NEWS

何かしらの項目で日本一を目指す。

本日のblogの難易度【★★】

 

今朝の体重は76.5キロ

ん?昨日はサラダバーしか食べてないのに太ってる。

 

ふ~む、誤差なのかは明日分かりますね。

 

今朝こんなプレスリリースをしました。

 

日本一の検査項目の眼鏡屋さんと銘打ってリリースしましたが、

別に検査項目は多いから、日本一良質な眼鏡屋さんだという証明には

一切なっていません。むしろ僕の中では、

 

自信が無いから。

 

より多角的な切り口で見て判断できないと感じ、

一つの視標で得られる情報だけでは正確な情報になり得ず、

その怖さから逃れたいと思い、ついつい検査項目が増えてきた。

 

っというのが現実です。

 

僕の中で究極っという奴があるとするのであれば、

サッと何らかの方法でお客様の眼を見て、

全てが分かる。それが究極です。

 

ですから今の僕は究極に程遠いっという意味がご理解頂けると思います。

このリリースでも言っていますが、開業当初は20項目から

今では、おおよそ4倍強ですし、5倍に迫る勢いです。

 

でもこのリリースで伝えた、日本から世界に向けて

統一理論を構築し発信しようという僕の思いは

実は創業当初から何もぶれていません。

 

小さな流派でまとまるな、

 

これが僕が業界に向けた大きなメッセージです。

その統一理論をつくる段になれば、

当然、日本人の苦手な論戦をする筈です。

でもその苦しみを乗り越えないと

新しい物は決して生まれないのですし、

 

逃げちゃ駄目だ。なのです。

 

最後に

 

検査なんてどこでやったって一緒でしょ?

 

この世間の常識を僕は全否定していますし、

作り手のこだわりの数だけ

眼鏡の仕上がりは別物になるのが真相です。

 

その広くて深い世界がある事を

僕は伝える広報マンであり、伝道師になりたい。

それが僕の大きな大きな目標です。

 

皆様お気に入りのラーメン屋さんがある様に、

皆様それぞれご贔屓の眼鏡屋さんが当たり前にある世界。

 

そんな世界が僕の夢なのです。

 

それではまたこのblogでお会いしましょう。

 

p4

BIGLOBEニュース

 

MAPIONニュース

 

EXSITEニュース

 

株式投資BOOKMARKETING

 

SankeiBiz

 

INFOSEEK News

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

opteria Glassias
https://opteria-glassias.jp/
住所:〒180-0004 東京都武蔵野市
吉祥寺本町1-11-21せのおビル1F
TEL:0422-21-6755
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

武蔵野プレミアム商品券

本日のblogの難易度【★】

 

今朝の体重は75.1キロ

よし戻したぜ。

 

この逆リバウンド現象が令和のおいらを象徴していて、

今年のおいらはひと味違う。(自画自賛)

 

先ほど昨日書いた記事をアップしたばかりなのに、

 

この体重レポートを書きたいがために

もう一度blogを書いている次郎さんでした。

 

んでそれで終わりにしようと思ったけど、

それではあまりにも味気ない。

そこで一つご紹介。

 

実はひっそりと始めている武蔵野プレミアム商品券、

先日、告知したっけかな?と

クエスチョンマークてんこ盛りで思いつつも、

昨日商品券を使って下さった方がいらしたので、

本腰入れて告知します。(←遅い。)

 

武蔵野プレミアム商品券

 

詳細は上記リンクからどうぞ。

 

武蔵野プレミアム商品券

 

それではご来店お待ちしております。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
opteria Glassias
https://opteria-glassias.jp/
住所:〒180-0004 東京都武蔵野市
吉祥寺本町1-11-21せのおビル1F
TEL:0422-21-6755
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ハイカーブフレームに度付きレンズ

2/23は日本橋三越カルチャースクール

 

本日のblogの難易度【★★★★】

 

今日は朝からハイカーブレンズのお問い合わせでした。

以前はblogにもよく書いていましたし、

お客様からの問い合わせも多かったのですが、

 

最近は、斜視や斜位の問い合わせがメインで、

ハイカーブ度付きレンズに関する問い合わせは

殆ど無いのが実情でした。

 

でも、他店ではそれ程積極的に取り組んでいない

若しくは取扱いすらない、このハイカーブ度付きレンズですが、

何故ハイカーブ度付きレンズに多くのお店が及び腰なのか?

