2018年11月

プリズムにまつわる負の歴史。

昨日のblog

 

一昨日のblog

 

に続けてプリズム三部作が堂々完成致します!!!!

 

っという訳で今日はプリズムにまつわる負の歴史、

プリズムが普及しなかった過去の経緯をご説明します。

 

またプリズムに否定的なコメントやblog記事も散見しますので、

それについても簡易に解説します。

 

少なくとも今の日本では間違った知識が世間では蔓延っていたりします。

そしてそんな情報元が眼鏡屋さん、なんてパターンもあるのですが、

その情報ソースが自身の体験に基づくのか、もしもご自身の体験なら

何百、何千の処方事例から、その結論に導いたのか?

 

そこを見極める必要があります。中には本や参考書で聞きかじっただけで

ご自身の体験であるかの様にプリズムの危険性やネガティブな情報を

垂れ流しているケースも僕に言わせればあります。

 

更に言えば、プリズムという度数を普段から入れて眼鏡を作成している

お店さんは明らかに少数派、マイノリティーと言っても差支えないと思います。

それなのに、プリズムはイコール気持ち悪いだけ、とかご自身の体験だけを元に

結論めいたことを言うのは正確な情報を消費者に届けるという観点からは

逸脱しているとも言えます。

 

ただし、今日本でプリズムが普及しなかった時期、何度もトライ&エラーを

していて、それでも普及に至らなかった時期があるのもこれまた純然たる

事実です。つまり何十年も前の日本におけるプリズム処方黎明期に

プリズムはダメだと結論づけられてもしょうがない程に

 

クレームの嵐だった時期があったのです。

 

これが業界全体でアンチプリズムという派閥を生み出した根源でもあるのですが、

少しだけ時代を遡ると、日本にプリズム処方のノウハウを伝えた伝道師とも

言える方がハウゼ(ハーゼ)先生というドイツ人の先生なのですが、

 

そのお方が持ってきたシステムや検査理論を

日本は当初そのまま持ってこようとしました。

 

結論を先に言えば、「だから」駄目だったと僕は推察します。

 

ただし先生の名誉のためにも、弁解すれば、人は他者の失敗を見て、

それを参考にして一歩前進出来ます。つまり先生の失敗(敢えて言いきりますが)

は無駄ではなく、それを考慮し反省し、その後も日本ではドイツ式検眼を

普及させようと尽力した方々が一定数いらっしゃいました。

 

新宿三法堂のA社長、

 

そして元カールツアイスにいらした故南沢先生もその一人です。

 

そして僕は、その先生方の弟子のひとりに過ぎないのですが、

僕は少なくともこの検査理論であり、プリズム処方で救われた一人なのですが、

そういった意味で僕はこの検査理論を普及させることが僕のライフワークでも

あるのです。教わった先生に対する恩返しの意味も勿論ありますが、

 

一人でも多くの消費者の方々に手を差し伸べ、良好な視環境を提供できるように

業界の構造そのものの改革までが僕のライフワークだとも思っています。

 

決して検査理論の普及で満足してはいけないということです。

 

少し話を戻します。僕はドイツ式のシステムをそのまま日本に導入しようとした、

だから失敗したと推論であることを承知しながらも言いきりました。

 

では何故ドイツ式をそのまま日本に輸入してはいけないのでしょう?

 

それは

 

先ず、正視遠視系の多いヨーロッパと

 

近視大国の日本という民族の差異による、屈折異常の傾向の差が

プリズムという処方度数の必要性に対する差にも繋がってきます。

 

人間の多くが、死亡時、気絶時には眼が外に開く反り目だと

一昨日の記事で説明しました。それはドイツ人でも日本人でも

差異はありません。

 

ですが

 

ドイツ人=正視/遠視系

 

日本人=近視系

 

という差異があります。

 

すると

 

僕は勉強会でも力説しているのですが、

 

遠視の外斜位は近視系に比してプリズムを欲しがる、

それはこういう風に言いかえることも出来ます。

 

