2020年1月

業界紙で取り上げて頂きました

本日のblogの難易度【★★】

 

今朝の体重は77.3キロ。

少し戻しましたが、まだまだですね。

 

お休み中に先輩が

 

「伊藤さん、業界紙に出ていたよ。」

 

と教えてくださいました。

有難いこってす。

 

84265965_2745397825527948_4260359939882483712_n[1]

 

何かと忙しい休み明けなので、

今日はこの辺で…。

 

それではまたこのblogでお会いしましょう。

 

$RW3SYVS

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
opteria Glassias
https://opteria-glassias.jp/
住所:〒180-0004 東京都武蔵野市
吉祥寺本町1-11-21せのおビル1F
TEL:0422-21-6755
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ヒューマニティデザイナー誕生。

本日のblogの難易度【★★】

 

今朝の体重は78.0キロ

しっかり沖縄太りをしてきました。

また戻すぜよ。

 

今日は先日プレスリリースしました

以下の内容について僕の思いをお伝えしたいと思います。

 

僕は常々思っています。

 

職業に貴賤はないよって。

 

これは兄に頂いた言葉ですが、

いつも肝に銘じて人と接しています。

相手の職業や外見で判断してはいけないよ

という警鐘の意味も込めて

兄は言ってくれたのでしょう。

 

翻り僕を見れば、僕は他の業界から入ってきたよそ者ですが、

そのよそ者の僕から見れば、眼鏡屋という職業は本当に素晴らしい

職業で、誰もが胸を張って仕事をして良いと思っています。

 

ところが、業界に入り、店頭に立ち、実際の現場を見てみると

僕のお客様が僕らの業界を見ている印象は

 

正直お客様に馬鹿にされていると感じました。

 

「眼鏡なんてそんなもん。」

 

「眼鏡屋なんて噓ばかり言って、隙あらば高い物を売りつける。」

 

「眼鏡はずれるのが当たり前。」

 

こんな感じである意味、呆れ、ある意味諦めながら

眼鏡屋さんと付き合っている方が本当に多いなと感じました。

 

実際に創業当初の僕は、先ずそのお客様の半信半疑な心境から

生まれる壁を取っ払う事に腐心した経験が数多くあります。

 

僕らが良いレンズやフレームを提案しようと思っても、

 

「また、必要の無い高いレンズを売りつけられると怯え、そして怒るのです。」

 

だから僕は、その疑惑の目を向けられている事を意識し、

そして、心底お客様の為になる提案をしようと、

お店に立てば売り上げは忘れました。

 

先ずは満足だけを考えることに集中したのです。

 

そんな僕は業界に入って18年程、

業界に拾われた僕は業界に恩返ししたいな~、

何かできないかな~と日々考えています。

 

そして考えたのが自分がただの眼鏡屋から卒業する事です。

職業に貴賤はない、あるのは僕らの心の有り様です。

卑しく接客すればそういった眼鏡屋になるでしょう。

 

でも僕は違う、そうはなりたくない。

そんな魂の叫びにも似た声を

僕は常に心の中で聞いています。

 

そこで僕は今あるリソースを考慮し、

敏腕コンサルのS氏と相談し、

ヒューマニティデザイナーという仕事を

命名しました。

 

僕らのやっている事は視力を云々だけじゃないんだよ。

眼鏡って本当は凄いんだよという

メッセージを込めてのネーミングでした。

 

そのヒューマニティデザイナーJIROITOを

@DIMEさんにてご紹介頂けました。

皆様ご興味ございましたらご一読くださいませ。

 

彼女もできる?仕事の質も上がる?メガネを起点にして人の暮らしを変える

「ヒューマニティーデザイナー」という仕事

 

それではまたこのblogでお会いしましょう。

JIROITOHPTOP

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

opteria Glassias
https://opteria-glassias.jp/
住所:〒180-0004 東京都武蔵野市
吉祥寺本町1-11-21せのおビル1F
TEL:0422-21-6755
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

沖ネコ万歳

本日のblogの難易度【★★】

 

今朝の体重は77.0キロ。

 

沖縄に来て少し太り気味。

日々糖質と戦いながらご飯を食べています。

 

何しろホテルが長くなると

塩分糖分が多くなってしまいがちなのです。

 

昨日と今日は斜視の方や星が二つに見える方。

そんな新規のお客様に事前にご予約頂き

接客致しました。

 

