NEWS

遠近両用レンズは万能じゃないんですよ。

二週連続で台風が列島を駆け足で通り抜けていく中、皆さんいかがお過ごしですか?

 

僕は今日も朝から、ワンピースの絶望的な状況でハラハラしながら、

後ろ髪を引かれながらも出勤し、お店でいそいそとblogを書いております。

 

ご心配をおかけしました風邪ですが、気のせいだったのかな?

今日は随分体調が良く、きっちり仕事が出来そうです。

 

昨日は懐かしいというか、お馴染みの皆さんがお店に足を運んで下さり、

楽しく一日が過ぎていきました。なんか眼鏡屋さんて良いですね~。

 

こんなに仕事が楽しいのだもの。

 

昨日いらした方は、軸性の不等像視という状態で右目で捉えた像が左より大きい状態でした。

いつもならそれをアニサイクルレンズで像倍率の補正を掛けるのですが、今回はフィッティングで

レンズと角膜までの距離を左右差をつけてお渡しするようにプレフィッティングし、

そしてアイポイントといって眼位置を測定しました。

 

このお方は自覚は無かったのですが、検査の最中は常にその左右のサイズの差を訴えていらっしゃるのです。

通常ですとその左右の像の大きさは検査しないお店が多く、また検査してもその対処法がなかなか

見つからないというお店も多いかと思います。そんな時は先ずフィッティングで頂間距離に左右差を

つける「だけ」で像倍率をコントロール出来る事もあるので、是非一度お試し下さいね。

 

今回は遠近両用でお作りしましたが、遠近両用って万能じゃないんですよね。

それなのに、

 

「遠近両用はいかがですか?これなら一本で何でも作業がこなせますよ。」

 

と案内してしまうとおかしなことになるのです。

確かに見えるところはレンズのどこかにはある。でもそれがどこにあるかを

探してあてるのが億劫だ、何てことが生じてしまうのです。

 

汎用性と専門性。

 

眼鏡に限らずこれは相反する物である事は皆さんご存知の通りです。

帯に短したすきに長し。ではありませんが、結局どっちつかずになってしまうと

言えるでしょう。今回も遠くの視力は捨てて少しだけ度を落としました。

 

その結果、すっと目線をノートPCのモニターに合せるだけでピントが合い、

更に手元の資料も目線の移動だけで、難なく見る事が出来ます。

 

こんな眼鏡は万能ですか?僕は違うと思います。室内を中心としたデスクワークでは

ご満足頂けると思いますが、長距離のドライブが快適かと言えば、

それは最高視力が出ている方が楽に決まっています。

 

ですから僕は長距離のドライブと長時間のデスクワークを一本で済ませられる

万能な遠近両用よりもどちらかにフォーカスして眼鏡をお作りする事が多いのです。

 

その為、最低室内と室外、二本の眼鏡を掛け変える事を僕はお勧めします。

それだけ近業作業の比率がPCの普及と共に飛躍的に増えたと言えます。

一例を挙げれば目の前の上司に対する相談をLINEでするなんて事も

一部では状態化している様です。これはこれで上司の時間を奪わないという

意味では有効なのかもしれませんが、何だか寂しい感じもします。

 

でもこれは立派な感情論かもしれませんけどね。

 

また話がそれました。この様に遠近両用は万能じゃない。

眼鏡屋の店員がこう言っている。これくらいは皆さんも

知っておいて欲しいと思ってblog記事にしました。

 

ではまた明日。

 

$RW3SYVS

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

opteria Glassias

フロントページ(トップページ)


住所:〒180-0004 東京都武蔵野市
吉祥寺本町1-11-21せのおビル1F
TEL:0422-21-6755
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

WEBショップカード

オプテリアグラシアスオリジナルブランド PRIORITY SEETS

ウルトラセブン×BLACK ICE

contact_banner