COLUMN&NEWS

グルメ旅行。

昨晩浜松に入り、うな光さんでかば焼きと白焼きを両方頂き、

今日は大阪の組合の諸先輩方とお話し、僕の夢を語らせて頂きました。

 

その先輩方は、僕の夢を笑わずに聞いてくださいました。

そして最後は串焼き!!!思わず「うま!!」と舌鼓。

大阪の夜を楽しみました。

 

さて明日は、検査の勉強会、固視ずれと僕の提唱する6分割理論について

お話ししたいですし、僕が携わる勉強会は、僕が教えるというよりも

皆にご参加頂き、そしてその中から僕も教わるスタンスでお話しします。

 

明日はどんなご縁を頂けるかな?

 

ではまたこのblogでお会いしましょう。

 

DSC07198

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
opteria Glassias

フロントページ(トップページ)


住所:〒180-0004 東京都武蔵野市
吉祥寺本町1-11-21せのおビル1F
TEL:0422-21-6755
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

大阪出張です。

明日から大阪に出張です。三日間お休み頂戴します。

急な調整等、ご迷惑をお掛けしますが、

何卒ご理解下さいますよう、お願い申し上げます。

 

g-07-01

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
opteria Glassias

フロントページ(トップページ)


住所:〒180-0004 東京都武蔵野市
吉祥寺本町1-11-21せのおビル1F
TEL:0422-21-6755
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

近視から遠視へ。

時代が大きく移り変わる時、平成も終わり、次の元号がなんなのかも

分かりませんが、また一つの区切りが始まります。

 

平成を象徴するのは、少なくとも日本ではバブルの崩壊であり、

それに続く景気後退局面が延々と続く時代。

 

それが平成だった気がします。

 

また、阪神大震災が平成7年、それからは、節目節目で

大きな災害の続く時代だった気もします。

 

まだ総括には早いですし、直近の西日本集中豪雨、台風21号、

そして北海道の震度7、また傷も癒えずに、台風22号は不気味に

南方で成長を続けています。今のところの進路は日本は直撃しないようですが、

これも予断を許さない状況で、しっかり観察し、場合によっては

備える必要もありますね。

 

そんな移り変わりの激しい激動の時代が平成でしたが、

実は人の眼も一生という単位で観察すれば

大きく変動します。

 

先ずは

 

生後から20歳までの変動期、

 

そして

 

20歳から40~46歳(諸説あり。)の安定期。

 

そして40代中盤以降の変動期、

 

変動期➾安定期➾変動期。

 

この様に一生涯掛けて人の眼は変化します。

 

近視であれば、最初の変動期で進行し、強度化していきます。

 

安定期ではそれが維持されます。

 

二回目の変動期では、今度は近視が弱度方向に変動するのです。

従ってこの段階では裸眼視力が改善されます。

 

元々弱度の近視の方は、それが正視になり、次は遠視化します。

 

本日いらしたお客様も67歳で二回目の変動期真っ只中、

元々は近視だったのですが、およそ3~4年前に他店で作った

遠用眼鏡は近視の眼鏡でしたが、今日検査すると弱度の遠視でした。

 

この様に変動期に入ってしまうと安定期の様に、

10年同じ度数なんて事はまずありえないと理解してくださいね。

 

まとめると

 

近視の方は、増えて、安定して、減って。

 

遠視の方は、減って、安定して、増えて。

 

では正視の方は?

 

元々正視の方って、殆どいらっしゃらないので、この場合は、

産まれたては、弱い遠視、それが減って正視になるというパターンです。

 

つまり、

 

正視の方は(遠視が)減って、安定して、(遠視が)増えて。

 

という大きなヴァイオリズムがあるとご理解下さいね。

 

これに更に老眼も入ってきますから、正視/遠視系の方は、

老眼が始まる時期(多くのケースで40代前半)は要注意です。

 

また近視系の方も、ここ10年安定していたから、

これからも安定しているとは、少なくとも二回目の変動期に

入ってからは気安く言えないのだと知る必要があります。

 

