2019年

何か釈然としない。

本日のblogの難易度【★】

 

昨晩はお取引様の先輩と本当に久方振りの鳥貴族、

しかも僕は鳥貴入店前に

 

「私、伊藤次郎は(大好物の)釜飯を食べましぇ~ん。」

 

と宣言したのですから、僕の気合の入りっぷりたるやかなりのもんでした。

 

んでもって一回頼むと後は食べ放題のキャベツを三杯食べほし、

後は焼き鳥三昧の僕に言わせれば酒池肉林状態の3時間だったのです。

 

そしてご満悦な僕は家に帰り、深い眠りに就くのでした。

 

さてあくる朝、僕はいつもの様にSURFACEPROを起動し、

ブラウザーを開きました。ホームページはヤフーにしているので

ヤフーのニュース欄に眼を通しました。

 

すると、僕はミスチルの大ファンなのですが、

ミスチルの櫻井さんの名前がヤフーのトップページを

飾っているではありませんか!!!

 

「な、なんじゃこりゃ!!」

 

これも有名税なのでしょうか?

 

それとも根回し不足なのでしょうか?

 

こういった一方的な記事からは真相は一切見えてきませんが、

櫻井さんが建てた自宅の工事時の騒音が酷くクレームになったという記事です。

 

ところが今日の本題はそこではないのです。

 

実はそこで使われている写真が、何年も前のFLIDAYの写真が使われていたのでした。

そしてそこで櫻井さんが何か良さげな黒ぶち眼鏡を掛けていらっしゃる。

 

その眼鏡が実は僕がデザインした眼鏡だったりします。

更に詳しく言えば、テンプルの構造を

DJUALのりゅう君から許可を得て拝借し、

フロント部を僕がデザインしたのです。

 

いわば

 

レチルド×DJUAL

 

のコラボフレームとも言えます。勿論レチルドですから左右非対称である事は

当たり前として、ジキルとハイドの様に、右利き用と左利き用で、

自らのイメージ、いわば利き顔に合わせて印象操作が出来る

デザイン的仕組みは当然考慮されてデザインしています。

 

当時も今も、このフレームはワンオフで、自分の商売に使うつもりも無かったので、

特にこの写真を使って宣伝はするつもりもないし、量産する予定も無いのですが、

でもなんか懐かしくなって記事にしちゃいました。

 

でも櫻井さんの一ファンとしては、近隣の住民の方にお願い申し上げます。

 

「どうか堪忍してや、櫻井さんに成り代わり土下座でも何でもするからさ~。」

 

と勝手に思いを代弁したりもします。

 

今日はミスチルファンとしては

ちょっとだけ釈然としない下世話なお話でした。

 

それではまたこのblogでお会いしましょう。

 

ミスチル櫻井さん&レチルド

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
opteria Glassias
https://opteria-glassias.jp/
住所:〒180-0004 東京都武蔵野市
吉祥寺本町1-11-21せのおビル1F
TEL:0422-21-6755
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

M.E.E.2019グランプリ決定。

本日のblogの難易度【★★】

 

今朝の体重は81.0キロ、ふ~む順調です。

 

昨日は飯田橋で開催されたカケル2019で裏方と司会を一人二役みたいな形でやってきました。

駆けずり回ってさぞや痩せたのでは?と思ったら100gしか

変化していませんでした。(>_<)そう一気にはいきませんね。

 

昨日のそのイベントは今回で四回目、僕がおもいつきで始めたイベントで

カケルという名前なのですが、それがいつか僕の手を離れ、

業界全体を巻き込み、多くの生活者の方々の眼鏡選びの

一助となる賞に育てるのが夢です。

 

その僕が思いついた背景は、

 

どんなに良い品を作っても、中小零細企業のプロダクトは、

大手の膨大な広報によりエンドユーザーの皆様に良質な商品の情報が届けにくい

という現状を自身がレチルドというブランドを起ち上げた時に感じた為でした。

 

それを他人様の言葉を借りてこう表現しました。

 

「若しも一番売れているラーメンが一番美味いラーメンなら、

カップヌードルが一番美味いラーメンってことになる。

 

でも現実は違うでしょう?

