メガネが寿命かな?と思ったら買い替えの相談を!~メガネの寿命と修理の注意点~

メガネが寿命かな?と思ったら買い替えの相談を!~メガネの寿命と修理の注意点~

一度購入したメガネを長年使用している方もいらっしゃるはずですが、メガネにも寿命があるのをご存知でしょうか?メガネの寿命を知り、正しい時期に買い替える事でより良い視生活を送る事が出来ます。下記ではメガネの寿命ついてご説明するとともに、買い替えのタイミング、修理を行う場合の注意点をご紹介します。

メガネに寿命はあるの???

眼鏡の寿命を考える男性

メガネはレンズとフレームそれぞれに寿命がありますが、品質や使い方、種類によって異なってきます。

レンズの寿命について

メガネレンズにはプラスチックレンズとガラスレンズがあります。プラスチックレンズは2~3年、ガラスレンズは3年以上が一般的な寿命です。寿命の主な理由として紫外線や熱、水分などの吸収によってレンズ自体の色が変色してしまう経年変化が挙げられます。

経年変化は正しい取り扱い方法を守っていても起こるものだからこそ、どうしても寿命がきてしまうのです。ガラスレンズはプラスチックレンズに比べて、経年変化しづらいため寿命も長くなります。しかし、どちらにしても誤った取り扱い方をしていると寿命を早めてしまうので、日頃から注意が必要です。

フレームの寿命について

メガネのフレームは素材や形状によって寿命が異なります。手頃な価格で購入出来るプラスチックフレームは3年程でキズや色あせが目立つようになり、買い替えを検討する方も多いです。一方で、メタルフレームなど強度の高い素材は正しいメンテナンスを行う事で10年以上使用する事が出来ます。

形状に関しては、フレームがないリムレスタイプが最も寿命が短いと言われていて、逆にレンズ全体をフレームで覆う形のスクエアタイプやウェリントンタイプは寿命が長いと言われています。寿命を過ぎたメガネを使い続けると目に負担がかかってしまいます。そうならないためにも寿命かな?と思ったら買い替えをご検討下さい。

頭痛やめまいなどはメガネの寿命が原因?

メガネを買い替えるタイミングとは

肩こりで眼鏡の男性

メガネを買い替えるタイミングはレンズ・フレームの寿命以外にも多数あります。下記では代表的な例をご紹介します。

見えづらくなってきた

以前より物が見づらくなってきた場合は、視力の低下によって度数が合わなくなっている可能性が考えられます。度数が合っていないメガネを使い続けると目の負担も大きくなります。頭痛や肩こりなどの体調不良に繋がる可能性もあるので早めに買い替えを検討しましょう。

使用環境の変化

メガネは使用環境に合わせて度数を設定します。例えば、パソコンで仕事をする方は近くが良く見えるように、車の運転をする方はより遠くが見やすくなるように度数を選びます。

そのため使用環境に合っていない度数だと目に負荷がかかってしまうのです。目の疲れを溜めないためにも使用環境が変化に合わせてメガネを使い分けましょう。

レンズのキズが目立つ

レンズのキズが目立ってきた場合も買い替えを検討しましょう。レンズにキズやクラックがついている状態では、光が乱反射してしまい見えづらくなってしまいますし、コートが剥がれる原因でもあります。

フレームが歪んでいる

フレームが歪んでいると、目とレンズの角度がずれてきてしまいます。その場合度数に問題がなくても目に疲労が溜まってしまいます。鼻あてがずれている場合は、鼻あての交換のみで対応可能です。吉祥寺のopteria Glassiasではメガネの買い替えに関するご相談に対応しています。サイトではメガネ購入に関するQ&Aをご紹介していますので、そちらも是非ご覧下さい。

メガネ修理の注意点

メガネを買い替えないといけないかな?と思った場合でも、状態によっては買い替えではなく修理で対応出来る場合があります。まずは、一度メガネ店に破損したメガネを持っていき相談しましょう。破損している場合は、無理に自分で直そうとしないようにして下さい。自分で直そうとした結果修理が出来なくなってしまう可能性もあります。

例えば、応急処置として瞬間接着剤を使用してフレームを繋いでしまうのもNGです。修理の際に余分な手間が発生したり、レンズやフレームにキズがついてしまったりするおそれがあります。また、修理を依頼する際には出来る限り、メガネを購入した店に持っていきましょう。自社で取り扱っていない商品の場合は、修理不可の場合もあります。販売店にいけない場合は、事前に他店で購入したメガネの修理に対応しているか確認して来店して下さい。

吉祥寺のopteria Glassiasでは、長く使用出来る高品質なメガネを販売しています。メガネフレームのメンテナンスも行っておりますので、是非ご利用下さい。

寿命を長いメガネを提供!買い替えの相談はopteria Glassiasへ

メガネの寿命と買い替えのタイミング、メガネ修理時の注意点をご紹介しました。opteria Glassiasでは、一人ひとりに合った高品質なメガネを提供します。

また、フレームを変えない、度数を変えないという条件を満たす事で利用出来る、レンズ交換永久半額保証サービスを行っていますので、気に入ったメガネを長く使用したいという方にも最適です。メガネに関するご質問は随時承っていますので、まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

メガネの寿命で買い替えをご希望の方はopteria Glassiasへ

会社名 有限会社 ojim(オジム)
店舗名 opteria Glassias
代表取締役 伊藤 次郎
設立 平成16年12月7日
資本金 3.000.000円
住所 〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町1丁目11−21 せのおビル1F
TEL 0422-21-6755
FAX 0422-21-6755
URL https://opteria-glassias.jp/
主要取引銀行 多摩信用金庫 吉祥寺支店
主な事業内容
  • メガネ及び同部品の製造、輸出入、販売。
  • メガネの装飾品の製作、輸出入、販売。
  • メガネのディスプレィの製作、輸出入、販売。
  • 日用品雑貨の仕入れ、輸出入、販売。
  • 飲食店の経営。
  • 食品の販売。
  • 上記各号に附帯する一切の業務
主要取引先
  • HOYA株式会社
  • 名古屋眼鏡株式会社
  • 増永眼鏡株式会社
  • タレックス光学工業株式会社
最寄駅 JR中央線 吉祥寺駅 中央北口より徒歩7分程
営業時間 11:00~21:00
平日のご予約 土日祝祭日以外は全日ご予約優先日とさせていただいております。
優先日

ご予約の入って無い状態では、フリーで入店出来ますが、

枠が埋まっている場合には鍵がかかっておりますので、その点ご容赦下さい。

土日祝祭日

店内混雑が予想されますので、午前中や夕方以降にずらしてご来店いただければ

比較的ゆっくりとご覧になれます。

定休日
水曜日

(年末年始、お盆、それ以外でも、海外仕入れ等で不定期でお休み頂く場合がございます。

その日程は当ホームページで案内致します。)

WEBショップカード

オプテリアグラシアスオリジナルブランド PRIORITY SEETS

ウルトラセブン×BLACK ICE

contact_banner