NEWS

50人分まとめて体幹チェック

本日のblogの難易度【★★】

 

今朝の体重は77.7キロ
うお!昨日は悪戯していないのに、

太っとるやんけ!!!

 

やはり次郎さんは仙人で、霞を食べて生きている説が…。

 

霞ではなく、多少もやっている中で、

中学生の野球チーム、その体幹をチェックしてくる

仕事の様なボランティアの様な、

何しろ清瀬球友会のお蔭で、

 

貴重なデーターが収集出来ました。

 

おおよそ1時間30分で

 

53名分。

 

体幹の強い人、弱い人いらっしゃいましたが、

それぞれに合わせて、秘策を試してみたいと思います。

 

これでチーム打率が一分でも上がったら嬉しいな~。

 

眼から、筋肉の可動域を広げたり、体幹を強くしたり。

姿勢を整えたり、眼と手の協調運動を促進させたり。

 

今日は、最後に目のストレッチとカレンダーを

使ったトレーニングを指導して終わりました。

 

今後もこの清瀬球友会様を定期的に見て、

微力ながらも成績向上に貢献したいと思います。

 

僕はビジョントレーニングという形で

球技や、格闘技、そしてモータースポーツと関りたいし、

その効果、実績を出す自信もありました。

 

最近はそれに加えてeSPORTSの方もサポートを

始めています。でも実は重量挙げや、100m走。

 

一見眼と関係の無さそうな競技、

これにも目からのストレスを減らす事で

競技の成績に貢献出来る可能性が出てきました。

視覚という以前に、眼が凝り固まっていては、

前身の筋肉が上手く使えない。眼は視覚だけでなく…。

 

ここから先は推論のかたまりで、

結論めいたことは一切言えないので

今の僕はひたすら検証し、事実を積み重ねるしかないのです。

ふむふむ。また広い世界がある事を知ってしまった。

 

こりゃ大変だ。もっと勉強せねば。

 

霞(かすみ)でも靄(もや)でもなく、

藁(わら)を掴みたくなるような思いの

朝の始まりだったのであ~る。

 

それではまたこのblogでお会いしましょう。

 

87371116_2105693112910352_9132873506810232832_n[1]

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

opteria Glassias
https://opteria-glassias.jp/
住所:〒180-0004 東京都武蔵野市
吉祥寺本町1-11-21せのおビル1F
TEL:0422-21-6755
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

製品と半製品

本日のblogの難易度【★★★】

 

今朝の体重は77.2キロ。

げ、やべぇぞ。昨日の餃子の王将が利いたか!?

 

そんな訳で今日はおとなしく粗食に努めたいと思います。

 

さて先日のセミナーですが、

 

満足7名

かなり満足4名

 

となり、ご回答頂いた方は

全て満足という高評価を頂きました。

 

前回の反省を踏まえ、今回は講義の時間を短くし、

皆様一人一人とお話をする時間を長く設定した事が利いた様です。

 

ただし、これに慢心せず、更にセミナーの内容を濃く、そして精度を高めて

皆様に正しい眼鏡に関する知識をお伝えしたいと強く思いました。

 

ネットの社会の弊害ですが、正しい知識と間違った思い込みが

ごちゃ混ぜで、情報の精度そのものが玉石混交になってしまっているのが

今の状況だと思います。また眼鏡という商材の特質で

 

ある程度の専門的知識を有する方でないと

自分にとって必要なレンズの機能などは

自分自身で選べないという性質があります。

 

だから今まではフレーム選びもレンズ選びも

店員さんにお任せにしてきた経緯があります。

 

ただしそのお任せ気質が何を生んだか?

