2019年

レンズを豆に変える。

本日のblogの難易度【★★★★★】

 

今朝の体重は76.5キロ、なんか増えてる。

きっと気のせいでしょう。きっと明日は痩せています。

この豆に投稿している僕の体重日誌ですが、

いつまでつづくやら…。

 

今朝一番にいらしたお客様の眼を拝見すると、

四年前に作られた近視が過矯正になっていました。

近視の量が減ってしまった為です。

 

え?近視の量が減る?何て疑問形をつけてしまった方は

本blogの読者としては初心者とみた。

罰として最初から読み直しをお薦めします。

 

そうです。ある年を境に近視は減り、

遠視は増えていく傾向にある事を

僕は本blogで何度もお伝えしています。

 

では何歳くらいから、度数は変化するのでしょう?

 

1)30才

 

2)35才

 

3)40才

 

 

 

 

答えは3)なのですが、より正確に言えば

諸説あるのですが、おおよそ40才から46才をむかえる頃から、

近視は減る傾向にあり、遠視は増える傾向にあります。

 

ですから今回は自然な変化とも言えますが、

ちょっとばかり大きく変化していて

特徴的でした。ですから是非こちらのblogでも

ご紹介し共有したいと思います。

 

先ずはレフケラという機械、通常の多くのお店ではレフという機械を

お使いですが、グラシアスはレフ+ケラトメーターという機械を使っています。

 

ではその数値を見てみましょう。

 

屈折 SPH CYL AX ADD PD 片眼視力 両眼視力
他覚 R -1.00 -0.75 98 36.00 0.15 0.40
L -1.75 -1.00 85 36.00 0.15
角膜乱視 R -2.25 2
L -0.50 19

 

これだけ見ると比較になりませんから、今まで使っていた眼鏡の度数を見てみましょう。

旧度 R -1.82 -0.05 0 1.93 36.00 0.80 1.00
L -2.43 -0.08 79 1.89 35.00 0.90
簡単な計算ですが、右目で言えば1.75-1.00=0.75 一段階が0.25ですからこの時点で3段階
近視が減っていると言えますね。左目も同様に計算してみると2.50-1.75=0.75
これまた同様に三段階減っています。このレフケラという機械は参考にはなりますが、
あてにしてはいけません。ではこれから実際に様々なやり方で視力測定していきます。

先ず原則として

近視:最高視力で最弱度

遠視:最高視力で最強度

という原則があります。

その原則に則り視力測定した結果は以下の通りです。

両眼解放 R -0.25 -1.00 100 72.0 1.5
L -1.50 -1.00 85
上記のレフケラという機械に比してどの程度変化しているでしょう?
右目で言えばレフケラ値は1.00-0.25=0.75 これもまた偶然ですが、三段階、
以前の度数と比較すれば、1.75-0.25=1.50 これは6段階!!ですね。

左目はどうでしょう?レフケラ値は1.75-1.50=0.25 これは一段階。
こちらの方が変化が少ないですね。
以前の度数と比較すれば、2.50-1.50=1.00 これは四段階。

左右差はあれど、両目共に近視は減っているし、機械の測定値からも大幅に変動している事が理解出来ますね。
そしてこれからも近視は減っていくことを予想し、
更に一段階下げたメガネで今回はご提案しました。
処方値 R 0.00 -1.00 100 1.75 37.0
L -1.25 -1.00 85 1.75 35.0
これで両目で1.2の視力です。二年くらいするとこの度数のままで、
眼の病気にならない事が前提で視力は1.5に変化すると予想します。
皆様もたった4年でこれくらい度数が変化してしまう事があると理解してください。
また、こういった変動期に入った場合には、それ程一つの眼鏡は長く使えないと
理解するべきでしょう。ですから、安定期(20才から40才くらい)の間は良いのですが、
変動期は注意するべきだと警鐘を鳴らします。
ですから変動期は10年使うつもりで高いレンズを買うよりは、
比較的手ごろなレンズを豆に変えた方が良いとも言えますから、
その予算組もあわせて、親身になって提案してくれる
眼鏡屋さんとのご縁をどうか大切にしてくださいね。
それではまたこのblogでお会いしましょう。
屈折異常の変動傾向
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
opteria Glassias
https://opteria-glassias.jp/
住所:〒180-0004 東京都武蔵野市
吉祥寺本町1-11-21せのおビル1F
TEL:0422-21-6755
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

英語脳を鍛える。

本日のblogの難易度【★★】

 

