COLUMN&NEWS

嘘をつかない事が武器になる悲しさ。

さ~て、沖縄から帰ってきて恐る恐る体重計に乗ったんですけど、

89.1㌔、100g記録更新で、未踏の領域に僕は踏み進んでいるのです。

 

これから、また痩せる、そしてまた太る。あ~悩ましい。

 

んな訳で、今日もblogをいそいそと書いているのですが、

今日は、少し悲しい話です。僕は以前のblogで

 

「眼鏡屋、保険屋、証券マン。」この三つの職種で自称プロという奴の

いうことを聞くとロクな事が無い。こうして僕ら業界の問題点を

お客様より教わった話を書きました。それが以下のリンクです。

ご興味ある方はご一読くださいね。

 

http://opteriaglassias.blog92.fc2.com/blog-entry-2337.html

 

悲しいことに創業当時の技術も知識も無かった僕は、ただひたすらプリズムだけを

信じて、ひたすらトライアンドエラーを繰り返していました。

 

他に武器がなかったのですから、仕方がありません。でもそんな眼鏡屋としては

半端者だった僕の作った眼鏡は仕立てた本人が驚く程の、反響を呼びました。

そして僕は、では僕の技術レベルがもっと上がったら、お客様はもっと喜んでくれるのかな?

 

と考え、今の修行の日々に至るのです。

 

そして今の業界は、次論公論を書いた当時よりも更に、分かりやすい価格設定の業態は

この業界を席巻しています。僕は自分のご飯を食べる程度の売り上げは維持できていますし、

何も不満は無いのですが、それでも業界に与えるインパクトという意味で僕のお店は

売り上げだけで見れば、存在しないに等しいと思います。

 

せめて吉祥寺一番店にならなくては、と思うのですが、それも焦ってしまうと

冒頭書いたように嘘をついて、単価アップなんて安直な道に走りそうで、

そこは焦っちゃいけないと自制しています。

 

でも、未だに嘘をついてでも売り上げを作れる余地がこの業界にはあります。

 

例えば、ファッション提案では、

 

似合っていて安い眼鏡、

 

似合っていなくても高い眼鏡、

 

こんな二択があったとしたら、高い眼鏡を薦める誘惑にかられるのです。

でも、弊店ではそれをしちゃいけないと自らを律しています。

 

似合わないもんは、似合わんとハッキリ言うからこそ、

似合うという言葉には本来の効果を発揮できるのです。

 

少なくともグラシアスで眼鏡を作って下さった方々は全て、

グラシアスの歩く広告塔です。ですから似合わない眼鏡を掛けて

町中を闊歩されてしまっては、宣伝としては逆効果になってしまうのです。

 

だから、僕らは時にハッキリとダメ出しをします。

 

それは、お客様に似合う眼鏡を掛けて頂きたいという思いと、

それに加えて、コーディネイトを真剣にやる事がお店の為にも

なると信じているからなのです。こんな理屈を僕は僕の接客の師匠の

カリスマデザイナーさんに教わりました。

 

師匠は、顧客の顔のウイークポイントをしっかり、かつ瞬時に把握されていました。

そしてそこをカバーできる眼鏡はこれですよ。と二段構えで提案されていたのです。

 

創業当時の僕は、それを必死に真似ていたにすぎないし、今でもそのカリスマ様の

影を追って日夜、駄目だしとOKの間を揺れ動きながら、お店を楽しんでいるのです。

僕は、こんな当たり前をしているだけなのですが、それが武器になってしまうように

 

心無い「お似合いですよ。」が、世の中に蔓延っている事に多少の悲しさも感じているのです。

 

皆さま、僕らはこんな接客しますが、お許しくださいね。

ご来店お待ちしております。

 

またご予約をは下記のページより可能ですし、

終日ご予約のお客様優先で運営しておりますので、

極力ご予約くださいませ。急な調整等はフラッとご来店くださいませ。

 

https://www.itsuaki.com/yoyaku/webreserve/datesel?str_id=3562&stf_id=0&men_id=26215&flg=3

 

ではまた明日。

 

$RW3SYVS

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
opteria Glassias
https://opteria-glassias.jp/
住所:〒180-0004 東京都武蔵野市
吉祥寺本町1-11-21せのおビル1F
TEL:0422-21-6755
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

お待たせしました。

今、沖縄の空港でこのblogを書いています。

すっかり充電しました。

 

明日からまた気合い入れてお店で仕事を楽しみます!

