斜視はスマホの使い過ぎも原因?その他にも考えられる影響と対策としてのプリズム眼鏡

斜視はスマホの使い過ぎも原因?その他にも考えられる影響と対策としてのプリズム眼鏡

スマホの使い過ぎを原因とする斜視でお悩みの方は、決して珍しくありません。斜視だけでも日常生活に様々な影響が考えられますが、中には「もしかして斜視以外の不調もスマホの使い過ぎが原因では…?」という疑問をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか?実は、スマホの使い過ぎによるリスクとして、私たちが思っている以上に多くの事が挙げられます。どのようなリスクがあるのか、opteria Glassiasが眼鏡販売店として出来るご提案とあわせて紹介します。

スマホの使い過ぎでなぜ斜視になるのか?注目すべきはレンズの向きを調節する筋肉

スマホの使い過ぎでなぜ斜視になるのか?注目すべきはレンズの向きを調節する筋肉

斜視になってしまう原因として、眼球を動かす筋肉も注目すべき事の1つです。目は近くを見たり遠くを見たりする際に、筋肉が眼球を動かす事によって視線を調節しています。目は良くカメラの構造に例えられますが、レンズをどこに向けるのか筋肉が微調整を行っているのです。

スマホを見る時は寄り目になりがちのため、片方の目が内側に向いている内斜視のリスクが特に高くなると言われています。普段スマホを見る時、私たちは通常よりも手元に引き寄せて見ています。

小さな画面を手元で長時間見続ける動作の繰り返しによって、レンズの向きが固定化し筋肉がかたまってしまう…というのは十分に考えられることではないでしょうか?例えば、法事など長時間正座し続けると、立ち上がる時に全身の筋肉が硬直してしまいます。

斜視もそれと同じで、スマホを見る時間が長ければ長いほど眼球を動かす筋肉が硬直し、斜視のリスクが高まってしまうのです。

スマホの使い過ぎによる不調は斜視だけではない!?

スマホの使い過ぎによる不調は斜視だけではない!?

度を超えたスマホの使用による影響は、斜視だけでなく体全体に影響を及ぼす事が考えられます。その中でも特に大きな影響の1つとして姿勢は見逃せません。

正しい姿勢とは、耳と肩を結んだ線が垂直に交わっている、つまり首の上に頭が真っすぐ乗っている状態で、背骨はきれいなS字カーブを描いています。しかし、スマホを見ている時は猫背になりがちなので、首の骨・背骨・頭の位置がずれた状態です。この状態では背骨と首の骨が重い頭を上手に支える事が出来ません。

また、スマホを見る事で猫背、寄り目の状態が長く続き、「斜視になりやすい」「体が歪む」悪循環に陥ってしまう事も十分考えられるのではないでしょうか。さらに、猫背の状態とは、胸の部分が圧迫されているという事。つまり、心臓や肺も圧迫されている状態なので、呼吸や血液の循環がしづらくなる事もあり得ます。

加えて、発音への影響も指摘されています。猫背の状態=顎が前に出がちになので、表情筋が常に引っ張られている状態です。そのため、「い」が発音しにくくなる傾向が最近になって報告されています。特に若い世代で下記のような発音の変化があるようです。

  • 「めいじ(明治)」→「めえじ」
  • 「へいせい(平成)」→「へーせー」
  • 「れいわ(令和)」→「れえわ」
  • 「いいだし(飯田市)」→「いーだし」
  • 「きいた(聞いた)」→「きーた」

スマホの使い過ぎによる斜視対策 プリズム眼鏡という選択肢

斜視の方がものを見る時、両目の視線が合わないため2重に見えたり、通常よりも目が疲れやすかったり…といった事が考えらえます。プリズム眼鏡は両目の視線のずれををレンズで調節する眼鏡です。

プリズムとは、三角柱の形をした透明なガラスの事。理科の実験などで光の屈折や光の色を可視化するために使われます。ガラスの他にも水晶やアクリルが材質になる事もあるようです。プリズム眼鏡はこの屈折を利用して、斜視の方の視界を調節出来る眼鏡です。レンズの両サイドで厚みが違うため、横から見るとちょうど三角形の形になります。実際にかけてみるとプリズムと同じ原理で屈折が起こるので、ものが正しい位置にあるように見えます。

プリズム眼鏡に関するopteria Glassiasの考え方はこちら

視力が弱く斜視にもお悩みの方は、両眼視が出来るようプリズム眼鏡を選択肢に加えてみてはいかがでしょうか?opteria Glassiasでもお客様の目の状態によって、プリズム眼鏡をご提案させて頂く事が出来ます。

opteria Glassiasによるプリズム眼鏡のご提案事例はこちら

スマホの使い過ぎによる斜視 opteria Glassiasが眼鏡屋として出来る事

スマホの使い過ぎは、体の歪みや呼吸、発音に至るまで様々な影響を私たちに与えています。もちろん、斜視もその中で見逃せない影響の1つです。眼鏡で斜視対策をしたい、プリズム眼鏡を選択肢に加えたいとの事でしたら、opteria Glassiasへお気軽にご相談下さい。

opteria Glassiasの特徴は、「カフェでコーヒーを楽しむように眼鏡を選ぶ」コンセプトのもと、通常よりも長い時間をかけて目の検査を行う事。最適な眼鏡選びに必要な情報をより多くそろえた上でご提案しますので、安いだけの眼鏡に満足できない方も安心してお任せ下さい。

スマホによる斜視対策をお考えならopteria Glassiasへ

会社名 有限会社 ojim(オジム)
店舗名 opteria Glassias
代表取締役 伊藤 次郎
設立 平成16年12月7日
資本金 3.000.000円
住所 〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町1丁目11−21 せのおビル1F
TEL 0422-21-6755
FAX 0422-21-6755
URL https://opteria-glassias.jp/
主要取引銀行 多摩信用金庫 吉祥寺支店
主な事業内容
  • メガネ及び同部品の製造、輸出入、販売。
  • メガネの装飾品の製作、輸出入、販売。
  • メガネのディスプレィの製作、輸出入、販売。
  • 日用品雑貨の仕入れ、輸出入、販売。
  • 飲食店の経営。
  • 食品の販売。
  • 上記各号に附帯する一切の業務
主要取引先
  • HOYA株式会社
  • 名古屋眼鏡株式会社
  • 増永眼鏡株式会社
  • タレックス光学工業株式会社
最寄駅 JR中央線 吉祥寺駅 中央北口より徒歩7分程
営業時間 11:00~21:00
平日のご予約 土日祝祭日以外は全日ご予約優先日とさせていただいております。
優先日

ご予約の入って無い状態では、フリーで入店出来ますが、

枠が埋まっている場合には鍵がかかっておりますので、その点ご容赦下さい。

土日祝祭日

店内混雑が予想されますので、午前中や夕方以降にずらしてご来店いただければ

比較的ゆっくりとご覧になれます。

定休日
水曜日

(年末年始、お盆、それ以外でも、海外仕入れ等で不定期でお休み頂く場合がございます。

その日程は当ホームページで案内致します。)

WEBショップカード

オプテリアグラシアスオリジナルブランド PRIORITY SEETS

ウルトラセブン×BLACK ICE

contact_banner