遠視系の方が近視系に比してプリズム処方が有効だ。

 

とも言えるのです。

 

ハウゼ先生がそれにどこまで気づいていたのか、気づいて

いなかったのか、今となってはお聞きすることはかなわず、

真相は闇の中ですが、近視系の方の方がプリズムの必要性が

遠視に比べて少ないと言えます。

 

ですから、近視系の方にも闇雲にプリズムを入れると

クレームが発生するのです。

 

「こんなの気持ち悪いよ、違和感が凄い。」

 

と消費者はたまらずレンズ交換を迫り、せっかく新しいドイツ式検眼を

勉強し、それを消費者にサービスしたいと願った眼鏡士の方々の志は

ぽきっと音を立てて折れ崩れていったのです。

 

次に、これは難しいですよ。

 

先生は一部融像除去眼位の測定値、それを斜位量と定義付け、

そのずれは全てプリズムで賄いなさいと指導されたそうです。

これは複数名の方からお聞きしましたので間違いないと思います。

 

先生の指導した方法は偏光板という器具を用いるポラテストと言いますが、

この偏光板の十字視標という視標を使って測定された測定結果をそのまま入れると

一時的に視力が大きく落ちるケースが僕が検査しても散見されます。

 

ですから、その後ドイツ式を日本で普及させようと尽力した先生方は

一部融像除去眼位での測定値をそのまま入れて眼鏡に作るのでなく、

 

遠視外斜位ならその 7割

 

近視外斜位ならその 5割

 

この様に新しい指針を作りました。

この効果で僕の様な13年前のずぶの素人だった僕でも

プリズム処方で喜んで頂ける環境が出来たのです。

 

次に問題点は資格の問題です。

 

ドイツではマイスター制度という国家資格が整備されています。

きちんと勉強した人だけがマイスターを名乗れるのですが、

日本にはそういった制度がありません。

 

辛うじて、業界内資格である認定眼鏡士制度がありますが、

それは国家資格に比べて権威付けという意味では程遠いと言えるでしょう。

 

そう、僕ら日本の眼鏡士は権威が無いのです。

ですから僕らの発する言葉の多くは信用が無ければ

ただの戯言に過ぎないと理解してください。

 

そんな状態で、

 

眼鏡をお渡しした時に消費者の方々が猛烈な違和感を感じたとします。

そこで本来僕らはこう言いたいのです。

 

「私が検査したから間違いない。しばらく慣らして使って見て、

その上でご判断ください。」

 

若しもこういったとしましょう。すると顧客はこう感じます。

 

「お前は何者だ?」

 

となってしまいます。つまり僕らは消費者から信頼を得るだけの

バックボーンが無い、そんな状態で多かれ少なかれ違和感が発生する

プリズム処方は普及させようとしても、

到底無理、僕でさえそう感じてしまいます。

増してや今の日本は業界に対する不信感で満たされていると

言っても過言ではありません。

そんな状況では、先ずは僕らの言葉を信用してくれる

信頼関係の構築こそが優先事項になります。

 

まだ続きます。

 

まだディスカウンターが参入する前の時代、僕らの先輩方は、

 

御用達の商売をしていました。

 

お医者様ではありませんが、それでも私に任せて頂ければ、大丈夫。

あなたはレンズの事も何も勉強しなくてよいですよ。

 

と自分の持っている知識を消費者に与えずにむしろ無知な消費者の

方が有難いとすら思っている眼鏡士もいました。

 

これがのちのディスカウンター参入後の一気のシェア逆転に繋がりますが、

今日はそんな話ではありません。

 

つまり予備知識を与えて、かつ、いい訳ではなく、先手をうって

 

「今回お作りする眼鏡はあなたの眼の機能を高める為にプリズムという

度数が今までの度数に加えて作られています。このプリズムという度数は

慣れると様々な効果がありますが、一方掛け始めには違和感を伴います。

ですから慣らしは慎重に、かつそれをある程度覚悟しておいてほしいのです。」

 

