COLUMN&NEWS

脳梗塞により麻痺性の斜視が。

こんにちは、昨日は昼からしゃぶしゃぶ食い放題、そして帰ってから昼寝でごろごろ、

夕方からは西荻の舞台を観に行きました。まさに休日らしい休日を過ごしてきました。

 

んでもって今日は久々の自転車通勤、爽やかな天気と涼しい木陰を自転車で

通り抜ける30分程の通勤時間を楽しみました。

 

お店に着いて、開店の支度をしていると、以前からお世話になっている

お客様がいらっしゃいました。この方は脳梗塞により、突然斜視になってしまった方です。

それが生じたのが5年程前、それから物がダブってみえる複視を訴えられてきました。

 

この方は上下にダブってみえる上下斜視という状態でしたし、外観から見ても

明らかに眼が上下にも、そして左右にもずれて見えました。

 

今日早速仕上がった眼鏡を掛けて頂くと、眼の位置はすぐに元に戻りました。

 

「どう?今僕は二人居る?」

 

と訊くと

 

「うん、まだ二人、でも今までよりも随分近くにいる。」

 

と答えられました。皆さんは何を言っているのか分からないと思いますが、

元々、両の目で対象物を一つに捉えて見えていた方が、突然斜視になると

対象物が二つにダブって見えてしまうのです。

 

そしてこれを長時間続けると、最終的には、片方の画像の神経回路を

使わずに一つの眼で生活できるように環境に対応して変化させていきます。

 

この一つの眼をほぼ使わない状態にすることを「抑制」と言います。

 

この方は抑制はまだしていませんでした。だから5年経ったとはいえ、

今ならもしかしたら一つに重ねて見えるように改善する可能性があるかもしれない。

その僅かかもしれませんが、その可能性にかけてみようとお客様と相談して

決めました。

 

その後輻輳トレーニングとアイストレッチをアドヴァイスしましたので、

今後の経過を見ていきたいと思っています。

 

このお客様は女性ですから、明らかに外観が斜視に見える事は、ご本人としても

許せないとは思いますし、実際にこの方は階段の上り下りを早く出来なかったので、

いつも列の最後尾に並び、更に、急ぎたくとも急ぐと足を踏み外しそうなので、

いつも一本前の電車に乗れるくらいの時間に出て

ゆっくり足元を確かめながら通勤しているそうです。

 

こうなると立派にQOLが下がっている状態です。

 

僕は微力ながらも、こういった方々の力になりたいと思い、今回もそして今後も一生懸命

そのQOLの改善に繋がる提案が無いかどうか、日々模索するのです。

 

いつの日か笑顔で、この女性が

 

「次郎さん、駅の階段駆け足で上り下り出来るようになったよ。」

 

と笑顔で言ってくれる日を夢に見る眼鏡屋のおじさんなのです。

 

さ~て、もっと勉強しよう、そしてもっと上手に眼鏡を作れるようになろう。

皆さんの期待を上まれるくらいにレベルアップしなきゃと心から思える

一日の始まりでした。

 

ではまた明日。

 

$RW3SYVS

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
opteria Glassias
https://opteria-glassias.jp/
住所:〒180-0004 東京都武蔵野市
吉祥寺本町1-11-21せのおビル1F
TEL:0422-21-6755
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

平均寿命の変化と老眼と。

僕は今月48歳になるのですが、もうすぐ50歳を迎えるアラフィフになります。

昔は40歳で初老と言ったのですから、今の僕は昔なら立派な老人と言えます。

 

ところが巷を見渡せば、60代でも老人と言うのは憚れる程に颯爽と道を闊歩し、

そして素敵にお年を召された方を本当に数多く見かけます。

 

もう40代で初老なんて昔の常識だ、本当はこう言い切りたいのですが、

ただ、眼に関して言えば、今も昔も老眼の進行という意味では大差ない様です。

 

NIKONさんのデーターによれば、人は

 