今朝の体重は76.0キロ。ふむ、少し増えているけど

誤差でしょう。っと切り替えて今日のblogは始まるのです。

 

今僕はfacebookで実験的に友達申請が来たら、

特にご挨拶なしでも無条件にその申請を受けています。

中にはポルノや、詐欺、あとは私はお金持ちだから

お金を差し上げますから連絡先を教えてください。

 

なんて豪気な方もいらっしゃいます。

大盤振る舞いもいいところですが、

 

残念ながら、一歩踏み込む勇気のない僕は、

詐欺の段階に入るとブロックする。

 

若しくはLINEのIDやGMAILアドレスを教えてと

言われると、それを機にブロックするようにしています。

 

では何故こんなリスキーな事をしているのでしょう?

それは、そもそも発端は興味本位です。

 

この冒険を始めた当初は600人程だったお友達の数が

毎日200人くらい増えています。そしてそれらの1/3のくらいが

どうやら詐欺の様です。でも全てが詐欺ではないし、

 

一見様でも、本当に丁寧にご挨拶をしてくださって、

執拗に営業を掛ける訳でもない方も数多くいらっしゃいます。

これはこれで発見でした。そもそも詐欺の人って地球(facebookユーザー)で

どれくらいいるの?と思い始めてみましたが、答えは無数にいる、だったようです。

 

若しくは同じ人物が別アカで多数の人格を演じている可能性も

ありますが、その判断は僕にはつきません。

 

ともかく、1/3くらいの悪意のあるユーザーを恐れて、

残りの至極まともな方々とのコネクションの機会を失うのは

どうなの?という経営者としての当たり前も感じている僕もいます。

これは当初は予想していませんでした。

 

皆さんの多くは、ご挨拶の無い方からの友達申請は承認しない、

それが常識かもしれませんし、ほんの一週間前の僕もそうでした。

 

ちょっと内情をご紹介してみると実際にはこんな方が多かったようです。

 

自己啓発セミナーの講師。

 

自らの商売に繋げようと広く友達を募っている方。

 

それと分けの分からん人もいます。サイレントユーザーともいうのかな?

ご自身のfacebookページを見ても特に書き込みも無いし、

これが若しかしたら一番怖い方かもしれませんし、詐欺の別アカ用に

作られた予備軍かもしれません。

 

また詐欺の方の多くがアメリカのsoldierで、

アフガニスタン、シリアに今いる何て噓も言ってきますが、

軍人系の方はほぼほぼ噓であると思って間違い無い様です。

 

僕が言うのもいかがなものか?と思いますが、

どうか皆様気をつけてくださいね。

 

この友達申請がひと段落するのか?良いカモ見つけたって

更に拍車がかかるのか、今後も予断を許さない状況ですが、

何しろ、詐欺の方々とのコミュニケーションで

英語を使ってくださいと僕は伝えています。

 

たどたどしい日本語でコミュニケーションしても

何もこちらとしては得る物が無いからで、

僕はこの詐欺グループと英語でコミュニケートして

英語脳を身に付ける事が最大の僕の目的だったりします。

 

っというのもこの間の上海出張で僕は言いたいことの半分も

言えない状態で歯がゆい思いをしました。
パリに行き始めてから英語の必要性を痛感し、

勉強してきたつもりですが、それでもやはり足りないなと日々感じています。

 

僕の最初の英語のハードルはリスニングでした。

ところが、アメリカのドラマを一生懸命字幕で見ているうちに

最近は知っている単語は、そのまま脳に届くようになりました。

 

次のステップはボキャブラリーを増やす、

そして英語から日本語への変換スピードを上げる。

そんなトレーニングをこのFacebookでしているのです。

 

繰り返しますが、皆様にはお薦めしませんよ。

リスクがありますからね~。

 

ただ僕にとっては余った時間に、ここなら英語が思う存分使える。

忙しい時は、仕事が出来るので重宝しているだけなのです。

 

勿論このご縁でつながった多くの悪意のない方とは

願わくば健全なお付き合いをお願いしたいと思っておりますので、

是非、今後とも宜しくお願い致します。m(__)m

 

僕からは原則友達申請はしておりません。

 

それではまたこのblogでお会いしましょう。

 

g-08-01

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
opteria Glassias
https://opteria-glassias.jp/
住所:〒180-0004 東京都武蔵野市
吉祥寺本町1-11-21せのおビル1F
TEL:0422-21-6755
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

コンセプトY新作 Y2F 

本日のblogの難易度【★★】

 

今朝、立川の眼鏡屋さんから、眼鏡と書かれた荷物が届きました。

?をつけて恐る恐る開けてみるとコンセプトYの新作が届いていました。

 

IMG_2551 IMG_2550

 

新作お披露目ツアーで、この後はいつも懇意にしている笹川時計店

さんにまわすようです。

 

そんな訳で、コンセプトYのファンの皆様、

 

11/14 11/15 11/16 の三日間限定ですが、

 

新作5型が現物としてご覧になれますので、

是非一度コンセプトYの素晴らしさを再確認してみてくださいね。

 

コンセプトYって何?