とガイドしておけば、消費者も安心します。

 

このガイド、いや一言が無かった為に多くの消費者が面食らったとも言えるでしょう。

 

まだ続きます。

 

先ほどの資格の話にも繋がりますが、

 

このプリズムという度数を普及させようとした時に多くは眼鏡店を

中心に普及活動をしました。

 

ですが、日本の眼鏡業界の権威は眼科医の先生方です。

それは紛れもない事実なのですが、

 

こんな事例が頻発しました。

 

プリズムを入れた眼鏡をお作りします。

 

すると消費者が違和感に驚きます。

 

お店に相談しに来てくれれば良いのですが、

日本の権威である近くの眼科医に相談に行くケースも当然あるでしょう。

 

すると眼科医の先生の多くはプリズムに精通している訳でもありませんし、

増してやドイツ式の検眼法なんてご存知ないのです。

 

するとその先生方はこう仰います。

 

「この眼鏡はあなたにあっていない。」

 

すると消費者は憤慨します。

 

「あっていない眼鏡を作られた。ふざけるな、処方箋を書いてもらった

から作り直ししろと激怒してお店に来られるのです。」

 

権威である眼科医の先生にそう言われては僕らは返す言葉がありません。

ですから僕らは慣らしの過程云々という説明すらできずに

レンズ交換するのです。

 

これでは一切普及しませんね。

増してや新しい検査理論を取り入れようと

モチベーションには一切なりません。

 

本来は

 

このドイツ式検眼を日本で普及させようと思えば、

先ずは眼科医を動かさなくてはいけないのですが、

残念ながら、この日本では屈折矯正軽視の行政的な

方針があり診療報酬の配分が低いのですから、

精密な検査をしている暇も眼科医の先生方にはありませんでした。

 

ですから今ドイツ式ベースで検査をしている眼科医の先生を

僕は知りませんし、ドイツ式を謡っている人の多くは眼鏡屋さんだと思います。

 

本来は眼科医や眼鏡士の数だけ見解の相違がある。これが正しい知識だと

僕は思いますが、消費者の方々にその考えが無ければ、

権威の先生のお言葉を当然の様に優先しますし、それも無理はありません。

 

この様に複合的な要因で日本はプリズム処方は過去にダメだと決論づけられた

時期があったことも正直にお伝えしますね。

 

あくまでも、それでもこのプリズムという度数に興味を持つかどうかは、

勿論皆様に委ねますが、その前に何故ネットを中心にプリズムに批判的な人が一定数いるのか、

その疑問にお応えしたいなと思い今日の記事を書いてみました。

 

今日の記事の初っ端に、

 

三部作完成と言いきりましたが、書き終えませんでした。

明日は

 

「プリズムに対する誤解。」

 

に関して解説してみたいと思います。

 

それではまたこのblogでお会いしましょう。

 

g-08-01

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

opteria Glassias
https://opteria-glassias.jp/
住所:〒180-0004 東京都武蔵野市
吉祥寺本町1-11-21せのおビル1F
TEL:0422-21-6755
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

プリズムのマイナスの効果。

昨日のblog

 

ではプリズムを入れると判断した場合にはプラスの効果があると

見込んだ際には入れていて、その比率がおよそ73%だと申し上げました。

 

昨日の記事だけを見ると良いことばかりの様に思えますが、

そんな甘い話がある訳ありません。

 

ではプリズムのネガを炙り出してみましょう。

 

先ずはネガとも言えないネガティブな一面、

 

①プリズムを入れて眼鏡を作ろうとすると特注料金が発生します。

少なくともうちのお店では100%プリズム特注料を頂いています。

従って安く作りたいという方にはお薦めしませんね。

 