 

カップヌードルより美味しいラーメンは沢山存在している。」

 

今の僕の心境をこれ程端的に表現してくれる言葉はありません。

一体誰が言ったんだっけ?とググってみるとなななんと!

 

ちょっと言い回しは違うけど、

元ブルーハーツの甲本ヒロトさんですって。

 

すんげぇな~、僕は駄文を書き連ねる事は出来たとしても、

短いセンテンスで核心を突くって苦手なんです。

 

やはりプロって凄いと思わせてくれました。

 

ですから僕は、もっともっと良品を世間に知らせる努力をします。

だってそれが皆様の暮らしを豊かにしてくれるんだもん。

 

今回も珠玉の良品がネットによる事前投票とカケル参加者の

総勢84名程でグランプリを決定致しましたことをこちらでも報告させて頂きます。

正式には明日プレスリリース予定です。

 

グランプリ受賞商品は以下の通りです。

●フレーム部門 (デザイン性) オプティックマスナガ FLEA-F151

 

●フレーム部門(機能性部門) (株)ハグ・オザワ green glass GR-010c

 

●レンズ部門 ニコン・エシロール トランジションズ(スタイルカラー)

 

●パーツ・アクセサリー・機器部門 ハセガワビコー 580 UNIV PRO

 

このカケルには今年からインフルエンサー役として、

一般消費者の方も三名ご参加頂きました。

 

今後はその参加枠拡充のほう方向性で動いております。

今年は行けなかったけど、来年は何て方は是非以後お見知りおきを。

 

一般の方が参加して、僕らが眼鏡を作る時にどれだけ勉強し、

そして訓練して、一本の眼鏡を仕立てている事を知るでしょう。

このイベントの継続が僕らの手間暇と技術に理解を示し、

まともな眼鏡を作ろうとしたら一本5.000円程度では到底作れないという

事実にぶち当たります。そしてその知ることから、ちゃんとした眼鏡が

欲しいというニーズが生まれます。きちんと調整された眼鏡を

掛ける人が増えれば、それは人としての能力の底上げになるのです。

 

ですから大袈裟ではなく、メガネに関わる制度仕組みを変革すれば、

国が変わる。僕は本気でそう思っているのです。

 

その為には、先ず僕らの事をもっともっと知って頂く必要があるのです。

 

それでは今日もいつものフレーズで〆ます。

 

「賢明な顧客が健全な業界を育む。」

 

僕は若い頃はカップヌードルが大好き(特にノーマル味)で

食べていましたが、カップヌードルばかり売れている場合じゃないのです。

 

って事が今日一番言いたかった事。

 

それではまたこのblogでお会いしましょう。

 

M.E.E.

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
opteria Glassias
https://opteria-glassias.jp/
住所:〒180-0004 東京都武蔵野市
吉祥寺本町1-11-21せのおビル1F
TEL:0422-21-6755
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

カケル2019本番!

本日のblogの難易度【★】

 

うお~い!今日の体重が81.1キロだって。

停滞期を抜けて、また体重が下がって来たよ。

 

日をおうごとに、何か健康に近づいているなと

ほくそ笑んでいるのです。

 

さて、今日はカケル2019

 

「え?カケルってなんだ?」

 

そんな方はこちらをご覧になって下さい。

 

カケル公式ホームページ

https://kakeru-symposium.jimdofree.com/

 

ざっくり言っちゃうと眼鏡屋版本屋大賞。

 

良い品はもっと世間の知られるべきで、

良い品は、使う人にとって何かしらのメリットがある筈で、

そのプラスの効果で皆様の暮らしが更に豊かになる。

 

そんな好循環を僕は創り出し、とかくぎすぎすしがちな

この世の中、言葉狩りみたいに、誰かの揚げ足取りに

終始する。そんな世間に良品という潤いを届けたいと思っています。

 

もしかしたら、FacebookでストリーミングでLIVE配信するかもです。

 