斜視の方は子供の頃から斜視の自覚はあるようでしたが、

斜視の時と、そうではない時があると自覚がある方でした。

実際に測定すると26△(プリズム)くらいのずれ、

 

これくらいは斜視矯正の方々であり、

過去の事例と比較すれば少なめのずれとも言えます。

 

結局フレームはレチルド、

レンズは東海光学の1.70AS(ASは非球面レンズね)

 

に決定しました。

少しでも暮らしが豊かになればな~、

っと思います。

 

余談ですが、

沖縄に来ると楽しみがあります

それは沖縄の野良猫さん達とのふれあいです。

 

東京のネコは僕の顔を見ると一目散に逃げますが、

沖縄のネコは人を見ても何も恐れないケースが圧倒的多数です。

 

僕はその土地に人柄を見たかったらネコを見れば良いと

勝手に思っています。猫をいじめている土地にいけば

ネコは人を怯えますし、猫を可愛がっていれば、

人との触れ合いを喜びます。

 

沖縄は猫というフィルターを通してみれば、

良い人ばかりというお話になるのです。

 

ここ数日で何匹かのネコちゃんと

触れ合いましたが、そのうちの一コマを

お届けします。

 

IMG_5378

ね?いい顔しているでしょ?

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

opteria Glassias
https://opteria-glassias.jp/
住所:〒180-0004 東京都武蔵野市
吉祥寺本町1-11-21せのおビル1F
TEL:0422-21-6755
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

第二次変動期は気をつける

本日のblogの難易度【★★★★★】

 

今朝の体重は75.9キロ。

さざ波の様な変動値を体重計は指し示します。

 

停滞期なのでしょう。

 

ここが辛抱だよといつもの常連さんN様に

念押しを頂きました。

 

ここは僕も耐えようと思います。

 

でも我慢には限界あるでしょう?

っというお話が今日のblogです。

 

6年前に作り、一度3年目のレンズ交換、

その際にはちょっと弱めの眼鏡が一番強い度数になっていました。

 

つまり近視が減ったという事です。

 

そしてそれから3年が経過し

今度は近視の過矯正になっていました。

 

主訴としては

 

最近眼が疲れる。近くは見えない。特に暗いところで見え難い。

その代わり、遠くは良く見える。

 

なんて主訴でした。

 

早速眼を見させて頂きますが、

先ずは6年前のレフケラ値と

今日現在のレフケラ値を比較してみましょう。

 

屈折 SPH CYL AX ADD PD 片眼視力 両眼視力
他覚2014年 R -4.75 -2.00 82 35.0
L -5.75 -1.00 105 35.0
角膜乱視 R -0 0
L -0 0
他覚2020年 R -3.75 -2.75 82 35.50 0.05 0.10
L -4.25 -2.25 94 35.50 0.03
角膜乱視 R -0.75 78
L -0.50 88

 

この様に近視は減り、乱視は少し増えているようです。

6年前に作った眼鏡の度数はこんな感じ。

処方 R -4.25 -2.00 80 +1.50 35.0 1.0弱
L -5.00 -1.25 100 +1.50 35.0
この度数は二段階弱めにしてデスクワークに対応しました。
今日はこのメガネで1.2の視力が出ていました。
このように近視の過矯正は多少であれば、
遠くの視力に悪影響をあまり与えず、
ただただ、眼が疲れたり、近くが見え難くなります。
ですから今回の主訴は目の状況から考察すれば
その通りというお話です。
では今回実際に作った眼鏡はどんな度数でしょう?
今回は完全矯正値といって一番強い度数で遠くにバッチリ
合わせました。何故ならもう長時間のデスクワークは
考慮しなくても良い状況に生活環境が変わったからです。
処方値 R -3.00 -2.50 82 1.75 36.0 1.2
L -3.75 -2.25 90 1.75 34.0
今までの眼鏡と比べれば一目瞭然ですね。
近視が減っているし、乱視は増えている状態です。
この状態を近視の過矯正と定義するのですが、
安定期を過ぎて第二次変動期に入っているのに
この過矯正を放置しQOLを落としている方が
本当に多いので、皆様40才を過ぎてからは
この点をご理解頂き、一年に一回は眼鏡店や眼科で
度が変わっていないかチェックをお薦め致します。
辛抱にも程がある事もどうかご承知おきくださいね。
1/24は沖縄でカルチャースクール

