COLUMN&NEWS

振り子かシーソーか?

松坂さんの感動の復活劇、開幕初戦で142キロとあの変化球のきれがあれば、

また活躍して頂けるのでは?とクエスチョンマークつきではありますが、

期待させるに充分、青木さんの日本復帰に、大谷さんの二試合連続弾、

 

イチローさんまでスタメン起用でマルチヒット。

 

近年稀にみる具沢山の野球界、最近地上波で野球やらなくなってから、

野球熱が冷めてしまっていたけど、本気でDAZN入ろうかな?

と思えるほどに野球関連のニュースに敏感な

次郎さんですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

 

新人さんから、ベテランまでお茶の間を賑わしている選手の方々ですが、

日本の眼鏡業界も、新陳代謝が活発とは言いませんが、それでも老舗の閉店のお知らせ、

そして友人達の新規開業の報。やはり時は流れていくものねと感慨深いものがあります。

 

僕のお店は開業13年たち、14年目に突入ですが未だ衰えることを知らぬ知識欲。

知れば知るほどに分からない世界が延々と広がっていくこの眼鏡という奥の深い世界を

知ると、一生をかけてこの世界を探求したいなと願うばかりです。

 

昨晩、カンブリア宮殿ではV字回復を達成したメガネスーパーさんの復活劇が

特集されていました。検査にスポットをあてて業態改革をした社長さんの慧眼も

お見事ですが、ここにも大きな時代の流れを感じるのです。

 

それは一時期業界を席捲した、低価格と分かりやすさ、安近短を地でいく業態です。

検査はささっとやって、加工もしやすいフレームを開発するか、そういった枠を優先的に

仕入れる。勿論フィッティングなんてやってる時間が無いから、そのままお渡し。

するとお顔を下げておじぎをすれば、ズドンと眼鏡は落ちるのですが、

 

なななんと、眼鏡はお辞儀したらずれるもの。

 

これは日本の消費者の常識でした。これによって眼鏡は限りなく

雑貨に近づき、眼鏡業界を指し示す振り子はファッションアイテム化、低価格化に

傾倒していったのです。この功罪は勿論ありますが、

 

これにより、ファッションアイテム及び低価格化したことによって

消費者の多くが気軽に眼鏡でお洒落を楽しめる商材になれたことです。

 

一方そこで機能性が損なわれていった事は説明済みです。

 

今僕は、この業界を動かす振り子が大きく戻り始めている事を感じています。

それはもう一度、高機能、高付加価値の眼鏡本来の機能性が見直され始めていることです。

 

そうなるとどうなるのでしょう?

 

メガネ一つで視力だけでなく、メガネスーパーの社長さんが言うように

肩こりや慢性的な頭痛が改善したりする。若しもそれが本当だとして、

それに価値を見出した、今までファッションアイテムとしての楽しさに目覚めた皆さんは

このメガネで肩こり改善するから、お洒落は諦めな、というメガネ屋さんの提案に

素直に頷けるものでしょうか?

 

僕は一度メガネでお洒落を楽しむことを覚えてしまうと

その楽しさから逃れられないのです。すると

 

あれ?

 

僕の創業時のキャッチコピーに戻ります。

 

「お洒落だけでも技術だけでも満足出来ない方へ。」

 

僕の創業時の思いに巡り巡って戻ってくることになります。

皆さんはいかがですか?眼鏡に何を求めるのですか?

願わくば、僕の思いとお客様の願望が一致する。若しもそんなことが

起これば僕は幸せだな~と思います。

 

時流の変化に僕らは時に押し流され、

ゆらり揺られて戸惑い、それでも自身の立ち位置を保とうと努力します。

それは振り子の様に左右に揺れるのか、シーソーの様に上がったり下がったりするのかは

僕にはわかりませんが、それでも僕は時代の変化に流されない、中道であり、

それが王道であれ、と願うばかりなのです。

 

ではまたこのブログでお会いしましょう。

 

$RW3SYVS

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
opteria Glassias

フロントページ(トップページ)


