NEWS

ドライアイが視力低下。

今日のMOREのblogが

衝撃的過ぎて、ついリンクを貼ってもうた(💦)

 

今日のMOREのblogは冬場の乾燥する時期は、

ストーブやヒーターだけでなく、加湿もしてください。

なんて記事だったのですが、

 

冬場の乾燥で目が乾き、視力が出ない人がいるんですよ~。

というお話でした。何故乾燥すると視力が出ないのでしょう?

 

これには一つ角膜組織の構造を説明する必要があります。

 

角膜を目視すると平らで綺麗なレンズに見えます。ですがミクロのレベルで

その起伏を測定するとでこぼこなのだそうです。

 

一定の曲率を維持しているから、焦点は一つに結ばれ、綺麗に像は結像します。

 

ところがドライアイで、涙液が欠乏し、その角膜のでこぼこのまま、

光が入れば、複数の焦点が出来てしまいます。

 

この状態では、酷くにじんで見えるでしょう。乱視の酷い状態(不正乱視と言います。)の

更に酷い奴になってしまうのです。そこに適性な涙液が補充されれば、

涙液は、角膜のでこぼこを慣らして一定の曲率になります。

 

それで綺麗な像として物が見えるという事です。

 

意外と軽視しがちな眼の不具合、更に軽視されている涙液。

そこにスポットを当てるという意味で今日のMOREのblogは

とても有意義だな~と感心したのです。

 

僕らは屈折異常というとつい、近視、乱視、遠視等を想像しますが、

実は前提条件として、最適な量の涙液が担保される必要があるのです。

 

それではまたこのblogでお会いしましょう。

 

g-03-02

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

opteria Glassias

フロントページ(トップページ)


住所:〒180-0004 東京都武蔵野市
吉祥寺本町1-11-21せのおビル1F
TEL:0422-21-6755
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

WEBショップカード

オプテリアグラシアスオリジナルブランド PRIORITY SEETS

ウルトラセブン×BLACK ICE

contact_banner