COLUMN&NEWS

遠視と外斜位。

僕は以前に次論公論というblogをぼちぼち書いていました。

そこでは業界の方向けに、こんな事例がありました。

皆さんのお店ではどうですか~?と一石を投じる意味合いの強い

blogで、一般の消費者の方向けというよりも、

より難しい専門用語とか平気で使っていたblogです。

 

そんな硬いblogですがご興味ある方は読んでみてください。

ここ数年はツイッターのリンクが張ってあるだけで、実質稼働していないので、

過去ログから読むと内容の鮮度に問題はあるかもしれませんけど、

僕の感じている危機感というものを共有して頂けるかと思います。

 

http://opteriaglassias.blog92.fc2.com/

 

そんな皆さまからは縁遠いblogで連呼していたのが、

 

遠視と外斜位という目線のずれの組み合わせ、これの危険性を僕は訴えてきました。

 

 

不自然なずれ(次論公論)

http://opteriaglassias.blog92.fc2.com/blog-entry-1201.html#more1201

 

(不自然なずれ。 – 次論公論より転載開始)

遠視は、多くの方が自覚がない。

「私は眼はいいのよ。」

という方の視力を測ると実際に1.5も裸眼で出ている場合が多々有る。

では視力がでているから問題がないのかというと、次論公論マニアの方には
退屈な説明かもしれないが、眼が健全であるかどうかの判断を
視力の優劣でするのは危険である、
と僕は次論をこのブログでお伝えしてきた。
こういった視力が問題ない方も実は眼に屈折異常が有る場合がある。
それが遠視である場合が多い、(転載終わり)

このblogでも言っていましたが、遠視には自覚がないケースが多く、そして遠視+外斜位という

リラックスすると眼が外に開くタイプの人は、遠視と外斜位の相乗効果で酷い不定愁訴を

感じる方が多く、ご年齢の増加に比例して不具合を感じる比率も増えていくのです。

先日いらした方もそうでしたが、遠方からいらしたのですが、

近場の眼科、そして眼鏡屋全てにいったけど、その辛さに理解を得られることが無かったそうです。

 

ここに大きな問題がありますね、僕は自分が知らない事は知らないって、ハッキリと言います。

だって例えば、遠視と肩こりが関連ありますか?

 

こんな質問を投げかけられたら、僕は、僕には分からないと答えます。

ただし、今までの事例では遠視を放置していた方が酷い肩こりで

遠視を矯正した眼鏡を掛けたら改善したことは多々あります。

 

でもそれの因果関係ともいうべきメカニズムを

僕自身が知らないのですから、

 

それを

 

関係あると言い切っても

 

関係ないと言い切っても

 

どちらも弊害があります。あると言えば、ではその構造を説明しなさいという

説明責任が発生します。でも僕には説明出来ないのです。

 

無いと言えば、その方は眼に原因があったとしても、他の病院に掛かる事になり、

遠回りさせることになってしまいます。

 

ですから、僕は分からないと答えざるを得ないのです。

 

でも、そのご相談にいらした方は、多くの眼科や眼鏡店で自分の不定愁訴と

眼は関係ないと結論付けられたそうです。

 

ここは、是非お医者様も眼鏡士の皆さんも、結論を言ってしまう事のマイナス要素を

しっかりご理解頂きたいのです。以前にノーベル賞を受賞した先生が仰っていました。

 

「おれは馬鹿だ。」

 

これは今では僕も理解できますが、知識には広く奥深い世界があり、

一人で極めたなんて到底言えない、知れば知るほどに自分の知らない世界が

広がっていく事を「知って」しまう。だから、この方は自分の事を

「馬鹿だ」と心から思うのです。ともかく、お客様に分からないとハッキリと

言わなくてはいけない時があるという事をお伝えしたかっただけです。

 

また脱線しました。

 

皆さんも自分が視力が良いから、

 

イコール

 

眼が良いと思いがちですが、

 

実際にはそんなことはありません。

視力は良くても眼が疲れやすい。

 

頭痛や肩こりが酷い。

 