住所:〒180-0004 東京都武蔵野市
吉祥寺本町1-11-21せのおビル1F
TEL:0422-21-6755
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

自分好みの眼鏡屋さん。

うちの夫婦は、神様(うちの奥様=かみさん)は石橋を叩いても渡らずに、そのうちその橋が壊れちゃうタイプ、

一方僕は、「あっちに橋があるから行くぞ~!」って号令をかけて、突っ走ります。すると有る筈の橋がなくて、

向こう岸にあるご馳走にばっかり目をとられ、そのまま走って渡ろうとしてズドンと川にそのまま落ちて、

溺れちゃう。そんな猪突猛進タイプ。この二人が一緒になると、ま~いい塩梅。

 

うちの奥様が目標の場所にたどり着く橋があるかをリサーチし、その橋を渡るにしり込みしている神様を僕は手を引き無理やり

渡る。当然橋はあるのだから、多少の難はあっても無事橋を渡りきる。創業してからこんな13年間を過ごしてきました。

中にはこれ橋?と心細くなるような綱渡りみたいな状態も当然ありましたが、それでも運があったのでしょう。

 

その心もとないロープを無事渡ってきたのです。と今日の僕は夫婦の歴史を振り返りながら

朝のバスで妄想していました。そんな次郎さんなのですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

 

人によって物の見方が違うなんて当たり前、僕はそう思いますし、それで良いのだとも思います。

一例を挙げれば眼鏡もそう、検査なんて、誰がやったって一緒、多くの消費者の方々はきっとそう思っているでしょう。

でも違うんですよ~、僕は検査の勉強会を主催しているのですが、そこには色々な業態の方がいらっしゃいます。

教わった師匠が変わるし、使っている参考書も違います。何より検査する本人のキャラクターの差異だってあるでしょう。

 

こんな変化があれば、まるで答えも変わるのが実情です。

 

僕らは升の容積や寸法を測定しているのではなく、あくまでも生き物である人間さまを見ているのです。

人間の眼は脳や体の各部とリンクしているようです。そこに精神的な緊張や過去のトラブルとも言えるような

トラウマ、若しくは先入観、思い込み、こんなところで自分の眼を、そして出来上がった眼鏡の出来栄えを

判断したりします。ですから僕たちは、目を見るだけでなく、その方々の過去の眼鏡史も知る必要があったりします。

 

あくまでも人の眼は今まで掛けていた眼鏡を基準に判断します。ですから例え正しい乱視の度数で新たに眼鏡を

作っても当初は違和感を感じる方が多いのです。この違和感の度合いなんて個人差ありますし、

それを前もって読み取ってさじ加減を調節したりするのですが、その加減が難易度が高いのもそうですし、

 

そもそも検査する側の眼鏡士の練度であったり、自分自身の歴史、そこにも先入観や思い込みが存在し、

正確な検査の邪魔をすることがあります。僕らが思っている以上に検査する側も、そしてされる側にも

心や意識、そんな物が密接に絡み合って、答えを導くようでその最適解に導く道はなかなか見えないのが実情です。

 

この様に、検査する人によって答えが変わってしまうと、自分が正しいのかもわからなくなります。

ですから僕は人の検査した結果を否定はしませんし、出来ない心境が今の僕です。

 

では皆様はどうやって眼鏡を、そして眼鏡屋さんを選べばよいのでしょう?

 

デパ地下の様に試食出来ればよいのかもしれませんが、眼鏡の場合はかじってみても何も

分からないだけでなく、歯が欠けちゃうかもしれません。(苦笑)

 

あえて言えば、お店に入って店員さんと話してみれば、ある程度の情報は得られるかもしれませんし、

実際に質問してみてください。すると店員さんのお人柄が見えてくるかもしれませんし、

お客様のことを真剣に考えている店員さんは、質問に真剣に答えようとするでしょう。

正しい理解が、お客様の正しい選択につながることを知っているからです。

 