こうご期待でござる。

 

それではまたこのblogでお会いしましょう。

 

カケルロゴ画像データー

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
opteria Glassias
https://opteria-glassias.jp/
住所:〒180-0004 東京都武蔵野市
吉祥寺本町1-11-21せのおビル1F
TEL:0422-21-6755
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

NIKONのPV普通に格好良いし~。

 

本日のblogの難易度【★】

 

YouTube Preview Image

 

ニコンの新しいPVがぐ~。イメージ作りに終始しているけど、

そのイメージが大切なのよね~。

 

質の高いレンズを開発し、提供しているという思いを込めて

動画を作りこんだのかな~。

 

ニコンに限らず、日本のメーカー頑張れ!!!

 

それではまたこのblogでお会いしましょう。

 

無題

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
opteria Glassias
https://opteria-glassias.jp/
住所:〒180-0004 東京都武蔵野市
吉祥寺本町1-11-21せのおビル1F
TEL:0422-21-6755
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

輻輳性調節。

本日のblogの難易度【★★★★★】

 

やった~、長い間停滞期か、82.0キロの壁を破れずに

そこら辺をウロウロしていましたが、今朝の体重は81.9キロ。

 

やったぜ!!!

 

さて今日のblogは難しいお話なので、

業界の関係者に限ってご報告っていうスタンスです。

一般の方は難しいんのでどうかスルーしてください。

 

今日のお話は表題の通り、輻輳性調節について。

 

業界の方であれば、聞いた事はあるのかな?AC/A比。

 

日本語で言えば、調節性輻輳。

 

もう少し噛み砕くと、近くの視物を見る為に、ピントを調節すると、

ピント合わせの動きに連動して、眼が内側に入る動きをさします。

 

測定の方法としては、近くの視物を見させて、眼位を測定し、

その後+1.00眼前において眼位を測定した時の差を

1.00Dあたりの調節性輻輳量と定義します。

 

因みにこの測定法をグラディエント法と言います。

 

もう一つはヘテロフォリア法、これは遠見、近見の眼位の差とPDから

算出される。調節性輻輳量になります。

 

僕の経験で言えば、

 

グラディエント法の方がヘテロフォリア法に対して少なく出るケースが多く。

その差が何なのか?と不思議に思っています。

 

推論であるとことわった上で仮説を言えば、その差は近接性輻輳の量と

何かしらの関連があると推測しています。

 

さて

 

前置きが長くなりましたが、今日のお話は、その調節性輻輳ではなく

 

輻輳性調節。

 

母校の先生にそんな言葉あるんですか?

と失礼を承知していながら

質問を投げかけると、

 

「うん、C/AC比ね。あるよ。でもその量は

原則ゼロだとその論文ではまとめられているよ。」

 

と教えて頂きました。

 

ところが、弊店での斜視の矯正をしていると

通常では殆ど事例の無い強度のプリズムレンズを入れて

眼鏡をお作りするケースが頻発します。

 

すると、この輻輳性調節と考えないと

辻褄が合わない事例が出てくるのです。

 

昔から僕は、プリズムを入れると球面度数が変化します。

例えば完全矯正値で眼鏡を作成し、プリズムを入れるのなら、

 

その状態でレッドグリーンテストをした上で、フリッパー等で、

近視であれば最高視力で最弱度を狙うという最終確認をするべきだと伝えてきました。

 

当時僕は輻輳性調整なんて言葉は知らずに単純に、

 

プリズムをベースインに入れれば眼が開き、眼の位置が変わるから、

完全矯正値も変化するのかな?となんとなく思っていました。

 

何しろ、現場ではそういった事例がプリズムを入れると頻発するのです。

 

先日お作りした32才 男性のA様(仮称)の事例も正にそれでした。

 

では実際に測定データーをお見せします。

 

【レフケラ値】

屈折 SPH CYL AX ADD PD 片眼視力 両眼視力
他覚 R 0.00 -0.75 101 31.50 0.80 0.80
L 0.50 -1.25 93 31.50 0.60
角膜乱視 R -0.50 150
L -0.25 80