2/23は日本橋三越でもカルチャースクール

それではまたこのblogでお会いしましょう。

屈折異常の変動傾向

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
opteria Glassias
https://opteria-glassias.jp/
住所:〒180-0004 東京都武蔵野市
吉祥寺本町1-11-21せのおビル1F
TEL:0422-21-6755
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

1/24 は沖縄で目のお勉強しましょう

本日のblogの難易度【★★】

 

今朝の体重は75.6キロ。

微増でござる。

 

さて、インスタグラムって良く分からないね。

うちの奥様がいつも豆にやっているのだけど、

 

僕はノータッチなんだけど、

告知は僕と沖縄の友達が一緒にやるイベントなので、

ノータッチって訳には行きません。

 

なので、沖縄の方で自分の体について

深く知りたいなんて方は

是非いらしてくださいね。

 

きっと皆様喜んで頂ける内容になると

自信満々だったりします。

 

ではお申し込み、ご来場お待ちしております。

 

それではまたこのblogでお会いしましょう。

 

s a

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

opteria Glassias
https://opteria-glassias.jp/
住所:〒180-0004 東京都武蔵野市
吉祥寺本町1-11-21せのおビル1F
TEL:0422-21-6755
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

お茶くみ社長

本日のblogの難易度【★】

 

今朝の体重報告は本投稿は

昨日の予約投稿の為に、

レポート無しよ。

 

さて、冬期休暇までカウントダウンが始まりました。

 

1/22~冬期休暇、8日間の沖縄生活が始まります。

 

昨日は従業員の清水君とこんな話をしていました。

 

夕方、本日の業務が終わりが見えてきている時間に僕は

珈琲を飲もうとコーヒーメーカーのボタンを押しました。

(あ、ネスレさんのインスタントです。でもこれがまた旨いのよ。)

 

そこで辺りをちらっと見ると清水君が

PC前でデスクワークをしていました。

 

僕はそこで

 

「清水君、珈琲呑む?」

 

と聞き、答えはイエスだったので、

再度清水君専用カップを所定の位置に設置し、

ボタンをポチっと押しました。

 

そこでのインスピレーションは

 

(ふ~む、お茶くみ社長って、聞いた事が無いな。)

 

「ね~、お茶くみ社長って聞いた事ないけど、いかしてると思わない?」

 

清水君にそう聞いてみると、

ハテ、この人は何を言っているのだろう?

と訝し気な顔をしています。

 

そこで僕は続けます。

 

「もう社長、もう何もしないで良いから、お茶くみでもしてください。」

 

って邪魔者扱い。でも会社の成績はバリバリ。

 

会社は忙しい事が前提で、

 

更に

 

人は一人一人が自身で判断し行動出来るレベルに育っている事。

 

この二つの条件がそろって初めてお茶くみ社長は成立します。

 

よし!いつかその状況を作るぞ!!

 

因みにトイレ掃除社長は既に実践しています。

トイレ掃除とお茶くみ。誰でもできるかもしれないけど、

誰もがやりたくない仕事。これを社長が先頭きってやる。

 

それでも会社は回る。

そんな僕の理想とする会社像がぼんやりと

浮かんだ冬の夜だったのであ~る。

 

1/24は沖縄でカルチャースクール
2/23は日本橋三越でもカルチャースクール

 

それではまたこのblogでお会いしましょう。

 

untitled

 

沖縄の燃えるような夕日、これを見る事も沖縄行きの

大きなモチベーションになっています。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
opteria Glassias
https://opteria-glassias.jp/
住所:〒180-0004 東京都武蔵野市
吉祥寺本町1-11-21せのおビル1F
TEL:0422-21-6755
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

メガネに関するお役立ちコラムや吉祥寺にあるお店の営業のご案内、最新情報をご案内しております

吉祥寺のオプテリアグラシアスのNEWSでは、最新の営業スケジュールや最新のサービスのご案内、オススメのブランドやフレームの情報をご紹介しております。定休日や臨時休業のご案内もしておりますので、ご予約前にご確認ください。
コラムではメガネデザイナーによるフレーム選びやレンズ選び、機能性と美容性を同時に追求するためのアドバイスをご提供しております。選び方にお悩みの方も失敗したご経験がある方も、視力矯正が初めての方もぜひご参考になさってください。
吉祥寺のオプテリアグラシアスではご予約制にて、じっくりとお時間をかけてフレームやレンズ選び、視力矯正のための充実の検査と快適に使うためのフィッティングをご提供しておりますので、ぜひ一度ご来店ください。

contact_banner