2019年3月

グラシアスの秘密兵器

本日のblogの難易度【★★★】

 

今日のお話は、裏話というか、興味無い人には全くご興味の無いお話です。

 

先ずは写真をご覧ください。

 

IMG_3896

これは皆さんの眼の視力測定をする為のツールでフォロプターと言います。
これはNIDEKさんという会社の測定機ですが、グラシアスのはちょっと良い奴です。
色んなことが出来て、皆さんの眼の事がとても良く分かるのですが、
最近一つ不満が出てきました。
それは上の↑のところにもう一つテストレンズを入れられたらな~。
という僕の不満でした。先ずは当然費用は発生するし、多少掛かっても良いから
この仕組みをNIDEKさんで作れませんか?
とお伺いを立てましたが、メーカーさんも色々トライしてくれましたが、
結局良い対策がうてませんでした。そこで今後は仮枠(写真参照)と言って検査の時に
テストレンズというレンズを何枚も入れる眼鏡フレームメーカーさんに相談してみると
両面テープで貼ってみたら?とご提案を頂きました。
DSC07198
(仮枠 長谷川ビコーさんの商品です。)
早速貼ってみたら、接着強度に不安はあるものの、
何かいい感じ。これでもう一つやりたい検査ができるようになりました。
結局なんのこっちゃ?というお話ですが、
要は、検査器具は勿論、毎年メーカーから新商品って出てきますが、
現場では、商品化する前の潜在的なニーズが隠れてて、
僕ら眼鏡屋はいつも、その創意工夫で昨日より今日と理論や手順を
進化させているんだよ~。というお話でした。
それではまたこのblogでお会いしましょう。
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
opteria Glassias
https://opteria-glassias.jp/
住所:〒180-0004 東京都武蔵野市
吉祥寺本町1-11-21せのおビル1F
TEL:0422-21-6755
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

13才、遠近両用レンズへ。

本日のblogの難易度【★★★★★】

 

グラシアスの、ある意味究極的な目標は近視の進行しない眼鏡屋さん。

 

近視の進行メカニズムが明らかにされていない、つまり原因が特定出来ていないのに、

対策が明確にあろう筈もないのが現実ですが、お店を開いて14年、

それなりに試行錯誤を繰り返して、ぼんやり見えてきたものは、

 

近視の進行過程にある子に対して、遠近両用レンズとプリズムベースイン処方が

一定の効果があるように思えます。一定の効果という控えめな言い方をせざるを得ないのが、

何をしても、近視が延々と進行する方がいるのも現実だからです。

 

ただ、一つ言えるのは、

 

近視のお子様にただ、近視の眼鏡を掛けさせると、通常は近くも問題なく見えるのが

相場です。ところが、今回のケースもそうでしたが、その遠くを良く見える眼鏡で

近くを見せると少しぼやける子がいるのです。

 

試しに、その状態で+1.00程度の老眼鏡の様な度数を眼前に置いてみると…。

 

「あ、良く見える。」

 

と驚きながら答えます。

 

僕は多少の近視は、むしろ好ましく、それくらいの方が近業作業の効率が良いよ。

と思っていますが、それでも延々と近視が進行してしまうのは、

眼の健康という観点からも好ましくありません。

 

では、何故

 

遠近両用レンズと

 

プリズムベースイン処方が

 

有効になるのでしょう?