40才で老眼になり、

 

45才で老眼を自覚し、

 

50才で初めて老眼鏡を作る。

 

こういった大きな流れがあるそうです。多くの人は

 

「え!?40歳で老眼って早くない!?」と憤るかと思います。

 

お気持ちは分かりますが、実際に弊店で日々検査していても上記のデーターと

弊店での検査結果は分母を大きくすればする程に見事に合致します。

 

ただしここでもう一つの事実というか知識を皆さんに覚えて頂きたいと

思います。それは老眼の自覚は近視と遠視ではその自覚年齢に差異があるという事です。

 

滅茶簡易に言えば、

 

近視=40才過ぎても老眼の自覚が起こりにくい。

 

遠視=40歳を待たずに老眼の自覚が起こりやすい。

 

では遠視も近視も無い方はどうなのでしょう?

 

それは

 

正視=40歳前後で老眼の自覚を感じやすい。

 

となるのです。これには色々な事情があるのですが、今回はそこまで解説しません。

そういう物だと覚えてくださいね。ただ日本人全体で見た時に近視人口の比率が

上がっているとしたら、老眼の自覚も昔より後ブレしているとも言えますね。

 

「え!?自分が近視か遠視か正視か分からない?」

 

この時点で論外です。早く眼科なり、近所の眼鏡屋さんで一度

 

「私は何かしらの屈折異常あるか見て貰ってよいですか?」

 

と訊いてください。向こうも商売ですから嫌とは言わないでしょう。

 

では冒頭に返りますが、以前の40歳が初老で平均年齢が70才くらいの時代だとすると

60才で定年でその後の10年間を余生としてセカンドライフを楽しんで頂ければと

思いますが、実際に60才でもぴんぴんしている方が本当に多いのですから、

その方々にも、仕事量は多少減らすにしても65才、70才までとお力を貸して頂きたいと

僕は思いますし、今求人倍率が上がり、人手不足になっているのが現状ですから、

やはり諸先輩方にまだご活躍頂く必要があるようです。

 

もしも定年が70才になるとするのなら、40歳で老眼になるとすると30年老眼の眼でも

仕事を快適にこなす必要があり10年仕事をする時間が増えます。

そうなるとここは異論があるかもしれませんが、眼も過度な労働を課すことで消耗してしまうとすれば、

そのケアを先手をうって対策をしておく必要があると「僕は」思っています。

 

では対策をどうするか?

 

それは累進レンズを早期に使用するであったり、

 

遠用と近用の使い分けであったり、

 

サングラスを眩しい時にはしっかりするであったり、

 

はたまた、ブルーライトをしっかりカットするであったり、

 

そしてプリズムを入れて眼の緊張をとってあげるなんて対策も弊店では推奨しています。

 

この様に眼を守る、眼を大切にすると言っても実はその対策は多種多様で、更にその各対策を

複合的に組み合わせるなんて事もよくします。

 

ですからそれらを全て解説するのは、一度には出来ずちょっとした長編になってしまうと

思うのですが、それでも先ずは皆さんが意識を変えるという意味で、高齢化している現実と

相変わらず老眼は40才前後で進行しているのですから、どうか対策はお早めにと

 

言いたくなる僕の気持ちも多少ご理解頂けるでしょうか?

 

老眼はぎりぎりまで我慢する。もしかしたらこの方が老眼が後ブレして老眼にならずに済む、

もしもこう考えている方がいるとしたら、それはある意味正しく、ある意味間違っていると

言えます。

 

それは初期の老眼を放置する事で、先ずは見える見えないの前に、眼や体に体調不良を

起こす事があります。いわば生活の質が落ちている状態なのです。

 

その生活の質を落としてまでやせ我慢をして、自分はまだ老眼じゃないぜ!と

威張りたいとするのなら、僕はそれはいかがなものか?と思います。

 

どうか皆さん頭を柔らかく、

 

ご自分の眼を守れるのは自分だけなのですから。

 