僕ら眼鏡屋はそんなこと、常識かもしれませんが、

肝心のお客様にその知識が無ければ、近視や遠視が変動しても

放置されてしまうなんて事がありうるのです。

 

やはり、消費者の方に正しい知識を知って頂く必要があるのです。

 

ここで何度も使うフレーズを

 

健全な業界は賢明なる消費者に育まれるのです。

 

それではまたこのblogでお会いしましょう。

 

g-07-02

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
opteria Glassias

フロントページ(トップページ)


住所:〒180-0004 東京都武蔵野市
吉祥寺本町1-11-21せのおビル1F
TEL:0422-21-6755
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

時代。

大坂なおみさん!おめでとう~!!!

最後が満面の笑みでなかったのが、少し悲しいですが、

出る杭は打たれると言いますが、出きってしまえば、

後は尊敬の対象に空気はがらりと変わるでしょう。

 

それまでは、どうか腐らず、根気強くを繰り返して

頂けたらな~と思います。錦織君にしても大坂さんにしても

小学校の頃、宮村テニススクールに通っていた身としては

隔世の感は否めません。まさかこんな時代が来るとは。

 

時代と言えば、僕はいつか時代を作りたいと思って

このお店を13年続けて参りました。

 

それはどんな時代なのでしょう?

 

これは過去のblog

 

でも申し上げていたのですが、僕は日本にプリズム処方を根付かせたい。

これが夢であり、僕の創りたい時代だったのです。

 

グラシアスのお客様なら、不思議に思いますよね?

もしも親族一同グラシアスのお客様なら、その多くは、

控えめな言い方でいっても、過半数はプリズムを入れていて、

その効果を体感していらっしゃる方が殆どだと思うからです。

 

でも世間では違います。

 

僕が13年前にお店を創業した時の出荷ベースでの

プリズムが入っているレンズの比率は

 

2%

 

13年経った今でもその比率は

 

3%

 

普及には程遠いというのが、冷静な評価だと僕も思います。

 

グラシアスのお客様だと直近で言えば、9割のお客様にプリズムを

入れて眼鏡を作成しています。これは多分業界でも異例だと思います。

つまり僕は業界でもマイノリティー、異端だという事です。

 

その僕がいつか時代を作りたいと願い、様々な事を業界や消費者に向けて

発信してきましたが、その多くはblogやSNSというネットメディアでした。

良い時代になりましたね、まだ僕のやっていることを100%理解している人が

沢山いるという状態には程遠いものの、それでも一緒に勉強してくださる

仲間が僕にも出来ました。

 

ご存知かどうかは分かりませんが、僕は元々建設業で現場作業員でした、

その後外食業でファーストフードの店長さんを務め、その後眼鏡業界に

入り、最初に携わった業態はスリープライスショップという眼鏡でも

前職のように眼鏡業界のファーストフードのハウトゥーを勉強させて頂き、

 

その合間に

 

会社では経理、

 

そして

 

アパレル業界に対するOEMの営業、

 

こんなこともさせて頂きました。

 

そのお蔭で今があると言えますし、特に経理が自分で出来るようになった

ことは、未だ不出来でありながらも経営には本当に役立ちました。

 

その会社の社長さんとは年に一回でしょうか?

 

お会いできるかどうかですが、未だに僕の中では恩師として

心の支えになっています。

 

話を戻します。僕は時代を作りたいと願いました。

 

また僕たちは差別化だけが敗因か?

