COLUMN&NEWS

若いけどPCで眼が疲れる。

本日のblogの難易度【★★★★★】

 

今朝の体重は81.3キロ、何も悪い事(つまみ食い等)していないのに、

今朝は増えていました。ふむふむ。

 

今日は雨なので、ウオーキングを控えてしまったので、

明日の体重計が怖いぜ。

 

怖いと言えば、今日ご予約でいらしたお客様は、

 

28才((男性 A様(仮称))のご相談は、

 

「元々裸眼でPCもしていたし、生活していた。二年前に人生初のメガネを購入し使っていた。

作り始めは、多少楽になったかな?と感じていたが、最近特に辛くなった。」

 

とご相談にいらっしゃいました。

 

僕は三種の神器と呼んでいますが、

 

肩こり/慢性的な頭痛/眼精疲労

 

これの三つの特徴的な不定愁訴でお悩みでした。

 

早速眼を見させて頂くとこんな感じでした。

 

【レフケラという簡易に屈折異常を測定出来る機械の数値】

屈折 SPH CYL AX ADD PD 片眼視力 両眼視力
他覚 R -2.25 -0.75 174 30.00 0.10 0.80
L 0.25 -1.00 180 30.00 0.80
角膜乱視 R -1.25 165
L -1.75 15

 

【二年前に作った、今お使いの眼鏡の度数と視力】

旧度 R -1.72 -0.51 179 28.50 1.00 1.20
L -0.25 -0.98 180 28.50 0.80

 

この時点で気づく事は、右目はともかく、左目が遠視の筈なのに、

近視の眼鏡を掛けていらっしゃるという事でした。

 

ここで注意しなくてはいけないのは、眼鏡屋さんはすぐに

「あ、今のメガネは合ってない、前の検査は酷いね。」

 

と他の眼鏡屋さんの検査をディスる傾向にありますが、

本来はそんな事言える筈もないんです。

 

検査に100%の自信がある人は、そのセリフを言えるかもしれませんが、

先ず僕の知り合いで検査に100%の自信がある人なんて存在しませんでした。

 

更に言えば、二年前の眼の状態を言い当てるなんて僕に言わせれば不可能、

タイムトラベラーか、魔法使いの所業だとすら思えます。

 

ですから、僕は、決して僕と見解の相違があったり、導かれた答えが違っても

他の検査結果を尊重して説明するようにしています。

 

今回も、その当時は左目は近視だったのかもしれません。

と説明しましたし、その当時は近視かもしれないし、

実は当時から遠視が潜伏していた可能性のどちらもあるという事で、

断言は出来ないと少なくとも僕は思っています。

 

では実際に検査すると僕の導いた答えはこんな感じでした。

【僕が視力測定してだした答え。】

両眼解放 R -1.75 -1.00 170 +2.00(40) 60.0 1.2 1.2
L 0.75 -1.25 180 +2.00(40) 1.2

 

この様に、右目の近視はレフケラの数値より弱くなり、逆に左目の遠視は強くなりました。

更に言えばご年齢に比して加入度が40㎝で+2.00というのも明らかにおかしいと思い、

調節微動を測定出来るソフトで測定もしました。

その結果がこちらです。

調節微動

ご年齢に比してピントの調節能力が足りていない感じです。

画面のコメントでは「調節緊張(軽度)の傾向がありますとコメントされました。

 

では、その調節微動の測定結果も踏まえてこの度数で作ったのでしょうか?