 

っという方には簡単にご説明しますが、

 

コンセプトYは日本の眼鏡ブランドです。

そのコンセプトがまた斬新で、

 

軽量

 

堅牢、

 

そして環境に優しい。

 

という三つの大きなコンセプトがあります。

そしてデザイナーが意図しているかどうかは不明ですが、

このコンセプトYは、実は

 

美しいのです。

 

それは機能美という言葉で表現するのが相応しいでしょう。

ミニマリズムともいうべき、無駄を排除して残った物が放つ

独特の魅力があります。

 

特にグラシアスでは斜視矯正を一生懸命していますが、

その斜視矯正をするときのプリズム入り眼鏡としても

大変重宝しています。それはコンセプトYの根本的なデザインコンセプト

として、

 

顔幅

 

 

瞳孔間距離(左右の目の中心から中心までの距離、PDともいいます。)

 

の不一致というアイウェアデザイナーを悩ませる根本的な問題にメスを入れた事に

このブランドコンセプトの素晴らしさがあります。

 

顔幅が広ければ、瞳孔間距離も広い。

 

こう思いがちですよね?ところがここには人種間の骨格的な傾向は有ったとしても、

顔幅が広い=瞳孔間距離も広いとは一概に言えない事に、眼鏡フレームの設計の難しさがあります。

 

顔幅が狭い、でも瞳孔間距離は広い。

 

こういった顔に合わせるニーズがあるという事です。

コンセプトY以前の眼鏡はこのニーズに対応出来ていませんでした。

それこそ、一本ずつ特注で仕上げるしか方法が無かったのです。

 

特注で仕上げれば一体いくらで一本の眼鏡が手に入るのでしょう?

綿密な積算はした事がありませんが、自分の本当に作りたい物を一から

作れば数百万は軽く掛かるでしょう。

 

それをセミオーダーとはいえ、38.000(当店価格 税抜き)で実現したのですから、

まさに革命と言える出来事だと僕は認識していますし、

このフレームが出来たお蔭で斜視矯正の段階が一つ先に進みました。

 

そしてこの顔幅に関係なく瞳孔間距離を合わせる効果は、

 

過去に例がない程の仕上がった状態でのフレームの軽さを生みます。

例えば、度無では軽かったフチなし眼鏡でも度を入れようとすれば、

一気にレンズの厚みが増して、厚く重たくなってしまいます。

 

ところが、レンズの位置を自分の眼の中心に持って来れば、

小さなレンズでも視界をカバー出来る効果があり、

小さなレンズにすれば軽く仕上がります。

 

更に副産物とも言える効果があります。

 

それは

 

見え心地が良くなるという事実です。

 

近視にしろ遠視にしろ度が強くなればなるほどに、レンズの見え心地は

中心と周辺では見え心地が変化します。別の言い方をすれば、

中心から距離が離れれば離れる程に視界は歪むとも言えます。

 

どんなレンズも度が入る以上、均一な見え心地は提供出来ないという事です。

 

そしてレンズは中心部が一番の光学性能であるという事です。

コンセプトYはその一番美味しい部分をくりぬいて使えるのです。

これが見え心地が良いという根拠になるのです。

 

それでは短い間ですが、プチコンセプトYトランクショーの始まりです。

 

それではご来店お待ちしております。

 

度がつく説明図

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

opteria Glassias
https://opteria-glassias.jp/
住所:〒180-0004 東京都武蔵野市
吉祥寺本町1-11-21せのおビル1F
TEL:0422-21-6755
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

香港を想う。

本日のblogの難易度【★★★★★】

 

今朝の体重は75.9キロ。

昨日は久々(およそ一カ月ぶり?)の丸一日のお休み。

スパジャポに行ってきました。

 

スパジャポって何?って人はリンクに飛んでみて、

何しろでっかいスーパー銭湯です。

 

僕は以前に何回も香港に行っていました。

そこで友達も複数名出来ました。

 

