NEWS

若いけど老眼!?

本日いらした方は30代前半でした。

 

ですが、最近眼が疲れる。

 

近くの細かい物は眼鏡を外す、

 

こんな自覚があり、検査及び新調のために

ご来店頂きました。

 

早速検査すると前回より

 

近視が減り、

 

乱視が若干増えた。

 

そんな状態です。

 

ここまでは良くある話です。眼は原則ゆらぎ、常に変動し

一点に留まっていないと僕は何度かご説明しております。

 

通常早くとも老眼になるのは40歳と言われています。

ですが、このお方はアラサーなのに、近くを見る時眼鏡を外している

しその方が楽だと仰るのです。

 

このお方は

 

S-2.00 という近視の度数をお持ちでした。

この方が眼鏡を外すと実は+2.00の老眼鏡を掛けた

効果があるんです。近視の方が私は老眼じゃないのよ。

と仰りますが、それは眼鏡を外したら何でも見えるから。

 

こう曲解していらっしゃる方が少なからずいらっしゃいますが、

こういうこと(近視の眼鏡を外すと老眼鏡を掛けた効果がある)だったのです。

 

まだお若いけど、若しやと思って加入度という検査をしてみると

40㎝の距離を見るのに+2.00程欲しがっています。

 

では近くを見る時は裸眼にしてみれば良いのでしょうか?

 

それでOKな時も確かにあります。

ですが今回は違いました。

 

乱視がなく、近視に左右差がなく、かつ不自然な姿勢を

とらずに近くが快適に見える時ならOKです。

 

でも今回は左右の眼に乱視があり、

更に近視の度数に左右差があったのです。

 

この為、乱視が未矯正により近見視力は低下し、

更に度数の左右差は調節バランスといって、

近くを見るときの力の入れ加減に左右差が出てしまいます。

 

ですから、多くの方がこれを無視して裸眼で作業している現実が

あることは承知しておりますが、それを僕は伝えた上で

お薦めはしませんよ、と伝えました。

 

そこでこのお客様は迷いましたが、

結局NIKONのシフトオンというスマフォ用レンズにして

作成することになりました。

 

合わせたフレームはKAZUOKAWASAKIさんのツーポイントです。

 

きっと軽くてそして、少しでも疲れが軽減できる眼鏡になることでしょう。

若いからと言って安心できませんね。今回は若しや?という

インスピレーションで上手くいったケースですね。

 

それではまたこのblogでお会いしましょう。

 

g-02-02

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

opteria Glassias

フロントページ(トップページ)


住所:〒180-0004 東京都武蔵野市
吉祥寺本町1-11-21せのおビル1F
TEL:0422-21-6755
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

WEBショップカード

オプテリアグラシアスオリジナルブランド PRIORITY SEETS

ウルトラセブン×BLACK ICE

contact_banner