いえいえ、実際に作った度数はこちらです。

【今回作成した度数】

暫定度数 R -1.50 -1.00 170 1.00 1.0
L 0.75 -1.25 180 1.00
この様に右目だけ一段階近視を弱くしています。
これはたまたまでもあるのですが、A様は左右に度数差がある不同視という状態、
かつ、右目の像が左に対して小さく見える屈折性不等像視という状態でもありました。
この屈折性不等像視の場合には近視の度を強くすればする程に像は小さくなり、
遠視の度数を強くすればする程に、像は大きくなるとも言えます。
両眼開放下の完全矯正値ではまだ、右目の像が小さくなっていました。
これをこのまま放置するか、それとも少し弱くして左右差を減らすか迷いましたが、
近見の視力表でレッドグリーンテストをすると両眼開放下では右目の近視が強すぎるという
結果になりました。これは好都合とばかりに、右目の近視を一段下げて、両眼レッドグリーンテストを
するとあら不思議、レッドグリーンのバランスはとれただけでなく、
更に左右の像の差もピタッとなくなりました。
こうして作成したのが、【今回作成した度数】になりますが、
28才ですが、PCだけを見ている訳でもなく、20m先のプロジェクターも
見なくてはいけないという事なので、遠くも視力も必要と言われ、
上と下で度数が坂道のように境目なく変化する
遠近両用レンズにて提案させて頂きました。
今回は遠近両用レンズで良かった要因としては、
PCがノートPCだからという好条件がありました。
これがデスクトップパソコンであれば、僕はプロジェクターを見る為の眼鏡と
ノートPC用で二本の使い分けを提案する必要があると思っていたので、
好都合と思ったのです。皆様も、どうしてもあちらもこちらもと見たいという
視生活環境は考えられるとは思いますが、そんな時は意外と便利な遠近両用レンズを
ご年齢にかかわらず弊店ではお薦めしておりますので検討してみてくださいね。
それではまたこのblogでお会いしましょう。
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
opteria Glassias
https://opteria-glassias.jp/
住所:〒180-0004 東京都武蔵野市
吉祥寺本町1-11-21せのおビル1F
TEL:0422-21-6755
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

7/6マトワセメガネ@吉祥寺~レチルド編~

本日のblogの難易度【★】

 

さて、アンニョンハセヨ~。

 

すっかり韓国にかぶれて帰ってきた次郎さんですが、

最近特にハマっているのが、オイコチュ(青唐辛子)です。

 

すんごくジューシーで、ほんのり辛い。

 

このバランス感が、絶妙でした。

 

今朝の体重は80.8キロ、一進一退を繰り返していますが、

ここが辛抱しどきと承知しております。

 

7/3に運命の定期健診があるので、

そこで僕の体と今後の付き合い方が決定します。ドキドキっす。

 

さてさて、つい本編と関係のない事で筆が進んでしまう次郎さんですが、

7/6は本当に久しぶりにグラシアスでイベントをします。

 

喜んで貰えるイベントなのは自信がありますが、

(僕を除いて)せっかくの変態オールスターが集うのに、

観客(ギャラリー)がいないと盛り上がりません。

 

たった、三時間のイベントですが、

 

是非、その三時間で燃え尽きる程のイベントにしたいと思いますので、
皆様お誘いあわせの上で、奮ってご参加ください。

 

ほんでもってレチルドのお話ですが、

 

レチルドにはメタルのシリーズと

セルのコンサバなシリーズ、

 

当初はこの2パターンで始めたのですが、

その後彩(サイ)シリーズというのが始まり、

既に4型の彩シリーズが世に産み落とされました。

 

そしてこの彩シリーズは既存のコンサバなレチルドとは違い、

数量限定で、かつ、10色展開という特徴があります。

 

ここで少しだけ暗いお話ですが、

 

景気の悪い時には黒いコートが流行ると言われています、

黒でもなくともダークトーンで、当たり障りなく、どんな洋服にも

合わせやすいコートを消費者の方々は無意識に支持しチョイスします。

 

実は眼鏡も一緒で、

 

実際にグラシアスで売れている眼鏡も大半は黒と鼈甲、

どちらもダークな色合いの物でした。

 

すると小売店のバイヤーは売れている物しか仕入れなくなり、

メーカーは、売れている色しか品揃えしなくなります。

 

そうなるとお店はどうなるのでしょう?

 

一面ほぼ真っ黒けになります。

 

僕はこの真っ暗なお店の雰囲気が苦手です。

悪いとは言いません。ただただ苦手なのです。

 

僕が苦手なだけなら良いのですが、

この黒と鼈甲の二色で染められた店内は、

僕に言わせれば潤いが無いのです。

 

だから、春になれば花が咲く様に、

せめてイベント期間だけでも、お店に彩りをと考え

僕は彩シリーズを開発しました。

 

眼鏡が一張羅のコートの様に、定番品として使うのなら、

黒と鼈甲だけでも、ことは足ります。

 

でも、それならばコートは黒系だけで良いという話になります。

 

実際には町を見渡せば黒「しか」ないなんて事はなくて、

赤もあれば、緑のコートを着ている方も少数ですがいらっしゃいます。

 

そんな人にとって、黒と鼈甲しか無いお店は苦痛でしかないでしょう。

 

んでは、お着物はどうでしょう?