その香港の友達はよくこんな事を言っていました。

 

「僕らは中国人じゃない、香港人だ。

どちらかと言えば僕らは日本人や英国人にちかいんだ。」

 

と。彼らのプライドが垣間見えた瞬間です。

 

今、香港で起こっている内戦に近いようなイデオロギー対立。

共産主義か、民主主義か。世界ではとっくに終わっている東西冷戦が

アジアでは根深く残っています。中国しかり、朝鮮半島しかり。

 

その根本にこのプライドが彼らを支えているのでしょう。

 

僕は先日上海に行ってきました。

FacebookやTwitterが現地の回線では使えない事に多少驚きましたが、

ツーリストとして行っていれば、

特に社会主義や共産主義を意識することなく、快適な旅が出来ました。

 

また今年は社会主義国家であるスリランカにも行ってきましたが、

これまたしかり僕の感想は、良くできたリゾート国家だな。

が感想です。何が言いたいかというと、

 

このイデオロギー対立は、どちらにとっても不幸ではないか?

この対立が無ければ中国人も香港人も同じ中華圏の同胞として

手を携え発展に向かって協調出来るでしょ?

 

って言いたいのです。

 

このままでは、本当に第二の天安門事件の二の舞です。

 

今香港で起こっていることから、チベットやウイグルや天安門を

なぞらせてはいけません。共産主義であろうと民主主義であろうと

人権は保障される筈なのです。それなのに、今香港で起こっている事は、

 

どちらも正義を掲げて争っています。勿論それぞれに正義があるのです。

それは承知しています。だからこそ、ここは第三国が入る必要があります。

国連が形骸化している中、元宗主国の英国こそ、仲裁に入るべきでしょう。

 

勿論中国は内政干渉だと反発するでしょう。でも人権が脅かされているのです。

一方、中国政府にしてみれば、国体が脅かされているでしょう。香港での要求を

全てのめば、それこそ、中国国内の独立運動を誘発する可能性を何より恐れるでしょう。

 

人権か国体か?答えは決まっています。それは人権に決まっています。

人権は言い換えれば人の命とも言えませんか?人の命が脅かされているのです。

 

でも歴史を振り返ってみても、この人の命か国体かという問いに

国体だと答えた為政者がいた事は間違いのない事です。

 

歴史は繰り返すのでしょうか?

 

なにしろ香港返還後、50年は保障されている筈の自由が脅かされています。

そして、それに敏感に反応した若者が立ち上がったのでしょう。

当たり前です。彼らからすれば、これから50年程の残りの人生、

今まで当たり前だった自由が奪われる危機がすぐそこに迫っているのですから。

 

先日の発砲事件も含めて、今中国は人民解放軍を投入するかどうかの瀬戸際であるだけでなく、

警察官の部隊にはすでに本土(香港人はmainlandって言ってました。)から

秘密裡に送りこまれていて、それが警察権力として暴力をふるっているのが

真相な様です。時に中国は私服の警官や、私服のマフィアがデモ隊を装い

暴力をふるい、必要以上にデモ隊が暴力に満ちた集団だとプロパガンダもしている様子です。

 

全てが大きな誰かの描いた筋書きで動いているように見えます。

 

ただただ日本より香港の平和をお祈りいたします。

 

それではまたこのblogでお会いしましょう。

 

20151119144034

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
opteria Glassias
https://opteria-glassias.jp/
住所:〒180-0004 東京都武蔵野市
吉祥寺本町1-11-21せのおビル1F
TEL:0422-21-6755
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

