NEWS

スリランカ紀行~シーギリヤロック編~

本日のblogの難易度【★】

 

今日も100g(←誤差)痩せていました。

ガハハハッ!これは次回の検査で

NO糖では?

と期待しております。

 

今日は糖、いや塔の話ではなく岩の塊、

シーギリヤロックという観光客に

人気ナンバーワンの遺跡のお話です。

 

詳しくはこちらをクリック

 

とリンクを貼って終わりになりそうですが、

そこは写真を交えてインプレッションしたいところです。

 

先ずはシーギリヤロックに行った時間ですが、

朝の7時半くらい、遺跡はガラガラでした。

 

昇って降りてで2時間強でしたが、

9時過ぎに降りてきた時は、地元の学生さんの

遠足でしょうか?行列が出来ていてダラダラと

渋滞しながら登る状況でした。

 

また、4月とは言え、連日40度に迫る気温です。

朝で無ければ体力的にもきついと言えます。

 

ですから早めにシーギリヤロックに

向かう事をお薦めします。

 

そもそもシーギリヤロックって何?というお話ですが、

元々は王様のお城、でもお城として使ったのは18年間、

その後はお寺として使っていたそうです。

 

時代は今から1500年程前、当時はアヌラダーブラ朝で

約1450年程続く時代で王様が123代(うろ覚え)続いていたそうです。

ただし、シーギリヤロックを都と定めた18年間だけ、

それ以外はアヌラダーブラを都にしていたそうです。

 

そして王様が弟に殺された後、弟は元の都に戻ったそうです。

 

そしてシーギリヤロックって岩だけだと思われるかもしれませんが、

実は下の写真の様に、古代の庭園の様にレイアウトされています。

下の写真はウォーターガーデンというそうです。

 

そこで一枚パシャリ

 

IMG_4188

このほぼ平坦な道をまっすぐ行くと、

階段が見えてきます。

IMG_4194

ここが王様が手を合わしている岩だそうで、

まだ序の口。

IMG_4199

まだまだ、でもこの時点で汗だくです。

いい顔してますね~。

IMG_4203

ミラーウォールと言います。

ここにリンク先でも紹介されている絵が飾られています。

IMG_4204

それを抜けるとこんなところも通ります。

高所恐怖症の方には耐えられませんね。

IMG_4208

両サイドにライオンの足、

昔は顔もあったそうです。

一体どうやって作ったのでしょう?

ここまで来れば後ひと踏ん張り。

IMG_4217

見事山頂に辿り着きました。

バケツ一杯の水をかぶったかのような

バディーコンディションです。

 

ここから360度のパノラマビューが楽しめます。

いかにスリランカが緑に恵まれているかが

分かります。その写真もあるけど、それは行った時のお楽しみ。

 

IMG_4211

 

まとめると

 

①早朝に上るべし。

 

②汗拭きは必要(暑がりな僕はセンスも必要。)

 

③ペットボトルの水も必要。

 

④靴は踵までホールドするサンダルでも登れますし、

そういったサンダルで登っている人も多かったです。

 

⑤高所恐怖症の人は止めて~(汗)

 

何しろ金毘羅さんに匹敵する難ミッションだった気がしますし、

途中でクラっと来る程の負荷がかかりましたが、

登りきると達成感はあり、登山を楽しむ人の気持ちがほんの少しわかった気がします。

 

次も登りますか?と聞かれればもうたくさん、と答えますが、

スリランカに行ったらあの頂上からの風景を見ずに帰るのは

勿体無いとしか言いようがありません。

 

是非是非と強くお薦めします。

 

それではまたこのblogでお会いしましょう。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
opteria Glassias
https://opteria-glassias.jp/
住所:〒180-0004 東京都武蔵野市
吉祥寺本町1-11-21せのおビル1F
TEL:0422-21-6755
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

WEBショップカード

オプテリアグラシアスオリジナルブランド PRIORITY SEETS

ウルトラセブン×BLACK ICE

contact_banner