僕は、丁寧な接客もできない半端物ですが、それでもお客様を思う気持ちだけは

誰にも負けない思いでいますので、ご興味ある方は、是非一度お店にいらしてくださいね。

因みに眼鏡屋さんの個性ってこうした接客や専門的な知識だけでなく、

眼鏡つくりに対してのこだわりももろに反映されています。

 

例えば、検査にこだわるお店、フィッティングにこだわるお店、いやいやレンズの削り方に自分の

オリジナリティーがあるよ。なんて言う方もいらっしゃいます。

 

僕は全ての項目をバランスよく点を取りたいと願って日々研鑽していますが、

敢えていうのなら、ここ数年はプリズム処方とか、斜位や斜視の矯正のご相談の方が多い様です。

元々は日本ではほとんど普及していないプリズム処方の効果を見直してほしいと

思ってネットの通り名としてプリズム次郎なんて名前を付けた程です。

 

ね、夫婦それぞれを比較してみても個性がありますし、

眼鏡屋さんもどこも一緒ではなくて

色々なこだわりでお店を経営してらっしゃるのですよ~。

 

ではまたこのブログでお会いしましょう。

 

$RW3SYVS

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

opteria Glassias

フロントページ(トップページ)


住所:〒180-0004 東京都武蔵野市
吉祥寺本町1-11-21せのおビル1F
TEL:0422-21-6755
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

乱視と立体視。

一時期90キロを超えて、生命の危機を感じ日々怯えて暮らしていた僕、

その後見かねてうちの神様(上様=奥様)が何とかダイエット食を作ってくれるようになり、

今日現在、88.5キロに戻した次郎さんですがいかがお過ごしでしょうか?

 

昨日いらしたA様(仮称)は最近乱視を強くして眼鏡のレンズ交換をしました。

すると今まで見えていた眼鏡だと世界が平面に見える。新しい方が遠近感が

はっきりすると答えられました。僕がこの春まで所属している眼鏡学校のレポートで

 

乱視の弱矯正は人の視覚として、立体視を阻害するというレポートを

見させてもらいましたが、正に、その通りのことが起こっているようです。

実際に視力としてはどちらも1.2の遠用視力は出ていましたが、

 

何度も繰り返しますが、視力は視覚の一部に過ぎないということなのですね。

 

ところが、今の日本の眼鏡業界の現状はどちらかといえば、主流となっている

量販店や激安店、こちらの方々と意見交換すると弱い乱視ならとって作成するとか、

強い乱視が有っても極力弱めを選択してしまうとか、そういった傾向が多い様です。

 

でも僕に言わせれば、違和感の原因を全て乱視に押し付けて、眼鏡や検査の本質から

乱視悪者論は外れている気がします。例えば、加工をしっかりするだけで違和感が

解消する方もいらっしゃいますし、ずれた眼鏡を再フィッティングすればうその様に

違和感が解消するケースも勿論あります。

 

一方、何をしても乱視が合わない、どうしようも無かった事例も過去にあります。

ですから、乱視と違和感が関係ないと言い切るのも危険なお話です。

 

もう一度、乱視の功罪を皆で意見のすり合わせをする必要性を僕は感じているのです。

ともかくこのブログの読者の皆様は、乱視=怖いというイメージを持つ必要はなく、

まっさらな状態で検査を受けるべきじゃないかな?

 

と僕が感じている事はお伝えさせて頂きます。僕の脂肪の様にデトックスは必要です。

でも眼鏡つくりにおいて、乱視をスパッと全部とってしまう事は脂肪を削減するというよりも

必要な筋肉までとってしまっている様に僕には見えるのです。

 

毎日ギリギリの戦いが続きますが、今日もblogを書けました。

 

またお会いしましょうね。

 

$RW3SYVS

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
opteria Glassias

フロントページ(トップページ)


住所:〒180-0004 東京都武蔵野市
吉祥寺本町1-11-21せのおビル1F
TEL:0422-21-6755
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

遠近両用とデスクトップパソコンの相性。

パソコン買い換えました。新しく自分で(殆ど奥さんが)無線LANの設定しました。

ofiiceのライセンス認証が出来ずにてこずりましたが、Microsoftのカスタマーサポートに

電話して何とかなりました。FAXの設定もできました。

 