僕の頭の中を整理してみた。

本日のblogの難易度【★】
僕の夢というか、今同時進行して処理している事を
頭の中からアウトプットしてみました。
これだけ見るとゾッとします。人一人では人生を何回繰り返しても
絶対に完成しない大規模事業だと思います。
これはチームで、場合によっては業界を挙げて、
更に他業種も巻き込んで行わなければ絶対に出来ないでしょう。
だから僕はさらけ出します。これに興味を持ってくれた人達を集いたいし、
場合によっては僕がいない場で僕抜きで勝手にやってもらってもOKです。
どうせ僕一人では出来ない案件ばかりです。
例えば①のメガログを誰かがやってくれれば、
僕の肩の荷が一つよいしょっと降りて別の事業に集中出来ます。
だから、僕の頭の中をさらけ出すことは、僕の為にも役立っているのです。
では僕の夢をご紹介しましょう。
①メガログ
→眼鏡屋選びの指針となるサイト構築。
→中小零細眼鏡店の存在意義を広報する。
価格志向の方は大手へ、本物志向の方はこのお店へ
お洒落な眼鏡を提案して欲しい方はこちらへ。と道標を作る。
→カケルを業界全体を巻き込むイベントへ
→国産メガネにスポットを当てる。眼鏡産業を事業継承、
技術継承も含めて持続可能な形へ。
→買いたい新書(評論家業へ)
②一坪眼鏡店
(SOFTBANK 大手コンビニ 大手家電メーカーとJV 世界中のマーケットへ。)
→AI化、ロボティクス技術導入
→ディープラーニングクラウドビッグデータ構築。
→独自のテンプレート開発及び伊藤式を中国で普及させる。
眼鏡のEC本格化
→3Dスキャナーによるフィッティング
③レチルドの世界中へのマーケット進出
→利顔診断士を資格化へ
→砂時計丁番により、フィッティングに目を向けさせる業界全体への問題提起。
④検査の講師業
→斜視矯正講師業のビジネス化(世界へ)
→世界中全ての斜視でお悩みの方に眼鏡で提案。(世界で約2億人のマーケット)
⑤こうしてあなたは眼鏡で老ける。(セミナー講師業本格化)
→チケットはツクツクで。
→いずれ書籍出版
⑥MOREの加盟社数(1000社 冠スポンサーTVCM)
→プレスリリースの民主化(現状は大手のみが独占)
→MORETUBEチャンネルでユーチューバーになる。
⑦近見視力表開発(アフターフォローも含めて安定供給)
⑧一般屈折のAI化、ロボティクス技術導入
⑨ペッパー君に接客させるプラン。
⑩RTM式眼鏡調整法旗揚げ
⑪歌で何かしらのイベント。
⑫小説家 銃流 勉三の広報活動。
⑬JIRO ITO ヒューマニティデザイナーのセルフブランディング及び広報。

 

⑭オプテリアグラシアスが路面単店で日本一の売り上げになる。

 

さてこれのうちの一つでも実現するのでしょうか?

このサイトではこのただの絵に描いた餅が

一つでも動き出した時にはしっかりご報告します。

 

ですから、是非このblogにいらしてくださいね。

僕と一緒に夢が実現するかどうかのドタバタ珍道中を

観劇しましょうよ。きっとハラハラドキドキだとは思いますが。(苦笑)

 

それではまたこのblogでお会いしましょう。

 

$RW3SYVS

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
opteria Glassias
https://opteria-glassias.jp/
住所:〒180-0004 東京都武蔵野市
吉祥寺本町1-11-21せのおビル1F
TEL:0422-21-6755
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

銃流 勉三の部屋

本日のblogの難易度【★】

 

僕は10年程前から小説を書いています。

そのペンネームは銃流 勉三、銃が溶けて流れるイメージ、

いわば平和な世の中になれば良いな~、なんて思って

 

名前をつけました。

 

【銃流 勉三の部屋】

 

今はこうしたコンテンツがYouTube等、動画も含めて

多様化しているから、読んでもらうのも大変です。

 

皆様お忙しいと承知しておりますが、

どうかお手すきの際にでも、

ご一読頂ければ幸いです。

 

それではまたこのblogでお会いしましょう。

 

j銃流 勉三ロゴ最終

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
opteria Glassias
https://opteria-glassias.jp/
住所:〒180-0004 東京都武蔵野市
吉祥寺本町1-11-21せのおビル1F
TEL:0422-21-6755
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

メガネに関するお役立ちコラムや吉祥寺にあるお店の営業のご案内、最新情報をご案内しております

吉祥寺のオプテリアグラシアスのNEWSでは、最新の営業スケジュールや最新のサービスのご案内、オススメのブランドやフレームの情報をご紹介しております。定休日や臨時休業のご案内もしておりますので、ご予約前にご確認ください。
コラムではメガネデザイナーによるフレーム選びやレンズ選び、機能性と美容性を同時に追求するためのアドバイスをご提供しております。選び方にお悩みの方も失敗したご経験がある方も、視力矯正が初めての方もぜひご参考になさってください。
吉祥寺のオプテリアグラシアスではご予約制にて、じっくりとお時間をかけてフレームやレンズ選び、視力矯正のための充実の検査と快適に使うためのフィッティングをご提供しておりますので、ぜひ一度ご来店ください。

WEBショップカード

オプテリアグラシアスオリジナルブランド PRIORITY SEETS

ウルトラセブン×BLACK ICE

contact_banner