 

それは眼鏡店店員の手抜き接客です。

 

レンズの説明を省き、何が似合うかも適切にアドヴァイス出来ない。

そんな店員が量販化の大きな流れの中で大量に生まれました。

 

「はい、凄くお似合いですよ。」

 

と言って、似合う眼鏡を提案する訳ではなく、

時に、単価の高いフレームの方が自身の成績になるからと

似合わなくとも高いフレームを販売する事が過去には頻発しました。

 

それも仕方がありません。会社の評価が売り上げを作れる店員という

点に重きを置いている評価基準があるのであれば、

それに従うのが店員の務めだからです。

ですからここは店員さんを責めても仕方がありません。

 

似合う似合わないを適切に判断し導ける店員さんは、

勿論センスも必要ですが、何より自身を磨き、

勉強するという意識が必要になります。

 

ですが多くの量販店は、人を育てて企業体力を上げる道を選ばず、

ロスを退治して、単価を下げて競争力をつけようとしました。

時は丁度、中国で物づくりが始まる頃です。

 

単価が低い場所で作った商品を使えば、

簡単に価格競争力が付きました。

 

眼鏡業界のSPA、いわばユニクロ化が始まったのです。

 

ところが、ユニクロの様なアパレルと眼鏡では決定的に違う点があります。

 

それは

 

原則的に衣服は仕立てのスーツ等を除けば

 

製品

 

 

眼鏡はフレームもレンズ

 

半製品

 

であるという差異があります。

 

衣服は袋に包んで会計を済ませれば店員さんの仕事はお仕舞です。

せいぜい、在庫の確認等の業務はあったとしても、

そこにあるT-シャツを、採寸してから、仕立てるなんて事はしません。

サイズ展開はしても、パーソナルに合わせる訳ではないのです。

 

また、万が一サイズが合っていない等不具合があったとしても、

サイズの合っていないシャツを着て、健康被害があるでしょうか?

 

僕の知る限りではそれもありません。

 

ですが眼鏡の場合にはそれが有るのです。

 

だから僕は眼鏡業界がユニクロのスタイルを一部取り入れる事は

否定はしませんが、あのビジネスモデルをそのまま眼鏡には

転用出来ないと思っています。お客様が間違えたご選択をされた場合の

ダメージ度合いが衣服と眼鏡ではまるで違うからです。

 

ましてや似合う眼鏡を自分で見つけて、判断出来るなんて

お客様はほんの一握りです。ですからお店では、

アテンドしてくれる店員さんが必要なのです。

 

今後はAIとロボティクスの技術が進化すれば

リアル店舗でロボットが接客するという事は充分にあり得るでしょう。

 

また、膨大なデータベースをクラウドで構築し、

それを店舗のカルテと紐づけすれば、

かなりの満足度が得られると予想します。

 

お客様の顔写真と3Dスキャンのデーターをカルテにパラメーターとしても

加える事がマストになります。いつかそんな夢のお店が出来ないかなと思いますが、

その実現にはもう少し(どれくらいか僕には予想付かないです。)時間が掛かるようです。

 

何しろ今の技術ではある程度は人の練度に頼らざるを得ない状況で、

その練度が無くとも販売出来るマニュアルや、仕組みを作ることに

大手は邁進したのです。その結果、確かに価格は下がりましたが、

 

一方、その下がった価格の与える機能低下の影響は

日本人の心や体に大きなダメージを与える事ですし、

今現在与え続けているとも思っています。

 

だから僕はこの業界は根本から変えるべきだと言い続けてきました。

 

それは眼科の利益でも、僕ら眼鏡業界の利益という判断基準ではなく、

国民の福祉こそ唯一の判断基準になります。

 

皆様の暮らしを微力ながらではありますが、

どうやったら暮らしぶりを改善させられるような

仕組みや法制度が出来るかを考慮する必要があります。

 

何しろ今日言いたかった事は、眼鏡という商材は

価格だけで選ぶと損をすることがあるから気をつけてね。

 

これが一番言いたかった事なのです。

 

それではまたこのblogでお会いしましょう。

 

glasses-smile

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

opteria Glassias
https://opteria-glassias.jp/
住所:〒180-0004 東京都武蔵野市
吉祥寺本町1-11-21せのおビル1F
TEL:0422-21-6755
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

