ブラウン症候群の女の子

来店ご予約

BLOG

ブラウン症候群の女の子

2020/09/06

こんにちは、今朝の体重は76.2キロ。

うん、戻り方は順調すぎるくらいに順調ね~♪

 

今朝のYouTube動画チャンネル登録者数は289人。

300目前でここからじれったい感じです。

 

お蔭様で動画も40本を超えてきたので

そろそろ本格的にYouTube動画チャンネル「買いたい新書」も

プロモートしていこうと思っています。

 

YouTube動画チャンネルで登録者数増やすって

ただ動画作ればバズるってことも勿論ありますけど、

実際にはそんなに甘くなくて、本当に戦略的にやらないと

チャンネル登録者数は獲得できないのだと、少なくとも小っちゃい業界の

中小零細眼鏡店、店主は思うのであ~る。

 

さて昨日はブラウン症候群の女の子に関してご相談。

ブラウン症候群とは、ネットでぐぐってきますね。

 

ブラウン症候群:

「はじめに」

Brown症候群とは、上斜筋の一部が伸びにくくなった状態です。

「原因」

原因は先天性と後天性に大きく分けられます。
先天性では、上斜筋腱自体が短いか、動きが悪いことが原因と考えられています。生まれつきではない場合(後天性)の原因としては、眼の周りの手術によるもの、炎症性の病気(関節リウマチや甲状腺外眼筋炎など)によるもの、感染性(副鼻腔感染症など)、けがのなおりが悪かったため(外傷性)、その他(滑車部の腫瘍など)などが報告されています。

「症状」

目が内側の上側を向きにくくなる(内上転制限)ため、それを避けるように顔を回したり、顎を挙げたりしてものをみる癖が出現します。横を向いたときに片目だけ上下にずれるのが目立つ方もいます。後天性の場合には、ものが2つに見える(複視)こともあります。

「診断」

眼球運動検査、眼位検査などで内上転制限を確認します。また、上斜筋の伸展障害を確認するためのひっぱり試験、筋電図検査や画像検査などを行い総合的に診断します。ひっぱり試験とは、眼球をつまんで動かし、外眼筋の異常を調べる検査です。

「治療・管理」

先天性では自然に改善する(自然軽快)こともあります。後天性での自然軽快は原因となった病気の経過によります。Brown症候群の原因はさまざまなので、治療として経過観察、原因となった病気の治療、手術などを必要に応じて選択します。(出典:こちらのサイト )

 

なんとなく理解出来ましたでしょうか?

6才の時に手術をして、その後経過は良好だけれども、

斜頸が目立ち、更に側弯症だと診断もされてしまったという事です。

 

本blogでブラウン症候群について解説したかどうかは忘れてしまったので、

再度のレポートだとしたらごめんなさい。

 

先ずは流れからいきましょう。

 

①何らかの理由で目が上下にずれる。(ずれる理由は色々考えられるので、ここでは割愛)

②そのずれを打ち消そうとしたり、更にずれを大きくして抑制させる為に、首を傾むける人がいます。

=斜頸の発生

③斜頸が発生すると背骨が曲がります。正面からみてS字状になると理解してください。

=側弯症の発生

④側弯症が長く続くと次は腰痛が始まります。

⑤腰痛が始まり、腰をかばうと膝が痛みだします。

 

この様に目から始まった体の不具合は、全身に及ぶという事を理解して欲しいのです。

今回は上下斜位(上下斜視ではない)が発生していたのでそれを矯正してあげる状態を

作るとみるみる斜頸は改善されます。また巻き肩が気になっていたので、それの姿勢の本来の位置を

アドヴァイス、立ち方は悪く無かったのでまずは肩の前後方向の位置を改善しました。

 

またブラウン症候群と関係あるのかないのか分かりませんが、

今回はピントの調節に難がある方でした。その為今回は遠近両用レンズで提案しました。

 

従って今回お作りするレンズには

①近視

②乱視

③上下プリズム

④ピントの調節をサポートする度数(近視の矯正が弱い部分をレンズ下部につけるレンズ)

 

過去の事例では寄り眼が上手くいかない子でピントの調節が上手く機能していない方は

いらっしゃいましたが、どちらかというと寄り眼気味に見る癖のある内斜位の子が

ピントが上手く合わせられないことに驚きました。レアケースと言えます。

 

それではまたこのblogでお会いしましょう。

コロナなんかに分断されてたまるか

今日の世界のコロナ

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。