こんな方は、勿論最初にご相談に行くのは

 

内科であり、眼科で良いとは思いますが、

 

上記で説明した通り、眼科や内科の世界にも、諸先生方が知らない世界が

まだまだ広がっていて、先生のお墨付きが絶対ではないようなのです。

 

どこに行っても、どうしようも無かったら、まさかな~と疑いながらも

眼鏡店の門をたたいてみてください。

 

今日は、視力の良いひと、あ、な、た。ですよ~。

 

あなたが、先ず自分の眼に遠視が隠れていないかどうかを

一度調べてみてくださいね。

 

そして

 

もしも遠視だと言われた場合に、かつ、体の不調を感じているのであれば、

是非、眼科や内科に掛かってみてください。そこでも問題なし、体調不良は

原因不明と言われたら、眼鏡屋さん。こんな順番で良いかもしれませんね。

 

あ、遠視、でもそれは分かっても眼位、これを測定してくれる眼科医なり、

眼鏡店も探さなくてはいけないですよ~。実は眼位まで測定してくれる

眼鏡店も眼科医も少数派ですから、ネットで検索してください。

 

眼鏡店の検索ワードは

 

「両眼視機能検査」

 

これを謳っているお店なら最低でも眼位は測定するでしょう。

 

眼位と遠視の有無。これをしっかり調べてもらって下さいね。

 

ではまた明日。

 

$RW3SYVS

 

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
opteria Glassias

フロントページ(トップページ)


住所:〒180-0004 東京都武蔵野市
吉祥寺本町1-11-21せのおビル1F
TEL:0422-21-6755
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

VOS三日目。

おはようございます。

 

僕が卸業というか、デザイナー業というか、実はどれも

しっくり来ないのですが、ともかく、利き顔に合わせた

眼鏡を掛けた時のお客様の笑顔、あれを見ると

 

この利き顔に合わせられるレチルドという文化を

早く全世界にお届けしたい。僕のモチベーションは

それだけだったりします。

 

今まで似合う眼鏡が見つからない、なんてお嘆きになる方にこそ、

お勧めしたいアイウェアブランドがレチルドなのです。

 

そんな伝道師たる僕が今日も展示会で出会いを求めているのです。

 

最終日に大きな話が入って来ました。

では頑張ります!!

 

ではまた明日?$RW3SYVS

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
opteria Glassias

フロントページ(トップページ)


住所:〒180-0004 東京都武蔵野市
吉祥寺本町1-11-21せのおビル1F
TEL:0422-21-6755
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

VOS二日目。

お陰様で昨日はあいにくの天気にも関わらず忙しくさせて頂きました。

 

今日はスカッと晴れて絶好の展示会日和かもしれませんね。

あちこち分散してしまって、展示会会場巡りも大変かと

お察ししますが、皆様良いご縁が有りますようにと

お祈りさせて頂きます。

 

お店は本日定休日、明日もお店はお休みし、

展示会会場におります。

 

急な調整等でご迷惑をお掛けしてしまうかもしれませんが、

どうかご理解くださいますようお願い申し上げます。

 

伊藤 拝

 

$RW3SYVS

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
opteria Glassias

フロントページ(トップページ)


住所:〒180-0004 東京都武蔵野市
吉祥寺本町1-11-21せのおビル1F
TEL:0422-21-6755
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

VOS一日目。

本日から三日間は恵比寿、イーストギャラリーさんにて

展示会出展の為お店はお休みさせて頂きます。

 

4/15以降はまた通常営業 に なりますが、

 

4/18〜4/20

 

は今度は大阪の展示会出展の為お店は休業致します。

 

皆さんには急な調整等でご迷惑をお掛けしますが、

どうかご理解くださいますようお願い申し上げます。

 

$RW3SYVS

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
opteria Glassias

フロントページ(トップページ)


住所:〒180-0004 東京都武蔵野市
吉祥寺本町1-11-21せのおビル1F
TEL:0422-21-6755
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

レンズの皺

僕は仕事がら、あまりネクタイはしめないのですが、それでもYシャツは結構着ます。

その時に、皺ひとつないシャツを着ると普段だらだらな身も引き締まりますね。

 

布はアイロンかければ皺が取れます。

 

でもレンズって皺があるの?