②厚みが増す。うちのお店でプリズムを入れて眼鏡を作る場合には、

ベースインと言って外に眼がずれる人に対して入れるプリズム98%の比率で入れていますが、

逆に内斜位の矯正は2%程。圧倒的に外斜位の方が多いと理解してください。

そしてベースインに入れた場合にはレンズの耳側と鼻側の両サイドのうち

鼻側だけが厚くなります。厚く重たくなるとも言えますが、

弱い矯正度合いであれば、当然のその影響も軽微と言えます。

 

③対応出来るレンズが限られる場合もある。多くのレンズが片目に3プリズム程度の

量しか入れられず、それより強くなると更に特注料が発生したり、

特殊なレンズでないとそもそも作れない可能性もあります。

例えば両面非球面レンズで強度のプリズムというのは、その度合いにもよりますが、

強度になればなる程に、お作り出来なくなる確率が高くなる。これは覚えておいても良いでしょう。

 

ではもっと深刻なネガティブな要素も公平にご紹介しましょう。

 

④多くのケースで慣らしの必要性が増す。言い換えれば掛け始めの違和感が

強く出るケースが多いのです。少し想像してみて欲しいのですが、プリズムを入れると

眼の位置が動きます。それはベースインに入れれば外側に、ベースアウトに入れれば

内側にずれて最高のパフォーマンスを発揮します。

その度合いは1△(プリズム)に対して0.25mm眼が内や外にずれるのです。

でも人はプリズム入り眼鏡を掛けた瞬間に

 

「プリズムを1△入れたから0.25mm、外に動かそう。」

 

と意識的には動かせないのです。

ですから最初はぼやけて見えたりする人もいますし。

ベースインに入れると床が盛り上がって見えたりします。

 

この感覚のずれがどうしても慣れないという方も弊店でも

1%に満たない程にいらっしゃいますが、その場合には狙った

度数より更に弱いプリズム度数から慣らしのハードルを下げるように

再作成すると殆どの方に慣れて頂きます。

 

昨日説明したようにプリズムを入れると眼や体、更には場合によっては

心にもプラスの効果があるので、その効果を得たいと強く思う人程に

強い違和感にも慣れられます。

 

つまり、

 

改善したいという意欲に比例して、

慣らしのハードルもあげられると言い換えられます。

 

逆を言えば、何も困っていない人、特に体調を改善する

必要性を感じていない方にこのプリズムという度数は

無用の長物ともなります。そこは気をつけたいですね。

 

⑤依存性があり、他のメガネとの兼用やコンタクト、裸眼の状態を

ストレスと感じて、プリズムメガネを常用したくなる可能性もあります。

これも100%そうだとは言えないのですが、自身の体験を元にしても

メガネを忘れて裸眼で一日いると頭痛がしたりすることもありました。

 

ありましたと過去形なのは、僕はプリズムメガネと出会って13年程なのですが、

当初よりも随分裸眼で耐えられる時間が長くなりました。これが何故そうなったのか?

実は僕自身も分析出来ていません。単純に慣れの問題なのか、

それとも加齢とともに、良い意味で鈍感になったのか。

僕が考えられるのはその程度です。

 

ともかく、メガネのヘヴィーユーザーで何十本もメガネをお持ちの方が

一本だけプリズムを入れると他のメガネが掛けたくなくなるか、

若しくはプリズムのメガネをたまに掛けるといつまで経っても慣れない。

そんなことが予想されますので、

 

一杯メガネをお持ちの方、

 

コンタクトと併用される方、

 

普段裸眼でたまに遠用眼鏡を掛ける方。

 

この三つの条件ではプリズム入れて、

 

他の眼鏡を全部プリズム入りに変えますか?

 

とか

 

コンタクトは諦めてメガネ常用にされますか?

 

とか、

 

若しくは裸眼は諦め眼鏡を常用しますか?

