2018年

眼鏡レンズで斜視を矯正する近未来の地球。

今日いらしたお客様は、40代中盤、事務系のお仕事をされている方でした。

ご本人の言葉を借りれば産まれた時から斜視と自覚があったそうです。

 

早速眼を見させて頂くと

 

30△(プリズム)という斜視としてはそれ程大きなずれではない

状態でしたが、確かに右目は外に開いている様に状態化していました。

 

ですがこちらのお客様を仮にA様としますが、A様は

 

右目は中度の近視、

 

左目は中度の遠視。

 

とこの様に左右の眼に持っている屈折異常の量がまるで逆、

マイナスの右目とプラス度数の左目と極端に分かれていました。

これではこの状態を放置すれば両目を使えなくなってしまうのは、

眼鏡屋ならだれでも思うところだと僕は感じます。

 

ですが、残念ながらその事実を指摘したり、指摘するだけでなく、

眼鏡を掛けなくてはいけないモチベーションをA様に与えられる

眼鏡士や眼科医が今までいらっしゃらなかったことが

A様にとっては不幸だったのだと思います。

 

僕はですから今日は検査の最初から、

 

「人の眼は習慣が作ります。今までは悪い習慣で片目ばかり

使うような状態を放置してきて、そのつけが今の斜視になっています。

ですから、これからは良い習慣を続けなくてはいけないですし、

その為には、眼鏡を掛けて両目を連動して使うという習慣を

眼に課していきまししょう。その行く末が快適な眼鏡ライフになりますし、

健康的な暮らしにも繋がるでしょう。」

 

とA様の尻を叩きました。

 

斜視の矯正という意味では、

 

昭和光学と東海光学さんが活躍していますが、

 

今回も遠近両用レンズはレゾナスXという新商品、

僕が絶賛したレンズ。

 

なのですが、素晴らしい設計、そして非常に幅広い製作範囲で

こういった斜視矯正にも対応してくれる

非常に稀なメーカーとも言えますね。

 

近くも東海光学の内面非球面レンズでPCユースに

対応するように配慮した度数設定をしました。

 

大きなずれの斜視を眼鏡で矯正するという手法は、

現状まだ新しい技術でせいぜい僕はお店を創業してから

13年、未だ手探りでその調整法のノウハウを構築している

のですが、現状まだまだ知られていない知識であり技術と言えます。

 

いつかこのやり方が、日本を飛び越えて

世界へ飛び立っていく未来を僕は夢想します。

実際に台中のお店様は今後も斜視矯正を一生懸命やってくださると

先ずは測定ツールから設備投資して斜視矯正を

始めていらっしゃいます。この流れを継続して

台湾以外でも一緒に研鑽してくれる

仲間が増えたら良いなと願います。

 

是非皆様の周りでも、斜視でお困りの方がいらっしゃれば、

ご紹介くださいませ。現状およそ来店者の8割の方に

改善の提案が出来ていますし、実績がございます。

 

ご参考までに過去のblogをご紹介させて頂きます。

ご興味ある方は、どうぞご一読くださいませ。

 

斜視矯正の可能性。

 

それではまたこのblogでお会いしましょう。

 

g-03-02

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

opteria Glassias
https://opteria-glassias.jp/
住所:〒180-0004 東京都武蔵野市
吉祥寺本町1-11-21せのおビル1F
TEL:0422-21-6755
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

モードオプティーク発売。

12/14発売のモードオプティークにて、

 

弊社のオリジナルブランド「レチルド」の新作二型が

116Pにて紹介されています。

 

眼鏡の新作情報が欲しければ、

書店へ急げ!!!!

 

MODE-12

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
opteria Glassias
https://opteria-glassias.jp/
住所:〒180-0004 東京都武蔵野市
吉祥寺本町1-11-21せのおビル1F
TEL:0422-21-6755
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

滅茶苦茶な度数が眼を壊し、壊れた眼は心を蝕む。

昨日いらした方は中心性網膜症を患い、それ以降、左目の像が

右目に比較し小さくなってしまった方の眼を見させて頂く機会がありました。

 

いわゆる不等像視という状態が発生していましたが、

実際に今掛けている眼鏡の度数をチェックすると

随分と今日時点の度と度数が変わっている様でした。

 

更に言えば、将来に対する不安で、

精神薬や睡眠導入剤も服用するようになり、

精神科にかかるようになってしまいました。

 

検査の過程では、確かに当初は右目の像が大きく、

左が小さい状態が続いていました。

 

ところが、ある時を境に左右の像のサイズ差が無くなったと

仰いました。この様なケースは多々あるのですが、

要は、今までの眼鏡だと両眼視を阻害していた状態で、

それを放置することにより、両目の像を重ね合わせる融像という

眼の機能を使っていなかったのです。

 

そうするとどうなるか、左右の眼の像倍率の差は多少であれば、

脳みそで補正を掛けてサイズ差を整えてくれる機能を人は有しています。

ところが、眼鏡の度数があっていない状態だったので、

 

そのサイズ差が補正出来ていなかったのです。

 

では実際にどんな状態だったのでしょう?

