2019年4月

精神安定剤が不安定を招く可能性を考察。

本日のblogの難易度【★★★★★】

 

弊店は両眼視機能検査を全てのお客様にサービスさせて頂いております。

すると、何故なのかは、正確に分析は出来ていませんが、

心の病をお持ちの方が本当に数多くお店にいらっしゃいますし、

実際に僕の周りにもそういった病状でお困りの方はいらっしゃいます。

 

先日いらした方を検査していると、何か違和感を覚えました。

 

そこで僕は

 

「何か治療中の病気や、薬の服用はありますか?

差し支えなければ、教えて頂けますか?」

 

と質問してみました。

 

すると精神安定剤を服用中だと答えられました。

薬に頼らなければ、生活出来ない環境は

さぞやお辛いとお察ししますが、

 

一方、その病気療養中に一つだけ気をつけて欲しい事があります。

抗うつ剤、精神安定剤、睡眠導入剤、睡眠薬の多くが、

 

眼のピントの調節機能を時に著しく。

時に限定的に落とす効果がある場合があります。

 

ですから心を休めようと、もしもされるのであれば、

極力眼も休めて欲しいとお願いしたいのです。

 

ただ、心がいたんでしまっている状態では、

外出も控えがちになる方が多い様です。

それも致し方ないと思いますが、

 

そうすると病気療養中の皆様は何をするのでしょう?

 

そういった方々の多くが一日PCやスマフォ、

時にテレビを観たり、読書をしたりします。

 

そうすると、テレビ以外は大きく眼の力を使わせます。

すると長時間のお手元作業が更に心にダメージとしての

効果を与えることがあるのです。

 

ですから、近業作業は極力控えてくださいと言いたくなります。

 

でも、実際には無理ですよね?一日寝ていろと言うのか?

とお叱りを受けるでしょう。ですから、そうっいった時に僕は

 

「では、お手元作業を長時間続けられるように、

手元専用眼鏡を作りましょう。」

 

と提案する事が多いのです。

 

これでも元々低下しているピントの調節能力を

眼鏡で補う事が出来るのです。

いわば老眼鏡の様なものとイメージしてください。

 

皆様も、ストレス社会と言われて久しいこの時代ですから、

誰もが、精神がくたびれてしまうなんて、どなたにでも生じる事で、

 

更に、その中の一部の方が薬に頼らないと生活が出来なくなります。

生活出来なくなった状態を放置して、死を選ぶ方も少なからず

いらっしゃるでしょう。そういった方々が薬に頼るのは致し方無いとは思いますし、

死を選ぶくらいなら、むしろ積極的に薬に頼るべきだとも思います。

 

ですが、その状況で眼を酷使する事が療養し、社会復帰したいという

ご要望とは逆にマイナスに働く可能性がある事をもっともっと多くの方に

知って頂きたいなと思い、非常にセンシティブな事柄ですが、

ご報告させて頂きました。

 

誤解を招くと嫌なので、繰り返しますが、

薬そのものを否定している訳では決してありません。

ただ、薬の副作用に理解を示し、正しい対策を施し、

 

どうか一日でも早く社会復帰して頂きたいなと

願い記事にしたまでで、薬に頼れず生きれるのであれば、

それに越したことがないと思うのです。

 

そしてそんな方々のお力に実は眼鏡が微力ながらも

役に立つことがあるのです。

 

たかが眼鏡で?いえいえ、されど眼鏡なのです。

 

このご報告がどこかのお店の

どなたかのお役に立ちますように。

 

それではまたこのblogでお会いしましょう。

 

g-07-02

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

opteria Glassias
https://opteria-glassias.jp/
住所:〒180-0004 東京都武蔵野市
吉祥寺本町1-11-21せのおビル1F
TEL:0422-21-6755
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

近視が消える。

本日のblogの難易度【★★★★★】

 

こんにちは、展示会の季節、今日は新人の清水君が、

一人で大阪の展示会で頑張っています。

 

僕も店も守って、頑張っていますが、

頑張りも過ぎないように気をつけたいと思います。

 

過ぎると言えば、近視の矯正が強過ぎると

それはそれで問題ありますね。

 

今日ご紹介する事例は一気に近視が消えてしまった事例です。

 

ご年齢は52才です。

 