 

お着物で黒だけとなってしまえば冠婚葬祭、喪服?

 

なんてお話で、基本はお着物だって、帯は何色、そして着物そのものには

色とりどりの色彩や模様があふれています。

 

今回のイベントではその着物とメガネのコーディネートに対して

凄まじい感覚をもった主婦のゆず子さんと、抜群の色彩感覚をもった影郎さん。

更に、最強のメガネ関連グッズデザイナーが集まり、

 

主婦のゆず子さん×メガネ

 

という一つの作品を作ろうとしています。

 

そこでは、あ、こんな合わせ方あったんだ。と

 

着物にご興味のない方も、色のかなでるハーモニーに気づく事でしょう。

 

更に言えば、色と肌の相性もあるのです。

 

僕らは洋服に合わせるという事も当然しますが、

原則、洋服は毎日着替えるものだと想定しますから、

 

やはり肌と髪の色に合わせてご提案する事が多いのです。

 

こうしたことを考慮すると10色展開のレチルド彩シリーズは

着物と合わせて提案するという意味では最強ではないか?

 

と感じたりもします。

 

お着物に興味のある方も、全然興味ないねという方も、

是非、この色の猿蟹合戦(もっと良い例えないんかい!!?)

をご覧になりに、そしてご自身も参加されて、多数の定員に提案されるという

眼鏡選びの醍醐味、本質をお楽しみ頂ければ幸いです。

 

それではまたこのblogでお会いしましょう。

 

64531747_2312426138842037_741847453107486720_n[2]

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
opteria Glassias
https://opteria-glassias.jp/
住所:〒180-0004 東京都武蔵野市
吉祥寺本町1-11-21せのおビル1F
TEL:0422-21-6755
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

7/6マトワセメガネ@吉祥寺~山田×メガネ編~

本日のblogの難易度【★】

 

コパアメリカ、日本代表、グループリーグ敗退という悲しい報せ

が朝一番、僕のPCの飛び込んできました。

 

エクアドルには勝てるチャンスはあると思っていましたが、

やはり勝ち点4は必要なんですね。でも本気の戦いを経て、

若き日本代表も更に大きくスケールアップして帰って来てくれる事でしょう。

 

日本は

 

中島/南野/堂安

 

という珠玉のミッドフィルダーというスタメンと

 

中島/久保/三好

 

というオプションがスタメンを脅かす可能性のあるクオリティがある

という事を世界に証明できた意義ある大会となりました。

 

意義があると言えば7/6もくどいくらいに宣伝していますが、

僕にとっては勿論、このblogをご覧になっている皆様にとっても大変

意義のあるイベントだと思っています。

 

影郎さんが虎なら山田×メガネさんは龍、龍虎相打つイベントで、

その化け物二人に挟まれた僕は、さしづめ蛇に睨まれた蛙でしょうか?

 

その山田×メガネさんは、メガネ関連のグッズを開発するメーカーであり、

山田×メガネさんはメガネcafeというグッズメーカーのデザイナーさんになります。

 

ともかく僕は山田×メガネさんを評してこう思います。

 

愛に溢れたお方、それは勿論、消費者に対してもそうですが、

実は眼鏡業界に対しても大きな愛情を注いでくださいます。

それが言葉の端々に感じるのです。

 

影郎おじさんや僕に比べれば全然お若い女性なのですが、

物の本質を見抜く目は既に仙人クラス、

霞を食べていそうな雰囲気さえあります。

 

では、何故彼女はそれ程にメガネを愛し、そして眼鏡業界を愛しているのでしょう。

正直言います、僕は彼女の口から、それらの愛を語る言葉を聞いたことがありません。

聞いた事がないのに、感じるという事はにじみ出ているという事です。

 

ですからこれから語る僕の山田×メガネ評は、妄想の類とご理解下さい。

 

先ず山田×メガネさんは、メガネそのものの本質をご理解されています。

それはメガネというものがファッションアイテムとして楽しいグッズであると

同じくらいに、実は機能的にも高められた視力補正器具であるべきだという

業界関係者であれば当たり前、一般消費者にとっては縁遠いお話です。

 

彼女は眼鏡学校に通った事も無い(多分)筈です。

でも、直感的なのか、独学なのかは不明ですが、

そこを理解されています。

 