【今お使いの眼鏡の度数と視力】

旧度 R -0.58 -0.55 95 1.20 1.20
L -0.59 -0.55 88 1.00

【片眼遮蔽屈折検査の度数】

片眼遮蔽 R 0.25 -0.75 100 1.20
L 0.75 -1.25 95 1.20
【プリズムを入れて両眼開放下での屈折異常量】
両眼解放 R -0.25 -0.75 100 63.0 1.5
L 0.25 -1.25 95
今回は運転が多い方でしたので、この完全矯正値で作りましたが、
何しろ片眼遮蔽屈折検査の測定結果のままプリズムを入れると
眼は内側に入ってきて、眼位は安定するのですが、
ご本人の自覚としても、実際の視力測定結果としても1.0まで落ち込みます。
そこで度数を変えて最高視力で最もプラス寄りの度数を探していくと
結果として、マイナス寄りに二段階変化することが上記の表から見てとれます。
因みにこの方の眼位のデーターは、
遠見眼位:55△外斜視
近見眼位:63△外斜視
処方したプリズム度数:R7△ L7△
これで眼位は安定し、眼が外れなくなりました。
遠見眼位に比較しても
14÷55=25.4%

と少な目ですが、まだお若い事と、輻輳がきっちり鼻先まで来れた事。

これらの要因により、眼位のずれに比較してプリズムが少なく済んだ事例と言えます。
このご報告がどこかのお店の
  どなたかのお役に立ちますように。
それではまたこのblogでお会いしましょう。
g-02-01
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
opteria Glassias
https://opteria-glassias.jp/
住所:〒180-0004 東京都武蔵野市
吉祥寺本町1-11-21せのおビル1F
TEL:0422-21-6755
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

斜視矯正、新しいステージ。

本日のblogの難易度【★★★】

 

北海道から帰ってきました。通常の北海道出張は

いつもだいたい三キロ増しが相場なので、

実は戦々恐々とした心境だったのです。

 

ところが、原則、シビアに食べる物をコントロールしなかったのですが、

 

戻ってきて初日の体重は82.6キロ、

 

今朝は82.2キロでしたから、ほぼリバウンドしなかったのです。

過去にはリバウンドの帝王(←格好よく言ってみた。)と

言われていた僕ですから、人って変われば変わるもんです。

 

さて、今日のお話は、斜視矯正についてなのですが、

そもそも斜視を矯正する方法としては、

 

大きく分ければ、

 

手術

 

ビジョントレーニング

 

メガネ

 

と対策は三つに大別されます。

 

それぞれに一長一短ございますし、斜視の程度、状況により

適宜最善をチョイスするのですが、

少なくともメガネで矯正しようとした場合、

 

小さなずれの斜視は

 

プリズムメガネで矯正出来ていましたが、

 

大きなずれの場合にはメガネではどうしようもないし、

そういった場合には、手術を勧められることが多かったのですが、

一方手術しても戻ってしまうリスクがあるのが一点、

更に手術は術後にかなりの痛みを訴えるケースが多いのが一点。

 

更に手術は原則片目に一回、つまり両目で二回までしか

手術ができない限界がありました。

 

そこで手術は怖いし、眼にメスを入れたくないな~

という人は放置するか、フレネル膜でメガネを作るくらいしか

対策としての選択肢があいませんでした。

 

ところがフレネル膜は外観としても明らかに、おかしな物が

レンズ表面に張り付いて見えるだけでなく、見え心地もよろしくないと

グラシアスのお客様には不評でした。

 

そんな状況だったのですが、レンズメーカーさんのご努力により、

強度のプリズムでも作ってくれるメーカーさんが、

 

昭和光学さん

 

東海光学さん

 

を中心に作ってくれる事になり、特に東海光学さんは

遠近両用レンズでも強度のプリズムを作ってくれる様になれたのは

大きな大きな変化と言えます。

 