どうか皆さんご自愛くださいませ。

 

ではまた明日。

 

$RW3SYVS

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
opteria Glassias
https://opteria-glassias.jp/
住所:〒180-0004 東京都武蔵野市
吉祥寺本町1-11-21せのおビル1F
TEL:0422-21-6755
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

眼鏡とサイズと流行と。

日本人の平均身長は

 

成人男子で比較して

 

1950年だと161.5㎝

 

2007年では173.3㎝。

 

10㎝以上も長身化しているそうです。一方、眼鏡を掛ける人の顔幅は

僕自身明確なデーターは持っていませんが、近年顎が細くなり、

顔幅もスリムになってきている傾向が、僕でなくともどなたでも

見て取れるレベルだと思います。僕が子供の頃は夢か漫画の世界でしか

存在しなかった八頭身が日本人で現実的になってきている小顔化は

間違いなく進行していると言えるでしょう。

 

また瞳孔間距離に至っては、1965年前後産まれの方を境に、約3mm程狭くなって

きているように思えます。こんな消費者の骨格の変化をうけてアパレル業界なら、

身長の伸び縮みに合わせてパターンとサイズを変えてサイズ展開を考えると思います。

 

翻って眼鏡業界を見てみると、そのサイズ感の違いという物は勿論

存在しますが、それはどちらかというとアクセサリーとしてみた時の

流行り廃りによって、フレームの大きさが決められていると思います。

 

近年の傾向として、低価格化とファッションアイテム化という業界全体の

動向から考慮しても、このファッションアイテムの楽しさを知った人に

流行遅れのサイズ感を提案するのもいかがな物か?とも思いながら、

一方、眼鏡も自分の骨格に合ったサイズの商品を身に着けるという意味では

T-シャツやY-シャツと何ら変わらない事はご賛同いただけると思います。

 

この事から、自分に合ったサイズの眼鏡を選ぶことと流行の間に正解があり、

そのサイズを合わせるという選択がモノとして眼鏡を捉えた時の機能性と

直結しているとも言えます。

 

つまり眼鏡のサイズは流行と骨格サイズ、この二つの要素を相対的に判断して

自分にとっての最適を導き出す必要があるのです。

 

であれば自分のサイズをまずは知る必要がありますね。

 

ここで最近頻繁にこのblogに出没するイケメンのモデルさんにご登場願いましょう!

イケメンさん、いらっしゃ~い。

IMG_2382

 

これを大胆にも「伊藤式!滅茶大雑把な瞳孔間距離と顔幅測定法」と名付けてしまいます。

 

実際にはこんな道具で顔幅は測定出来ますし、僕らはこの器具で測定するというよりも

感覚でお客様の顔幅をつかんではいるのです。

 

IMG_2383

 

瞳孔間距離は、専用のこんな機械もあります。

 

IMG_2384

 

でも皆さんはそこまで精密に自分のサイズは分からなくても良いと思うので、

 

この伊藤式で実際にやってみてくださいね。くれぐれも本職の方は真似しないでくださいね。

 

ではその方法です。

 

まずは、①定規を用意してください。

写真の様に別に短い必要はありませんが、短い方が安定して持てるでしょう。

 

用意出来たら、①出来る限りその中央(30㎝の定規なら15センチ)を自分の非利き手で持ちます。

 

次に③それを眼の下かつ、鼻の穴の少し上辺り、おおよそ2㎝くらいかしらそこに持ってきます。

 

そして次は、④定規の中央に合わせた自分の指を鼻の頂点に合わせます。

 

次のステップは、⑤自撮りできるスマフォを用意し、大雑把に眼から40㎝程度に合わせてください。

 

そしたら⑥パシャと一枚とります。取ったら、それを⑦プリントアウトして僕の写真の様に線を引いても

良いですし、目測で読んでみてもOKです。

 

上記のイケメンさんの瞳孔間距離を見ると、60mmとなっています。

 

