NEWS

フレームとレンズを同じ店で買う意義。

グラシアスでは他店でご購入されたフレームにレンズだけ入れてください、何てご要望は結構あります。

その場合には、まずフレームを確認し、今後の使用に耐えられるかどうか、そしてレンズをホールドするのに

適切な構造になっているか、また僕のお店で加工そのものが出来るかどうかを総合的に判断して

そのお客様のご要望に応えられるか判断しています。

 

つまり100%請けられる訳ではないという事です。またその場合にはレンズ代別途で持ち込み加工料を

頂いてもおります。持ち込み加工料は微々たるものかもしれませんから、それでやはり止めたという方は

過去はいらっしゃいませんでした。でもこの間グラシアスに持ち込みでレンズを入れてくださいと

仰ってご来店いただいた方から悲しいエピソードを聞きました。

 

それはフレーム選びを終えて、さ~レンズという段になって、他のお店でレンズは入れたいというと

途端に店員の態度が悪くなったというのです。僕はこの店員さんを擁護するつもりはありません。

でも気持ちは分かります。だって目の前から売り上げ様が飛んで消えて行ってしまったんですもの。

 

ただグラシアスだって同様の事はあります。フレームをグラシアス、

そしてレンズは他のお店で、こんな時僕は、こう考えます。

 

「あ、まだ僕はそのお店に負けているんだな。よし、もっと頑張ろう。そしていつかその人を

振り返らせてみよう。」とモチベーションに変えているのです。

 

ですから、その人に対して途端に態度が悪くなるなんてものは、接客業としては非常にレベルの低い

サービスだと言わざるを得ません。お客様を責めて良い事など一つもないからです。反省すべきは

自分であり自社だという事にその方も気づいて頂きたいなと切に願うのでした。

 

ここから本題です。では持ち込みでフレームに対する枠入れを他店でやるデメリットって何でしょう?

 

主にアフターなのですが、少しご説明しますね。

 

①例えば壊れた時にアフターが効かなくなる可能性がある。

⇒フレームをA店、レンズと枠入れをB店でしてもらっていたら、フィッティングの最中にそのB店の

店員さんがフレームを壊してしまった場合に、勿論責任はB店にありますから、B店が直す必要がありますが、

取扱店でないとパーツが取り寄せできないケースがあるのです。つまり責任が取れないという事です。

 

②取扱の無い商品だとギリギリまで追い込んだフィッティングがしにくくなる。

⇒取扱のあるbrandであれば、例えばモデルが変わっても多くのケースでは工場はだいたい同じです。

そして加工もフィッティングも何度も繰り返す事によって精度が上がります。ですが、初めて見たブランドの

新型なんて言われたら間違いなく初見になります。すると壊してしまうと①の理由により怖いので

極力壊さない調整を心がけます。本当は100点満点に調整したいけど80点でも仕方がない。と妥協してしまうのです。

 

この程度ならデメリットとは言わない、プロなんだから壊さないでしょ?何て思いますか?

僕らプロだっていじっていれば何回に1回かはミスをするものです。またミスがある事を

前提で僕らは調整するのです。ご理解頂きにくいとは存じておりますが、

正しい知識を得た上で僕らとお付き合い頂きたいと願い今日のblogを書いています。

 

少なくともお顔に合わせて調整しなければ、そんなリスクは無いのですが、僕らこだわりの眼鏡屋さんは

そのリスクを承知で調整します。それが眼鏡を仕立てる為にとても大切だと思っているからですが、

一方消費者の方々はそのフィッティングの重要性をご理解頂いていないと感じる事が多々あります。

 

例えば、カチューシャの様に頭に載せる。

 

例えば、片手で眼鏡を取り外す。

 

例えば、裸のまんま眼鏡をカバンに放り込む。

 

このような事は僕らプロは絶対にしないと思いますが、一般の方は当たり前にやっていますよね。

その意識を変える必要があるという僕の見解を僕はお伝えしたかったのです。

 

持ち込みフレームの弱点ともいうべきアフターとフィッティングの重要性。

今日の話はそんなお話しでした。

 

ではまた明日

 

$RW3SYVS

 

 

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
opteria Glassias
https://opteria-glassias.jp/
住所:〒180-0004 東京都武蔵野市
吉祥寺本町1-11-21せのおビル1F
TEL:0422-21-6755
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
contact_banner