 

って普通に思いません?先ずは皺がある事すら皆さんご存知ありませんよね?

では今日覚えましょう。

 

レンズの皺の事を歪み(ひず)と言います。

 

では歪みはどうやって発生するのでしょう?

またその皺はいつ発生するのでしょう?

 

こんな疑問が湧いてきます。

 

ではどうやって、から解説します。

 

フチなしのフレームで無ければ基本的にレンズの周りにはぐるっと一周何かで囲われています。

プラスティックであったり、金属であったり、時にナイロンの糸で囲われています。

 

その囲われている物がレンズと著しく形状が違う、若しくサイズがフレームよりもレンズの方が大きい。

またはフレームのカーブという曲率とヤゲンというレンズのカーブが合っていない事。

 

こんな時に、歪みは発生します。

 

では小さすぎるとどうなるのでしょう?

 

先ずは多少のガタが出ます。

 

更にレンズが小さいとレンズが外れやすくなります。

 

ここは私見ですが、僕は多少のガタが出ても、簡単に外れないのであれば、歪みの弊害を考慮すれば

きつすぎるよりも多少緩い方が良い。僕自身はこう考えています。勿論それが気になるという方が

以前は多かったのですが、最近は皆さんの理解度が深まったのか、多少のガタからクレームになる

件数は激減しました。大きく削ってガタが出ない方法の方が

手間も無いし、加工精度が低いと思って頂いて結構です。

 

僕はぎりぎりまで小さく削って、歪みとガタが、ゼロが理想だと思うのです。

 

ここまでは着いてこれますか?

 

では囲われていないフレーム、いわゆるフチなし(ツーポ―イントと呼ぶ方もいらっしゃいます。)

フチなしは歪まないのでしょうか?

 

実は歪みます。

 

それはねじ留めタイプのフチなしフレームです。最近ではsilhouetteさんやカズオカワサキさんの様に

樹脂パーツの摩擦で留めるという方法もあみ出されていますが、多くのフチなしフレームはネジで締め付けます。

 

この圧力でレンズは歪んでいます。

 

では歪むと何が悪いのでしょう?

 

実は、僕はこの質問を数多くの業界の有識者の方々にぶつけてきましたが、それに関して明確な

回答が得られたことは一度もないのです。もしもご存知な方がいらしたら教えてくださいね。

 

今日は、そんな知識不足な僕が体験したお店での一幕をご紹介したいと思います。

 

A様(仮称)とは、もう何年もお付き合いしています。

 

A様は遠くに調整された眼鏡と近く用と二本グラシアスで作って下さいました。

 

ですが、最近近く用を掛けると調子が悪く、掛けると肩こりが酷くなり、更に頑張って掛けていると

右手の手先が痺れてくる。

 

こういったご相談を受けていました。

 

僕が最初に思ったのは昨日のblogでお話したフィッティングが上手くいっていないのかな?

と思いましたし、A様も、締め付け感が酷く、おかしいと感じていたそうです。

 

昨日、A様は相談の為にご来店下さいました。

 

僕は、では一度フィッティングを一からし直してみますので、

それから二~三時間かけてみて様子をうかがってくださいと伝えました、

ですが、やはり三時間後に肩こりが酷いと仰られます。

 

A様は

 

「このフレームが悪いんだと思う、だから新調するか、このレンズを活かして

別のフレームに移し替えられませんか?」

 

と仰います。

 

僕は、原因が分からないのに新調を勧めたとして、それでも解決しなかったら

A様は二度とうちのお店に来てくれませんよね?それは困ります。ですから

安易に新調させたくない、と僕の考え伝えました。

 

そんなやり取りを15分程していると

 

(ハッ)

 

と閃きました。

 

(もしや、歪みでは?)

