収する必要があります。

つまり、誰でも簡単に習得できる作業のマニュアル化が必須になります。

 

そして誰がやっても同じ程度の物が仕上がることを社是として

全ての教育プログラムだけでなく、会社の経営方針も決められていきます。

 

この誰でも出来る眼鏡が大手量販店の眼鏡だとすれば、

 

僕は誰にも真似できない眼鏡をいつか作りたいと思っています。

ここに価値があると思えば昨日の記事で書いた弊店の平均単価に

価値があり、10倍以上の購入金額に意義を見出せると僕は思っているのです。

 

皆様はどう感じますか?

 

作ってみないと価格の分からない眼鏡屋さんは、

日々フレームやレンズという素材を

どう料理するか、その腕前を競っているのです。

 

料理に例えると本当に分かりますよね。

 

素材は一緒でも三ツ星レストランのシェフの作る料理と

アルバイトさんが作る料理で同じものが仕上がる筈がありませんね。

眼鏡もまるっきり一緒で、素材はHOYAでもNIKONでも

それを仕立てる(検査/加工/フィッティング)腕前で別物に仕上がるのです。

 

あ、それと眼鏡一式単価という言葉を昨日のblogで使いましたが、

今では、眼鏡一式単価という言葉は耳慣れないなと自分でも思いました。

 

レンズとフレームを別々に選ぶという習慣が今のお店では少ないのでは?

と感じたからです。弊店での眼鏡一式単価には以下のものが含まれます。

 

①フレーム代金

②レンズ代金

③視力測定代金

④レンズ枠入れ加工代金

⑤フィッティング代金

⑥見え心地にご不満があった場合のレンズ再作成保証料

⑦日々使っていて汚れが目立った場合のクリーニング代

⑧何かの衝撃で、形が歪んだ場合の型直し代金

⑨ねじ抜け、ゆるみ等のメインテナンス料。

 

これらすべて含めて「一式」なのです。

 

特に弊店では

 

誕生日の月にご来店頂くだけで、ポイントをわずかながらでも

差し上げるサービスをしておりますので、誕生日月に、

フィッティングでご来店頂く事を推奨しております。

 

プライスリスト/ポイント制度概要

 

それではまたこのblogでお会いしましょう。

 

g-07-01

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

opteria Glassias

フロントページ(トップページ)


住所:〒180-0004 東京都武蔵野市
吉祥寺本町1-11-21せのおビル1F
TEL:0422-21-6755
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

いくらで作れるか分からない眼鏡屋さん。

今日本ではプライスショップと言いますが、原則、どんなレンズでも

同じ金額で作れますよ~。という業態が一世を風靡しております。

だって安心ですよね?いくらになるか分からないでお店に行って、

ではお会計の段になって、

 

うん十万円です!

 

って言われたらそれは驚きますよね?

 

その価格に対して驚愕することに恐怖を感じ、

自然と弊店の様なお店は一般の方は自然と足を遠ざける。

皆さんこう思っていらっしゃると思います。

 

ところが、実際には、一般の方という定義が誰をさしているのか

僕にも不明ですが、それでもいわゆるそれ程難しくない

眼のお方でも弊店の顧客になっています。

 

ここで弊店の顧客層を大雑把に類別してみましょう。

 

男女比は?

A:50対50 ほぼ均等です。

 

年齢層は?

A:30代から50代がボリュームゾーンですが、

60代以上の方にもいらして頂いておりますし、

実はちびっ子達も弊店のお客様だったりします。

一番少ない年齢層は10代後半から20代後半まで。

このくらいの年齢層だと、今までは親に買ってもらっていた。

でも、これからは自分で買わないと、でもそんなに高い眼鏡

自分じゃ買えないや~。なんて消費者心理があり、

経済的なふところ事情もあるのだと僕は思っています。

 

でも、会社でも中堅クラスになってきて、責任も仕事量も増えていくなかで

眼に課するストレスや負担は増える一方、こりゃたまらん、と取り合えず

安いお店でブルーライトカットレンズで眼鏡を作っても、多少楽になったのかな?