約半年前に、しっかりフルスペックの検査をしたばかりで、

その後半年ぶりに再来店、早速、レフケラという機械で

眼を見させて頂くと、何か嫌な感じ。

 

(あれ?右目が近視の過矯正、以前と比べて近視が減っている可能性があるな。)

 

と感じ、半年という短期間ではありますが、

フルスペックの測定をすることにさせて頂きました。

 

因みに

 

2018/12/1のレフケラ値は以下の通りです。

屈折 SPH CYL AX ADD PD 片眼視力 両眼視力
他覚 R -1.00 -1.00 101 32.00 0.10 0.40
L -0.75 -0.75 79 32.00 0.20
角膜乱視 R -0.75 152
L -0.25 12

 

2019/4/15のレフケラ値は以下の通りです。

他覚 R -0.75 -1.25 100 32.00 0.15 0.40
L -0.75 -0.75 88 32.00 0.50
角膜乱視 R -1.00 156
L -0.25 16

それ程変化していませんが、右目の近視が前回より一段階弱くなっている事が分かります。

 

そこでフルスペックの検査後の完全矯正値は以下の通りです。

両眼解放 R 0.00 -1.25 100 +2.25 64.0 1.5
L 0.00 -0.75 88 +2.25

 

右目だけでなく、左目も近視が減ってしまっています。

これでは遠くの視力も出ていないと予想します。

以前の眼鏡の度数と視力は以下の通りです。

旧度 R -1.00 -0.75 105 2.50 32.00 0.80 1.20
L -0.50 -0.75 80 2.50 31.50 1.20
以前の眼鏡の最高視力=1.2
今回新調する眼鏡の最高視力=1.5
近視を減らしたても、矯正視力は下がるどころか、
改善していることが見て取れます。
今回近視をとって、乱視だけにしたことで、
加入度と言って、遠くと近くの度数の差を一段階減らすことが出来ました。
この効果で遠くから近くまで、見える範囲視野が多少広がります。
更に近くも、そして先ほどご説明したように
遠くも視力が改善するのですから、一石二鳥ですね。
視力が出にくいご年齢になると何しろ遠くが見たいから強くしてくれ、
こう主張されることが少なからずあります。
ですが、今回の事例の様に、逆に近視を弱くした方が
遠くの視力が改善する事もある事を
生活者である皆様が知る必要がありますね。
何事も過ぎては宜しくないのです。
僕も頑張りすぎないようにボチボチで生きたいと思います。
今日申し上げたい大切な事は、
40才から46才を過ぎたあたりから、眼の環境は第二次変動期に
入り、
近視は減少し、
遠視は増加する傾向になります。
更にそのご年齢は老眼も進行しますから、
それこそ眼の状態は大袈裟に言えば、
目まぐるしく変化すると言って何ら差支え無いでしょう。
40才過ぎたら、年に一度は眼鏡店で再チェック、
これくらいで調度良いのかもしれませんね。
それではまたこのblogでお会いしましょう。
g-09-02
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
opteria Glassias
https://opteria-glassias.jp/
住所:〒180-0004 東京都武蔵野市
吉祥寺本町1-11-21せのおビル1F
TEL:0422-21-6755
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

遠視の調節性内斜視。

本日のblogの難易度【★★★★★】

 

昨日いらした方はインスタグラムで弊店の斜視の矯正実績をご覧になり、

ご来店頂きました。何でもお医者様に斜視だと言われ、

そしてご自分でも左目が内側に入るなと感じていたそうです。

 

結論を言えば、昨日の眼のコンディションでは斜視ではありませんでした。

それなのに、内斜視だと診断されたのはどうしてでしょう?

 

それは遠視が未矯正だったために、遠くを見る時にピントの調節運動をして

対象とする視物を見ていたからです。

 

何故、遠くを見る時にピントを調節すると内斜視になるのでしょう?

それはピントの調節運動と寄り眼は連動しているからです。

 

ピントを調節すると自然と、かつ無意識に眼は内側に入ります。

この状態を外から見ると斜視に見えるのでしょう。

 

ではどうすればよいのでしょう?