 

それに関して簡単にご説明しますね。

 

先ずは、この図から

図としては正確ではないのですが、

何しろ言いたい事は、

 

真正面を見た時の角膜からレンズまでの距離と

斜めに目線を振った時のレンズまでの距離って

フレームの形状によって差が出るでしょ?って事。

 

ハイカーブ度付きレンズ頂間距離説明図

レンズの角度はフレームの形状によってこの様に変化します。

角度が変化するとレンズと角膜までの距離も変化します。

 

更に不要な乱視が発生してしまい、度数エラーの状態になります。

その為、見え難いと感じますし、その度数エラーが元で、

近視が強めに出てしまったりもするのです。

 

この為、ハイカーブ度付きレンズは

その近視や乱視の度数が強くなればなるほどに、

度数は乱れ、見え心地や装用感に悪影響を与えると理解してください。

 

そこで本来はこのレンズの目線が当たるレンズの角度のずれ、

本来は目線とレンズは直行すれば最適な像が結ばれますが、

そのずれが悪戯するのです。

 

そのずれを補正する為に弊店ではソフトを使って再計算して

ハイカーブ度付きレンズを仕立てています。

 

それがこのソフトです。

カールツァイスの計算ソフト

これの大きくRXというアイコンをクリックするとこんなページになります。

 

カールツァイス計算ソフト2

右上にレンズの角度と書いて四角くかこっている赤い部分がありますね。

これがさっきの目線とレンズの角度のずれだと思ってください。

 

因みにこの25度という設定は某有名スポーツサングラスのフレームから

測定された角度で、一般的な眼鏡では10度を超えるものは先ず存在せず、

おおよそ2度から8度くらいでおさまるずれが大半ではないのでしょうか?

 

何しろ大袈裟な程に角度が付いたフレームを例に挙げているとご理解下さい。

それでは次の赤字を見て見ます。

 

仮枠の状態↓

 

ハイカーブの状態↓

 

と二つの赤い文字があります。

その下にこのblogではおなじみの近視や乱視の度数が並んでいます。

 

先ずは原則としてこのあおり角がついてレンズの度数エラーが出やすいのは、

近視系のレンズだと理解してください。遠視系は変化量が少ない事が見てとれます。

 

それを説明する為に

 

右目は強度近視

 

左目は弱度の遠視

 

という風に敢えて度数に左右差をつけています。

 

すると右目は

近視がS-6.00からS-4.62という具合に大幅に減っています。

これはアオリ角が付いたことによって発生する乱視と更に今回の度数でも

変化させている乱視、そのハイブリッドで近視の度数を賄っています。

ですから近視の度を弱くしていますが、狙っている矯正視力は

仮枠の状態に極力近づけようとしています。

 

乱視を見てみると

C-1.00からC-2.00とこちらも大幅に変化倍増しています。

細かく言えば乱視の軸度というのも変化したり、更に言えば

プリズムもベースインに入れてねなんて量が増えていたりもします。

 

ですからグラシアスは元々プリズムを入れて眼鏡を作る事が多いお店ですが、

仮枠の状態よりも更に強くプリズムを入れないと、

角度により自然発生するベースアウトの

プリズム度数に相殺されてしまう事態になります。

 

例えば

 

ベースイン1.00△(プリズム)で仮枠で考えられていたとするならば、

このソフトの計算で導かれた0.62ベースイン△を考慮して

 

1.62△ベースイン必要になるのです。

 