 

なんて程度、効果は実感しにくい。それならと高いの覚悟で弊店にいらっしゃると

いうパターンだと思っていますし、仕事量は増えるなかで

目のある機能は延々と減っていっています。

 

それがピントの調節という機能です。

 

ピントの調節を司る毛様体筋の量が減り、

そしてピントの調節をうけおう水晶体の柔軟性が損なわれることによって、

30代前半でも、老眼の様に霞目や眼精疲労を訴える方が

急増しています。また、ここ数年では10代や20代でさせ

スマフォ老眼なんて言葉に代表されるように、

 

以前では考えられなかった程に、眼精疲労は多くの人にとって

身近な存在になっています。ではそんな困っている方々の

拠り所に価格破壊という言葉に象徴される激安店はなれているのでしょうか?

 

僕は一部機能し、一方、そういった業態では対応出来ていないケースも

勿論あり、その量販店では満足できない方々の受け皿に弊店はなっていると感じています。

でも今まではいくらだと謡っていたお店でしか買っていなかった方々にとって、

グラシアスにくるご来店の心境を一言で言えば、

 

「戦々恐々」

 

そんな心中では?とお察しします。

だって高そうだもんね。扉は閉まってて外からは見えないし。

 

それなので、僕はここ直近の100件くらいの眼鏡一式の平均単価を

単焦点レンズと遠近両用とでデーターを取って公開したいと思います。

 

では今から過去のデーターを洗い出してみますね。

 

しばし待たれ~い。

 

 

 

…。

 

ぜ~ぜ~、と、取ってきたぜ。データーを、

なかなかにヘビーな経験なんだな、お客様の対応、電話の応対。

それらをしながらのデーターの集積/解析、おらやったぜ。

 

では僕の汗と涙の賜物。(←それ程のものかい?)

 

グラシアスでの直近100件の平均単価は以下の通りです。

 

単焦点レンズでの眼鏡一式単価

平均:49.620円

最高:97.200円

最低:20.520円

 

遠近両用レンズでの眼鏡一式単価

平均:76.896円

最高:138.888円

最低:38.880円

 

男女の比率は

男性:52%

女性:48%

 

平均年齢:45.12歳

最高:70歳

最低:5歳

 

という構成比でした。

つまりグラシアスで遠く用とか近く用とかだと、平均で5万円くらい、

遠近両用だと平均で8万弱で買っている方が多いよ。と言えるのです。

 

日本の眼鏡業界全体の平均単価が、多分2万円中程くらいかな?

中小零細企業の平均単価が38.800円だって誰かが言ってた。

それからすると随分高い値段を出してグラシアスで買っている事が

分かりますよね?世間の平均より高いお値段を出しても買いたい。

 

そう思ってくださる方が多いから、お蔭様で13年もお店が続いたのだと

改めて支えてくださるお客様の気持ちが本当に嬉しく有難いのですが、

どうして、この世間よりも高い金額のお店が少なくとも中小零細企業の

一般的な売り上げよりは多少高く好成績となりえるのでしょう?

不思議ですよね?

 

僕も不思議です。ただ敢えて言えば、

僕はメーカーに値引き交渉はしないと宣言しています。

いくらにしてくれたら買うよという条件提示をした事がありません。

 

例えば眼鏡ケースで大きな個数を買う時には値引き交渉はしたことがありますが、

それ以外では皆無です。そしてメーカーさんには儲かって頂いて

 

もっともっと良品を開発してくださいとお願いしています。

そんな僕の思いでやっていると、実はお店で値引き交渉されることが

年々減っていき、昨年と今年は僕の記憶にある限り、いやここ数年は

お店で値引き交渉をされなくなりました。

 

それは僕がこうしてメーカーに値引き交渉をせず、自身が考える

適性な利幅を乗せて販売額を決めていることに対する理解者が

増えていったのかもしれませんし、そもそも価格「だけ」で

眼鏡を選ぶ方々がご来店されることも年々減少していったため

なのかもしれません。いずれにしても結論には至らないのですが、

 

そんな感じでこれからうちのお店で眼鏡を作ろうとかな?

何て考えている方には直近100件のデーターであり、

不正確かもしれませんが、平均単価をご紹介させて頂きました。

 

それではまたこのblogでお会いしましょう。

 

g-07-02

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
opteria Glassias

フロントページ(トップページ)


住所:〒180-0004 東京都武蔵野市
吉祥寺本町1-11-21せのおビル1F
TEL:0422-21-6755
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

弱視は矯正しなくても良い?