 

そもそも論ですが、正視という遠くが普通に見える状態から近視化する時には

近視化した方が一日の多くを費やす〇〇(例えばPC作業)という作業が楽になるからです。

 

そうすると

 

遠くが1.5見えていた人が

 

気付くと

 

0.8

 

に視力低下したとします。

 

それを事件だとまた、-1.00程度の近視の眼鏡で視力を1.5に戻しますし、

比較的、眼鏡で視力を回復するのは安易に出来るでしょう。

 

ところが、近視化したことで楽になった眼に-1.00程度の近視の度数を掛けると

どうなるのでしょう?それは老眼鏡を掛けた時と逆の効果になります。

 

つまり裸眼の時より、近視の眼鏡を掛けた時の方が

ピントの調節をより多く求められるのです。

 

このように裸眼よりもピントの調節を過度に求められても、

無意識に体(眼)がその作業を辛いと感じると、今度は更に近視化を促します。

 

その方が眼が楽になるからです。

 

元々裸眼視力が0.8だった人も、-1.00程度の眼鏡を掛けて、1.5に戻し、

その後また、0.8に視力低下したとします。すると今度は裸眼視力は

 

0.1程度まで落ちます。

 

これを異常と考え今度は

 

-2.00程度でまた視力を1.5に戻します。

 

これを延々と繰り返すことで、近視は進行し、

最終的には強度近視の眼が出来上がるのです。

 

怖いですね。

 

ただし、実は岡山大学の眼科の先生が近視の進行過程のある子供に

この遠近両用レンズで治験をしたことがありますが、

 

結果は、

 

効果は多少ある。という程度に留まったそうです。

 

グラシアスでは多少どころの効果ではなく、全てではないにしても

かなりの効果があると言っても良い成果があります。

 

では上記の治験と僕は何を変えたのでしょう。

 

それが

 

プリズムベースイン処方なのです。

 

プリズムベースイン処方をすると何が変わるのでしょう?

 

それは手元を見る時の寄り眼の量が減少するという事です。

 

ここからは少し難解です。

 

何故寄り眼を減らすと近視が進行しにくくなるのでしょう?

 

それは

 

ピントの調節運動と

 

寄り眼の運動は連動しているからです。

 

それを難しい言葉で調節性輻輳と言いますが、

 

その輻輳量を減らしてあげて、更に遠近両用レンズを併用することで、

ピントの調節量が減り、それに連動して寄り眼の量が減ります。

この相乗効果で、近視の進行を抑えている可能性があるのです。

 

皆様も

 

近視の進行が止まらない、今まで見えていたのに気づけば遠くが見えなくなっていた。

そんなケースでは、若しかしたら、お力になれるかもしれません。

是非、遠慮なくご相談くださいね。

 

検査には時間を掛けます。その為、ご予約の方を優先的に検査させて頂きます。

その為極力ご予約の上でご来店、ご相談くださいませ。

 

弊店ご予約サイト

 

それではまたこのblogでお会いしましょう。

 

屈折異常の変動傾向

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

opteria Glassias
https://opteria-glassias.jp/
住所:〒180-0004 東京都武蔵野市
吉祥寺本町1-11-21せのおビル1F
TEL:0422-21-6755
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

PC一日12h。

昨日いらした方は、一日にPC作業を12h!!

本当に大変だとお察します。

 

強度の近視でしたが、普段はコンタクトでPC作業をしているそうです。

 

特にPC用の眼鏡等は使っていないと

言われていますが、実際に目は疲れるそうです。

 

そこで今回は、モニターまでの距離55㎝を快適に使える度数に設定し、

かつ、スマフォも見るということだったので、スマフォ用にレンズの下部に

度数を入れてあるシフトオンというレンズでご提案させて頂きました。

 

NIKONHP

 

僕がこのお客様の作業時間を直接的に減らすお手伝いは出来ませんが、

せめて、少しでも眼精疲労が緩和してくれることを願ってやみません。

 

皆さんも長時間のPC作業時には、

しっかり対策をした眼鏡を掛けてくださいね。

 

また、法人様向けに、PC環境見直しのレクチャーも

致します。これにより離職率の改善、作業効率の改善などの効果も

期待できますので、ご興味ある方は、

下記メアドまで、直接ご連絡頂ければ、折り返し連絡させていただきます。

 

opteria-glassias@nifty.com

 

担当 伊藤宛

 

弊社コラム

 

このご報告がどこかのお店の

どなたかのお役に立ちますように。

 