 

とそのフレームをお借りして歪み計にあててみました。

 

するともう一本の大丈夫と言われたフレームに入っているレンズも多少歪んでいましたが、

確かに、今回ご相談頂いているフレームに入っているレンズの方がより強く歪んでいます。

 

そこで僕は、手で再度大きさを調整してみました。

 

するとA様は、

 

「全然違う!!!」

 

と驚きの声を挙げてくださいました。

 

これだったのか~と僕は考えさせられました。

 

眼鏡を新調した時にレンズを枠に入れる作業の時は、確かに歪みをチェックしていますが、

先日調整にいらした時には、そのチェックを怠っていました。

 

本来なら、作成してから数年経てば、アセテートというプラステッィクの素材は乾燥し

縮んでいきます。それを考慮して再度削って小さくしなければいけなかったのです。

 

つまり、今回ご不満を抱いていたフレームのご不満の根本はレンズにあり、

加工精度が問題であったと言えます。

 

ですから、最初は歪みの無い状態でお渡ししても、再調整した時には

再度歪みをチェックするように、僕自身の認識をアップデートさせて頂きました。

 

う~ん、眼鏡って奥が深いし、歪みって意外と怖いでしょ?

 

昨日はアイポイント測定してる?

 

とお店に聞いたらしていないお店はビビるよ、ってお話しでしたが、

 

今日は、歪み計あてて加工してる?

 

って聞いたらもっとビビるかもよ。ってな話でした。

 

ではまた明日。

 

DSC07128

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
opteria Glassias

フロントページ(トップページ)


住所:〒180-0004 東京都武蔵野市
吉祥寺本町1-11-21せのおビル1F
TEL:0422-21-6755
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

フィッティングって?

皆さんは男性であればスーツは仕立てた事はありますか?

 

靴なんてのも最近オーダーメイドの価格が普及価格帯に降りてきたと言われています。

勿論眼鏡だって昔に比べれば、眼鏡を購入した時の金額なんてピークの半分以下だと

思います。

 

これは消費者にとっては喜ばしい事であるのは勿論ですが、

価格が下がる事が、実は業界にとっても悪い事ばかりでなく

 

良い点もある事を意外と業界内の方でも指摘する方は少数派なんです。

僕は、低価格店の業界参入はウエルカムと言っている立場の人です。

 

では、眼鏡の価格が下がる事でどんなメリットがあるのでしょう?

 

一つ目は、眼鏡に対するハードルというか、敷居が下がり、

気軽に人生初眼鏡を体験できるツールになれた事。

 

二つ目は、眼鏡が気軽に買えるという業界の変革は、

消費者にアクセサリーの様に眼鏡を掛け変えられる楽しさを知らしめた

という大きな効果があります。

 

ここ10数年、眼鏡業界の底辺は、物凄い勢いで膨らんでいるのです。

眼鏡初心者の方が急増しているという事です。後は一歩ずつ階段を上ってくれれば

以前より大きなピラミッドが構築されるでしょう。

 

ただし、ここで問題なのは、初心者とはいえ、しっかりと調整された眼鏡で

しっかり矯正するべき方も確実にいらっしゃいます。どなたでも激安店で

買ってはいけないよと指摘しているのです。

 

例えば、

 

①遠近両用レンズ等、しっかり調整が必用とされ高い技術が求められるケース

 

②視機能に異常があり、精密な検査が必用とされるケース

 

③骨格が独特な形状で、自分にピタッと合わせなくては痛みや不快感を強く伴うケース。

 

①は高い加工、検査、フィッティングの技術、いわば総合力が求められます。

 

②高い検査の技術、と深い知識が求められます。

 

③が今日のメインテーマですが、高いフィッティング能力が求められます。

 

ではフィッティングって、何をするのでしょう?