 

と僕は覚悟を迫るようにしています。

中途半端な気持ちでプリズムを入れるとか、興味本位だったら

止めた方が良いというのが、今の僕の正直な見解です。

 

今グラシアスは駆け込み寺みたいになっていて

困った人たちがご相談にいらっしゃるケースが多いんですが、

そんな方にとっては渡りに船かもしれませんが、

 

そんな覚悟もなく

 

カジュアルにお洒落な眼鏡を買いに来た、何て人には

積極的にはお薦めしないこともあるのです。

 

いかがですか?

 

僕らメガネ屋は困っている人にはお力になれるとは思いますが、

ついつい(親じゃないけど)親心からプリズムをお薦めしてしまうことが

ありますが、余計なお世話になることもあるのかもしれませんね。

どうかその点悪気はないのでご容赦頂きたいです。

 

でも意外と眼で困っている人って多いのですよ~。

 

そんな皆さんの困ったを解決するために、志の高い眼鏡屋さんが

集まってMOREという研究会を設立しました。

もしもお困りの方は是非、そちらのHPも覗いてみてくださいね。

 

MORE~快適眼鏡研究会~

 

それではまたこのblogでお会いしましょう。

 

g-05-02

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

opteria Glassias
https://opteria-glassias.jp/
住所:〒180-0004 東京都武蔵野市
吉祥寺本町1-11-21せのおビル1F
TEL:0422-21-6755
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

プリズムを正しく理解する。

グラシアスのお客様には直近では9割、もう少し長い期間でリサーチすると

73%の方に発注時にプリズムという度数を入れて眼鏡をお作りしています。

これが異例であり、業界では異端視すらされているというお話は

 

何度もこのblogでもお伝えしています。

 

そんなお店はなかなかないからです。

何故なかなかない、稀有と言っても良い存在に

グラシアスはなっているのでしょう?

 

その原因は複雑怪奇、本当に複合的な要因が絡み合って、

プリズムをそうそう眼鏡に入れるもんじゃないという考え方が

この業界で主流となっているからです。

 

では何故?

 

この文章を読んでいる方々も当然そう考えますよね?

 

少なくとも僕はこのプリズムという物を入れると判断した場合には

何かしらのプラスの効果があると判断した場合にプリズムを入れて

眼鏡をお作りします。ではプラスの効果とは?

 

というお話になりますね。

 

先ずはプリズムを入れる前提として

 

プリズムを入れると眼の機能が上がる。

若しくは、体調にプラスに働く。

 

こう見込んだ時に、プリズムを入れてその比率が

7~9割だと言っています。

 

プリズムを入れてどんな機能が上がり、

どんな体調にプラスの効果があるのでしょう?

 

これは諸説ある話であくまでも僕の見解は、

というようにご理解下さいね。

 

先ずはプリズムを入れるかどうかの大きな目安にしている

不定愁訴が三つあり、それを僕は三種の神器だと言っています。

 

それは

 

慢性的な頭痛/慢性的な肩こり/そして恒常的な眼精疲労です。

 

この三つが先ず始まり、それから体の各部位や器官に悪い影響を

与えるメカニズムが存在すると「僕は」思っています。

 

時に

 

顎に影響がでたり、

 

時に

 

耳にでたり。

 

はたまた時には

 

腰に行って悪戯したりするのです。

 

またここは踏み込んで良いのか非常にデリケートな分野ですが、

眼の奥で動眼神経と眼の筋肉は直結しています。

すると自律神経の不調とも密接にかかわっていることも

少しかじれば容易に予想がつきます。

 

自律神経失調症からうつ病になるなんてメカニズムがあれば、

眼鏡で心を整えるなんて元代表キャプテンのお言葉を借りるまでもなく

言えると思うのです。

 

ま、僕はプリズムを入れることで多くのケースでは

視力が改善するという手ごたえでゴーサインを出します。

何故プリズムを入れると眼の機能が上がるだけでなく、

視力まで改善するのでしょう?

 

これを一般消費者にお伝えするのは難解ですよ~。

 

ざっと一言で言ってみましょう。

 

人が左右の眼で捉えた画像を一つにまとめている。これは何となく分かりますよね?