また難しいのは、近視の度数で多くのレンズは

0.25ディオプターという単位で発注しますが、

中間度数という設定では発注出来ないので、

 

ソフトの示した

 

S-4.62ではなく

 

S-4.50

 

S-4.75

 

を選択しなくてはいけません。

 

若干の弱矯正か、若干の過矯正の選択を迫られるのです。

ここが経験が必要で、そのソフトの癖を読んだり、

お客様のストレス耐性の強度に関しても考慮して

度数を選択します。最近では無理やりこんな事をしなくても、

レンズメーカーが再補正をしてくれるケースもありますが、

 

まだ高額ですし、普及価格帯には降りてきていないのが実情です。

今日はいつもにも増してコアでニッチなお話、

ハイカーブ度付きレンズについてお届けしました。

 

いかがでしょう?角度がつくと同じ度数でも見え方が違う。

それが今日一番言いたかった事です。

 

それではまたこのblogでお会いしましょう。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

opteria Glassias
https://opteria-glassias.jp/
住所:〒180-0004 東京都武蔵野市
吉祥寺本町1-11-21せのおビル1F
TEL:0422-21-6755
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

増え続ける体重(汗)

2/23は日本橋三越カルチャースクール、
三越オンラインサロン

本日のblogの難易度【★★】

 

今朝の体重は77.1キロ。

 

げ、また増えてる。

んでも今朝は三か月に一度の定期健診。

その結果は尿酸値も血糖値も問題無し。

 

いえ~い。ここは問題無いな。

では何故太っている?

 

僕の中での結論は

1/2に毎年参加しているビーチバレー。

そのバレーの後にボーリングまで恒例化しているのですが、

その一日スポーツ体験で、全身筋肉痛になり、

 

今は、筋肉痛を自然治癒している過程で、

僕の筋肉量はラーメン二郎の野菜くらいにマシマシな

状態なのだと思っているのです。

 

健康的に体重が増える。これはこれでありかと。

っと言い訳はそれくらいにして、

明日からまたウォーキングを再開して体重は落とそうとおもっとります。

 

さて今朝はこんなニュースが

 

「職場で女性だけメガネ禁止」が間違っているこれだけの理由

 

お友達の眼鏡ライターさんが、

書いている良記事ですので、

ご興味ある方は目通しお願い致します。

 

特に響くのは偏見という二文字。

 

嫌ですね~、自分自身の変な思い込み。

それが眼鏡を文化にという僕の目標であり、スローガンを阻害します。

 

眼鏡を掛けた方が素敵に見える世界。

 

グラシアスはそんな世界にご案内したいなと思い、

こだわっていたら自分のブランドまで立ち上げちゃいました。

 

それがレチルドという左右非対称な

世界初の利き顔に合わせて提案出来る眼鏡。

 

僕はこの利き顔メガネというアイディアであり

新しい切り口の可能性も手応えとして感じています。

 

眼鏡を掛けるとブスになるとか、そんなご意見は僕に言わせれば論外ですが、

それでも眼鏡を掛けているという事自体がコンプレックスになっている人が

女性を中心に多数いる事も僕は知っています。

 

どうかそんな偏見がなくなり、

それと共に僕のお腹の脂肪も無くなってくれないかと

人生のわびさびを感じるお正月明けの朝なのであ~る。

 

それではまたこのblogでお会いしましょう。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

opteria Glassias
https://opteria-glassias.jp/
住所:〒180-0004 東京都武蔵野市
吉祥寺本町1-11-21せのおビル1F
TEL:0422-21-6755
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

じろさん、始動。

2/23は日本橋三越カルチャースクール、
三越オンラインサロン

本日のblogの難易度【★★★★★】

 

昨日の体重は76.4キロ

 

今朝の体重は76.7キロ

 

げ、やばいやん。右肩上がりのいつものパターンや。

ってな訳で明日からまたダイエッター次郎が復活します。

 