今回初めてメインPCをノートパソコンにして

モニターを繋いでデスクトップの様に使えるようにしました。

レンズを発注するトレーサーの設定もしました。

 

気づけば購入後三日が経過しています。

 

家の引っ越しに匹敵する程の手間暇掛けました。

 

誰か10年使えるPC作ってください。若しくは引っ越しが楽に出来るPCを

開発してくれませんか?と無責任に自分の欲求を伝えている

次郎さんですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

 

今日朝一番でご予約いただいた方は、似合う眼鏡が見つからない何てお方でしたし、

特に今のレンズの見え心地には大きな不満がないというお方でしたが、

実際に検査していく過程で、ヒアリングしていくとPC作業後に大きな疲労感を感じると

ご不満がぽつぽつ出てきました。そうですね、皆さん初めて来た眼鏡屋さんに

自分のプライベートなことってなかなか言いにくいですよね?

 

でも、その言いにくい事をほじくり返すのも実は眼鏡屋さんの仕事だったりします。

このお方は、PC作業だけをみっちりやるお仕事ではなく、外食業で、ホールも

キッチンにも立つお方で、事務作業は一日の中では少なく、ただしやる時には6時間も

PC作業をする時があるそうです。

 

さらに、最近は読書がおっくうでつい斜め読みというか、読み飛ばしてしまうと

そんなご不満も噴出してきました。

 

さて、そこで一応こだわっていると自分では思っている眼鏡屋さんとしては

どんな提案をしたのでしょう?

 

答えはHOYAのレンズでした。

 

詳細は下記リンクまで↓

HOYAの新コンセプトレンズ

 

このレンズは度数の調整次第で、真っ直ぐ前を見れば近くのPCモニターに

焦点距離が合い、レンズの上を使えば遠くもよく見える。更にレンズの下部を

使えば、読書でも快適、そんなレンズで提案させて頂きました。

 

これでこのお客様の生活の質が少しでも向上出来て、そのお手伝いが出来れば

良いな~なんて思っています。

 

最後にまとめると通常の遠近両用でも、デスクトップPCに合わせる事は可能ですが、

その場合は近視であれば、度を弱く、遠視であれば度を強く調整する必要があります。

それで問題なければ遠近両用でよいのですが、今回は接客をするときに遠方の視力が

必要になると判断し、この新コンセプトレンズを提案することになりました。

 

遠くがよく見える遠近両用は、4~50センチ先のモニターを注視する必要がある方

なんてケースでは威力を発揮するのです。今回は度の調整か、設計の選択か、という

二択で多少迷いましたが、遠くの視力は維持したいというご要望に合わせて

このレンズにしたのです。皆様も各メーカーから各種レンズが発売されていますので、

 

先ずはしっかりご自分のニーズを接客者や検査をする眼鏡士に伝えることが

大切だという僕の見解をお伝えします。眼鏡屋さんの言いなりよりも

より満足度の高い仕上がりになるんじゃないかな~。

 

では、また本blogでお会いしましょう。

 

 

 

あ、弥生会計の再インストールが終わってない。(汗)

 

$RW3SYVS

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
opteria Glassias

フロントページ(トップページ)


住所:〒180-0004 東京都武蔵野市
吉祥寺本町1-11-21せのおビル1F
TEL:0422-21-6755
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

理想の大切さ。

僕がいつも思うのは、国民の暮らしが豊かになって欲しい、それに加えて、

消費者に支持される業界になって欲しい。そんな二点が僕の思いであり、理想です。

若しも消費者に「眼鏡業界やるじゃん!」って思って頂けたら後は、

 

この業界の行く末にはきっと明るい未来が待っている事でしょう。

 

何ていつになく真面目な始まりで、脳みそを使っている次郎さんですが、

皆さんいかがお過ごしでしょうか?