今日は朝から三邦堂のお客様

本日のblogの難易度【★】

 

今朝の体重は76.8キロ

先日のゴルフはスコアもガタガタ、

でもそれ以上に体中が筋肉痛で悲鳴を挙げています。

ただ、あんなに叩いても楽しくゴルフが出来ました。

 

いや~、ゴルフって本当に良い物ですね~。

 

今朝一番のお客様は新宿 三邦堂で

眼鏡を作られていた方でした。

 

勿論プリズム度数が加味された眼鏡をお使いで、

お話も比較的スムースに進んでいます。

 

検査はうちのホープ清水さんが担当。

うちに来た当初はドタバタしていましたが、

本当に最近は安定して検査をしてくれています。

 

そのうちうちでも店長職を見事にこなしてくれることでしょう。

 

今僕は斜視の方の比率を調べていますが、

それで斜視矯正の方の顧客リストを作成しています。

リストアップって僕にとっては苦手な作業だけど、

でも苦手だからこそやらなければ成長がありませんね。

 

体重はあまり変化しませんが、

グラシアスは常に変化します。

 

僕もお店も成長するのです。

そしていつか名店と謳われた三邦堂に追いつき、

更に追い越すことが本当の意味での師匠に対する恩返しになると

思っています。

 

それではまたこのblogでお会いしましょう。

 

無題

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
opteria Glassias
https://opteria-glassias.jp/
住所:〒180-0004 東京都武蔵野市
吉祥寺本町1-11-21せのおビル1F
TEL:0422-21-6755
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

グローバリゼーションの終焉

本日のblogの難易度【★★】

 

今朝の体重は朝が眠すぎてし忘れました。(言い訳)

 

今朝のニュース

 

さてさて今日現在コロナウイルスの影響で

中国人や、ある国では日本人を入国させない方向に

シフトしていっている様です。

 

まるで世界中が鎖国している様ですね。

鎖国していれば、全ての需要は国内生産品で賄う必要があります。

ところが、今の家電や、勿論僕が関わっている眼鏡も

色々な国から部品供給を受けて作る場合があります。

 

純国産で全てを用意するのは

眼鏡の場合にはまだ可能ですが、

それが実質不可能な業界もあるでしょう。

 

例えば、車であれば三菱のターボチャージャーは

海外ブランドでもよくよく採用されていますし、

 

アイシン精機のAT等も

同様に広く世界の自動車産業に普及されています。

 

この様にサプライチェーン網という意味では

世界中が網の目やクモの巣の様に深く関わりあっています。

 

そんな状況下で、部品の供給が止まるという事は、

その会社のある事業や事業部が瀕死の状況になる事を意味しています。

全社の売り上げの大多数がそういったサプライチェーンを使って

製品化されているのであれば、資金の底がつけば即倒産になるのです。

 

僕のお店も例外ではなく、

今中国に発注したシリコンパットが

生産及び入荷が止まっております。

 

5年くらい前に書いたblogで僕はこんな事を言っていました。

 

僕が以前に書いていたblog

 

僕はグローバリゼーションなんて巷で言いだした時から

こんな現象は流行って廃るものだと思っていました。

人件費に差が無くなった時には、後はノウハウの蓄積勝負になるのです。

ですから物つくりの灯を消すなと思っていました。

一度消えてしまえばそれを戻すのには相当に労力を要します。

 

何しろ、新興国が経済的に潤えば、

国外で作るよりも国内回帰の傾向は強まるだろうと予想していたのです。

それはこんなコロナウイルスの流行によって劇的に止めさせられるというよりも、

もっと緩やかに国内生産に全ての業種が帰ってくる時代が来るだろうと思っていました。

 

ところが、こんな形で部品供給を止められて初めて、

僕らは国内で回せる強みに気が付くのです。

 