この状態は輻輳と言って、手元のカメラに目線を合わせようとして黒目は内側に寄ってきています。

これは正確な数値ではありません。本来は、計算で、カメラまでの距離と実際の正確な自分の瞳孔間距離から

僕の苦手な計算式で計算すべきで、実際には60+3~5mmくらいで変動すると予測します。

 

ですからここではあくまでも大まかな測定値ですから4mmを足すことにします。

 

その為瞳孔間距離の測定値=64mm となります。

 

次に耳付け根頂点の幅ですが、これも黄色く実測値を垂直に線を引いて、138mmと出ました。

勿論僕は巨顔族ですから、138mmで済むはずがありません。試しに自分で上記の器具で

実測してみると、167mmと出ました。

 

167÷138=1.21

 

つまり僕の場合は答えを知っているから、この計算が出来ますが、

皆さんはやりようが無いので、ここはズバッと係数を

 

1.2

 

と固定しちゃいます。

 

すると

 

138×1.2=165.6mm

 

まぁ誤差の範囲と言えるでしょう。

 

いかがです?

 

これで皆さんの大まかな顔幅(がんぷく)と瞳孔間距離は分かりました?

 

するとKAMUROさんの枠でこんなcosmoという枠があるのですが、

この枠は下の写真の様に2サイズあるのです、

 

IMG_2385

 

すると自分の顔幅に対しては、明らかに広いとか狭いとか、瞳孔間距離を知っていれば

以前に解説したボクシング表記という物が印刷されていれば読み取れます。

 

また眼鏡屋さんに聞けばどこでもそのサイズは教えてくれるでしょう。

遠慮なくお問合せくださいね。

 

ちなみにそのcosmoさんの耳付け根頂点のサイズは下記の通りで

通常のサイズよりもスモールサイズの方が10mm弱小さいのが見て取れますね。

 

IMG_2387

IMG_2389

 

ま、僕の顔にはどちらも明らかに小さいですけどね~。(苦笑)

 

この2サイズのどちらが今どきで、どちらかあなたに似合うかは、

実は、ご自身のお顔のサイズに合わせてこそで絶対的にどちらが

似合うものではないのですよ~、という事をお伝えしたくてこんな記事書いてみました。

 

実は、この一つのデザインで複数のサイズを展開する事は、昔であれば当たり前でした。

ところが、それをする余力がメーカー側になくなっていきます。

 

その大人の事情についてはまた明日解説したいと思います。

 

ではまた明日

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

opteria Glassias
https://opteria-glassias.jp/
住所:〒180-0004 東京都武蔵野市
吉祥寺本町1-11-21せのおビル1F
TEL:0422-21-6755
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

眼鏡BOY募集中。

今僕達が応援しているアイドルの、キューティーパイ まゆちゃんの

新譜発売に伴い、眼鏡を掛けている眼鏡男子の写真を募集しています。

 

目標1001人なのですが、まだまだ足りない状況です。

 

顔出しNGでない方で、眼鏡をお持ちのお方はフルってご応募下さいませ。

 

メールに写真を添付して頂ければそれを転送致します。

 

今ならほぼ100%採用だと思いますよ。

 

全裸とか止めてくださいね。常識の範囲でお願い致します。

 

opteria-glassias@nifty.com

 

締め切り=5/31

 

上記メアドまで「眼鏡BOY」に応募しますとお書き添え頂いてお願い致します。

 

女子はダメです!!!男装も駄目ですよ~。

 

ではまた明日。

 

$RW3SYVS

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
opteria Glassias
https://opteria-glassias.jp/
住所:〒180-0004 東京都武蔵野市
吉祥寺本町1-11-21せのおビル1F
TEL:0422-21-6755
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

遠近両用って高いよね。

何か庶民派という言葉から、上から目線の選民思想が見え隠れするなと思う今日この頃、

皆さんいかがお過ごしですか?昨日の記事では遠近両用がどのように設計されているかを

高度な(?)グラフィックで解説し、そして遠近はグレードを上げた方が視野は広がるし、

装用感も向上し、お勧めですよ~。とお話ししました。

 

ですが、庶民派ではなく、立派な庶民代表として僕は、

 

「伊藤君、遠近が高い事はよく分かった。でも私には眼鏡にお金を掛ける予算が

それ程ないのだよ。何とかならんかね?」

 

と言ったご要望にお応えしたいと思います。

 

そこで昨日登場した解説図に再登場願いましょう。

 

図面カモン!!