 

なんて事を考えていたら、サッカー日本代表の本田さんが、

凄い事言っています。本田さんに限らず、過去の偉人や成功者の口から

発せられる言葉には時に真理があったり、核心に触れていたりします。

 

ぼくはそんな方々の言葉や理念に接する度にいつも

へ~、やっぱり成功者の方々は、しっかりしているし、

頭がいいな~と尊敬の念を抱きます。

 

早速ご紹介してみましょうね。

 

理想が無かったら

 

要約すれば、本田さんは理想を持ちましょう。理想が無かったらサッカー選手なんて

止めていると強く言っています。

 

また、言葉と行動の連続があって始まって前進するとも仰っています。

僕も100%同意しますが、僕は、言葉の前に先ず思いがあると思っています。

こうしたら業務や業界が改善出来る。そう思うのは比較的容易く出来ます。

 

でも、それを言葉で発するのって意外と勇気が要りますね。

更に、その言葉を行動に移すのにはもっと大きなハードルが待ち構えています。

その障壁を飛び越えようと努力する行為に、前進の根拠ともいうべき、証があるのです。

 

僕はご縁のあったこの業界が発展してくれて、この業界に従事する方々が

楽しそうに働いている姿を夢見ます。その為には僕は正しく思い、そして正しく言葉に

発信し、実際に行動してみるという事が大切なのでしょう。

 

よくセミナーなんかで、こんな事言いますよね。

 

プラン/ドゥ/チェック/アクション

 

これを言い換えると本田さんの言葉に繋がってきます。

 

思う/言葉にする/行動する/計画の見直し

 

こんな風につなげていく事で、僕らは進化するのかもしれません。

僕は、僕のため口が嫌だとレビューで書かれます。そのせっかくのお客様の思いを

どうやって行動に移して僕自身を変えていけるか、それを試されている気がします。

 

僕は未完成で不出来な生き物です。でも理想だけは持ち続けていきたいと思うのです。

 

いえ~い、今日もblog書けたぜ!!!

 

あ!また、ため口だ。(汗)

 

$RW3SYVS

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
opteria Glassias

フロントページ(トップページ)


住所:〒180-0004 東京都武蔵野市
吉祥寺本町1-11-21せのおビル1F
TEL:0422-21-6755
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

んを言っちゃった。

ここ最近僕はバス通勤、以前は自転車通勤していたのですが、

それも2年程ご無沙汰になっています。今日もいつものバスに乗り込み

携帯を見ていたのですが、すると周りにお花見に行くのかな?

二家族、お子さんは計4人でバスの中の退屈をやり過ごす為に、

当初は絵本を皆で音読していましたが、それにも飽きて今度はしりとりを始めました。

 

ゴリラ、ラッパ、…、…、わさび、びじん。

 

 

「あ、びじんって言っちゃった。」

 

とボケじゃなく、本気の「ん」じめを目撃し、思わず

 

(クスっ)

 

となってしまった次郎さんですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

 

因みに僕の定番はやはりドラえもんですが、

皆さまのしりとりボケはどんな言葉ですか?

 

っといつにも増して脈絡の無い始まりですが、

 

今日は冒頭音読のお話しをしていました。この子たちは恐らく小学生の低学年、

それでも皆上手に本を読んでいました。

 

この間見たテレビでは、ディスレクシアという病気の様な症状を説明していました。

 

一冊の本を読むのに2~3か月掛かる人もいて、読めないだけでなく、

書けない人もいるそうで、その場合に、その子はノートPCを一人だけ

開いて授業を受けていました。ここで不思議に思ったのは、

 

そのディスレクシアの方が仰る視覚の状態がいわゆる斜位や遠視の潜伏により両眼視を

阻害した時に起こる状態に非常に似通っていた事ですし、僕はそこに興味を覚えました。

 

例えば、本を読んでいると行が飛んでしまって頭に入らない。

 

こんな事は、その典型とも言えます。要は両の眼が連動して動いていない為に、

片目は1行目、もう片方は2行目の方に動いてしまって脳が混乱していると僕は認識していますが、

これの多くは眼鏡で改善するということを、一般の消費者だけでなく、多くの医療従事者も

ご存知ないことを僕は示唆します。

 

眼鏡1本で両眼の不具合が数多く改善している現場の実績を

もっともっと多くの方々に伝える必要があると僕は思っています。

 

では実際にどういったケースでこの両目の運動の不具合は発生するのでしょう?

