NEWS

丸眼鏡の難しさ。

先日の日帰り台湾出張の余韻を引きずり、若干未だにくらくらしている次郎さんです。

台湾では本当に良いご縁に恵まれ、出張そのものは非常に有意義で楽しく過ごさせて

頂きました。

 

ただ、ただね、夜の12時に寝て、二時間後に目が覚めて、30分後の2時半には

羽田に向かい、そして諸々すませ、床に就いたのもほぼ翌日2時半。

 

まさに24時間戦えますか?

 

の世界を地で行きました。がははは~、!

 

でももう出来れば一泊したいです。だって、二日経ってもへろへろなんだもん。

 

んな訳で、(←硬いお話しが出来る脳みそのコンディションじゃないって事ね。)

 

今日は珍しくファッションについて、

 

今日本で、テレビをのぞくと多くのタレントさんが、丸眼鏡を掛けてらっしゃいます。

そして実際にうちのお店でも丸眼鏡掛けたいんだけど、とご相談にいらっしゃる方が

数多くいらっしゃいます。でも、その方々の過半数は諦めて別のフレームにしています。

 

何故か?

 

それは多くの方が似合わないと感じているからです。

 

その原因は複合的ですが、まずは、タレントさん達の多くはお顔が小さい、

そして僕ら一般人はタレントさんに比べて顔が大きいケースが多いのです。

 

これが一点。つまり丸眼鏡の多くは小さい顔の方に似合いますという事です。

 

そして丸眼鏡の構造的な問題なのですが、

 

今世界で流通している多くの丸眼鏡のレンズサイズは他のフレームに比して

殆どが小さいレンズサイズになっています。それは丸眼鏡を大きなフレームにしてしまうと

ファッションアイテムとしても合わせる難易度が上がると僕は思っているし、

多くの他のbrandのデザイナーもきっとそれを感じているのだと思います。

 

では一般的に多くある丸眼鏡のレンズは小さいのが原則とすると、

そのフレームのサイズと眼の位置がずれてしまうと似合っていないというか

場合によっては滑稽に見えてしまうことすらあります。

 

では例えばこんな眼鏡、

 

IMG_2333

 

小田幸さんが出がけるZ-PARTSのZ-87というモデルですが、

このモデルのサイズを見てみましょう。

 

IMG_2333 - コピー

 

これを見ると

 

43□23-145

 

とあります。145は耳に掛ける部位、テンプルと言いますが、

この長さですが、今日はそこはサラッと流して次へ行きます。

 

43とは何でしょう?

 

これはレンズの横幅で、43mmといいう意味です。

 

では□は

 

これはボクシング表記と言いますが、レンズ径□鼻幅と書いていますよという目印と

思って下さいね。

 

そして23mmが、今述べた鼻幅、もう少し具体的に言うと

右のレンズの内側から、左のレンズの内側までをさします。

 

ではこの43□23という表記のモデルはどんな方に

合わせやすいのでしょう?

 

それは瞳孔間距離(右目の中心から左目の中心までの距離と覚えてください。)

が大雑把に言って、このフレームのサイズと近い数値から、

ずれたとしてもマイナス7~8mm程度が限界

と言えるかもしれません。ではこのフレームのサイズは

 

43□23 つまり43+23=66mm

 

IMG_2333 - コピー (2)

 

ですから、瞳孔間距離(PDといいます。以下PD)、

66mm~仮にマイナス8mmを許容範囲とすると

 

66-8=58mm

 

では、このフレームよりPDが広い方はどうでしょう?

僕は少しでも広い方はあまり勧めたくないのですが、それでも

どうしてもと言われれば、67mm、68mmまでの方なら販売するかもしれませんが、

それ以上にPDが広い方にはこのZ-87は似合わないか、非常に難しいと思って下さい。

 

ここまでは着いてこれますか?