 

フィッティングの目的は

 

1)骨格をトレースし、極力その形状に合わせてフレームの形状を変化させる。

 

この1)については、多くの方がご存知だと思います。

 

でも知られていない事でも実は重要な事があります。

 

例えば

 

この写真

 

IMG_2334

 

オレンジのシールの中心がレンズの光学中心という位置で、ここと頻用目線を極力一致させることが

眼鏡の装用感を考慮すれば非常に大切なのです。でもこれは敢えてずれた状態で見せていますが、

どのようにずれているかは以下の写真でお確かめください。

 

IMG_2334

 

さっきの写真に赤い⇒で本来あるべき方向に⇒を書いてみました。

これを見ても分かるように、レンズの光学中心という物のレイアウトは

こんなにもずれてしまう事があるというだけでなく、ずれると何が問題か?

 

そこを消費者の皆さんに理解して欲しいのです。

 

ずれた場合のデメリットは、

 

①収差と言われる不要な乱視が発生してしまって理想的な見え心地にならない。

場合によっては狙った視力も出なくなってしまいます。ずり落ちた眼鏡が論外なのは

言わずもがなです。

 

②プリズムという度数が発生します。

 

この①+②が眼の疲れや、視力に悪影響を与えるのです。

 

そして上記の様なずれが生じないようにうちのお店では原則的に全ての方に

アイポイントと言って、眼の位置を測定しマーキングする事にひと手間かけています。

 

レンズを面として捉えれば、その中である一点を探そうとすれば、

それはX軸とY軸、この二つの位置を指定する事である一点が特定できます。

 

そしてそれは、右目と左目、面は二つあるのですから、片目ずつ測定する必要があります。

更に、そこまでやっても、実際にフィッティングする際には、それでも

このアイポイントがずれてしまっている可能性があります。

 

それを今日の本題でもありますが、フィッティングで調整する事が

上質な眼鏡を仕立てる上で非常に大切になることを皆さん

どうかご理解下さい。

 

多くの眼鏡屋さんではアイポイントの測定をせず、簡単に機械で測定した

両目の瞳孔間距離をそのまま左右に分けて眼鏡を作成してしまっているのですが、

 

実はこれは両目の間の距離であって、鼻を中心にして右に何mm、左に何mmと

左右差がある事を想定せずに同じ距離で作成します。

 

これでは、片目だけに不要なプリズムが発生したり、片目だけに不要な収差が

発生したり、いずれにしても機能的な眼鏡とは言えませんね。

 

でも、こんなこだわりも消費者の理解が無いと眼鏡屋さんも頑張ってひと手間かけようと

思えないんですね。ですから、皆さんどうか、

 

「あれ?アイポイント測定しないんですか?」

 

な~んて訊いてみてください。店員さんがは?って顔するかもしれませんし、

申し訳なさそうな顔するかもしれません。

 

でもそんなお客様が一杯来店したら、そのお店だってきっと考え直すでしょ?

 

最後は、僕のいつもいう常套句でしめたいと思います、

 

「賢明なる顧客が健全なる業界を育むのである。」

 

うちのお客様はそういった意味では常に僕に厳しく監視の目を向けてくださっています。

こんなにも頼もしいと思うことはありませんね。

 

ではまた明日。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
opteria Glassias

フロントページ(トップページ)


住所:〒180-0004 東京都武蔵野市
吉祥寺本町1-11-21せのおビル1F
TEL:0422-21-6755
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

メガネに関するお役立ちコラムや吉祥寺にあるお店の営業のご案内、最新情報をご案内しております

吉祥寺のオプテリアグラシアスのNEWSでは、最新の営業スケジュールや最新のサービスのご案内、オススメのブランドやフレームの情報をご紹介しております。定休日や臨時休業のご案内もしておりますので、ご予約前にご確認ください。
コラムではメガネデザイナーによるフレーム選びやレンズ選び、機能性と美容性を同時に追求するためのアドバイスをご提供しております。選び方にお悩みの方も失敗したご経験がある方も、視力矯正が初めての方もぜひご参考になさってください。
吉祥寺のオプテリアグラシアスではご予約制にて、じっくりとお時間をかけてフレームやレンズ選び、視力矯正のための充実の検査と快適に使うためのフィッティングをご提供しておりますので、ぜひ一度ご来店ください。

WEBショップカード

オプテリアグラシアスオリジナルブランド PRIORITY SEETS

ウルトラセブン×BLACK ICE

contact_banner