 

箇条書きにしてみますね。

 

・遠視や近視、乱視等の屈折異常の未矯正、

 

・上記の屈折異常の矯正に敢えて左右差をつける場合がありますが、

それが上手く行かなくても両目の運動を阻害します。

 

・そして更に斜位、これが多くの方がご存知ないのですが

両眼視という人が本来持っている眼の機能を阻害してしまう事がある事を

知って頂きたいと思います。そしてその斜位の矯正にプリズムという度数を

加えて眼鏡を作る事が弊店では多いのです。

 

この様に上記な事例が複雑に絡み合い、眼の運動を阻害します。

別にプリズムを入れなくとも遠視をバッチリ合わせれば嘘のように

改善する事もありますし、やはりプリズムを入れなくてはいけない場合もあります。

 

ここはあくまでもうちのお店ではと限定する必要がありますが、

それは日本の多くの眼鏡士や眼科医はこの眼鏡にプリズムという

度数を加味して作成することに否定的だからです。

 

ですからこの眼鏡にプリズムを入れる入れないに関しては

議論の余地が大いにある事も知る必要があり、僕の言うことを

鵜呑みにするのも危険だという事も知って頂く必要があります。

 

少なくとも僕は、プリズムを入れてはいますが、検査の理論としては

未完成で発展途上とも言えます。勿論他のどなたかが、

 

「僕は、検査理論は全て熟知していて、議論の余地なく僕は正しい。」

 

と仰るのかもしれませんが、僕は到底そのレベルではありません。

僕は眼鏡屋になった当初、眼の勉強だけすれば、眼鏡が分かると思っていました。

事は、僕の思った以上に複雑で、様々な事象がリンクして絡み合っていました。

結果として僕は、精神的な負荷、いわばストレスや過去のトラウマともいうべき

自身の体験が眼に影響を与えることを知ってしまいました。

 

また、眼は体の様々な部位とも密接にかかわっているとも言えます。

勿論、脳のメカニズムも知る必要があるでしょう。

 

ところが、脳と精神の構造やメカニズムを100%分かったと言える方が

いるでしょうか?僕はいないと思っています。

 

そこに気づいてしまうと僕は、眼の先や、奥につながる広大な世界を

見渡して、こりゃ長い旅になりそうだと腹をくくるようになったのです。

んな訳で、僕もつい「びじん」と言ってしまう事があるかもしれない

成長過程の身ですが、皆さんのお力になりたいと思う気持ちだけは

100倍ございますので、どうか末永くお付き合いくださいね。

 

ほ、今日はblog書けた。

 

$RW3SYVS

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
opteria Glassias

フロントページ(トップページ)


住所:〒180-0004 東京都武蔵野市

吉祥寺本町1-11-21せのおビル1F
TEL:0422-21-6755
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

メガネに関するお役立ちコラムや吉祥寺にあるお店の営業のご案内、最新情報をご案内しております

吉祥寺のオプテリアグラシアスのNEWSでは、最新の営業スケジュールや最新のサービスのご案内、オススメのブランドやフレームの情報をご紹介しております。定休日や臨時休業のご案内もしておりますので、ご予約前にご確認ください。
コラムではメガネデザイナーによるフレーム選びやレンズ選び、機能性と美容性を同時に追求するためのアドバイスをご提供しております。選び方にお悩みの方も失敗したご経験がある方も、視力矯正が初めての方もぜひご参考になさってください。
吉祥寺のオプテリアグラシアスではご予約制にて、じっくりとお時間をかけてフレームやレンズ選び、視力矯正のための充実の検査と快適に使うためのフィッティングをご提供しておりますので、ぜひ一度ご来店ください。

WEBショップカード

オプテリアグラシアスオリジナルブランド PRIORITY SEETS

ウルトラセブン×BLACK ICE

contact_banner