そして、価格訴求だけのメガネ屋さんに意義がある事は理解しながらも

価格だけの業界になってしまう未来を憂いているのです。

 

では、僕のお店の様な小さな小さなお店と本当に困った人たちを繋ぐ為に

自分が何か出来ないか?そのアイテムの一つとしてメガネcafeというブランドを

立ち上げ、カジュアルにメガネを楽しんでいる層と、

高品質な眼鏡を探している層を結び付けようとされているのです。

 

ですから山田×メガネさんは、僕の所属する東京眼鏡販売店協同組合の会合にも

ゲストとして招かれ、講義もされているのです。

 

それ程に慧眼をお持ちで、でも、愛くるしいアイテムをデザインする

このギャップが僕は溜まらなく好きです。

 

メガネが好きな人もそうではない人も、きっとメガネをモチーフにした

T-シャツや、ネクタイ、マグカップ等、本当に多種多様なアイテムを

一つくらいは持っていたい。きっとそんな人もいると思うのです。

 

是非当日はメガネcafeオールスターになりますから、

一度愛らしいアイテムを見にいらしてくださいね。

 

メガネ談義をするなんてのも今回のイベントの醍醐味で

きっとメガネ好きにとっては意義のある濃密な時間になる事でしょう。

 

それではまたこのblogでお会いしましょう。

 

64531747_2312426138842037_741847453107486720_n[2]

あ、今朝の体重は81.1キロ、備忘録ね♪

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
opteria Glassias
https://opteria-glassias.jp/
住所:〒180-0004 東京都武蔵野市
吉祥寺本町1-11-21せのおビル1F
TEL:0422-21-6755
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

7/6マトワセメガネ@吉祥寺~影郎編~

本日のblogの難易度【★】

 

昨日はシズラーってサラダバーが売りのお店で

しこたまサラダを食べてきました。

 

んでもって体重は81.2キロ。今日は仕事が溜まってたので、

いつもより1時間早く出勤したけど、

それにしても体重が一進一退を繰り返しています。

 

んま、諦めずに頑張ろう!!

 

さて、昨日は主婦のゆず子さんの凄さをお話しましたが、

今日は影郎さんというデザイナーについて、

 

影郎さんのデザインについて、その美学を僕ごときが語るのは

おこがましい話で、僕がデザイナーとしてもメガネ業界歴として

大先輩について語るのは僕としても気が引けます。

 

何より影郎さん自体が自分の作品を論評されることを極端に嫌ってるからね。

 

そう、影郎さんは自らデザインしたメガネフレームの事を「作品」と呼びます。

商品じゃないよ。(芸術)作品だよと言っているように僕には聞こえます。

 

実際に影郎さんのルーツをたどるとお父様は画家さんだったそうです。

影郎さんは元々ミュージシャンでもあったし、

感覚というか芸術畑で育った方とも言えます。

 

僕は、ここ10年くらい毎年パリに行ってパリジャンやパリジェンヌの

メガネのコーディネートを見て勉強させてもらっています。

実際にメガネのハウスブランドも多くは、ヨーロッパから始まっています。

 

時代を作ったブランド、

 

アランミクリ(フランス)

 

テオ(ベルギー)

 

アイシーベルリン(ドイツ)

 

リンドバーグ(スウェーデン)

 

世界最大のフレーム企画会社は

 

ルクソティカ(イタリア)

 

この様に、ハウスブランドの中でも名の知れたブランドの殆どは

ヨーロッパ発と言えます。メガネ業界の流行発信地はヨーロッパと言って差し支えないと思います。

僕が業界に入りたての頃は、この現状に歯がゆさというか、日本人だってアパレルの世界では、

名の知れたデザイナーなんて片手じゃたりないくらいいるのに、

何でメガネではそういったデザイナーが生まれないし、育たないんだろう?