 

遠近両用明視域図

 

昨日の図から更にトリミングして、(ちなみにトリミングって高度な技を覚えたのも

つい最近だぜ。)拡大してあります。そして昨日にも増して極採色の色彩豊かな

図が出来上がりましたが、昨日は明視域と収差領域を分ける境界線は赤しかありませんでしたが、

 

今日はそこに新たに緑の線と紫の線が昨日書いた文字の上を堂々と横切っております。

 

これが新しい境界線だと思って下さい。

 

ではこの様に境界線を外に追いやる事が出来るのは、それはレンズのグレードを上げる事だと

お話ししました。でも、実はそれ以外にも方法はあります。それは遠くか近くの見え心地を

捨てるという選択です。

 

例えば、運転用の遠近とすれば、近くはたまにちょっとナビやメーターを見たり、駐車中に

ちょっと携帯を見たりするという程度でしょうか?

 

だとすると手元作業のプライオリティーはそれ程高くないと言えるでしょう。

 

だからそんな時は、手元の度数を弱めにしちゃうんです。

 

昨日は、

 

遠くの度数=S-1.00

 

近くの度数=S+0.50

 

その差を加入度と言います。この場合の加入度は+1.50ですね。

この加入度の度数を小さくすればする程に、先ほどの境界線は赤い線から、

紫の線の方向にグレードが一緒でも移動すると思って下さい。

ですから視野は広がり歪みは少なくなります。従って運転用の遠近としては快適でしょうね。

 

例を挙げれば

 

遠くの度数=S-1.00

 

近くの度数=S±0.00

 

この場合の加入度は+1.00になります。こうすれば視野は広がります。

ご年齢にもよるのですが、近くは長時間でなく短時間であれば問題なくこなせるでしょう。

 

でも、ちょっと待った!あたしゃ~運転何かしないよ。むしろ会社に行ったらずっとPC見てんだよ。

遠く何かどうでもいいから、近くの作業を快適にしておくれよ。

 

もしもこんな風に言われたら、それも簡単な事です。

 

例えば、

 

遠くの度数=±0.00

 

近くの度数=+1.00

 

加入度=+1.00

 

これもまた、遠くはぼんやりですが、近くは快適に使えると予想します。

この様に妥協出来る方は出来る限り、見える範囲を限定して頂ければ、グレードを上げた事と

同様な見え心地を提案出来ますので、是非検討してみてください。

 

ここから先は内緒だよ。実はこれ以上は打つ手がないと思ったでしょ?

 

実はもう一つあります。

 

それはレンズの形状とサイズを考慮するという事です。

 

例えばこんな形。白い線で囲っているのがフレームの形状だと理解して下さい。

 

遠近両用明視域図

 

楕円よりは丸に近い形や、ボストンと言われるおにぎりをひっくり返した様なシェイプ。

これも非常に効率よく収差領域をカットしますね。つまり、視野を広げる効果はなくとも

歪む領域が少なくなるのでクランと揺れる感じが軽減するのです。

 

え?ボストンが分からない?

 

んだばペイントの図で書けなかったから、写真で勘弁してけろ。

 

ボストン

 

このボストンというシェイプが収差領域を効率的にカット出来ている事が一目で

分かるでしょう?

 

ね。皆さん、フレーム選びから、レンズが高くなるかも?何て想像もしないでしょ?