皆さんは弱視っていう言葉をご存知ですか?

 

僕は僕なりに弱視とは?という問いに対する答えを持っていました。

ところが、弱視と言ってもお医者様の立場からみた弱視と

僕ら眼鏡士からみた弱視とは、見解の相違があるようです。

 

ただし、一つ言える事は、

 

「私は相当近視が強くて

裸眼視力は0.01しかないから弱視なんです。」

 

このお言葉には明らかな勘違いがあります。

 

裸眼視力云々は弱視の定義とは関係ないのだということを

是非皆様には知って頂きたいと思います。

 

弱視とは、コンタクトや、眼鏡レンズで矯正しても

視力の出ない状態を弱視と言います。

ここでは矯正視力0.3以下で弱視と定義しましょう。

 

例えば、

 

裸眼視力は

 

R=0.1

L=1.0  両眼視力は1.0

 

の人がいたとします。

 

このお方が眼鏡で矯正すると

 

R=1.2

L=1.2 両眼視力は1.5

 

この状態になればこれは弱視とは言いません。

 

先ほどの事例で

 

眼鏡で矯正しても

 

R=0.3

L=1.2 両眼視力は1.2

 

こうなって初めて右目だけ弱視と言えるのです。

 

昨日いらした方も右目が弱視のお方で、

 

矯正しても0.2までしか出ませんでした。

 

すると必然的左目の矯正メインになります。

参考までにと今まで使っていた眼鏡を見ると

視力の出にくい右目には左目と同じ度数が入っていました。

 

因みに左目は近視と強い乱視、

 

それと全く同じ度数が右目にも入っていたのです。

きっとこれを作った眼鏡屋さんは、例えば右目に度無で作ると

明らかに右目は眼が大きく見えて、左目が小さく見えてしまうので、

それを嫌って、善意でこの右目にも左と同じ度数を入れるという

選択肢をチョイスしたのでしょう。

 

ただし、それでは右眼に近視のレンズを入れたことで

両目で遠くを見ると右目は遊びが酷く、眼が外に大きく開き、外斜視になっていました。

またその状態で近方を見させるとぐっと力を入れていかにも目一杯の

状況で、目から悲鳴が聞こえてきそうな表情でした。

 

では実際にこのお方はどんな目をしていたのでしょう?

 

何故こんなに辛そうに右目を使っていたのでしょう?
な、ななんと、僕の検査が正しければと

前提条件はつきますが、右目は遠視でした。

 

遠視の眼に中度の近視の眼鏡を掛けさせていたのですから、

それはそれは右目には酷なことをさせていましたし、

使えないと諦めてしまっていたとしても当然だと思いました。

 

視力が出にくいと言ったって、矯正視力と裸眼視力を比較すれば

 

右目の裸眼視力=0.02

右目の矯正視力=0.20

 

と改善されていますし、右目は使えず遊んでいる訳でもないのですから、

使える目はしっかり使ってあげられる環境を整備することで、

多少でも前よりも使いだしますし、もしも右目がもっと働いてくれれば、

左目だってもっと楽になれると思うのです。

 

今回は

 

フレームはコンセプトY

 

レンズは東海光学ベルーナ1.76SD(内面非球面)

 

で作成できました。

 

トータルで8万弱のお買い物ですが、

それはこのお客様にとって割高と感じるでしょうか?

僕にはそれは判断できません。

 

でも、僕の暮らし、そして僕の後ろにいるフレーム屋さん、

問屋さん、レンズメーカーさん、それぞれの暮らしを

支えて皆の暮らしを維持しようと思えば

最低限の利幅は必用です。その利幅を考慮して

事業をが持続可能な状態にしようと思えば、

 

上記の金額になります。

 

少なくとも僕はこのお客様から、これなら安いと

言わせるよう日々眼鏡作りを上達させねばと思い、

勉強しているのです。お客様との真剣勝負とも言えますね。

 

喜んでくれると良いな~。

そして勝負に勝てる(お客様がこれなら安いと感じる)と良いな~

 

それではまたこのblogでお会いしましょう。

 

g-02-01

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

opteria Glassias

フロントページ(トップページ)