コロナウイルスのお蔭で何て達観した気持ちにはなれませんし、

尊い人命が失われているのですから、一刻も早く沈静化して欲しいと

願うばかりですが、こうして社会的なインフラが破壊される時こそ、

僕のような矮小な企業は逆にチャンスだと思ってもいます。

 

逆行の時こそ、僕はその時をまるで映画鑑賞でもするように

楽しみたいと思っています。

 

部品供給が止まった事も、

 

展示会の開催延期も、

 

その全てをプラスに捉えるように心がけたいと思っているのです。

皆様も不安な日々が続くとは思います。

体調管理が必要なのは僕も皆様も一緒だと思います。

 

ここ最近ずっと多忙だった僕も

この時こそ、出来る事をしようと

社内でも話をしました。

 

次にジャンプする為の準備期間と捉えると

これ程仕事の進む時はありません。

 

よっしゃ~、気合いが入ったぜい。

 

それではまたこのblogでお会いしましょう。

 

g-09-02

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
opteria Glassias
https://opteria-glassias.jp/
住所:〒180-0004 東京都武蔵野市
吉祥寺本町1-11-21せのおビル1F
TEL:0422-21-6755
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

まゆちゃん来店

本日のblogの難易度【★】

昨晩予約投稿の為、

体重レポート無しよ。

 

昨日は突然まゆちゃんが来てくれました。

 

そこで即興でまゆちゃんの体験会を

実施しました。体幹が整ったり、

関節の可動域が広がったり。

 

体に一本軸が出来るなんて

体験をして貰いました。

 

その様子

89145039_496752174567778_4629092786438668288_n[1]

最後にうちの清水さんとツーショット。

いいな~。

88985474_1106990042972255_6664405366274523136_n[1]

最後ままゆちゃんのイメージショット。

この写真綺麗♪

CCI_000003

 

これがアップされる時間に僕は久々のゴルフ場。

緑に癒されてきますね。

 

それではまたこのblogでお会いしましょう。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

opteria Glassias
https://opteria-glassias.jp/
住所:〒180-0004 東京都武蔵野市
吉祥寺本町1-11-21せのおビル1F
TEL:0422-21-6755
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

斜視のご相談内訳

本日のblogの難易度【★★★】

 

今朝の体重は76.0キロ。

昨日の78.0キロは何だった?

と体重計の精度に難癖をつけています。

 

さて、コロナウイルスの影響で昨日より

小中学校が少し長い春休み。

 

不要不急の外出は控えると指導されていますから、

皆様も不要不急の眼鏡作りの雰囲気ではありませんね。

 

それは僕も承知しておりますので、

今月は色々溜まった仕事を対処し、

次のステップに進む準備期間と捉えて今

色々やっています。

 

早速この間のセミナーの内容を活かして

斜視矯正の方々がここ二年半くらいで

どのくらいいらしたのかをチェックしてみると

おおよそ120名程の方がグラシアスでご相談頂いていました。

 

カルテNO自体は1000名程(直近2年半)ですから

おおよそ12%のここ2年半のグラシアス全顧客に対する構成比率になります。

 

もちろんグラシアスは創業後15年経過していますし、

斜視矯正のご要望は年々増加していますから、

創業当初からも含めて統計データーをとると

もっと斜視矯正のご相談件数の比率は低下すると予想しています。

 

それにしても日本の全人口比で3%(日本眼科学会HPより)

 

が斜視の構成比になりますから、

斜視でご困りの方がうちのお店に集まってきているという事は

間違いのない事だと思います。

 

ですが、仮に創業当初から1.000人(きりの良い数字で大袈裟な数字です。)

の方の斜視矯正眼鏡をお作りしたとしても、

 

日本にいらっしゃるであろう360万人の斜視でお悩みの方には

僕の今やっていることは届いていないか、

若しくは届いていても、眉唾と捉えられて

実際に作ってみようという動機になっていないと予想します。

 