 

って悔しさと疑問を感じていました。

 

そこに影郎さんの手掛けるラビリンスというブランドが出てきたのです。

ただ、出て来てすぐに小躍りして喜んだという訳でもありませんでした。

 

そのブランドと出会ったのはもう10年以上前、

当初はうちの奥様がそれを見て取扱いしたいと言っていましたが、

 

僕は

 

「あんな変わったデザイン売れる訳ね~だろう?」

 

と一蹴しました。今考えれば奥様が正しかったのです。

赤面もののこっぱずかしい話で、2019年の今は、

僕はバイヤーとしての権限をこの会社では失い、

仕入れは原則すべてうちの奥様がやっています。

だって奥様の仕入れの方がお客様に喜ばれるのだもの。

 

(;’∀’)

 

時間はまた遡り10年以上前のお話ですが、ある日影郎さんから連絡があり、

(当時は東京に取扱店が無かったので)一人のお客様がラビリンスを見たいと

言っているからお店の場所を貸してくれ、と言われ、

断る理由もないので、承知し、当日を迎えました。

 

当日がたいが良く、髭を蓄え、人相の悪いおじさんが入ってきました。

この言い方だと身も蓋も無いのでもう少しやさしく表現すると

ただ物ではない人が入ってきたのです。

 

そこにお客様も入ってきて、(たった一人の為の)プチトランクショーの始まりです。

 

の筈だったのですが、その日はグラシアスも少しおかしな日でして、

平日なのにお客様が引っ切り無しにご来店頂きます。

 

影郎氏は、その予定の無いご来店のお客様にも

 

「ちょっと掛けてみて。」とご自分のブランドを掛けさせます。

 

するとものの二時間で10人のお客様に10本の影郎さんの「作品」をお買い上げ頂きました。

 

この二時間で10本という記録は未だに破られていないグラシアスの記録です。

 

さて、作品を評論するつもりは毛頭ないのですが、

 

実は驚いたのは、

 

「影郎さんのデザインされたフレームは、一見変わったデザインなのに、

お客様のお顔に掛けて頂くと驚く程に馴染み、

更にお客様のお顔が引き立ちます。メガネを変えると数歳若返り、

そしてご自分のウイークポイントが目立たなくなり、

チャームポイントは引き立つのです。」

 

勿論それは影郎さんが意図してお客様のお顔を

メガネを使ってデザインした結果なのです。

 

そう影郎さんは、お客様の顔を見て瞬時に、

この相手には何が足りなくて何が必要かを判断し

適性なメガネを提案します。

 

もっともっと驚いたのは、

 

影郎さんは、

 

瞬時にお顔の特徴を判断し、

 

ウイークポイント

 

 

チャームポイントを

 

分けて言語化してお客様に説明するのです。

僕は、作品の完成度にも驚かされましたが、

一番驚いたのは、この影郎式提案術でした。

 

だって一見さんに、下手をすれば失礼と感じてしまわれるリスクを承知で

ウイークポイントを説明するのだから、僕はぶったまげました。

また、それを言われたお客様も逆に喜んでいます。

 

この日を境に

 

人相の悪いおじさんは、

 

僕の接客のお師匠になったのです。

 

っという訳で今回のイベントでは、

僕はお師匠さんの前で多少接客が上達したよという証明をしなくてはいけない、

難解なミッションも実は勝手に自らに課していたりもします。

 

当日は、主婦のゆず子さんに対する提案合戦後は、

 

スタッフ総出で皆さんのお顔を彩る素晴らしいフレーム達で

おもてなしをしたいと思っていますので、

是非、お店をギューギューにするくらいの気持ちで

お誘いあわせの上でご来店くださいませ。

 

なお、影郎氏は、お酒を飲むと下ネタしか口にしない酒癖の悪さと

尻だしが当たり前になるやっかいな性癖がございます。

くれぐれも、お酒の差し入れはお控えください。

影郎氏は特に日本酒を飲むと元々少ししかない人格が更に崩壊しますので、

 

くれぐれも、お酒だけは…。

 

それではまたこのblogでお会いしましょう。

 

あしたは山田×メガネさんとの出会いです。

引っ張るな~。

64531747_2312426138842037_741847453107486720_n[2]

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
opteria Glassias
https://opteria-glassias.jp/
住所:〒180-0004 東京都武蔵野市
吉祥寺本町1-11-21せのおビル1F
TEL:0422-21-6755
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

7/6はマトワセメガネ@吉祥寺

本日のblogの難易度【★】

 

昨日は野菜をしこたま食べて、少しだけお肉とお米。

この少しだけでもお肉とお米を食べられていることがダイエットが継続出来ている

秘訣かもしれません。そんなこんなで今朝の体重は80.9キロ。

 

ここから先にはなかなか行かないようです。

 

さて、7/6に久しぶりにグラシアスに影郎さんがいらっしゃる話は

少し前に速報しましたね。どうやらイベント概要がかたまってきたので

追加報告を。

 