んでも餅は美味い。誰がなんと言おうと餅は、…旨い。

 

さて今朝は20才の学生さんがご予約でご来店頂きました。

 

目を見させて頂くと両目共に遠視因みに今使っている眼鏡の度数はこんな感じでした。

旧度 R 1.27 -0.02 0 BI1.50△ 33.50 1.00 2.00
L 0.24 -0.04 0 BI1.00△ 31.50 1.20

 

因みに、レフケラ値と裸眼視力はこんな感じ

屈折 SPH CYL AX ADD PD 片眼視力 両眼視力
他覚 R 1.75 -0.50 135 31.00 1.00 1.20
L 0.50 -0.50 173 31.00 1.50
角膜乱視 R -1.00 172
L -0.75 173
裸眼よりも装用視力は上がっていますし、この時点では若干の弱矯正と言えます。
さてそこから片眼遮蔽屈折検査と言って片目を遮蔽した状態で屈折検査をしてみます。
するとこんな感じ。
片眼遮蔽 R 2.25 -0.75 115 +2.25(40) 1.00 1.2
L 0.50 -0.50 173 +2.25(40) 1.50
右目の遠視がぐんと増えました。そしてこの状態ではやはり視力が出ません。
これはどうしたことか?と思い。両眼解放屈折検査に進みます。
その結果がこれ。
両眼解放 R 3.00 -0.75 115 62.0 2.0
L 0.50 -0.50 173
右目の遠視が更に強めに測定されている事が見てとれます。
右眼だけで比較すれば、
今お使いの眼鏡は
S+1.25
僕の最終的な遠視の潜伏も含めて炙り出した遠視量は
S+3.00
その差はS+1.75もあります。
更に視力もここで初めて度を入れて2.0出ました。
元々プリズムを入れていらしたので、
今回もプリズムは入れましたが、
普段は裸眼が多いという事で、
今回は控えめに、かつ今までよりは強めのプリズム矯正量を
狙っていきます。
結果として
右目にベースイン3.00△(プリズム)
左目にベースイン1.50△
今までの眼鏡よりも更に強めにプリズムを入れています。
ではこの方の実際の斜位量はどれくらい?
と訊かれると正直回答に困ります。
遠見のカバーテストで出した
28△
から
最小値はフォロプターのプリズム分離法で出した
5△まで。
若しも5△を正解だとすると今回は左右合算で4.5△ですから、
決して控えめではなく、キッチリ入れている印象です。
一方28△に対しては明らかに控えめと言えるのです。
これの明確な答えは僕はなく、
答えはお客様の自覚。
これが現状の僕の見解です。
お客様の自覚とは、視力が改善する最弱度に
プリズムを入れるさじ加減の事をさします。
え?視力が改善する?プリズムを入れたら?
ここで多くの業界関係者は戸惑います。
そして僕は、その原因を
固視ずれが改善したからと答えています。
ところが僕の恩師にその話をすると
固視ずれに関しては、今非常にファジーな見解で
業界内でそのずれの存在やずれを矯正する効果に
精通している方は殆どいないと教えてくださいました。
以前にこのblogでも以前に書いていたblogでも
僕の師匠と大阪の先生が議論しようとした時に
互いのスタンスがあまりにも違うので、先ずはお互いの言葉が
理解出来ずに議論が深まらなかったお話をしました。
一方はドイツ式ベース、一方はアメリカ式ベースでコミュニケーションを
はかろうとしても、互いの日々している検査があまりにも違うので、
議論にならないのです。つまり言語の摺り合わせが必要だと僕は感じました。
そして僕のドイツ式から一歩踏み出して
アメリカ式を学ぼうという長い長い旅が始まるのです。
勿論今は旅の途中です。
いつか統一理論を日本で構築し、
世界に発信する。それが僕の夢の一つでもあります。
今日話している内容は、その統一理論に行くまでもなく、
僕らは一般屈折と呼んでいる完全矯正値の出し方の問題です。
それでもそこにもまだ議論の余地が多いにあるのが、