 

①フレームのサイズを読み取れ把握する事、

 

そして

 

②自分のサイズが分かっている事。

 

更に

 

③極力フレームのサイズに対して近似値か、

少し狭めに設定した方が見栄えが良い事。

 

こんな販売する側からすれば最低限の知識を有していないと

ご自分で上手に似合う丸眼鏡を探すことは困難だと僕は言っています。

 

更にいうと丸眼鏡は、どちらかというと人に与える印象をソフトな方向に持っていきます。

ですから、切れ長の目をしている方や、人にとっつきにくいと良く言われる方が

丸眼鏡を掛けるとそれは良く似合います。いわゆるこわもてというタイプです。

 

一方、ぱっちりおメメの気の弱そうな方が丸眼鏡を掛けると更に線が細く、気の弱そうな

イメージになりますし、元々冗談を上手に言える気さくな方が、丸眼鏡を掛けるとコミカルに

なってしまいやり過ぎなんて事もありますので、やはり丸眼鏡って提案する側からしても

難易度高いなと思います。

 

でもね、ここまで言って否定するのは身も蓋もないかもしれませんが、

今まで言ってきた事は原則論です。原理原則に縛られて自由に眼鏡を

選べないなんて現実は、僕にとっては窮屈と感じます。

 

ですから、皆さん、眼鏡を知るという意味で知識は必用だと僕は思いますが、

そこで思考停止せずにどうか眼鏡でお洒落を自由に楽しいで頂きたいと思います。

 

ではまた明日。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

opteria Glassias

フロントページ(トップページ)


住所:〒180-0004 東京都武蔵野市
吉祥寺本町1-11-21せのおビル1F
TEL:0422-21-6755
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

自分に合っている眼鏡。

今日はお店の一コマです。

 

今日いらしたお客様に僕はどうしてわざわざうちみたいな

高くて、こっそりやってる眼鏡屋にいらしんですか?

 

と訊きました。

 

すると第一声が

 

「私は自分に合っている眼鏡が欲しくて来たんです。」

 

と答えられました。

 

「え!?今の眼鏡は自分に合ってないんですか?」

 

と訊くと

 

「そうなんです。」

 

と寂しそうに説明を始めました。

 

要約すると、強い眼鏡を掛けると慣れなくて苦労するから極力弱くしてくれ

と自ら申しでたのですが、なんか弱すぎたのか、合ってない感じが最初から

したそうです。

 

ここでこのお方は難しい事を仰っています。

 

そもそも、自分に合っている眼鏡ってどんな眼鏡なんでしょう?

 

皆さんも考えてみてくださいね。

 

例えば

 

似合っている眼鏡ですか?

 

それとも

 

近視や乱視、更に言えば遠視も、ご自分の眼にぴったり合わせている

眼鏡の事ですか?

 

この方は、しっかり自分の近視と乱視を矯正するという意味で

 

合っているという言葉を使っていた様です。

 

でも僕が思う合っているという言葉に一番しっくり来るのは、

 

自分の生活習慣とも言えるライフスタイルに合っている眼鏡こそが

 

合っているという言葉に相応しい気がします。

 

大人なら仕事しますし、学生なら勉強します。

 

仕事なんて何種類あるのか数えるのが馬鹿馬鹿しい程に数多くの

職種があります。

 

パソコン作業1つとっても、デスクトップなのか、ノートパソコン

なのかで求められる視野角や、視界の奥行きも変化しますね。

 

それを僕は頻用目線と頻用作業距離に合わせて眼鏡を作る事を

お勧めしたいと思います。

 

ですから皆さん、ご自分の一日の作業を棚卸ししてから

眼鏡屋さんに行くと話しがよりスムーズですよ。

 

また今どこに勤めているとか、職種は?って個人情報ですし、

言いにくい方もきっといらっしゃると思いますが、

 

それでもしっかり自分のよくある一日をより具体的にイメージしやすい

情報をしっかり伝える事が、自分に合う眼鏡と出会う近道に

僕には思えます。

 

どうか勇気を持って、自分のご要望をお伝えくださいね。

 

ぼんやりとしたご要望には、ぼんやりとした曖昧な機能性の

眼鏡が仕上がって来るものです。

 

例えば、歯医者の先生であれば、傷防止対策をしないと

削った歯の粉にまみれて、あっという間に傷だらけのレンズに

なります。この場合にはガラスレンズが耐傷性能としては

ベストチョイスになりますし、最低でもプラスティックのレンズでは

コーティングのアップグレードをお勧めしなくてはいけません。

 

こんな提案も歯医者さんにお世話になっているから想像がつきます。

 

何となく分かりました?