 

という記事でも説明しましたが、差別化が出来なかったことが

敗因ではなく、僕らは情報の発信力で差がつき負け組になったと次論を

展開しました。だから僕らは中小零細企業の大きな力をまとめる組織を

起ち上げ、力を合わせて自らの存在をアピールしましょうと僕は僕の

先輩や仲間に相談しました。

 

その結果がMORE~快適眼鏡研究会~という研究会の発足につながったのです。

 

夢の実現のためには業界を変えるだけでなく、消費者の消費行動すら変える

必要があると僕は感じているのです。

 

一方、眼鏡屋、保険屋、証券マン。

 

という以前のblogの記事で、眼鏡業界は、競争が存在しない時代に

好き勝手をし過ぎてしまい、消費者に呆れられいる。また呆れられているだけなら

まだましで、諦められていることすら実情としてはあり得ます。

 

僕らは、顧客を脅せば簡単に単価アップ出来ます。こちらのレンズの方が眼に優しいですよ。

何て、言えば多くの方は単価の高いレンズに興味も持ちます。簡単に単価を上げられるからこそ、

僕らはもしも高額商品を進める場合には機能を説明し、ご納得の上でお買い上げいただく必要があります。

 

以前の業界では業界総出でこの単価アップを社是として繰り返していたのですから、

呆れられても仕方がありませんね。そしてそのアンチテーゼがプライスショップであるという

反省を僕らはするべきだと思っています。自らがあの業態を生み出したのです。

 

そして以前の御用達の商売では私に任せて頂ければ、レンズの事は何も知らなくてよいですよ。

と促し、結果として無知な消費者が大量生産されたのです。

無知な消費者というのは大変失礼な言い方ですが、僕らがそうなるよう仕向けたのですから、

その責任は勿論僕らにあります。そして時代は変わり、ディスカウンターの参入が始まり、

今まで自分でレンズを選んでこなかった方々は、安いレンズと高いレンズの違いも分からず、

 

ただ、

 

価格

 

 

ファッション

 

だけで眼鏡を選ぶようになりました。それから20年を経て、今でもその

 

プライス&ファッションアイテム

 

が業界の主流になったのです。これが時代の流れであるとするならば

僕らはもう無用なのでしょうか?僕はそれは違うと言ってきました。

 

僕は安い雑貨感覚の眼鏡を掛けることで、

 

近視は更に進み、

 

眼精疲労の人口当たりの構成比は増加し、

 

PC作業時の効率も低下し、

 

更に言えば、その身体の小さいかもしれないストレスは

いずれ心の余裕まで奪うでしょう。

 

今、このバブル崩壊後、上昇の兆しすら見えず、高齢化社会の中で、

年金の財源すら創出できずに苦しんでいる日本。

 

誰もが感じる集団リンチやスケープゴート、

そんなニュースばかりを目にする日本だからこそ、

 

僕は眼鏡で微力ながらも心や体の潤滑油として皆さまにご提供したい、

そんな思いで僕は今日も時流に流されず情報発信するのです。

 

決して他人事ではないという僕の危機感はお伝えしたいなと思いますし、

僕らがもうひと頑張りすることで、もう一度日本という国が輝けるのだと

自らの尻を叩きたいと思います。

 

それではまたこのblogでお会いしましょう。

 

g-05-01

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
opteria Glassias

フロントページ(トップページ)


住所:〒180-0004 東京都武蔵野市
吉祥寺本町1-11-21せのおビル1F
TEL:0422-21-6755
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

再メッキって出来るの知ってる?

今朝は朝からこんなお問い合わせが、

 

「3~4年前に買ったフレームのメッキが剥げちゃったんだけど、

修理出来ますか?」

 

とこんなお問い合わせでした。

 

勿論可能で、それは合金でも、ステンレスでも、チタン製でも可能です。

ただし、一部樹脂フレームの塗装を量産ではやってはいますが、

一本当たりでそれを請けてくれる業者さんを僕は知りません。

 

ですから金属製のフレームなら大概出来る。

 

そう思って頂いて結構です。

 

期間はおよそ2週間、費用は3.240円~再メッキ可能ですが、

チタンやステンレスは4.320円~になります。

また形状やお色目によっては加算になるので、

実際の金額は見積りを取らないと正確にはお答えできませんが、

 

過去に一番高かった再メッキは三色のメッキを手塗りも含めてやる作業で、

それは10.800円かかりました。

 

それがマックスと言えますね。

 

そのお方も仰ってましたが、うちの旦那はそんな修理出来る訳ね~だろう?