今の日本の眼鏡業界です。皆様はきっと誰が検査やったって一緒だと
思われているのでしょう。でも僕はそこだけは断固否定します。
検査する人、その方の練度、それこそ同じ眼鏡士が同じ人を検査しても
日が変わったり、時間帯が変われば答えが変わるくらいの
繊細さがあるのが、この一般屈折の世界だと僕は思っています。
だからこそ、お店選び、眼鏡士選びは慎重にと
僕はお願いしたくなります。
価格だけで選んでいる人、ファッション性だけで選んでいる人。
それで多くの方が満足しています。
でもそれは僕に言わせれば満足ではなく
妥協しているのです。
眼鏡はずれる。
でもそれは安い眼鏡だから。
眼鏡は掛けると疲れる。
でもそれは安い眼鏡だから。
僕はこのblogで良く言っています。
安い眼鏡屋さんの商材(フレームとレンズ)を
使っても差別化出来ると言ってきました。
安い眼鏡でもずれないようには出来る。〇
安い眼鏡でも疲れにくい眼鏡は作れる。〇
これが僕の常識です。でもこれを認めてしまうと
多くのこだわりの眼鏡屋さんが困ってしまいます。
うちは仕入れからこだわって品揃えしているから、
だから他店と差別化出来ているんだ。
こうお客様に説明されていたように思います。
僕も過去はそうでした。
でも、今、品揃えだけで差別化出来るような
甘い競争は大手同士はしていません。
大手だって血の滲むような努力を積み重ねて
日々進歩しているのです。
だからこそ、僕は皆様に訴えます。
本当に価値があるのは品揃えでなく、
僕ら眼鏡士の知識/経験/技術、
とそれらに基づく提案だよ。
と言いたくなります。
どうか令和の今の世は、
もう一度職人の技術にスポットがあたり、
そこに存在する価値を
再確認して頂きたいなと願います。
靴と刃物と眼鏡はいいもの(良い物)買いな。
これが本当に分かりやすい。
何故ならそれらにこだわると本当に効果の高い
付加価値があると僕は思うからです。
一方、このblogで何度も使われている言葉で
こんな言葉もあります。
眼鏡屋、保険屋、証券マン。これらの専門家のいう事を聞くとろくでもない事になる。
上記の三つの職種は専門的知識を有する自称専門家がまかり通る世界です。
自称と言えども、その人の言葉を信用するもしないも、正確にジャッジメントを
しようと思えば、こちらお客様側も専門的な知識を必要とされます。
多くの方は、そんな専門的な知識は無いので、
レンズやフレーム全て眼鏡屋さんに任せたとこうする方もいるでしょう。
でも、本当に信頼のおける方との出会いなく、
ファーストコンタクトから全幅の信頼を置いても良いのでしょうか?
僕は違うと思います。
また任せてきたから、必要の無い機能のレンズを
お薦めして、会社や自身の成績の為に単価アップしようとしてきました。
そしてその歴史が業界を衰退させる一因にもなったのです。
だからこそ、僕らは真摯な姿勢が求められているのでしょう。
そして皆様もどうか諦めずに僕らが嘘をついたら見破れるくらいの知識を
持って欲しいなと願うので、僕は日々blogで情報発信しているのです。
今年も例年通り硬いblogになりそうですが、
どうか今年も宜しくお願い致します。
それではまたこのblogでお会いしましょう。
JIROITOHPTOP
2/23は日本橋三越カルチャースクール、
「こうしてあなたは眼鏡で老ける。」
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
opteria Glassias
https://opteria-glassias.jp/
住所:〒180-0004 東京都武蔵野市
吉祥寺本町1-11-21せのおビル1F
TEL:0422-21-6755
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

本年も宜しくお願い致します。

本日のblogの難易度【★】

 