 

自分に合う眼鏡って、実は解釈の余地が多いにある問題提起に

なっているのかもしれませんね。

 

今日はこれから日帰り台湾出張です。

 

ついに僕のお得意弾丸ツアーも

日帰りの領域に踏み込みました。

 

さ〜て今回はどんなご縁を頂けるかな?

 

ではまた明日。

 

$RW3SYVS

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
opteria Glassias

フロントページ(トップページ)


住所:〒180-0004 東京都武蔵野市
吉祥寺本町1-11-21せのおビル1F
TEL:0422-21-6755
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

保証でレンズ交換。

今日は、自らの恥部をさらけ出すようなお話しです。

 

グラシアスではほぼ100%僕が検査しています。たまに日曜日だけ修行に

来ているバイト君が検査して度数決定する事もありますが、1%に満たない

状況です。

 

つまりお客様が新調した眼鏡の不具合を訴えられた場合には、その責任は

99%以上僕の責任ですし、1%のバイト君が検査した場合にもしも不具合が

発生した場合にも、責任は、その彼に検査法を指導した僕に責任があります。

 

ここ最近、二件程、この眼鏡を新調したが、度が合わない気がすると

ご相談を頂き、レンズ交換をしました。

 

僕は神様ではないので、僕にミスがあれば、それは謝らなくてはいけませんし、

眼鏡を作ってすぐに再来店して頂くお手間を取らせてしまった事に恐縮すらしています。

 

ただ、お客様心理としては、せっかく作った眼鏡が合わないと眼鏡屋さんに

訴えることそのものが大きなストレスだとお察しします。つまり、言いたいけど

言えない方が、少なからずいらっしゃる。この可能性を僕は疑っています。

 

上記の二件は氷山の一角に過ぎない。という事です。

 

ですから今日のblog記事では、読んでくださっている方々にお願いをしたいと思います。

 

どうかご不満があった場合には、遠慮なく仰って下さい。

それはお客さまの為にもそういったご不満を持っている方に、何らかの改善案を提案をして

解決する方法が見つかるかもしれない、というだけでなく、

 

実は、僕にとっても有益です。

 

僕は、眼鏡屋としては、究極には程遠く、未完成で、成長途上とも言えます。

その今の僕にとって、失敗から学ぶことが多いにあるのです。

でも、失敗したという事に気づけない事から、失敗を失敗と気づけないだけでなく

成功と勘違いしてしまうリスクすらあることを僕は憂慮しています。

 

ですから、どうかご不満は遠慮なく申し出てくださいね。

 

弊店の保証規定としては、お渡し後、一か月でレンズ交換の保証期間ですが、

まずは一か月の時点で一度ご判断ください。

 

そしてその時点で選択肢は二つあります。

 

①何かしらの方法で度数を変えて、今感じている不満を解消する。

 

②当初より慣れてきたがまだ心配だ。⇒この場合にはそこから更に二カ月保証期間を

延長出来ます。つまり保障期間を延長して様子を見るという選択肢もあるということです。

 

僕の方としては、悲しいなと思うのは、この一か月の保証期間を待たずに、

二、三回掛けただけで、お医者様の処方箋を持って来られて、

問答無用でレンズ交換を求めらる方もいらっしゃいますし、

レンズのconceptをご理解頂けなかった事に悲しくなります。

 

僕は本blogで何度も申し上げていますが、

 

眼科医の先生で、眼鏡の度数決定をする為の検査に精通している方は

本当に少数で多くの眼科医は、この度数決定のノウハウをもっておりませんし、

持っていたとしても非常に知識/技術が稚拙と言えるでしょう。

 

それでもお医者様としては、わからないとは言えないので、

無理やり理由をつけて処方箋を書いています。

 

つまり、僕の様な未完成の若造からみても、この処方箋のレベルは無いな

と思う事が数多くあるという事実をまずは、消費者の皆さんに知って頂きたいと

思うのです。セカンドオピニオンを取るというのなら、眼科医でも、

眼鏡の度数を決定する検査に精通している先生に診て頂きたいと思いますし、

 

そんな立派な先生なら、僕も、

 

「あ、あの先生のお見立ては僕と違うな、でもかけてみる価値はあるな。」

 

と処方箋通りレンズ交換をしても良いとは思います。

 

ただし、それでも見え心地にご納得いただけなかった場合にはどうでしょう?