 

今使っている眼鏡は、

 

R=0.9

L=0.9

 

両目でも=0.9

 

という状態でした。視力的には揃っていますよね?

でも調節バランスはまるでダメな状態でした。

 

このお方は二本の眼鏡を強弱と使い分けしていましたが、

そのどちらも左右の近視は同度数、かつ過矯正でした。

 

ですが僕が検査すると、

 

先ずは

 

完全矯正値下で、左右の視力に差がありました。

 

右目=1.2

 

左目=0.9

 

という左右差が出てしまっていました。

これは中心性網膜症の影響かと思われますが、

それなのに、今までの眼鏡は無理やり視力でバランスを

取ろうとしたのです。

 

エンジンで言えば、

 

視力の出る右目はエンジンの回転数を落とし、

 

視力の出にくい左目はエンジンをフル回転させていると

 

イメージしてください。これは左右の目をシンクロ

させようと思っても無理がありますね。

 

では僕の作った眼鏡はどんな視力なのでしょう?

 

僕の作った眼鏡では

 

右目=1.0

 

左目=0.8

 

両目で1.0程。

 

このくらいに合わせてあります。

敢えて左右の視力差は放置しました。

これは近見の調節バランステストという検査で

調整しましたが、それに加えて

調節近点(どこまでピントの調節をして近づけるかというテスト)

の測定という方法でもバランスを確認しております。

 

その結果左目は二段階度数を弱くする必要性がありました。

 

ですが乱視は

 

右目で三段階

 

左目で二段階強くして作成します。

 

以前の眼鏡と比較すると

 

近視を大きく弱くして、

乱視を強くします。

 

別の言い方をすれば、

 

以前の眼鏡は必要の無い近視を必要以上に入れて、

必要な筈の乱視を落として、

更に近視の強弱は左右の調節バランスを無視して

視力で揃えた事に無理があったと言えます。

 

これも

 

視力至上主義の弊害と言えますね。

 

本来このお方はアニサイクルレンズという像倍率補正の

眼鏡を掛ける気満々でいらしていたのですが、

検査の過程で、その左右差が無くなってしまうと

きょとんとされていました。

 

それはそうだとお察しします。

だって、今まで散々お医者様や眼鏡屋さんに

相談してきて、どうにもならなかったことが、

特別な手法に頼らずとも、普通の眼鏡で像倍率補正が

出来るようになってしまったのです。

 

僕は、人が本来持っている機能は最大限に活かすべきだと

思いますし、

 

今回は、

 

両眼視という機能をフルに発揮する為に、調節バランス

を考慮して度数決定してしまえば、アニサイクルレンズに

頼る必要性が消えてしまった事例です。

 

これは本当によくある事なので、

僕も注意したいといつも思います。

 

アニサイクルレンズに関しては、

本当に困った人にとっては良いレンズだと思いますが、

一方、製作にかなりの条件が発生します。

 

それこそ、昔はアニサイクルレンズで遠近両用レンズは

作れなかったのですが、近年のレンズの進化により

一部の度数ではそれも可能になりました。

 

ですが、今後このお客様とお付き合いしていくなかで、

アニサイクルレンズを今の段階で取り入れることは、

カードゲームで言えば、僕の手札を複数枚奪われることになります。

 

それを僕は避ける為に、今回もアニサイクルレンズは

採用しないつもりです。一度アニサイクルレンズになってしまえば、

一生涯アニサイクルレンズになってしまうからです。

 

僕はプリズムを入れて眼鏡を作ることにこだわっていますが、

プリズムも入れなくてよいのであれば、入れない方が良いと思っています。

それでも直近のお客様に対しては9割近くプリズムを入れているのです。

それだけ近年のPCとスマフォの普及は人の眼に負荷を掛けていると思っているからです。

 

皆様も左右の目で捉えた画像にサイズ差があるな、

と思った時に、ひょっとしたら、

眼鏡の度数が合っていないだけかもしれませんよ、

なんてことを今日は一番言いたかったことなんです。

 

そして合っていない眼鏡で精神科に掛かってしまうなんて

最悪のシナリオまで現実に起こっているのですよ

という意味では警鐘を鳴らす意図もありますね。

 

皆さん、ご自分を、そしてご自身の眼をもっともっと

大切にして頂きたいと心より願うのです。

 

それではまたこのblogでお会いしましょう。

 

無題

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

opteria Glassias
https://opteria-glassias.jp/
住所:〒180-0004 東京都武蔵野市
吉祥寺本町1-11-21せのおビル1F
TEL:0422-21-6755
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

PayPay祭り修了!

PayPay狂想曲が奏でるPayPayバブルも

昨晩23:59をもって終了した様です。

 

大手さんの戦略って凄いですね~。

取扱店を増やす時の人海戦術も見事でしたが、

テレビと併せたメディアミックスもお見事!

