NEWS

大阪から帰ってきました。

本日のblogの難易度【★★★★】

 

最近僕の記憶力がやばくて「末期症状や」と清水君やうちの奥様に揶揄されています。

でも僕は末期症状って言うたら何か重篤な感じするやん、だからマッキにして~

って懇願したんす、そしたらマッキやと可愛くないという理由でマッキ―になりました。

 

槇原敬之さんみたいで可愛い。うふふ。

 

といつも以上に色気のある始まりですが。

 

今日いらした方は、網膜の異常対応の方でした。

 

原則論として網膜の異常対応の人には僕が好んで度数に組み込む

プリズムという度数を入れないんで作ることが圧倒的に多い。

いや実は今回、そのケースでプリズムを入れて初めてメガネを作成しました。

 

元々のそのお客様との出会いは、約一年ちょっと前、

 

その時の裸眼視力は

 

右目:0.15

左目:0.05

両目:0.10

 

でした。

 

所が今日測定してみると裸眼視力は、

 

右目:0.20

左目:0.15

両目:0.20

 

に視力が改善していました。

 

これは網膜の異常対応に対して、正常対応にさせようと

プリズムを使い網膜上の焦点の位置を操作した為と僕は解釈しています。

何故なら屈折異常の量は一切変わっていなかったからです。

 

ここで網膜の異常対応について、なんじゃそれ?

 

という方が多いとは思いますが、

 

異常対応とは何らかの理由で感覚的融像圏の範囲から外れ、

片目は網膜上の中心窩で対象物を捉え、そして反対側の眼は

そのゾーンから恒常的に外れた状態で物を捉えてしまい、

その状態では複視、若しくは抑制を伴う状態になってしまう事を

回避する為に、疑似中心窩とも言える対応点を中心窩以外の場所に

形成し、その対応点同志で両眼単一視という眼の機能を保持している状態。

 

と勝手に僕は定義付けします。

(鵜呑みにしないでね。あくまでも僕の定義。)

 

比較的易しく書いたつもりのこの文章、一般の方目線で見たら

一切伝わっていない事に気づく、そしていっそデリートしてしまえ、

と投げやりになっていましたが、

 

もういっちょ踏み込んで、いやかみ砕いて書いてみましょう。

網膜の異常対応になるケースの全てではありませんが、

その一因(主因と言った方が正しいかな?)

 

として斜位や斜視、それも斜視角の大きな場合が多いのですが、

これが本当に物凄く大きな目線のずれがあると抑制と言って

そっぽを向いてしまった眼で捉えた画像を脳内で消してしまうよう

処理してしまっている場合には実は網膜は異常対応にはならない事が実は多いのです。

 

中途半端と言うとこれもまた失礼ですが、中間程度のずれで網膜の異常対応が

多いのですが、今回のお客様もそれ程大きなずれではありませんでした。

 

でも微細なずれでもないのです。

 

一年前まではそのずれた環境に適応し、別の対応点を作って暮らしていました。

ですが後天的に作った融像圏は、実は視力的能力や感度はとぼしいと理解してくださいね。

ですから一年前と今では近視や乱視の屈折異常の量は殆ど変化していないのに、

裸眼視力だけでなく、実は矯正視力も1.0から1.2へ改善していました。

 

ではこんな良いことばかりに見える異常対応から正常対応に戻そうとする

プリズム入り眼鏡。その何を問題として、今まではプリズムを避けて

眼鏡を作ってきたのでしょう?それは違和感の存在、

それも網膜の異常対応の方独特の猛烈な違和感が存在するからと言えます。

 

網膜の異常対応の方に、プリズムを入れて本来の中心窩に当てようとさせる試みは

先ずはお客様の頑張りと知識、そして理解を僕は求めます。

逆を言えば、それら無しに今回の眼鏡は成立しませんでした。

 

ご自分で問題意識を感じ、

自分の眼を知りたいという知識欲もあり、

更に理解力も高いお方だったので

僕はリスクを承知で一年前にチャレンジしました。

 

そして喜んでもらえたと知った時に、

ドラクエのレベルが上がった音が聞こえました。

あ、今引き出しが一つ増えたと感じたのです。

 

この様に常にチャレンジしていれば、

階段を昇る様に、一歩一歩ステップアップ出来るのですね。

 

弊店を支持してくれる熱烈なファンがいらっしゃることは

承知しております。ですが、そのご期待に応えて

 

おいらはすごいぜ。

 

と本当は言いたいのですが、

今回ご紹介した例を出すまでもなく

眼鏡道は果て無く長い道のりに僕は見えて、

 

富士山に例えれば、まだ裾野当たりで

うろうろしているように思えます。

 

でも、いつか僕は眼鏡王になる!

 

何かしらの分野で世界一になる。

これを目標に精進したいと思います。

 

どうかその僕の頑張りを

グラシアスのお客様には

ドラえもんがのび太を見守るように

暖かく見守って頂きたいと願います。

 

結論僕はまだまだマッキどころか、

ペーペーである。そのペーペーは

今よりもっともっと頑張りが必要なのであ~る。

 

それではまたこのblogでお会いしましょう。

60309951_2259172210834097_6502391494698074112_n[1]

先日初めて大阪の眼鏡学校よりオフィシャルなオファーを

うけたセミナーの様子、満員御礼でした。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

opteria Glassias
https://opteria-glassias.jp/
住所:〒180-0004 東京都武蔵野市
吉祥寺本町1-11-21せのおビル1F
TEL:0422-21-6755
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

WEBショップカード

オプテリアグラシアスオリジナルブランド PRIORITY SEETS

ウルトラセブン×BLACK ICE

contact_banner