 

僕は他者が検査して度数決定した場合のレンズ交換にも

うちの保証規定を適用するべきでしょうか?

 

皆さんはどう思いますか?

 

うちのお店は、とおことわりした上で僕の見解を述べれば、

僕はその場合にはレンズ交換する場合には実費頂いています。

 

先ほど述べた通り、眼科医の先生も千差万別、僕から見て納得できる

処方箋もあれば、これは酷いなと思うレベルの処方箋も数多く、存在しています。

 

それでもお客様が望めば、どの処方箋でもレンズ交換は一回お付き合いします。

ここはしっかり約束しますが、二回目は、今度はその先生が責任を負うべきでしょう。

 

そうしなければ、眼科医の検査レベルは上がらないと思うからです。

 

でも実際眼科医の先生にその責任を負わせることは可能でしょうか?

 

現実的にはほぼ不可能に近いのです。もしも患者さんに見え心地の不満を

訴えられたら、ほぼすべてのお医者様はこう切り返します。

 

「あなたの眼は、今回の度数であっているから、問題ない。使っていれば必ずなれるから使い続けない。」

 

と答えます。そうしないで、

 

「分かりました。ではレンズ交換の費用は当クリニックで負担しますので、新しい処方箋を作りますね。」

 

とやってしまうとあっという間にクリニック経営は傾き、廃業の憂き目にあうでしょう。

それ程に屈折矯正の診療点数の配分が低すぎるのです。

 

また僕ら眼鏡店は、レンズとフレームの販売により

利益がありますが、眼科医での検査にはその利益がありませんから、到底レンズ代金を負担する

何てことは出来かねるのです。まずこのレンズ交換を出来ないというリスクが眼科処方箋にはあると

言えるでしょう。ただし一部の眼科と眼鏡店が提携して、処方箋でも眼鏡店がレンズ交換の

リスクを負担してくれる場合もありますので、それでしたら安心ですね。

 

少なくともグラシアスでは、そういった提携眼科がありませんし、処方箋を回してもらう事も

ないのです。これにも良し悪しありますが、それについてはまた別の機会でご紹介します。

 

では屈折矯正に精通していない眼科で診てもらうメリットって何でしょう?

そもそもメリットがあるのでしょうか?

 

勿論あります。

 

それは、疾病の早期発見につながり、そして治癒までトータルで診てもらえる事です。

 

僕らは、白内障だと思って、白内障ですと診断を下すことは違法ですし、医療行為になります。

勿論、治療なんて出来ませんね。

 

皆さんは視力低下を安直に、度が進んだ(変化した。)と考えがちです。

ですが、本来はその視力低下が病気である可能性を疑い、その不安を払拭してから

眼鏡店に来るべきでしょう。

 

そこで処方箋が必用ですか?

 

と僕は聞かれることが多いのですが、処方箋を

 

「あなたの視力低下の原因は病気ではなく、屈折異常(近視/乱視/遠視)ですよ。」

 

というお墨付きで良いのなら、それには大きな意味がありますが、それ通りに作らないと

怒る眼科医の先生もいらっしゃいます。そうなってしまうと眼科医と眼鏡店の板挟みで

苦しむのはお客様になってしまう事が多いので、

 

僕のお店では上記の

 

「処方箋は必用ですか?」という問い合わせには

 

「眼科医で診て頂く事はお勧めしますが、処方箋は貰わないでください。」

 

と答えるようにしています。僕には疾病の発見のスキルはありません。ですから

まずはその病気の可能性を消して、眼鏡の度数決定の責任は全て僕が負担したいのです。

 