 

それは遠視をしっかり矯正する事です。

 

先ずはレフケラという簡易に眼の状態を測定出来る

度数データーを見てみましょう。

 

屈折 SPH CYL AX ADD PD 片眼視力 両眼視力
他覚 R 0.25 -0.50 65 29.00 1.00 1.20
L 0.50 -0.25 95 29.00 1.00
角膜乱視 R -0.50 14
L -0.50 175

こんな感じ、弱い遠視と弱い乱視だけでしたね。

 

でも40分くらいだったかな?しっかり検査をして

遠視を炙り出すとこんな感じ。

暫定度数 R 1.00 -0.50 65 1.5
L 1.25 -0.50 95

 

この様に

 

右目が+1.00の遠視

左目が+1.25の遠視

 

であることが分かりますね。

このことから、遠視は潜伏する事が分かりますね。

この方も裸眼視力は1.2、生活視力としては、問題ありません。

でも斜視の状態が日常では生活の質も落ちることでしょう。

 

この遠視を入れた状態で眼位を測定すると

ベースインで3△(プリズム)の外斜位でした。

 

何の事はない、遠視を完全矯正する事が

斜視矯正の根本だったのです。

 

この方は視力的には問題無いので

遠視であることを知らずに、お医者様の斜視という言葉に

引きずられてお悩みでした。

 

この方はある競技の選手なのですが、

そういった方には当然スポンサーがついていると思いますし、

実際にサングラスなんてのも大手企業より提供されています。

 

それでもこの遠視矯正の必要性を説ける人との出会いが

無かったのです。これを毎度のフレーズで言えば、勿体無いと

僕は思います。やはり競技で生活をたてるとなった以上、

厳しい勝負の世界に身を置くのです。

 

そんな中でハンディキャップを背負って、

良い成績が出せるとは到底僕は思えないのです。

 

是非、今回の眼鏡をきっかけに

成績が少しでも改善することをお祈りさせて頂きます。

 

それではまたこのblogでお会いしましょう。

 

IMG_3802

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
opteria Glassias
https://opteria-glassias.jp/
住所:〒180-0004 東京都武蔵野市
吉祥寺本町1-11-21せのおビル1F
TEL:0422-21-6755
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

スリランカ紀行~幼稚園訪問/眼鏡寄贈編その2~

本日のblogの難易度【★★】

 

昨日のスリランカ紀行~幼稚園訪問/眼鏡寄贈編は

絶対一日の枠で書ききれないと思ったので

二日にまたいでご報告しますね。

 

僕が

 

以前の記事でスリランカで一番大きな都市、コロンボには行っていない事や

南部よりも中部のあたりを移動を繰り返していたお話はしました。

 

では中部の幼稚園の近くはどんな風景でしょう?

 

IMG_2699

僕はこの景色を見てサバンナをイメージし、

 

「絶対象がいるよね~?」

 

と聞くと同行者に冷静に

 

「いないから。」

 

と一刀両断されました。

 

そして最近舗装されたという道を進み10分程かな?

 

IMG_2737

皆様が整列しお迎えしてくれました。

何かハートフルな感じ♪

 

しっかり成田山のお名前が、地名が難しいですね。

 

ニカウェラティア、舌を噛みそうです。

IMG_2686

ここで僕は5才だと言われたお子様の眼を見させて頂きました。

 

その様子はこんな感じ。

IMG_2669

一人一人見ていきます。遮眼子を忘れてウェットティッシュで

眼を隠しているのはご愛敬、どうかご容赦下さいね。

IMG_2640

ここで寄り眼が出来るか、斜位はあるか、

そして眼球運動が出来ているのか?この三点セットで

18名の園児の眼をみさせて頂きました。

IMG_2639

ここで事件が起きます。日本の5歳児と比較しても

 

斜位は少なく、

 

眼球運動が上手に出来ず、

 

寄り眼もしっかり眼が寄ってきません。

 

通常は、斜位が大きく、外にずれていると寄り眼が苦手な子は

日本でもいらっしゃいますが、斜位が殆ど無いのに、

出来ないのは問題だな、と感じ急遽

 

簡易なビジョントレーニング教育を即興で実施しました。

 

IMG_2708

その様子。

 

さて日陰とはいえ、40度に迫ろうかというスリランカ、

この時点で僕は大汗をかいています。

 

そして昨日のblogでお伝えした日本から成田山新勝寺東京別院の方々が

持ってきてくださった眼鏡をフィッテング後に寄贈します。

 