実際に僕らはそこを考慮しながら、フレーム選びのお手伝いをさせて頂いているのです。

 

上手なお買物をしてくださいね。遠近は確かに高いけど、やり方次第ではコストを

下げられる可能性があるよ~ってなお話でした。

 

ではまた明日。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

opteria Glassias
https://opteria-glassias.jp/
住所:〒180-0004 東京都武蔵野市
吉祥寺本町1-11-21せのおビル1F
TEL:0422-21-6755
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

遠近両用ってバレるの?

錦織君の世界ランクが14位まで落ちてしまいました。手首の怪我が治らずコンディションを

落としてしまっています。毎週の様に錦織君の快進撃が見られていたのも今は昔、

なんか寂しさもひとしおですね。錦織君が手首の怪我を隠して

騙し騙しトーナメント戦を続けるのもきっと限界だったのでしょう。

 

隠す、そしてバレると言えば、皆さんは老眼であることは受け入れたくないし、

老眼であるという事を誇らしげに言う方は眼鏡業界以外では見た事がありません。

誰にだって老いという現実からは眼をそむけたくなるものです。老眼でしょ?

なんて得意げな顔で同僚や友人に言われたくないですよね?

 

でも、良い時代になりましたね。昔は遠近両用と言えば、レンズの下部分に明らかに

違う場所が存在し、そこを通してみれば、近くが良く見える構造になっていました。

 

こういったレンズをバイフォーカルレンズと云いますが、グラシアスでも

年々販売個数は減少し、過去には辛うじて1年に1回はそういったご注文を

頂いていたのですが、ついに2016年は僕の記憶が正しければ、バイフォーカルレンズは

1組も販売しませんでした。それも業界全体の流れとして

 

累進レンズというレンズが老眼対策レンズとして主流になってきたからでしょう。

また、累進レンズが老眼対策だけでなく、眼精疲労対策や近視の進行抑制にも

効果がある可能性があり、グラシアスでは4歳の子供にも累進レンズを販売した実績が

ある事やスマフォ用途に特化して極力単焦点レンズの様に使えるシフトオンというNIKONの

レンズがグラシアスでも大人気である事は過去にお伝えした通りです。

 

そんなに便利な累進レンズでも未だに、一般消費者にその存在が知れ渡り、普及しているかと

言えば決してそんなことはなく、つい先日も50代の女性に、そろそろ観念して遠近両用に

してみてはいかがですか?と問いかけると

 

「いやよ、遠近なんて使ったら老眼だって周りに公言して、おばあちゃんになりました

って宣言する見たいじゃない。」

 

と仰いますし、これはお店では今日、今でもお客様からでる

言葉としては決して珍しくないご発言です。

 

ですがそもそも度数が無段階に変化する累進タイプの遠近両用レンズは

一般の方から見たら老眼対策がされている事は分かるのでしょうか?

 

答えを先に言えば、プロじゃない限り分かりません。

 

ですから遠近両用レンズを使ったからといって周囲に老いを認めた事に

は決してならないだけでなく、むしろ遠近を使わずに例えば近視の方であれば、

近くが見えないから、眼鏡を外している仕草や行為そのものの方がより

老いをアピールしているように僕には見えます。

 

だから皆さんも、遠近は老眼世代だけのレンズではなくなったという

新しい常識をインプットし、そして皆さんの生活の質を上げて頂きたいと

切に願います。例えば、眼鏡を外していちいち近くを見ている仕草を

一日何回繰り返し、そしてそれを1年続けたら経済的なロスって

どのくらいになるのでしょう?その計算は頭の良い方にお任せしますが、

 

それが日本全国で行われているとしたら膨大なロスが生じている事に

なります。僕はこういった事実をまのあたりにすると

 

勿体ないな~。

 

と思います。

 

では遠近を使うことで返って自然な仕草で近方視をする事が出来るので

若々しく見える。

 

ここまではついて来れましたね?