一番まずいのは責任の所在が明確にならない事です。

 

眼科の処方箋通りに作っても、見え心地にご納得いただけない場合、

眼鏡店と眼科が責任のなすりあいになってはいけないと僕は思いますが、

現状そういった現実も散見されます。ここには大きな問題が存在していますね。

 

いかがですか?いち眼鏡士が多くの眼科の技術レベルが稚拙だと言っている事に

多くの方が驚くでしょうし、これについて言及するのは禁断の領域に踏み込む事かも

しれませんが、僕は創業した時から一貫して眼を含む医療行政の問題と矛盾について

指摘してきています。多くの眼科医のスキル不足を個人の責任にしてはいけないのです。

 

国民の眼を守る制度が疲労している。

ですから改革が必用だという事を言い続けてきたのです。

 

思ったより長文になってしまいました。

 

ではまた明日。

 

無題

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

opteria Glassias

フロントページ(トップページ)


住所:〒180-0004 東京都武蔵野市
吉祥寺本町1-11-21せのおビル1F
TEL:0422-21-6755
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

コンタクトレンズの上から眼鏡。

今日は10年来お付き合い頂いているレチルドのロゴをデザインしてくれた

グラフィックデザイナー、イナコさんが来てくれました。

 

そのイナコさんはライブに行く時に贔屓の人の顔をもっと見たいというニーズがあるそうです。

ライブの時は、諸事情あり、コンタクトで現場に行くそうですが、

 

それでも遠くが見えないので、もっと視力出る度数は無い?とご相談にいらっしゃいました。

結論を先に言うと、乱視だけを両目に入れた眼鏡を作られました。

 

こういったケースはそれ程珍しくないのですが、グラシアスにいらっしゃる方は

結構な眼鏡のヘヴィーユーザーなので、皆さん、経験豊富で、それぞれ創意工夫して

らっしゃいます。

 

例えば、普段はcontact。でも近くを見る時だけPC用のブルーライトカットと、近視を弱めた

眼鏡。こんな事も可能なんですね。

 

またこんなケースもあります。手元を見る事が生活のほとんどなので、

度数を弱めたコンタクトレンズ。でも遠くを見る時だけ、近視を入れて目一杯遠くに合わせる。

 

この様に、コンタクトと眼鏡の合わせ技って意外と便利に使いこなせるんですよ~。

 

と眼鏡初心者向けに情報発信してみました。

 

ではまた明日。

 

$RW3SYVS

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
opteria Glassias

フロントページ(トップページ)


住所:〒180-0004 東京都武蔵野市
吉祥寺本町1-11-21せのおビル1F
TEL:0422-21-6755
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

エイプリルフールの真相。

今日僕は、エイプリルフールって、午前中に嘘をついて

午後になる前に、その嘘を撤回しないと、その嘘が本当になる。

 

って空恐ろしい話をお客様より聞きました。

 

え!?

 

っていうと宝くじが当たった~って嘘をついたら

当選しちゃう?んな訳ないか。(苦笑)

 

$RW3SYVS

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
opteria Glassias

フロントページ(トップページ)


住所:〒180-0004 東京都武蔵野市
吉祥寺本町1-11-21せのおビル1F
TEL:0422-21-6755
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

修理という引き出し。

以前にメーカーさんとお話ししていたら、日本のフレームはオーヴァースペックで

壊れない、だから、なかなかユーザーが新調しない。だからもっとやわに作るべきと、

堂々と持論を訴えている方がいらっしゃいました。

 

もしもこの言葉を真に受けて、日本製がすぐ壊れるなんて風評が広まったら

どうなるのでしょう?答えは誰でもわかりますね。

 

誰も日本製を買わなくなります。中国製よりも高い、でも丈夫さという尺度で

見れば中国製も日本製も変わらない。もしもこんな状況に陥ってしまったとしたら?