今朝の体重は74.9キロ。

年末に餅も食べたけど、

大掃除も一生懸命やってカロリーも相殺されて

何とか太らずに済んでます。

 

今日は初詣に行って、その後実家に来てご馳走を頂いています。

いつも東伏見の伏見稲荷に参拝に行っていますが、

毎年ご祈祷してもらっています。

 

そこでは昨日大掃除していると見つかった

福沢諭吉翁のお言葉を思い出しました。

 

「世の中で一番楽しく立派なことは、一生涯を貫く仕事を持つということです。」

 

こんなお言葉は他にもいくつか書かれていましたが、

今の僕に一番必要な言葉はこの言葉だった気がします。

 

僕の人生は根無し草、何をして良いのか分からず、

転職を繰り返す人生でしたが、眼鏡業界に拾ってもらってからは、

本当に日々楽しく仕事をさせて貰っています。

 

それを当たり前と思わず幸せと思える人と

気づけばそこにあったから、それ以外の選択肢もなく、

当たり前と思っていらっしゃる眼鏡屋さんと

そのどちらも当然いらっしゃるでしょう。

 

仕事は楽しむもんだと言いたいと僕は思うのですが、

一方僕の尊敬する京都の眼鏡屋さんは、

 

「僕は眼鏡は好きじゃない。」と公言していました。

 

その方は、目茶目茶繁盛しているお店を複数経営されています。

眼鏡を好きな僕は、そのお蔭で楽しめていますが、

眼鏡屋として成功する為に、眼鏡好きであることは

必要条件ではない事が京都の眼鏡屋さんの

事例を出すまでもなく分かります。

 

どちらが良いのか僕には分かりませんが、

 

僕は眼鏡が好きで

 

眼鏡に感謝して、

 

日々生きています。

 

少なくとも僕はこの幸せな思いを精一杯お客様に伝えています。

それがお客様にとってどうなのかは分かりません。

でもお客様の評価も当然大切ですが、

 

年末の特番でこんな言葉も紹介されていました。

詳細は忘れてしまったのですが、

 

元サッカー日本代表の遠藤さんのお言葉で、

 

「人の評価なんて気にしないし、欲しくない。」

 

番組の中でヤット(遠藤さんの通称)さんは、

世間の評価が欲しいのではなく、チームメイトの信頼が欲しいと

まとめていました。一方僕はパパママストアーで組織では無かったのですが、

清水君が一人入社してくれたお蔭で組織の基礎を築きつつあります。

昨年はある意味その基礎工事に終始しました。

 

でも令和2年は、チームグラシアスが一つの大きな目標に

向かって邁進する一年にしたいと思います。

そして楽しんでいるチームグラシアスの空気がお客様に

伝わりご来店の動機になるのなら、こんなに嬉しいことはありません。

 

それではまたこのblogでお会いしましょう。

 

$RW3SYVS

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
opteria Glassias
https://opteria-glassias.jp/
住所:〒180-0004 東京都武蔵野市
吉祥寺本町1-11-21せのおビル1F
TEL:0422-21-6755
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

メガネに関するお役立ちコラムや吉祥寺にあるお店の営業のご案内、最新情報をご案内しております

吉祥寺のオプテリアグラシアスのNEWSでは、最新の営業スケジュールや最新のサービスのご案内、オススメのブランドやフレームの情報をご紹介しております。定休日や臨時休業のご案内もしておりますので、ご予約前にご確認ください。
コラムではメガネデザイナーによるフレーム選びやレンズ選び、機能性と美容性を同時に追求するためのアドバイスをご提供しております。選び方にお悩みの方も失敗したご経験がある方も、視力矯正が初めての方もぜひご参考になさってください。
吉祥寺のオプテリアグラシアスではご予約制にて、じっくりとお時間をかけてフレームやレンズ選び、視力矯正のための充実の検査と快適に使うためのフィッティングをご提供しておりますので、ぜひ一度ご来店ください。

contact_banner