NEWS

睡眠障害と異常な眩しさ。

昨日いらした方(以後A様)は、14才の中学生。中度の近視と乱視をお持ちの眼でした。

 

そのA様は、何でも睡眠が上手くとれずに、そして朝は起きられない。そんな状態だったそうです。

 

A様に問診してみるとこんな、体調不良の傾向が見てとれました。

 

睡眠障害/ドライアイ/肩こり/慢性頭痛/眼精疲労/充血/めまい/乗り物酔い/

異常なまぶしさ/歯ぎしり/胃腸が弱い/低血圧

 

特に睡眠の質が悪いことと、異常なまぶしさで室内でもサングラスが欲しくなる程に困っていたそうです。

 

ざっと並べてみましたが、これらのどれが眼に起因しているかなんて事、実は僕は不明なのですが、

何千人も問診し、その結果を見てみるとある傾向がある事に、実際にやってみれば誰でも気が付くと思うのです。

 

問診票のこことここに丸がつき、更にここに丸がつけば、これは眼に原因があるかもしれないな。

 

なんて思えてくるのですし、実際に眼に体調不良の根があれば、眼鏡で一気に様々な体の不具合が

改善することが本当に多々あるのです。

 

今回ご紹介するA様は、昨日検査しただけで、まだお渡しもしていないので、今回の僕の検査の結果

仕立てた眼鏡が上手く働くかどうかは不明ですが、それでも多少の手ごたえは感じた検査になりました。

 

冒頭僕は中度の近視があるといいましたが、本当にそれだけの近視があるのかは、

僕も含めて誰にも分からないのです。え!?と思われますか?

 

近視の量の測定なんて誰が測ってもそんなに差が無い絶対値があると思われますか?

実はそんな事ないんですよ。何故なら人は常に揺らいで生きているからです。

それこそ心の動揺すら、眼に影響を与えますし、過去のトラウマの様な出来事が、

眼の状態に深く根差して影響を与え続ける事もあるのです。

 

ですから、ある日ある時の度数を正確に測るという事に今の僕は、あまり意味を見いだせないでいるのです。

 

このA様も眼鏡を掛けだしたのは、少学生から、まだ眼鏡の初心者の筈なんですけど、でも簡易な検査では

立派に近視が測定されました。ですが調節力をとると問題はありませんが、調節に難があるかどうかAA-2

という専用のソフトで見てみるとまだお若いのに画像の様に上手くピントの調節ができていません。

 

そこで眼位を測ると外斜位。輻輳余力は充分にありましたが、固視ずれはしっかりありました。

今後は眼位ももっと潜伏しているずれが出てくる可能性が高いのですが、なにしろ今は例えていえば、

ぐっと食いしばって見る癖がついているのですから、まずはそれをほぐしてあげないと、と思います。

 

この様に緊張壁のあるA様の様な方が、自律神経に悪戯して極度の睡眠障害になるケースは過去に

数例ございました、またまぶしさと眼のストレスの関係性を示す論文を僕は見たことがありませんが、

内眼筋でもあるピントの調節筋の緊張が、光の量をコントロールする虹彩という器官に影響を

与えている可能性を僕は疑っています。

 

では僕はこうして困ったとご相談にいらしたA様にどんな眼鏡を提案したのでしょう?

 

今回は、眩しさ対策としてルティーナという東海光学のレンズで遠近両用でおつくりする事になりました。

 

実際に遠くも近くも裸眼に比較し見やすいと検査の段階では実感を頂けたようです。

どうか今回の眼鏡でA様の暮らしが少しでも快適になるよう願うばかりです。

 

%e7%84%a1%e9%a1%8c

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

opteria Glassias

フロントページ(トップページ)


住所:〒180-0004 東京都武蔵野市
吉祥寺本町1-11-21せのおビル1F
TEL:0422-21-6755
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

WEBショップカード

オプテリアグラシアスオリジナルブランド PRIORITY SEETS

ウルトラセブン×BLACK ICE

contact_banner