 

急な調整等でご迷惑をお掛けした皆様 には

お詫び申し上げます。

 

ではまた明日。

 

$RW3SYVS

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
opteria Glassias
https://opteria-glassias.jp/
住所:〒180-0004 東京都武蔵野市
吉祥寺本町1-11-21せのおビル1F
TEL:0422-21-6755
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

十人十色。

昨日は検査の勉強会、いつも日本全国から志の高く、研究熱心な眼鏡士が吉祥寺に集います。

因みに、昨日は一番遠方からいらした方は新潟の眼鏡屋さんでした。

今回の議題は斜視の矯正について、大きなずれのある斜視を通常の眼鏡レンズで

矯正する方法はまだ眼鏡屋さんでも認知されておらず、

 

増してや消費者に普及するには程遠い状況なのですが、日本眼科学会によれば日本の全人口比ではおよそ2%の方が斜視でお悩みだそうです。

 

そう考えると、この矯正法はもっともっと広く認知してどこの都道府県

でもそのサービスを受けられる状態を環境整備するべきだと思います。

 

でもこの斜視矯正に限らず、眼鏡屋さんの検査って日本では統一見解が無く

実はてんでバラバラだったりします。

 

僕はこの状況がいつか変わり、業界を挙げて侃侃諤諤の議論が出来る場が

あるべきだと以前から主張しています。

 

そして技術や理論の揺らぎとも言うべき不一致が皆無にはならなくとも、

少しでも多くの眼鏡屋さんが最良の眼鏡と

は?という疑問に関する答えを

有して欲しいと願うのです。

そしてこの取り組みの結果、国民の暮らしが豊かになる事が究極的な

目標であり、僕の夢になるのです。

 

ではまた明日。

 

$RW3SYVS

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
opteria Glassias
https://opteria-glassias.jp/
住所:〒180-0004 東京都武蔵野市
吉祥寺本町1-11-21せのおビル1F
TEL:0422-21-6755
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

遠くは見えるけど…。

私は遠くが良く見えて、本当眼だけはいいのよ~。

 

と謙遜交じりに言う方、うちのお客様でも沢山いらっしゃいますが、

でもだから眼鏡が不要かというとそれは違うなんてことが良くあります。

 

簡単に言えば、弱度の乱視、遠視の潜伏、左右の度数差、そして何度も言っている

斜位の量、そして眼の筋肉量。

 

これらをトータルに考慮して、眼鏡が必用かどうかを判断します。

 

特にご注意頂きたいのは、眼が良いという方で、近方の作業を毎日長時間やっている方。

そんな方で眼が疲れる。なんて自覚がある方は是非お近くの眼鏡屋さんに相談に行ってみて

下さいね。また、慢性的な頭痛や肩こり、こんな自覚がある方も実は眼が怪しいなんて

ケースもあるんですよ~。眼と肩こり関係あるんかい?と思った方も、ま、だまされたと

思っても一本眼鏡を作ってみてください。試す価値はあると僕は思いますよ~。

 

今日も忙しく、短めです。

 

ではまた明日。

 

$RW3SYVS

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
opteria Glassias
https://opteria-glassias.jp/
住所:〒180-0004 東京都武蔵野市
吉祥寺本町1-11-21せのおビル1F
TEL:0422-21-6755
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

1キロ太ってた。

北海道で三日間で4キロ太るという偉業を成し遂げた次郎さんですが、

何とか86.2キロまで、戻しホッと一安心していたら、正月を超えて1キロ太って

87.5キロに戻ってしまいました。そして運動せねばと慌てていたらあばらを痛める。

 

こんな時こそ、急がば回れですね。そして自転車通勤二日目。87.2キロ。

 

ふむ、順調だ。

 

そして今日もお蔭様でご予約は満タンです。急な調整等は対応致しますので

遠慮なくお願い致します。では今日は今年一番の寒波なんて報じられていますので、

どうか充分な防寒対策をした上でご来店くださいませ。

 

ネスレのバリスタですが、珈琲もご用意できますので、そちらも遠慮なく

お申しつけくださいませ。

 

では今日はそんな訳で短めで。

 

また明日。

 

$RW3SYVS

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
opteria Glassias
https://opteria-glassias.jp/
住所:〒180-0004 東京都武蔵野市
吉祥寺本町1-11-21せのおビル1F
TEL:0422-21-6755
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

何で高いと宣伝する眼鏡屋さんが成り立つの?~Vol2~

昨日の続きです。

 

では、レンズを仕立てる為には、どんな手間があるのでしょうか?

 

大別すると

 

検査/加工/フィッティングとありますが、更に必要なのは、
顧客の求めるスペックや想定する使用状況に合わせてレンズを提案できる
レンズ知識と顧客のニーズを想像するイメージ力でしょうか?

これらが全て合わさってお客様はレンズに満足なさいます。

 

またこれらの要素が一つ欠けるだけでもレンズは最高の性能を発揮できません。
そしてグラシアスは本当は世界一と言いたいのですが、今の段階でそれを言い切るのは
時期尚早で、その言葉を発する為にはもっともっと僕自身勉強も修行も必要なのです。

 

少なくともレンズを仕立てる為に妥協せず、少しでも良い物を作れる為に手間は惜しみません。
これは言っても良いと思います。例えば眼鏡一式単価が5000円だとするのなら、

一日最低30本売らないと利益にならないと仮にします。

 

営業時間が10時~19時だとするのなら、単純計算で、9時間÷30本は1本に掛けられる時間は18分。
休憩を入れない状況です。しかもこれには接客の時間も入ってきますし、再調整の型直しの手間も
時間に組み込む必要があります。実際にはこういったお店は休憩を回す為にも常に数人でお店を回す
体制でお客様をお迎えします。一人の接客に30分かけるとすると一人ではどんなに頑張っても
お店は回らなくなります。では何人必用なんでしょう?