IMG_2539

先ずは顔に掛けて頂いて、そもそも合っているのか、

それを測定していきます。

 

IMG_2521

限られた工具で何年かお使い頂いた眼鏡を調整するのは

冷や汗ものですし、実際にかなり慎重に調整させて頂きました。

 

IMG_2542

フィッテング後に主監様より手渡しで

眼鏡のメインテナンスキットを寄贈。

こちらは僭越ながらグラシアスより寄贈させて頂きました。

 

更に東京メガネ様より

 

出来合いの老眼鏡も寄贈させて頂きました。

IMG_2570

子供達も主監様にご挨拶。

 

7割が仏教徒を占めるスリランカならではの光景ですね。

 

この幼稚園ではバナナも育てています。

 

IMG_2790

たわわに実ったバナナ、何とスリランカでは

30種類ものバナナを育てているそうです。

IMG_2713

成田山新勝寺東京別院の女子会から、

植樹のご寄付もして頂いているそうです。

IMG_2780

遊具だって完備。凄いですね。

IMG_2800

さて、一通り終えると、凄いおもてなし。

本当に、本当に美味しいフルーツとスリランカのスイーツ。

ミルクライスなんて物も、少し塩味を感じます。

IMG_2650

そして僕は人生初の椰子の実ドリンクをまんまで

頂きました。味は敢えて言うなら一番近いのは

ポカリスエットかな?これをもう一つ頂き、

ホテルの冷蔵庫でキンキンに冷やして翌日飲んだ椰子の実ドリンクは

一生忘れられない程に美味かったのです。なんて贅沢。

IMG_2527

そして後ろ髪を引かれながらも

この幼稚園を後にします。

 

翌日、次はマータレーという場所の幼稚園に行ってもう一回フィッティングします。

 

IMG_2710

マータレーの建物はパステル調、色とりどりのおうちが

多かったです。それもスリランカならでは。

IMG_2633

着くと皆さん既にお待ちでした。

 

ここでも大汗書きながらもタイトロープの上を

歩くかのようなフィッティング。

 

それでも何とかフィッティングを終えて

今回のミッションは終了。そして僕は、翌日以降の

観光に向かい、その内の一つがシーギリヤロックだったのです。

 

いや~。良い勉強になりました。

 

そして僕は常に良い事をしたいと思っていますが、

実際に良い事をこれだけやっていらっしゃる方々がいらしたことに

感銘を受けましたし、僕も、もっともっと頑張らなきゃと思えたのです。

 

今回のプロジェクトは本当に数多くの人々、そして団体の力を結集し、

見事、成功を成し遂げました。そして僕はその最後の部分だけを

いいとこ取りしたようで恐縮します。

 

そして、皆様の善意がスリランカの皆様にも

届きましたよとご報告させて頂きます。

 

うん、明日からも良い事をしよう。

 

最後は何か感動したスリランカの風景で〆たいと思います。

 

お世話になった本当に数多くの皆様、

次郎君はスリランカで一皮むけた様です。

 

与えようなんておこがましい。

頂いた物の方が何倍も何倍も大きな

今回のスリランカ出張でした。

 

それではまたこのblogでお会いしましょう。

 

IMG_2726

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

opteria Glassias
https://opteria-glassias.jp/
住所:〒180-0004 東京都武蔵野市
吉祥寺本町1-11-21せのおビル1F
TEL:0422-21-6755
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

スリランカ紀行~幼稚園訪問/眼鏡寄贈編その1~

本日のblogの難易度【★】

 

ふ~む、今日は朝から僕は悩んでいます。何を悩んでいるか、

それは今日のblogの内容があまりにも濃すぎて、

どこから手をつけて良いのかすら分からない。

 

きっと長くなるだろうな~、

と皆様のお叱りを覚悟しながら書き出してみるのです。

それでは始まり始まり~。

 

そもそも何で僕はスリランカに行ったのか?それからご説明する必要があるのですが、

先程申し上げたように、長くなりそうなのでさらっと説明しますね。

 

先ず僕は1年程前に、東京の組合に入りました。

 

東京眼鏡販売店協同組合HP

 

その組合では毎年各店のお客様が使っていらした眼鏡を集め、

そして上野のお寺さんでご供養するという組合の事業をしています。

 

頂いた眼鏡はご供養後、東京眼鏡専門学校

 

にお送りし、クリーニングとメインテナンスをして頂きます。

この作業に途方もない手間がかかるので、

この作業をやって頂いた生徒さんには頭が下がります。

 

IMAG1512

こんな風に検品しながら出荷作業をします。

 

IMAG0508

これは度数を計っています。どんな度数が入っているのかを

チェックする必要があるからです。

 

え?なんでそのチェックが必要なんだ?