僕は今やっている事は試行錯誤である事は認めますし、

まだ改善の余地のある新しい分野の技術であることも

理解しているつもりですが、かといってもっともっと多くの方の

お力になりたいという思いはいくらもぶれずに保っています。

 

何かもっと多くの方を動かす事が出来ないか、

それをこれからも思案したいと思います。

 

その方法はともかく統計データーをとってみると

興味深く、ある意味当たり前の数値も見えてきました。

 

僕は日本人の多く(外国の方の目はそれ程見た事が無いので分かりません。)は

外斜位であり、斜視であったとしても外に開く事例が圧倒的多数だと言ってきました。

 

ところがうちのお店に斜視でご相談にいらしている方の比率は

それとは変わってきています。統計データーは以下の通りです。

 

斜視の統計データー3

外斜視:57%

内斜視:31%

 

の構成比率でした。

 

これはどういった事でしょう?

僕の認識が間違っているのでしょうか?

 

いえ、それは違うと僕は思っています。

 

外斜視と内斜視の方を比較すれば、

そのどちらも辛いのですが、内斜視の方が

直接的に視覚にダメージを与える事が多いと僕は判断しています。

 

それは外眼筋といって眼の周りに6本ある筋肉の質というか

もっとシンプルに言えば、筋肉量とも密接に関わっています。

 

例えば

 

寄り眼をしてくださいと言えば、大なり小なり多くの方は

寄り眼は出来る方が圧倒的に多いのです。

 

このblogをご覧になっている方の多くも

寄り眼が出来る方の方が多数はでしょう。

 

では

 

反り目をしてくださいと言って出来る方って

どれくらいいるのでしょう?

 

僕が知る限りでは皆無とは言いませんが、

外斜視の方でなく、両眼視が出来ている方と

条件つけをすれば皆無に等しいと思います。

 

この事から

 

寄り眼の筋肉反り目の筋肉

 

となり、実際に寄り眼は反り目の三倍の力を有すると言われています。

ですから、内側に入ってしまった場合には多少内側に入るだけでも

斜視になってしまう事が多いのだと理解してください。

 

外に眼がずれても寄り眼の力が元々強い人が多いので、

そのずれは顕在化しない事が多いのです。

 

実際に外斜視の矯正の方がずれが大きく、レンズメーカーに発注する△(プリズム量)

は外斜視の方が数値が大きくなる傾向にあります。

 

内斜視は

 

「え?この程度?」という微小なずれでも

 

複視を起こしますし、少ない△度数でも

改善する事が多いと理解してください。

 

何故斜視が起こるのか?に関しては

結論めいた事は一切言えないのですが、

それそろ2000文字、皆様もこの硬い話に

付き合わせても申し訳ないので、

 

また改めて書きますので、

またその際はよろしくお願い致します。

 

それではまたこのblogでお会いしましょう。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
opteria Glassias
https://opteria-glassias.jp/
住所:〒180-0004 東京都武蔵野市
吉祥寺本町1-11-21せのおビル1F
TEL:0422-21-6755
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

メガネに関するお役立ちコラムや吉祥寺にあるお店の営業のご案内、最新情報をご案内しております

吉祥寺のオプテリアグラシアスのNEWSでは、最新の営業スケジュールや最新のサービスのご案内、オススメのブランドやフレームの情報をご紹介しております。定休日や臨時休業のご案内もしておりますので、ご予約前にご確認ください。
コラムではメガネデザイナーによるフレーム選びやレンズ選び、機能性と美容性を同時に追求するためのアドバイスをご提供しております。選び方にお悩みの方も失敗したご経験がある方も、視力矯正が初めての方もぜひご参考になさってください。
吉祥寺のオプテリアグラシアスではご予約制にて、じっくりとお時間をかけてフレームやレンズ選び、視力矯正のための充実の検査と快適に使うためのフィッティングをご提供しておりますので、ぜひ一度ご来店ください。

contact_banner