住所:〒180-0004 東京都武蔵野市
吉祥寺本町1-11-21せのおビル1F
TEL:0422-21-6755
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

眼がいいから人生回り道。

今日、朝いらしたお客様は、昔から眼科にもかかり、視力は出ているから

問題無しと片づけられ、自分は眼が良いから、体調不良があったとしても、

それは眼と無関係だと思い込んでいた方の話です。

 

裸眼視力は

 

R=0.90

L=0.80 両眼で1.0

 

素晴らしいとまでは言えないまでも余裕しゃくしゃくで

運転免許の更新は出来るでしょう。

 

実際運転は得意だと仰っていました。

 

実際に見てみると

 

遠視+乱視+外斜位+初期の老眼。

 

この四つの要素が複雑に絡まり、ご自身に負荷を掛けていたと

予想します。弊店での問診票を元にすれば、こんな不定愁訴がありました。

 

子供の頃から乗り物酔いが酷く車内では読書、携帯一切不可、

 

それ以外には羅列しますね。

 

ドライアイ/肩こり/眼精疲労/めまい/耳鳴り/飛ばし読み/乗り物酔い/

異常な眩しさ/たまに複視/10年に一回程酷いめまいで2~3日寝こむ。

 

手元は片目をつむってみる。

 

読書は最近イライラして出来なくなった。

 

PCは見るのが辛いので事務職は出来ないと諦めていた。

実際に、このお方は事務職ではなく、それでも今の仕事を

天職だと楽しそうに仰っていましたから、事務職に就けば

幸せだと言っている訳ではありません。

 

それでも、若しかして、この遠視+乱視+外斜位を問題視してくれる

専門家ともっと早く出会っていたら?

 

別の人生だってあり得たと僕は思います。

 

好きか嫌いかは別にして、PCを楽にみられるだけで、

情報の収集のスピードだって変わるでしょう。

 

ですから僕はこういった事例をお店で目にすると

本当に勿体無いなといつも思います。

 

もっともっと遠視+外斜位の危険性を広報しなくてはと

焦るのです。外斜位そのものが危ないとは言いません。

遠視と外斜位の組み合わせが、危険だという認識が多くの方に

無いので、こうした問題が埋もれてしまうのです。

 

もっともっと僕は頑張ろうと思えるのでした。

少なくとも今日一番言いたいことは、

 

「私眼だけは良いのよ。」

 

このセリフを聞いた時に、眼が良いのに、体中が痛みや

不定愁訴を抱えている、そんな方が身内にいたら

是非一度斜位を見てくれる専門家に見てもらってくださいね。

 

もしもどこに行ったら良いのやら?という方は、

 

こちらのサイトで探してみてくださいね。

MORE~快適眼鏡研究会~

 

眼が原因で人生の回り道を強いられてしまったり、

選択肢が狭まる。そんな方を一人でも減らすことが

きっと僕のライフワークなのでしょうね。

 

ではまたこのblogdでお会いしましょう。

 

g-05-01

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

opteria Glassias

フロントページ(トップページ)


住所:〒180-0004 東京都武蔵野市
吉祥寺本町1-11-21せのおビル1F
TEL:0422-21-6755
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

メガネに関するお役立ちコラムや吉祥寺にあるお店の営業のご案内、最新情報をご案内しております

吉祥寺のオプテリアグラシアスのNEWSでは、最新の営業スケジュールや最新のサービスのご案内、オススメのブランドやフレームの情報をご紹介しております。定休日や臨時休業のご案内もしておりますので、ご予約前にご確認ください。
コラムではメガネデザイナーによるフレーム選びやレンズ選び、機能性と美容性を同時に追求するためのアドバイスをご提供しております。選び方にお悩みの方も失敗したご経験がある方も、視力矯正が初めての方もぜひご参考になさってください。
吉祥寺のオプテリアグラシアスではご予約制にて、じっくりとお時間をかけてフレームやレンズ選び、視力矯正のための充実の検査と快適に使うためのフィッティングをご提供しておりますので、ぜひ一度ご来店ください。

WEBショップカード

オプテリアグラシアスオリジナルブランド PRIORITY SEETS

ウルトラセブン×BLACK ICE

contact_banner