このイベントでは影郎さんが新作を引っ提げご来店。

 

更にメガネcafeの山田×メガネさんというデザイナーさんもご来店。

 

更に更に一番凄いのはこの人かも?主婦のゆず子さん。

この人誰だ?って方が多いのかと思いますが、

この方の感性が独特で、着物を普段着としてご着用されています。

 

そしてそこに、メガネを合わせるのですが、

その感覚が人並み外れているとも言えます。

 

今回のイベントでは、

 

第一部で、主婦のゆず子さんを題材に、コーディネート合戦をします。

一体誰が、彼女の魅力を最大限に引き出せるのか?それを競うのです。

 

そして第二部では、

 

ご来場頂いた皆様のメガネをデザイナーやグラシアスの店員も含めて寄ってたかって

コーディネート致します。そもそも寄ってたかる意味ですが、

 

人の感性ってそれぞれでしょ?だからメガネのコーディネートには絶対なんてないのよ。

 

だからこそ、色々な人にお見立てをしてもらうことに意味や意義があるのね。

 

僕は良くこんな言葉でそれを説明します。

 

「メガネの選び方にセオリーはあるよ。でもタブーなんてないから。」

 

例えば丸顔の方にはこのレンズシェイプがとかいったセオリーはあっても、

丸顔の方に丸いメガネはセオリーから言ったら外しだけど、

 

洋服にドレスアップとダウンがあるように、

確信犯的にメガネでダウンコーディネートをするという選択を

僕は間違いだと断じたくはないのです。

 

ただし分かっていてやってね、と思います。

例えば今流行りの丸メガネ、これって合わせるの結構難しいんだけど、

それはサイズの問題が大きく立ちはだかるからなのね。今日はその理屈は長くなるから

割愛しますけど、〇がコミカルな印象を作るのは間違いないけど、

 

それを敢えて狙ってキャラクター作りをするのはアリだと僕は思います。

 

んではまとめると、今回のマトワセメガネの企画は、

 

先ずは主婦のゆず子さんをコーディネートしていく中で、

こんな世界もありなんだ~。ってことを先ずは知って欲しいのです。

 

その上で、メガネ選びって楽しいんだ。こんな自由な発想で選んでいいんだ。

であったり、デザイナーってこんなことを考えながら線を引いてんだ。

 

ってことを知る為にも良い機会な気がします。

僕らが新しい自分を見つける旅のお手伝いをするのです。

 

着物とメガネって世間一般の方からするとハードル高めに感じると思いますが、

主婦のゆず子さんは、それをもっと肩肘張らずに軽く考えてみては?

と僕に教えてくれました。その感動を是非皆さんも味わいにいらして欲しいな~。

 

今回はお店は狭いけど、次から次へとメガネを提案していく妙味を

味わってほしいので遠慮なく狭いお店に入ってきてください。

 

そして新しい自分を発見するきっかけが本イベントになれればうれしいなと思います。

 

明日は今更ながらご紹介するのも恥ずかしいくらい付き合いが深くなった影郎さんに

ついて僕なりに思うところをご紹介したいと思います。

 

さて、メガネ選びの秘訣が見つかるのか?否か?僕も楽しみです。

 

それではまたこのblogでお会いしましょう。

 

主婦のゆず子さん

Facebookイベントページ

 

https://www.facebook.com/events/617750508718971/

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
opteria Glassias
https://opteria-glassias.jp/
住所:〒180-0004 東京都武蔵野市
吉祥寺本町1-11-21せのおビル1F
TEL:0422-21-6755
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

発達障害の前に。

本日のblogの難易度【★★★★★】

 

さて、今朝もおよそ、2.8キロ歩き、ダイエット継続中ですが、

今朝の体重は81.2キロ。なんと昨日とまるで一緒。

 

もう少し負荷を掛けないとこれ以上は下がらないのかしら?