そしてきっちり一つに重ね合わせる為に、人はあるゾーンを使ってモノをとらえています。

そのゾーンに入っていれば、人は物を単一に捉えることができます。

 

そのゾーンの範囲内で眼をフィルムで例えれば、均一に

その感度は分布していないのです。そして最高感度のある点が存在し、

両目ともにそのある点に焦点があっていればよいのですが、

 

実は意外と多くの方がそのある点、それを中心窩と言いますが、

その中心窩で結像出来ていないのです。

 

そして僕はプリズムでその中心窩に結像させることを目的とし、

更に言えば、中心窩に当てる為に眼を寄り眼にして人は見ていますが、

その寄り眼がストレス要因だと判断すればプリズムを入れて眼鏡をお作りしています。

 

そもそも遠くを見る為に人は寄り眼をしていますと言うと

驚きませんか?実は人って、気絶した時、死亡した時は眼が外に開くような

構造になっています。そしてその状態では物がダブって見えたり、立体視の

機能が上手く使えないので人は眼を反り目の状態から寄せて目線で平行線を

描くようにしています。

 

この反り目から平行線までの寄り眼にすらストレスが掛かる人がいて、

それはPCの普及期からスマフォの普及まで、激動の視環境の中で

更に寄り眼がストレス要因になっているとも言えます。

 

そしてその寄り眼がストレスフルになればなる程に

多くの人は、先ほど申し上げたゾーンの中で端にそれていく傾向に

あると「僕は」思っています。

 

ですからプリズムというレンズの必要性は、今後もスマフォの普及が

進めば進む程に寄り眼の必要性も増し、

それに伴いプリズムの必要性も増していくと僕は予想していますし、

実際に10年前に比して弊社のプリズムの処方比率も

 

50%→73%まで増えています。

 

この比率の変化イコール、眼の負担が増えたという証左でもないのですが、

増加傾向にあるとまでは言いきって良いでしょう。

 

この様に

 

皆様にとっては耳慣れない、プリズムという度数を加味した眼鏡は

今後も皆様にとっての必要性は増していくでしょう。

 

そして僕は、そのプリズムという度数の必要性と効果を

業界内、そして一般消費者、そのどちらにも説き、

理解を得ることがライフワークにもなっているのです。

 

いかがですか?

 

プリズムという度数を入れて眼鏡を作ったことのある人は

一般的にはマイノリティ、少数派だと思いますが、

先ずはご興味を持って頂き、そして体感がお店でも

出来ますので、是非、一度プリズムという度数を入れてた眼鏡を体感したいと

 

お店のご予約ページよりお申込みくださいね。

 

弊店ご予約ページ

 

それではまたこのblogでお会いしましょう。

 

g-09-01

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
opteria Glassias
https://opteria-glassias.jp/
住所:〒180-0004 東京都武蔵野市
吉祥寺本町1-11-21せのおビル1F
TEL:0422-21-6755
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

メガネに関するお役立ちコラムや吉祥寺にあるお店の営業のご案内、最新情報をご案内しております

吉祥寺のオプテリアグラシアスのNEWSでは、最新の営業スケジュールや最新のサービスのご案内、オススメのブランドやフレームの情報をご紹介しております。定休日や臨時休業のご案内もしておりますので、ご予約前にご確認ください。
コラムではメガネデザイナーによるフレーム選びやレンズ選び、機能性と美容性を同時に追求するためのアドバイスをご提供しております。選び方にお悩みの方も失敗したご経験がある方も、視力矯正が初めての方もぜひご参考になさってください。
吉祥寺のオプテリアグラシアスではご予約制にて、じっくりとお時間をかけてフレームやレンズ選び、視力矯正のための充実の検査と快適に使うためのフィッティングをご提供しておりますので、ぜひ一度ご来店ください。

WEBショップカード

オプテリアグラシアスオリジナルブランド PRIORITY SEETS

ウルトラセブン×BLACK ICE

contact_banner