って言われたから、駄目元で来たんだけど…。

 

と恐縮しきりでしたが、

 

別に恐縮せんでください。グラシアスで何万円も出して買ったフレームが

たった3~4年でごみ箱行きではそれこそ悲しいですね。

 

僕は良い物であれば、最低10年使ってくださいね~と

うちのお客様には促しています。

 

え?レンズは?

 

ごめんなさい。レンズは真っ先にコートが剥げますが、これの再コートに関しては

技術的には問題無いそうですが、費用としては一から作った方が安上がりな程に

手間がかかり、採算が合わないそうです。

 

レンズは僕はプラスティック素材であれば、毎日使えば4年が限界で、

2年もすれば、撥水コートが剥がれ、汚れ落ちが悪くなり、更に強くこするようになり、

傷が目立ってきます。最終的にはつめで軽くこするとガリガリ言い出しますが、

僕の気持ちとしては、そうなる前に変えましょう。っとご案内しています。

ですからグラシアスのお客様の多くは3~4年でレンズ交換をしている様です。

 

そんな時グラシアスではお得なレンズの保証制度、

 

レンズ交換永久半額保障という仕組みがございます。

 

もしも、

 

度には問題ないんだけど、傷が目立つ、こんな場合には

レンズ交換は当初の金額より、50%値引きしてご販売しています。

 

条件としては、三つあります。

 

1:フレームを変更しない。

2:度数を変更しない。

3:レンズのグレードを変更しない。

 

この三つの条件を満たせばレンズ交換は半額になります。

是非早めの交換で余計なプチストレスを溜めないでくださいね。

 

例えば1組10.800円のレンズであれば、

半額で5.400円で1組交換できるのです。

 

それではまたこのblogでお会いしましょう。

 

$RW3SYVS

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
opteria Glassias

フロントページ(トップページ)


住所:〒180-0004 東京都武蔵野市
吉祥寺本町1-11-21せのおビル1F
TEL:0422-21-6755
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

外斜位と乗り物酔い。

最近自然災害続きで、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

は自粛している次郎さんです。だって大変な思いしているに

決まっているやん!!ってお叱りを受けると承知しているからです。

 

なので、いつもの常套句は割愛し本編に入ります。

 

僕のプリズムメガネとの出会いを書いて、それで眼精疲労や慢性的な頭痛が

劇的に軽減したお話は以前に本blogでご紹介しました。

 

そしてもう一つ大幅に改善したというより、そんな不定愁訴は

皆無になった体調不良のことを僕自身すっかり忘れていました。

 

それは

 

乗り物酔い

 

なのです。以前の僕はバスの中で携帯電話を見れば瞬時にうえぇ~と

吐き気をもよおしていました。それが段階矯正を終えて本来の度数まで

プリズムを入れてみると、それからは一切乗り物酔いが無くなってしまいました。

 

因みに僕の眼の状態はどんな状態かと言えば、

 

裸眼視力=0.6

 

両目共に近視+近視性乱視の眼です。

 

斜位は外斜位で、どの位のずれがあるかと言うと

 

16△というずれです。

 

これは斜視になる訳でもないのですが、

ホッと一息ついて湯船に浸かれば、物がダブって見えますし、

意識的に力を抜いて物を二重に見せる何てこともお手の物です。

 

ですから僕は眼が疲れたな~、何て時は意識的に眼の力を抜いて

ピントが合っていない状態を作ります。

 

因みにうちのお店は斜視矯正でお店のサービスとしての独自性を

アピールしていますが、

 

斜視の方で過去最大のずれは

 

105△

 

最小の方で

 

4△

 

つまり目線のずれの量だけが斜位か斜視なのかの決定要因ではないということです。

 

僕は以前のblog

 

で習慣が眼を作ると説明しました。つまり目線が外れる癖を持っていて、

それが状態化していれば、少ないずれの量でも斜視になるという事です。

 