 

んでももう少し様子を見よう。でも健康年齢みたいので

見ると48歳の時からずっと52才の体質ですとうちの体重計に罵られていたのですが、

ここ数日50歳の僕は49歳とかお褒めの言葉をTANITAの体重計様から頂いております。

 

褒められると木に登るタイプなんで、今後も罵るのではなく、褒める。

この方向でお願いしたいと思います。

 

昨日は、発達障害と診断された15歳の高校生の眼を見させていただく機会がございました。

以前のblogでは散々書いたネタですが、発達障害、学習障害といわれている子供達の眼を見させて頂くと

単に遠視の潜伏だったり、斜位が隠れていたり。それらを眼鏡で矯正し、多少のビジョントレーニングを

して頂くと、あら不思議、大きく改善するというケースが頻発していました。

 

一方、何をしても改善の糸口すら見えないお子様もいらしていて、

眼鏡で全てが解決出来ると豪語出来るはずもはずもない心境なのが、正直な思いです。

 

ただし、昨日いらした15歳の高校生、A君(仮称)はちょっとばかし違っていました。

 

見させて頂くと斜視だったのです。

 

A君の主訴は

 

①なにしろ疲れる。

 

②集中出来ない。

 

③遠くの黒板をノートに写すのが苦手。

 

④文字をマスや行に合わせて字を書くのも苦手。

 

古くからの僕のblogを読んでいる方ならピンとくると思いますが、

この①~④の多くは眼鏡で矯正すると改善出来るケースが多いのです。

 

つまり斜位や斜視が悪戯して、眼の機能を阻害していて、

その眼が上手く機能していない現状が、酷く疲れさせたり、

物を書き写すことが苦手になったりすることが本当に多くあるのです。

 

でも今日言いたいことの本質はそこではありません。

 

怖いなと感じたのは、このA君の眼は当然何人もの眼科医に受診されています。

そのうえで、発達障害だとお墨付きをもらったのです。

 

僕はこのお医者様のだした発達障害だという見解を否定も肯定も出来ません。

でも少なくとも、この斜視に対して何かしらのアプローチをした上で、

発達障害だと診断をくだすべきなのでは?と感じています。

 

別にお医者様を責めている訳でもないのですが、

ただの眼鏡屋が本当に簡易な検査をするだけで、

斜視の有無を判断するのなんて、別に僕でなくとも

ちょっとこだわって眼鏡屋をやっていれば、誰でもできます。

 

にもかかわらずどなたもこのA君の眼が斜視だと言えなかった現実があるのです。

 

僕の眼鏡屋人生が後どれくらい残されているのか不明ですが、

でも僕のライフワークとして、斜視や斜位に対して対策を講じる必要性で

あったり、斜視や斜位を放置する危険性に警鐘を鳴らしたりして、

 

皆さまの生活の質向上に向けて、微力ながらもお手伝いしていと思っています。

 

少なくとも日本は国民の眼の健康を管理するビジョンケアの体制としては

世界に比して遅れているというのは、台湾や韓国、そしてシンガポールの事例を挙げて

ご紹介済みです。これからグローバルに人材を調達し、それだけでなくAIとの競争という

今後の展開も見えています。AIやロボットでも出来ることは、

それにとって代わられるという時代が目と鼻の先に迫っているのです。

 

日本という国の国際競争力を上げるという意味でも国が国民に投資する。

もっと言えば、国民の眼に投資するという時代を

作らねばとふんどしの紐を締め直したのです。

 

僕の体重は80キロを切るところで、立ち止まっていますが、

この業界改革は、是非とんとん拍子で行って欲しいなと切に願います。

 

それではまたこのblogでお会いしましょう。

 

g-09-02

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
opteria Glassias
https://opteria-glassias.jp/
住所:〒180-0004 東京都武蔵野市
吉祥寺本町1-11-21せのおビル1F
TEL:0422-21-6755
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

メガネに関するお役立ちコラムや吉祥寺にあるお店の営業のご案内、最新情報をご案内しております

吉祥寺のオプテリアグラシアスのNEWSでは、最新の営業スケジュールや最新のサービスのご案内、オススメのブランドやフレームの情報をご紹介しております。定休日や臨時休業のご案内もしておりますので、ご予約前にご確認ください。
コラムではメガネデザイナーによるフレーム選びやレンズ選び、機能性と美容性を同時に追求するためのアドバイスをご提供しております。選び方にお悩みの方も失敗したご経験がある方も、視力矯正が初めての方もぜひご参考になさってください。
吉祥寺のオプテリアグラシアスではご予約制にて、じっくりとお時間をかけてフレームやレンズ選び、視力矯正のための充実の検査と快適に使うためのフィッティングをご提供しておりますので、ぜひ一度ご来店ください。

WEBショップカード

オプテリアグラシアスオリジナルブランド PRIORITY SEETS

ウルトラセブン×BLACK ICE

contact_banner