 

試算してみます。

 

検査5分、接客30分、フィッティング3分、加工15分、レジの会計1分、
これを合算すると=54分 もろもろ合わせて55分としましょうか?

 

一人に55分かけて、それを一日30本売ろうとすると1650分。一日540分の作業時間があったとしても
休憩時間が一日90分あれば実質450分しかないのです。これを1650分で割ると一日に
必用な人員が算定されます。答えは3.6人、だから最低でも常に4人、ピークタイムは5人必用かもしれません。

こんな感じで激安量販店の一日はあっという間に過ぎていきます。

 

ここまで来ていかがですか?いかに時間を掛ける余裕がないかがお分かりいただけますか?

実際にはこれで儲かったかどうかを判断する必要がありますが、そこまで説明しても混乱するかと
思いますのでそれは別の記事でご紹介します。

 

ではグラシアスではどうなのでしょう?

 

検査30分~60分、接客60分、フィッティング15分、加工30分、=135分

これを妻と二人で回しているのです。

 

うちの営業時間は、11時から21時。営業時間は10時間=600分、妻が15時出社で、6時間=360分。

つまり一日960分の作業時間があります。

 

ただし、二人でやっているとこれ以外にも例えばこうしてblogを書いたり、経理の仕事をしたり、
銀行と交渉する為の資料作りしたり、メルマガも書いています。更に今は眼鏡学校の課題にも
取り組んでいたりします。これらの作業は空いた時間にやったり、開店前と閉店後にやればよいと
するので、ここでは960分で計算してみます。

 

では計算してみましょう。

 

960分÷135分=7.1人。

 

一日マックスで7人までは販売できる事が計算上は分かります。

ただうちのお店はご予約優先のsystemをいれております。そして検査もフレーム選びも
される方の場合にはお一人様2時間のご予約枠を入れております。

 

すると10時間÷2時間=5人。

 

大雑把な事業計画で僕は一日5人売れて、かつご予約が埋まる状態を想定して

レンズの価格と利幅を想定しています。

 

ここまで説明してきお分かりいただけました?

 

では人を雇って、一日30本売ろうと僕のビジネスでやればもっと儲かる?それはその通りです。
でも今の日本のマーケットではこの手間暇かけて眼鏡を仕立てる事に価値があると感じる方は
明らかにマイノリティーです。ですからそういった少数派の方々を自分のお店に集める為には
相当の広告宣伝費が掛かる事を覚悟しなくてはいけませんし、

 

何より、自分の分身となるべき従業員を多数雇用する必要があります。

まずは、そんな優秀な人材を集める事が今は大手でも苦労している事を考慮すれば、

それはそれで一苦労だと感じています。高齢化社会では働き盛りの若者とのご縁を頂く事が

大変なだけでなく、更に職人を集めようとしたら。それは僕自身に相当に力が必用だと言えます。

 

残念ながら業界外から入ってきた僕にはそんな人脈も人望も

無いというのが冷静な評価だと言えるでしょう。

 

そんなこんなでざっと説明してきましたが、こうして書いてみると手間暇がコストである事が
分かると思います。そしてその手間に価値があると感じている方々が今グラシアスに集まって
来ているのです。決して酔狂な集団が集まってきている訳ではない事にご理解頂けたでしょうか?

 

グラシアスのお客様に僕は勿論感謝していますが、一方僕はお客様を誇りに思ってもいます。
今の時代、失われてしまった「目利き」という能力がある方々だと思うからです。

 

皆様、僕はまだまだ発展途上です。もっともっと上手に眼鏡を作れるようになりたい。
日々考える事はそればかりです。そして必ず次回のご縁では更にレベルアップして僕自身が
成長している事はお約束します。今の段階では僕の未来に投資する先物買いかもしれませんが、
それは青田買いとも言えるかもしれません。

 

いつか高くともグラシアスで作ってよかったと
多くの方に言われるよう頑張りますので、

今後ともよろしくお願いいたします。

 

ではまた明日。

$RW3SYVS

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
opteria Glassias
https://opteria-glassias.jp/
住所:〒180-0004 東京都武蔵野市
吉祥寺本町1-11-21せのおビル1F
TEL:0422-21-6755
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

メガネに関するお役立ちコラムや吉祥寺にあるお店の営業のご案内、最新情報をご案内しております

吉祥寺のオプテリアグラシアスのNEWSでは、最新の営業スケジュールや最新のサービスのご案内、オススメのブランドやフレームの情報をご紹介しております。定休日や臨時休業のご案内もしておりますので、ご予約前にご確認ください。
コラムではメガネデザイナーによるフレーム選びやレンズ選び、機能性と美容性を同時に追求するためのアドバイスをご提供しております。選び方にお悩みの方も失敗したご経験がある方も、視力矯正が初めての方もぜひご参考になさってください。
吉祥寺のオプテリアグラシアスではご予約制にて、じっくりとお時間をかけてフレームやレンズ選び、視力矯正のための充実の検査と快適に使うためのフィッティングをご提供しておりますので、ぜひ一度ご来店ください。

contact_banner