と思って、うちのblogで習慣が眼をつくるで検索すると過去同じタイトルで

三回も書いていました。(苦笑)それ程に僕は習慣と眼の関係を重視していると

ご理解下さいね。皆さまも良い習慣、悪い習慣、それぞれございますが、

心がけとして、良い習慣でありたいと意識する事が大切です。

 

これも既に、何度もこのblogで書いていますが、

 

正しい知識は、意識へ、意識から無意識へ。

 

この流れが人には生じます。

 

ですが、導入で間違って

 

間違った知識は、誤った見解を生み、その思い込みは、無意識にまで

すりこまれ、そして意識でさえも、その対象物を毛嫌いしてしまう事があります。

 

一例を挙げれば、

 

初めて、専門店に来た、今までは安いお店ばかりで作っていたし、今度はその10倍も

高い眼鏡を買ったから、それはそれは最初から快適だろう。

 

僕は↑上の文章は、うちのお店では当てはまらないと言っています。

 

僕は良くも悪くも環境を劇的に変えます。

 

そうすると、その環境の大きな変化を多くの人はストレスとして感じますし、

うちのお店では作る眼鏡によくプリズムという度数を入れて作成しますが、

これなんかは、掛け始めには多くのケースで違和感を伴いますし、

 

その違和感はプリズムの度数に比例して強くなります。

 

ですからこの場合の正しい知識の導入は、

 

今度は今まで経験したことの無い変化を目に生じさせる。だから最初は

違和感は有って当たり前、だからゆっくり慣らしていこう。

 

これがうちのお店での、正しい知識のインプットになります。

 

そうすれば、意識的に長時間一気に慣らすなんて無茶はしなくなるでしょうし、

そうやって段階をふんで慣れ戻しの期間を消化すれば、後は無意識が

(あ、この眼鏡かけていると筋肉が緩んで、楽に物が見えるし、情報処理の能力も

向上するぞ!うわ~い。)と環境の変化を受け入れるのです。

 

僕は僕で無意識状態で、気づけば、あ、そういえば乗り物酔いしなくなっていたや。

と無意識から意識に逆戻りしたのです。そして外斜位で輻輳(寄り眼)にストレスのある人

にはベースイン方向のプリズムが有効なことがあるという知識を身に着けたのです。

 

皆様も正しい知識を得ようとすれば、相応の努力が必要になりますが、

先ずは、このお兄ちゃん(僕のことです。)の言うことなら信用できるな、

そんな信頼のおける眼鏡士との出会いがあると良いですね。

 

ただし、下心丸出しで高いレンズを売りつける、必要無い機能を付けさせる。

そんな眼鏡屋さんには、しっかり理論武装した上で論破しちゃってくださいね。

僕らはポテトいかがですか?の感覚ではレンズオプションは勧めてはいけないと

少なくとも僕自身は思っているからです。

 

それではまたこのblogでお会いしましょう。

 

$RW3SYVS

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
opteria Glassias

フロントページ(トップページ)


住所:〒180-0004 東京都武蔵野市
吉祥寺本町1-11-21せのおビル1F
TEL:0422-21-6755
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

メガネに関するお役立ちコラムや吉祥寺にあるお店の営業のご案内、最新情報をご案内しております

吉祥寺のオプテリアグラシアスのNEWSでは、最新の営業スケジュールや最新のサービスのご案内、オススメのブランドやフレームの情報をご紹介しております。定休日や臨時休業のご案内もしておりますので、ご予約前にご確認ください。
コラムではメガネデザイナーによるフレーム選びやレンズ選び、機能性と美容性を同時に追求するためのアドバイスをご提供しております。選び方にお悩みの方も失敗したご経験がある方も、視力矯正が初めての方もぜひご参考になさってください。
吉祥寺のオプテリアグラシアスではご予約制にて、じっくりとお時間をかけてフレームやレンズ選び、視力矯正のための充実の検査と快適に使うためのフィッティングをご提供しておりますので、ぜひ一度ご来店ください。

WEBショップカード

オプテリアグラシアスオリジナルブランド PRIORITY SEETS

ウルトラセブン×BLACK ICE

contact_banner