 

実は、

 

既に成田山新勝寺 東京別院

 

のお坊さん方が、事前にスリランカの幼稚園の

ご近所さんの眼を測定していたのです。

 

成田山新勝寺 東京別院さんは、スリランカで二つの幼稚園を経営し、

そこで初等教育にご協力させて頂き、スリランカの方々の

教育レベルを引き上げようと努力されているのでしょう。

その為、年に何度も日本とスリランカを行き来しているそうです。

 

その往復だけでも、費用、体力、時間、

全て膨大な労力を費やしていると思います。

一宗教団体がここまで出来るのか?と少なくとも僕は

見方がぐるっと変わりました。

 

そして、その測定結果と日本でご提供頂いた眼鏡とを比較し、

ほぼ、合いそうだと思える。近似値の眼鏡を持っていって、

そして寄贈させて頂くという流れになったのですが、

 

ご提供頂いた眼鏡は全て、新品ではありませんから、

誰かの顔に合わせている眼鏡

 

いわばフィッテング済みの眼鏡と言えます。

 

Aさんの顔に合わせた物(眼鏡)を

スリランカのBさんが、いくら度数は問題ないとしても、

快適にご使用頂けるとは到底思えないのです。

 

それは人それぞれ、骨格の形状、お顔のサイズ、

全て千差万別だからです。増してや今回は人種も違うのですから、

ノーフィッテングでは満足度が格段に下がると予想します。

 

そこで誰か一緒にスリランカに行ってフィッテングしてくれる人は

おらんかね~?と組合の会議の時に言われたので、

 

僕は、

 

「僕で良ければ喜んで~。」

 

と手を挙げさせて頂いたのが、僕のスリランカ行きの始まりです。

眼鏡供養会(めがねくようえ)は過去6回開催していますが、

その事業がもう一つ上にステップアップ、昇華されたのでしょう。

 

んな訳で、僕のドタバタ珍道中が始まったのです。

 

やっぱり長くなりそうなので、今日はイントロで留めましょう。

 

それではまたこのblogでお会いしましょう。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

opteria Glassias
https://opteria-glassias.jp/
住所:〒180-0004 東京都武蔵野市
吉祥寺本町1-11-21せのおビル1F
TEL:0422-21-6755
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

展示会最終日

本日のblogの難易度【★】

 

利き顔に合わせて専用設計された世界初の利き顔眼鏡。

 

レチルドの展示会が,今日も始まりました。

二日間で沢山のご縁を頂き、心より御礼申し上げます。

 

さ~て、最終日もお・も・て・な・し。

 

それではまたこのblogでお会いしましょう。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

opteria Glassias
https://opteria-glassias.jp/
住所:〒180-0004 東京都武蔵野市
吉祥寺本町1-11-21せのおビル1F
TEL:0422-21-6755
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

メガネに関するお役立ちコラムや吉祥寺にあるお店の営業のご案内、最新情報をご案内しております

吉祥寺のオプテリアグラシアスのNEWSでは、最新の営業スケジュールや最新のサービスのご案内、オススメのブランドやフレームの情報をご紹介しております。定休日や臨時休業のご案内もしておりますので、ご予約前にご確認ください。
コラムではメガネデザイナーによるフレーム選びやレンズ選び、機能性と美容性を同時に追求するためのアドバイスをご提供しております。選び方にお悩みの方も失敗したご経験がある方も、視力矯正が初めての方もぜひご参考になさってください。
吉祥寺のオプテリアグラシアスではご予約制にて、じっくりとお時間をかけてフレームやレンズ選び、視力矯正のための充実の検査と快適に使うためのフィッティングをご提供しておりますので、ぜひ一度ご来店ください。

WEBショップカード

オプテリアグラシアスオリジナルブランド PRIORITY SEETS

ウルトラセブン×BLACK ICE

contact_banner