 

日本の眼鏡の主要な産地は福井県、鯖江市ですが、その産地の崩壊を間違いなく招くでしょう。

 

冒頭の壊れやすい方が云々というご主張には、まるで消費者目線も、

その商品を扱う小売店目線も入っていないと言えるでしょう。

 

要は自分の売り上げを上げる為に、悪魔と契約を結んでいるように僕に見えます。

だって、人の故障という不幸を招きやすいプロダクトを確信犯的に作るなんて。

まともな発想とは僕には到底思えないのです。

 

何故海外でランドクルーザーの人気があるのでしょう?

それは壊れにくいからです。また日本製のプロダクトに対しては

未だに根強く高品質というイメージが存在しています。

 

壊れにくい商品を作る事が日本の物づくり文化を守る為にも必須である。

ここまでは良いと思いますし、議論の余地はありません。

 

では、どんなに頑丈に作っても、それでも壊れる時は壊れます。

そして、それを修理するのと、新調して頂くのとどちらが消費者の為になるでしょうか?

 

因みに、小売店にとっては新調してもらった方が良いに決まっていると思っている方

いらっしゃいますか?僕は違うと思います。僕は、いえ、僕のお店は極力良い物を

売りたいと願っています。良い物はメンテナンスしながら長く使って欲しいと僕は思います。

 

そうすると、眼鏡一本を長く使って、そして壊れたら新調する。

 

この流れがあるとすると、壊れてから、新調するまではそのお客様はどうするのでしょう?

 

ひたすら耐える。それも正解かもしれませんが、我慢にも程がありますよね。

 

ですから、新調するまでの数日間、何とか使用に耐えるだけの強度を持たせる修理は

出来ないものか?僕はずっと思っていました。簡単に言えば、金属が折れてしまったら

溶接をすれば良い。プラスティックが切れてしまったら、それをつないであげたい。

 

こんな思いでいたのですが、プラスティックは何とかくっつく程度には修理出来ていましたが、

金属をくっつける溶接に関してはノータッチでした。

 

それを先日のセミナーでパリミキの崎谷先生という方に教わってきました。

先生の修理は神業と言えるような仕上がりで、数日間の使用に耐えるなんてレベルでは

なく、ちゃんと使えるレベルでした。一方僕には、まだその技も経験もありませんが、

それでも何とか使えるレベルまでは、一日のセミナーでその方法を覚えてきました。

 

その為、今後は、自店でお店の状況によっては即日修理も可能になりました事を

報告させて頂きます。

 

僕は、眼鏡屋さんに求められるスキルって様々で、例えば、

 

検査、加工、フィッティング、レンズ知識、フレームに対する知識、ファッション提案力

 

等、多岐にわたると思っていましたが、もう一項目増えました。

それが修理であり、溶接です。いつかこの修理という分野でも

崎谷先生の様に感動を与えられる職人を目指したいと思います。

 

残念ですが、今は産み立てほやほやの卵状態ですが、まずはひよこを

目指して頑張りたいと思います。今は卵でも、卵すら無かった以前の自分にとっては

大いなる一歩前進と言えるでしょう。

 

ではまた明日。

 

$RW3SYVS

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
opteria Glassias

フロントページ(トップページ)


住所:〒180-0004 東京都武蔵野市
吉祥寺本町1-11-21せのおビル1F
TEL:0422-21-6755
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

メガネに関するお役立ちコラムや吉祥寺にあるお店の営業のご案内、最新情報をご案内しております

吉祥寺のオプテリアグラシアスのNEWSでは、最新の営業スケジュールや最新のサービスのご案内、オススメのブランドやフレームの情報をご紹介しております。定休日や臨時休業のご案内もしておりますので、ご予約前にご確認ください。
コラムではメガネデザイナーによるフレーム選びやレンズ選び、機能性と美容性を同時に追求するためのアドバイスをご提供しております。選び方にお悩みの方も失敗したご経験がある方も、視力矯正が初めての方もぜひご参考になさってください。
吉祥寺のオプテリアグラシアスではご予約制にて、じっくりとお時間をかけてフレームやレンズ選び、視力矯正のための充実の検査と快適に使うためのフィッティングをご提供しておりますので、ぜひ一度ご来店ください。

WEBショップカード

オプテリアグラシアスオリジナルブランド PRIORITY SEETS

ウルトラセブン×BLACK ICE

contact_banner