そのお蔭で僕としては、レンズメーカーさんが作ってくれれば

フレネル膜ではなく、ちゃんとしたレンズで斜視矯正が出来るのに、

メーカーの製作範囲を超えてしまったので作れないと

悔しい思いを10年以上してきましたが、

 

それが本当に近年はかなりメーカーの製作範囲が

広がった恩恵で斜視矯正の可能性が広がったことを嬉しく思っています。

 

ですが、正直に申し上げれば、斜視矯正のご相談にいらした方のご要望に

お応え出来るのは確率で言えば、およそ9割、

1割の方にはご要望にお応え出来ないケースが現状でもあります。

僕もお客様も泣く泣く帰っていくのです。

 

そんなシーンは決して見たくないし、僕らの心境も

ご要望にお応え出来なかった残念な思いで満たされます。

 

もっとプリズムを入れて作りたい、でも作れない。

そんな現状が確かにあるのです。

 

そこで今日お伝えするお話は、更にレンズの製作範囲の問題を

飛躍的に改善させるお話なので、ご報告させて頂きます。

 

それがレンズの二枚重ねというテクニックでもっと言えば、

 

加藤八舞企画さんの「スイッチマグ」と

 

強度のプリズムレンズとのコラボレーションになるのです。

 

IMG_4480

プリズムを入れる事を考慮してFPDを

52mmに設定してコンセプトYに発注しました。

 

両目共にマイナス11.00Dくらいの近視。

それにベースアウトプリズムを10△(プリズム入れて作成。)

更にスイッチマグ用に、鼻側と耳側にシルバーのマグネットが

埋め込まれています。

IMG_4481

それでも上から見ればこの程度の厚み。

コンセプトYさまさまです♪

IMG_4486

この時点で重さは11g超絶軽いです。

この程度では鼻に掛かる重さも軽微と言えます。

 

それにスイッチマグを付けると

IMG_4482

こんな感じ、マグネットが二重になりくっついています。

IMG_4483

上から見るとこんな感じ。

これは度無のレンズにベースアウトで8△入れて作っています。

 

これでベースアウト18△の効果があります。

今まではこの度数を狙っても作ってくれるメーカーがありませんでしたが、

この二枚重ねのやり方なら、可能性は更に広がります。

 

IMG_4484

これで重さは21g、さっきの比べればほぼ倍ですから、

無視出来ない重量増ですが、それでも通常のフレームで作った事を

思えば、約半分程度で済んでいると言えるでしょう。

 

現状9割の成功率を9割5分にする事を当面の目標にしようと思っていますが、

この方法なら、夢物語でもなく現実味を帯びてきます。

 

後日、このメガネで良かったと有難いレポートも頂いている事も

重ねてご報告させて頂きます。

 

このご報告がどこかのお店の

どなたかのお役に立ちますように。

 

それではまたこのblogでお会いしましょう。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

opteria Glassias
https://opteria-glassias.jp/
住所:〒180-0004 東京都武蔵野市
吉祥寺本町1-11-21せのおビル1F
TEL:0422-21-6755
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

メガネに関するお役立ちコラムや吉祥寺にあるお店の営業のご案内、最新情報をご案内しております

吉祥寺のオプテリアグラシアスのNEWSでは、最新の営業スケジュールや最新のサービスのご案内、オススメのブランドやフレームの情報をご紹介しております。定休日や臨時休業のご案内もしておりますので、ご予約前にご確認ください。
コラムではメガネデザイナーによるフレーム選びやレンズ選び、機能性と美容性を同時に追求するためのアドバイスをご提供しております。選び方にお悩みの方も失敗したご経験がある方も、視力矯正が初めての方もぜひご参考になさってください。
吉祥寺のオプテリアグラシアスではご予約制にて、じっくりとお時間をかけてフレームやレンズ選び、視力矯正のための充実の検査と快適に使うためのフィッティングをご提供しておりますので、ぜひ一度ご来店ください。

WEBショップカード

オプテリアグラシアスオリジナルブランド PRIORITY SEETS

ウルトラセブン×BLACK ICE

contact_banner