次はでは遠近ってどんな構造になっているの?

 

という遠近初心者の方向けにど~んと高度なグラフィックを駆使して

解説します。

 

それがこれだ~!!!!

 

遠近両用明視域図

 

なんの事はない、ただペイントってソフトで書いただけなんだけど、

昔のおいらなら写真をプリントアウトして

手書きで書いてもう一回スキャンしていたぜ。

 

それがおいらの進化。

 

どう?画面に向かって右の図を書いていない方に小玉みたいな

明らかに変わって見える場所なんてないでしょ?

 

でも左のカラフルな図に書いてあるようにレンズの度数はこんな感じで

青の楕円の下辺りから階段上ではなく坂道の様に無段階に変化しています。

 

近視で言えば

 

青のゾーンをS-1.00

 

なんて度数に設定して、それから+1.50足した度数が一番下になります。

なんて設定をすると

 

黄色の楕円の辺りは、

 

S-1.00 +(+1.50)=+0.50

 

になるのです。

 

では赤い線が鼻側と耳側にありますが、これは何でしょう?

 

赤い線に挟まれた内側を明視域と言います。

 

青い楕円の領域は遠用明視域

 

ピンクの楕円は中間明視域

 

黄色い楕円は近用明視域にそれぞれなっているのです。

 

そして赤い線の外側はどうなっているかと言えば、滅茶苦茶な度数が入っていると

思って下さい。どこに合わせようと思ってもピントが合わない領域です。

 

そしてこのエリアを収差領域と言います。

 

つまり累進レンズは度数の変化としては縦にも変化しますが、

 

自分の眼を中心に右に目線を送っても、左でもどちらでも度数は変化します。

 

経てだけでなく横にも変化している事を皆さまも知るべきでしょう。

ですから見たいと思った対象を体の中心に持ってくるか、首を振る必要があるのです。

 

そして高いレンズにすると何が変わるかと言えば、

 

明視域が広がり、相対的に収差領域が狭まります。更に収差領域に入った時の収差という

簡易に言えば歪みの量が減り、これは装用感に大きく影響を与えると言えるでしょう。

ゆれるとクランとする。これはこの収差領域の歪みを減らしてあげることで、

その違和感は軽減します。

 

ですから僕は累進レンズに限って言えば、ご予算の許す限り、視野の広い物を使った

方が視野は広がり、装用感が向上し総合的に使い勝手が良いですよ~、

と僕は日々お店でご案内しています。

 

皆さん!累進レンズに関して正しい知識を持って頂けましたか?

 

ご興味もって下さった方は遠慮なくご予約の上でご相談下さいね。

 

【ご予約ページURL】

https://www.itsuaki.com/yoyaku/webreserve/menusel?str_id=3562&stf_id=0&flg=3&back=1

 

ではまた明日。

 

$RW3SYVS

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
opteria Glassias
https://opteria-glassias.jp/
住所:〒180-0004 東京都武蔵野市
吉祥寺本町1-11-21せのおビル1F
TEL:0422-21-6755
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

メガネに関するお役立ちコラムや吉祥寺にあるお店の営業のご案内、最新情報をご案内しております

吉祥寺のオプテリアグラシアスのNEWSでは、最新の営業スケジュールや最新のサービスのご案内、オススメのブランドやフレームの情報をご紹介しております。定休日や臨時休業のご案内もしておりますので、ご予約前にご確認ください。
コラムではメガネデザイナーによるフレーム選びやレンズ選び、機能性と美容性を同時に追求するためのアドバイスをご提供しております。選び方にお悩みの方も失敗したご経験がある方も、視力矯正が初めての方もぜひご参考になさってください。
吉祥寺のオプテリアグラシアスではご予約制にて、じっくりとお時間をかけてフレームやレンズ選び、視力矯正のための充実の検査と快適に使うためのフィッティングをご提供しておりますので、ぜひ一度ご来店ください。

contact_banner