それではまたこのblogでお会いしましょう。

 

g-06-02

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
opteria Glassias
https://opteria-glassias.jp/
住所:〒180-0004 東京都武蔵野市
吉祥寺本町1-11-21せのおビル1F
TEL:0422-21-6755
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

遠くは外斜位、近くは内斜位。

今日はこのblogの中でも最強クラスに

上級者向けです。でもこれも知っておいて

何ら損はない知識ですから、頑張ってご覧になってくださいね。

 

このblogを当初からご覧になっていた方は、

斜位という状態は何?と聞かれても、

もう答えられますよね?と期待を込めて無茶ぶりします。

 

斜視という言葉は勿論皆さんご存知ですね。

 

左右の眼が同じ方向を向けていない状態になります。

 

では斜位とは?

 

その斜位の説明に入る前に、融像という眼の機能であり、

語意を説明する必要があります。

 

人の眼はたいがい二つあります。

 

そして二つの眼で捉えた画像を重ね合わせて、一つにして

対象とする視物を見ています。

 

右目と左目は、左右に開いて位置していますから、

その視線の差を利用して立体的な構造物であれば、

それを奥行のある三次元の物として認識します。

 

あれ、この言い方でも分かりにくいかな?

 

3Dカメラと一緒と言った方が分かりやすいかしら?

 

ともかくこの時点では二つの像を重ね合わせている事は

ご理解頂きたいと思います。

 

斜位とは、その重ね合わせを拒絶する測定器具を用い、

若しくは、人為的にダブって見える斜視状態を作った

時に、眼がどちらに動くかどうかで類別します。

 

目が外に開けば外斜位。

 

目が内に入れば内斜位。

 

目が上下にずれれば上下斜位。

 

という状態があります。

 

ここまでが前置きです。

 

ほんでもって今日のタイトルの

 

「遠くは外斜位、近くは内斜位。」

 

というタイトルは

 

遠くを見る時は、眼が外に開き、

 

近くを見る時は、眼が内に入る。

 

という状態です。

 

人本来は、死亡時、気絶時(絶対的安静位)には、

殆ど多くのケースで、眼は外に開きます。

 

ですから通常は外斜位がデフォルトだと覚えていてください。

つまり内斜位とは異常事態とも言えます。

 

そして遠くと近くの斜位の関係を平均値で言えば、

 

遠くよりも近くを見た方が外斜位よりに変化することが多いのです。

具体的に言えば4△(プリズム)から6△のずれが外斜位であれば増えて、

内斜位であれば減るのが平均値と言えます。

 

でも今日のケースはちと違う。

 

遠くは通常通り外に開き、近くはもっと外に開くべきところを

近くは遠くよりもずれが減り、減るどころか、内斜位という形で

視線が内に入ってしまっているのです。

 

この原因は実は複雑で言いきる事は出来ないのですが、

今回のケースは寄り眼をする力が強すぎたとも言えます。

 

寄り眼と言っても、実は多くの人は4種類の寄り眼の力を使って、

遠くを見たり、近くを見たりしていますが、

 

遠くを見る時の寄り眼の力は正常でも、

 

近くを見る時の寄り眼の力が強すぎるケースが今回のケースでした。

 

このお方の主訴としては強い眼鏡を掛けると眼が疲れる。

 

実際に老眼の云々ということを真っ先に疑い検査してみると

老眼は問題無し、実際に使っている眼鏡は老眼対策には充分に

対策されている弱矯正眼鏡でした。

 

でもその弱矯正眼鏡では、遠くが見えない。強くすれば疲れる。

 

それでは困る。でも遠くは見たい。

 

こんなジレンマに陥っていたそうです。

 

そこで対策としては、先ず遠くはしっかりみせましょう。でもその状態では

近くを見る時に寄り眼が強すぎて、眼が疲れる。

 