 

大手ならではの戦い方をしたのだと

感心しました。翻り僕ら零細はどうやって

マーケットの中で存在意義を見出すのか、

 

僕は、また一つ考えさせられてしまうのです。

 

それではまたこのblogでお会いしましょう。

 

g-07-02

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

opteria Glassias
https://opteria-glassias.jp/
住所:〒180-0004 東京都武蔵野市
吉祥寺本町1-11-21せのおビル1F
TEL:0422-21-6755
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

僕の頭を断捨離。

昨日はお休み、美容室に行って、

カットとカラーとパーマをして頭髪を断捨離しました。

 

今朝は今朝で朝から大手レンズメーカーさんからアポイント、

そこで僕の夢をたっぷり語りましたし、ご意見も頂戴しました。

 

するとその場で僕の頭の中でしなくてはいけないこと、

なんか次から次へとポンポン口から出てくるんですね。

でも、その僕の夢は僕だけでは絶対に達成できない事なんです。

 

多くの方の理解とご協力があって初めて、全てが動き出します。

もう年の瀬ですが、今年は種まきに終始した年でしたが、

2019年はより具現化させなくてはいけないなと思いました。

 

そしてその為には僕の頭の中の交通整理ともいうべき

案件の断捨離が必要だと僕は思ったのです。

 

先ず来年は引き続き、

 

MORE~快適眼鏡研究会~を一人でも多くの皆様に知って頂く事、

それが僕の目標になります。MOREはまだ出来たばかりのグループですが、

日々進化しています。

 

最近MOREのホームページにイベント情報やリクルート情報が

載せられるページを新設しました。

 

他にもコンテンツを充実させたいなと思案していますが、

やる方向で頑張りますので、宜しくお願い致します。

 

MORE~快適眼鏡研究会~

 

頭髪も頭の中身も断捨離してスッキリして

イメージ一新の次郎さんで年末を乗り切るぜ!!!

 

それではまたこのblogでお会いしましょう。

 

g-09-02

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

opteria Glassias
https://opteria-glassias.jp/
住所:〒180-0004 東京都武蔵野市
吉祥寺本町1-11-21せのおビル1F
TEL:0422-21-6755
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ちょっと洒落乙な眼鏡箱。

こんな眼鏡箱を作ってみました。

 

48368876_389691241768928_5192025323767595008_n[1]

中を見るとフェルトが貼ってあります。

これは新人のSさんがお手製で貼ってくれました。

DIYでございます。

47685287_338716823377707_6284038887832551424_n[1]

はて、これは何の為に使うのでしょう?

 

それはお客様がいらした時に、僕らが提案する眼鏡を入れたり、

若しくはお客様自身がご自分で選んだ眼鏡を入れたり、

そんな使い方です。今までは黒いケースを使っていたのですが、

 

なんかテンション上がらないな~と思っていました。

 

先週のお休みに

 

歌舞伎揚げの工場直売所

 

に行った時に通ったその途中、何か見慣れない建物にお店がオープンしていました。

うちの奥様は既に知っていたようで、ダルトンだと言っていました。

たんまりと歌舞伎揚げを試食しながら買った後、

(はて、このたんまりとは「試食」にかかっているのか、

「買った」にかかっているのか、答えは両方です!!!)

 

何かお店で使える物ないかな~?と思って探していたら、

ふと目に留まったのが、この何に使うか意味不明な

箱でした。早速自分の眼鏡を入れてみるといい感じ♪

 

即採用で取り合えず二箱買ってきました。

んな訳で、お店にあるこの箱はお客様が自由に使って良い箱なので

どうか煮るなり焼くなり(本当に煮るのは止めてね。)自由にお使いください。

 

DULTON武蔵村山

 

それではまたこのblogでお会いしましょう。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

opteria Glassias
https://opteria-glassias.jp/
住所:〒180-0004 東京都武蔵野市
吉祥寺本町1-11-21せのおビル1F
TEL:0422-21-6755
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

メガネに関するお役立ちコラムや吉祥寺にあるお店の営業のご案内、最新情報をご案内しております

吉祥寺のオプテリアグラシアスのNEWSでは、最新の営業スケジュールや最新のサービスのご案内、オススメのブランドやフレームの情報をご紹介しております。定休日や臨時休業のご案内もしておりますので、ご予約前にご確認ください。
コラムではメガネデザイナーによるフレーム選びやレンズ選び、機能性と美容性を同時に追求するためのアドバイスをご提供しております。選び方にお悩みの方も失敗したご経験がある方も、視力矯正が初めての方もぜひご参考になさってください。
吉祥寺のオプテリアグラシアスではご予約制にて、じっくりとお時間をかけてフレームやレンズ選び、視力矯正のための充実の検査と快適に使うためのフィッティングをご提供しておりますので、ぜひ一度ご来店ください。

WEBショップカード

オプテリアグラシアスオリジナルブランド PRIORITY SEETS

ウルトラセブン×BLACK ICE

contact_banner