んでは、寄り眼が強すぎないようにしちゃいましょう。

じゃじゃ~ん、じゃいあん(←単にゴロが良いから言っただけ。)

 

遠近両用レンズ!!(大山のぶ代さんにリスペクトも込めて、ドラえもんの声で

えんきんりょうようれんず~。と少し声を張り気味でお願いします。)

 

そうです。遠近で近くを見る時に寄り眼を強くさせ過ぎない様にするのです。

 

実際に遠近が入った状態で、手元の距離が正位(斜位が無い状態の事。)に

なっている事を確認し、そして手元から遠く、遠くから手元の目線の移動を

してもらいます。するとここで困った事が、今度は遠くから近くを見た時に

時に少しピントがあうのが遅れると主張されています。

 

ほいほい。

 

それでは、とプリズムという度数で輻輳を助け遠方視の時に固視ずれしない度数を入れます。

すると今度は近くから遠くを見た時に、ピントが合うのが遅れる。と答えられました。

 

ほいほい。

 

今度はベースインという方向に入れた度数を少し弱くしながら、

ベースインのプリズム度数を少しずつ弱くしていき、

 

遠くから近く、近くから遠くを交互に見て頂き、

そのどちらもピントが瞬時に合う事を確認して検査終了~♪

 

このひと手間が実際に利いてきます。本来は遠く用メガネと

近くを見る時用眼鏡とで使い分けを考えていたそうですが、

今回に限って言えば、長時間のPC作業もなく、家事がメインという

ことで、それであれば多分一本で全ての生活を賄えると予想しています。

 

お客様の暮らしが楽になり、生活の質が向上しますようにと

お祈りさせて頂きます。

 

このご報告がどこかのお店の

どなたかたのお役に立ちますように。

 

それではまたこのblogでお会いしましょう。

g-09-02

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
opteria Glassias
https://opteria-glassias.jp/
住所:〒180-0004 東京都武蔵野市
吉祥寺本町1-11-21せのおビル1F
TEL:0422-21-6755
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

メディア露出情報

リサイクル通信様

 

がMOREの新しいサービスMOREアフターを

取り上げ記事にしてくださいました。

 

本当に有難いと思いますが、

 

一方、この新サービスは消費者にとっても

素晴らしいサービスであると自負しております。

 

皆様も出先で困ったなんて事があれば、

是非MOREや快適 眼鏡 なんて検索すると

すぐにMOREのHPがヒットしますので、

 

是非ご活用ください。

 

ただし、突然お邪魔するとご迷惑をお掛けしてしまう事も

あるかと思われますので、MOREの合同アフターフォローについて

をよくご覧になりお問い合わせくださいませ。

 

それではまたこのblogでお会いしましょう。

 

MORE縦型

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
opteria Glassias
https://opteria-glassias.jp/
住所:〒180-0004 東京都武蔵野市
吉祥寺本町1-11-21せのおビル1F
TEL:0422-21-6755
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

メガネに関するお役立ちコラムや吉祥寺にあるお店の営業のご案内、最新情報をご案内しております

吉祥寺のオプテリアグラシアスのNEWSでは、最新の営業スケジュールや最新のサービスのご案内、オススメのブランドやフレームの情報をご紹介しております。定休日や臨時休業のご案内もしておりますので、ご予約前にご確認ください。
コラムではメガネデザイナーによるフレーム選びやレンズ選び、機能性と美容性を同時に追求するためのアドバイスをご提供しております。選び方にお悩みの方も失敗したご経験がある方も、視力矯正が初めての方もぜひご参考になさってください。
吉祥寺のオプテリアグラシアスではご予約制にて、じっくりとお時間をかけてフレームやレンズ選び、視力矯正のための充実の検査と快適に使うためのフィッティングをご提供しておりますので、ぜひ一度ご来店ください。

WEBショップカード

オプテリアグラシアスオリジナルブランド PRIORITY SEETS

ウルトラセブン×BLACK ICE

contact_banner